出版記念パーティを、いつかまた……。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20382769.jpg

栄養士のための ライフデザインブック』の

パルマローザ主催の出版記念パーティが、

1115日に開かれた。

(横浜元町/霧笛楼)

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20375304.jpg

温かく和やかな会であった。
その和やかさは、女性の企画・運営によるものだろう。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20512064.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20513336.jpg
進行手順も関係者のごあいさつなどは、

ほかの出版記念パーティと比べても

ずっと明るく、リラックスしていて申し分なかった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20443232.jpg

表看板を「出版記念パーティ」とはせずに、

あえて「セミナー」としていただいたのは、

次の出版を目指す人たちにとって、

1冊の出版で舞い上がりすぎではいけない、

という、自戒・他戒の意味があったからである。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21234564.jpg

そのため、「栄養士にとって出版とは

という1時間の講話をさせていただいた。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20453957.jpg

栄養士の出版物の大半が料理書だが、

「健康の6大要素」を提案する時代には、

生きがいや、よい人間関係の維持・発展を願うためにも、

健康法や生きがい論を展開する必要がある。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20480947.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20455281.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20572047.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20555966.jpg

俗に「文字もの」という。

しかし、一部の医師が提案するような、

食事や食品の薬効を謳う論説は、

もう終わりにしたい。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20493183.jpg

とはいえ、

著述を得意としない栄養士のためには、

いきなり雑誌や書物で「健康のカタチ」を

提案するわけにもいかない。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20495137.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20502039.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21051026.jpg

いまからでも、それなりの特訓をする必要がある。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20541401.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20491253.jpg

「ロッコム文章・編集塾」は、

いわば基礎体力づくりの場であるので、

著述・著作を目標とする勉強会、

あるいはプロジェクトをつくる必要があると、

提案した。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20532045.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_10384554.jpg
ちなみに、

私自身は、これまでに3冊の本を著わしたが、

自分の出版パーティは一度もしたことがない。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20582314.jpg

理由は前述のとおり、

次の1冊に向かうことに注力したためである。

妙なのは、

アメリカに本社がある『リーダーズダイジェスト』に

スノーケリングの記事を書いたときには

ダイビング仲間に祝賀パーティを開いてもらった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21013368.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21014452.jpg

今回のように、

多くの人が共働で作った本の場合は、

こういうパーティを開く意義はある。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21025191.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_17592168.jpg

いろいろの形で参加していただいたみなさんの

スピーチを聞くのは楽しかった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21045834.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_22224065.jpg
版元の医歯薬出版からは、

ご担当いただいた山本美和さんにご出席いただいた。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21031539.jpg
スピーチをする人たちの安定したお話は、

見事であった。

これぞ日頃のトレーニングの成果というべきであろう。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21021449.jpg

13年かかったが、

けっして苦しんだわけではなく、

楽しんで試行錯誤を繰り返した。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21085866.jpg

どんな職域の栄養士にとっても、

どんなキャリアであっても、

どんな年齢であっても、

今後の向かうべき方向を考えるうえで

この本には多くのヒントがあるだろう。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20333729.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21102259.jpg
当日、有志は横浜の《ハイアットリージェンシー》に宿泊し、

横浜スティを楽しんだ。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20371205.jpg

翌日、16日の快晴、

ビーチ歩きには最適な1日だった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21103801.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20364125.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21114984.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21111197.jpg
その写真をいくつかあげて

今回は終わりとする。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21140205.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20392125.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20380602.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20540046.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21145626.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21441115.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21434440.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21152924.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21113975.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21160868.jpg










# by rocky-road | 2020-11-17 21:16 | 栄養士のための『ライフデザインブック』  

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22561216.jpg
このところ、プライベートの名刺を作る人から

記載事項やデザインについて

尋ねられることが続いている。

一般的に、名刺は勤め先で作ってくれるので、

自分で作るとなると

迷う人が多い。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22560034.jpg
ここはいつか来た道で、

昔、ダイバーとしての名刺を作る人が多く、

多くの人の相談にのったことがある。

そのノウハウを記事にしたこともある。

(記事を探したが見つけられず)

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_23002767.jpg

プライベート名刺は、

仕事の名刺以上に

アイデンティティを感じさせるものである。

組織に寄りかからずに、

自分がシャキっと立った姿をアピールすることの重みが

アイデンティティを刺激するのであろう。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22453068.jpg
それほど個人にとっては意味深いものではあるが、

現段階では、プライベート名刺を作る人は多くはない。

したがって、

そのコンセプトや制作法を学ぶ場は多くはない。

少し前までは、

町の軽印刷業や名刺屋さんで

作ってもらうのが普通だった。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22434990.jpg

いまは、パソコンで自作する人が少なくない。

が、「プライベート名刺論」を持たない人が

パソコンの力を借りても、

自他ともに満足するものは出来上がらない。

アイデンティティどころか、

ショボい自分をアピールすることになったりする。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22444745.jpg

世界的に見れば、

ハンコ同様、名刺は日本的な文化に違いない。

スマホ時代ともなれば、

アドレスの交換で人とのつながりは成立するが、

日本人としては、

手触りを感じるアナログ文化が

自分の立ち位置を、自分自身に認識させるうえで

少なからずの意味がある。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22442325.jpg

昔もらった名刺を見直していたら、

「無港」というのがあった。

英語名は「team NONBAY

「ノン ベイ?」

なるほど「チーム 呑ん兵衛」のしゃれである。

こういう遊びができるのも

プライベート名刺の自由さである。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22593332.jpg

さて、日本にしかない(?)はずの

プライベート名刺の

「作り方・扱い方 ミニマニュアル」を

以下にまとめてみよう。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22445513.jpg

【プライベート名刺の作り方】

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22554954.jpg

1.まず、いままでもらった名刺を見直して、

  自分のイメージをつくる。

  軽印刷業やハンコ屋さんで見本を見るのも有効。

  先に作った人がいれば、アドバイスを受ける。

2.個人であっても屋号または肩書き、

  所属などを考える。

  「マリンエッセイスト」「食べある木の森 会員」

  所属するグループ名を入れるときは(入れ方にもよるが)、

  そのグループのリーダーの了解を得る。

3.アイキャッチャーを入れる。

  (受け取った人がすぐに気がつく

  イラストや模様、色、デザインなど)

  だたし、バラやヒマワリの花などは、

  やや、ありきたり。蓮の花は仏教的。

  自分の正面ポートレート入れると

  営業用の名刺っぽくなる。

  小型や角丸、ピンクなど、

  あまり女性らしさを強調しない。

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22471402.jpg

4.裏面には、自分の活動(仕事、余暇活動、趣味、

  キャッチフレーズ、業績など)を入れる。

5.出来上がった名刺は

  相手かまわず渡さない。

  つき合いが始まりそうなとき、

  相手の名刺をいただきたいときなど、

  ていねいに扱う。

さて、あなたなら、どうする?

名刺は新しい自分の居場所を生み出す。_b0141773_22451513.jpg


# by rocky-road | 2020-11-08 23:02 | 名刺  

健康のカタチを求めて……。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19563605.jpg

今年3月にスタートした

「食コーチング講師養成講座」も、

この1024日で第6回、全12回の半分まできた。

今回のテーマは「『健康のカタチ』とは……」

そのメインは《ヘア&メイク》であった。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19581625.jpg

食コーチングをベースに食や健康を語るとき、

講師の身だしなみは、きわめて大事。

健康を語る人が「健康的」でないと、

説得力が低下する。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19593917.jpg

医師から看護師、保健師、栄養士、

そしてレントゲン技師、

さらには、事務職まで、

直接・間接に人の健康を支える者は、

内面はもちろん、

外観においても健康でありたい。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20000217.jpg

身だしなみは、

まずもって自身のもっとも身近な環境である。

(厳密にいえば、自分の鼻や耳、手や足の形、

皮膚の色、髪の色つやも〝外部〟環境である)

それらの環境は、当然、情報をもっているが、

環境を読み解くリテラシーがないと、

ただの物質でしかない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20005182.jpg

赤いパンツを履いて元気が出る人、

シルクのパジャマを着て寝ると眠りが深くなる人、

新しいジャケットを着たとき、

いつも以上に姿勢がよくなる人などは、

「衣環境」に対するリテラシーがある人

ということになり、

その効果は、自分および周囲の環境に影響を与える。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20012402.jpg

「衣環境リテラシー」を向上させるためにも、

上記の講座で、各自がヘアメイクやフェイスメイクについて

「私の流儀」として2分間のプレゼンテーションを

していただく、という宿題は有効であったと思う。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20013729.jpg

講師の身だしなみとプレゼン内容を

同時にチェックされる研修会は、

そう多くはないはずである。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20023748.jpg
さらに、自分の流儀を2分間話すのに、

原稿を用意する必要はなかろうと、

途中から、メモに頼らないプレゼンに変えた。

なんたって「一流の講師養成」である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20025003.jpg

ところで、

『広辞苑』は「身だしなみ」をこう定義する。
「身のまわりについての心がけ。頭髪や衣服などを整え、

言葉や態度をきちんとすること」

身だしなみには、「言葉」や「態度」も含まれる、

というところは注目点である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20034694.jpg

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20032368.jpg

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20040389.jpg
この「食コーチング 講師養成講座 第6回」

が始まるのに合わせたかのように、

NHKラジオ(第2放送)が

カルチャーラジオという伝統ある番組で、

『ファッションはどう変わるのか』という

3回シリーズを放送してくれた。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20042166.jpg
各界の第一線で活躍している人の講演を

ラジオ番組用に再構成して放送するもの。

司馬遼太郎さんも、ドナルド・キーンさんも、

かつてこの番組でお話をしている。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20021141.jpg

『ファッションはどう変わるか』の講師は

「パーソナルスタイリスト」

「ファッションレスキュー」を名乗るキャリアのある女性。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20052405.jpg

3回のテーマは、

「自分に合った服とは」

「コロナでファッションの行方はどうなるか?」

「似合うをどう構築するか」

なんと魅力的なタイトルだろう。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20055441.jpg

だがしかし……。

「人は見た目が9割」という説があるが、

「人は第一声が9割」という面もある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20061910.jpg

妙に上から目線で、決めつけしゃべり。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20190171.jpg

それはいいとしても、

話の内容がつかめない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20063339.jpg

「アフターコロナ」とか

「マインドフルファッション」とか

「マインドレスファッション」とか

「ダイバシティ」とかと、

カタカナ語をよく使うが、

11語の概念も定義もはっきりしないため、

「だから、こうだ」のように話が着地しない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20065604.jpg

ついでにいえば、

「ファッションレスキュー」も

切ないネーミングではなかろうか。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20080278.jpg

ファッションも絵画も、

コトバで説明するのはむずかしいが、

この講師の話は、言語心理学的な価値がある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20125657.jpg

1時間も話し続けながら、

なんとも独りよがりの観念先行、だから抽象的で、

ほとんど内容がない、

聞き手の行動に影響を与えるような考え方の提示も

アクションプランもない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20130705.jpg
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20255797.jpg

そういう講演というのが存在することを知った。

言語学者必見の講義である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20081294.jpg
さすがはNHK、

よくぞここまで空っぽなしゃべりをする人を

見つけだしてくれたものである。

反面教師として、

これ以上の事例にはめったに出会えないと思ったので、

急いで録音をし、養成講座の受講者に聞いてもらった。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20110637.jpg
『広辞苑』の「身だしなみ」の定義にもある

「言葉や態度をきちんとすること」に従えば、

「パーソナルスタイリスト」を名乗っていても、

「身だしなみ」に不備がある、ということになる。

われわれの講座に参加してくれれば、

「倍返し」どころか、

100倍にして返してあげるのに……。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20100958.jpg

「食コーチング養成講座」の話に戻ろう。

女性の表情が「チーク」(わが用語では「頬紅」)の補強で

みなさんからも「オーッ!」と声が出るほど輝きが増す。

こういう環境に男1人、居合わせる幸運を感じる。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20101986.jpg

いまは「オンライン」に頼らざるを得ない時期だが、

講義、講演というアナログ形式のコミュニケーションスキルは

なくなることはない。

群れ行動をする動物は、

個体と個体の接近、接触、向かい合いを

基本的行動とする。

そこに戻らないと心身の健康は保てない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20104532.jpg

小原秀雄氏(動物学者)によれば、

ヒトは自ら村や町、都市という檻に入って

「自己家畜化」してきたが、

それでも、対面しての情報交換は捨ててはいない。

ということは、

講義・講演のテキストや、

チークによるメイクアップのスキルは

これからも磨く必要がある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20103373.jpg

この「講師養成講座 第6回」を行なった翌日、

1025日(日)には、

食ジム」 第91

「身だしなみを磨き続けるには どんなことが必要か」

というテーマで終日、話し合った。

(座長/甲斐和恵さん 横浜市技能文化会館)

プログラムは以下のとおり。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20124046.jpg

1. 「ここだけの話」……TPOの読み違いや準備不足のために、

  その日の身だしなみで 「やっちまった物語」。

2.「私は見た!」……職場で、会合などで、 その人の身だしなみに

  ドッキリ、ビックリの事例集。

 

3.現在・過去・未来、身だしなみが見事と思った同性・異性、

  いま、お手本にしているあの人、あのコーディネート。

4.キーワードや

  フレーズを50個、あげるとすれば。(印象、ヘアスタイル、衣服、

  アクセサリー、イメージなど)

5.身だしなみを磨き続けるためには、どんなアクションがあるか。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20165925.jpg
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20191249.jpg

経過は省くが、項目「4」の

「健康的ではない身だしなみとはどういうものか……」で

思いつくままにみんなであげてみた。

その一部をあげて、今回のブログは閉じよう。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20212413.jpg

*年相応という考え方。

*覇気のない表情。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20210799.jpg

*姿勢が悪い(猫背など)。

*歩き方に力がない。

*ブラシや櫛が通っていない髪。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20221650.jpg

*輝きのないメイク、または過剰なメイク。

*聞き取りにくい小声。

*(おっさんのような)品のないくしゃみ(「ウェックション!!」)

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20223461.jpg

*場違いの大笑い。

*首筋から胸まわりが見えるシャツ。

*ダブダブ、パツパツの服装。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20234180.jpg

*服を選ぶとき「一生着られる」を基準にする。

*香りすぎる過剰香水。

*日焼けを避ける過剰な防御(黒ずくめ、忍者)

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20235830.jpg

*中身がパンパンのバッグ。

*どこへいくのもエコバッグ。

*領収証などでパンパンの財布。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20241073.jpg

*茶、灰色、オリーブ色(国防色)の衣服。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20244102.jpg

*シワシワ、毛玉、よれよれの衣服。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20270944.jpg
*(服装)柄に柄を合わせる(ガラガラ)。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20274156.jpg
*磨いていない靴。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20252468.jpg

*靴の中敷きが汚れている。

*「終活」に励む高齢者、それをすすめる識者。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20160068.jpg

以上。


# by rocky-road | 2020-10-29 20:28 | 食コーチング師養成講座  

あなたがいま燃えているものは?

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17412403.jpg

遠距離クラスの第48
回が終わった。

104日、横浜・技能文化会館)

ロッコム文章・編集塾は

毎月、数クラスを開講しているが、

遠距離の方、毎月参加がムリな方を対象に、

3か月に1回の割合で

1日研修の教室を開いている。

このクラスは、

20089月の開講して12年目になる。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17415167.jpg

今回の講義は

「思考と発想力をシステム化する。」

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17421916.jpg

ものを考える最良の場所として、

中国の欧陽脩(10071072年)は

「三上」をすすめたと伝えられる。

「馬の上」「枕の上」「トイレの中」(厠上/しじょう)

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17531833.jpg

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17443044.jpg
あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17420862.jpg
いわば「沈思黙考」にふさわしい場所である。

1000年前でも、

モノを考えるには

やはり人との「密」を避けて

静かに集中したほうがよい、

と考えていたところがおもしろい。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17441005.jpg

1000年後の現在、

思考法はさらに進化して、

「創造的集団思考法」

つまり「ブレーンストーミング」に至った。

アメリカ人、A・F・オズボーンの考案だという。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17450142.jpg
この方式は脳の中から

是が非でもアイディアをひねり出そうという、

超・積極的思考法である。

これに比べると「三上」方式はいかにものどか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17454830.jpg

もっとも、日本人は、

「ブレスト」方式は苦手のようで、

自分でも雑誌の企画会議などで試みたが、

トントンと発言が出てこない。

仕方がないので、

レストランを借りて、

アルコール飲料も「あり」でやってみたが、

結果は同じである。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18004464.jpg

欧米人のように

幼いときからディベートなどによって

討論する基礎トレーニングをしておかないと、

いきなりブレストをやっても、

アイディアがあふれ出すどころか、

シーンと静寂だけがあふれ出す。

なんとも息苦しい困惑の場面になる。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17451663.jpg

その点、食コーチングプログラムスが主催する

「食ジム」は、目的も方法も異なるものの、

「ブレスト」に近い形式になっている。

日本にブレストを定着させるには、

この「食ジム」形式を経験するとよい。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17563639.jpg

「頭がよい」とはどういうことか、

それは、定義によって意味が大きく変わるが、

少なくとも「思考力」や「発想力」は、

かならずしも頭の良し悪しには左右されない。

けっきょくのところ、システムとトレーニングである。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17583461.jpg

思考力や発想力は天性のものとか、

素質であるとかとはいえない。

そのことを認識するのが

今回の講義の目的であった。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17584539.jpg


この講義の過程で、

またまた新しい難題に気がついた。

思考力や発想力はシステム化によって

ある程度は強化できるが、

では、生きるエネルギー、生きがいを感じる情念、

社会参加を助長する情緒は、

システムによって強化できるのか。

知性と同じように、

感性もコトバで磨けるのか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18024694.jpg


新聞や雑誌を開くと、

「捨てることのすすめ」とか、

「がんばらなくていい」とか、

「終活」とか、

健康寿命の延伸を迷惑に思っているのではないか、

と思えるような提案が少なくない。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17504447.jpg
あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17513874.jpg

また、塾生に

「人は(私は)なぜ生きるのか」という

エッセイを書くように課題すると、

反省や是正点の記述が中心であったり、

モチベーションの低い青春時代を

振り返ったりする文章が少なからずある。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17510534.jpg

こういう状況を見ると、

現代は、生きるエネルギー、

つまり将来への展望や、野心や野望、

3日や1週間にも及ぶ感動や興奮が

ほとんどないことがわかる。

その結果、コロナ感染を恐れることを

最大のモチベーションにして

生きている人が少なくない。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17512013.jpg

もともと、すべての人が目標をもち、

生きがいを見い出すというのはムリな話で、

だからこそ、古来、

集落ごとに、地域ごとに、

国ごとに目標を設定して

それを共有することで、

自分の方向を考えることができた。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17525954.jpg

最高のモチベーションは「お国のため」だったが、

通信機器の発達のおかげで、

国の中で「内輪の話」ができなくなってしまった。

人の国の子や人をさらったまま

まったく返えそうもしない国を「とっちめよう」とか

わが国の領海を、物ほしそうにウロウロする

某国の船を「叩きのめしてやろう」とかと、

国のリーダーが口にできなくなった。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18022044.jpg

「ほしかりません勝つまでは!」

「一億火の玉」

「米英鬼畜」

そういうスローガンによってまとまれることは、

一般大衆にとっては、生きる目標を設定しやすかった。

いやいや、いまだって、

go to travel!」や

go to eat!」などのスローガンで

多くの人が小さな生きがいを見い出している。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18021436.jpg

しかし、人生の目標を

go to travel」にするわけにもいかない。

もっと内面から燃えるものがほしい。

情熱をかき立てるシステム、

情念を燃やすシステムとはなにか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17400931.jpg

かつて、フランス文学者の桑原武夫氏が、

司馬遼太郎氏との対談で、

「感情の論理学」という概念があることを語っている。

フランスの心理学者が使ったコトバだとか。

さて、

わが《ロッコム文章・編集塾》で、

これをテーマにすることができるのか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18040707.jpg

「それって、文章の問題? 編集のテーマ?」

というなかれ。

文章も編集も、

感情やスキル、理念や思想を伝える道具である。

いやその前に、

論理的にモノを考える道具、そのものである。

目的のない橋や鉄道がないように、

伝えたい内容のない文章も編集もありえない。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18043123.jpg

わがロッコム文章・編集塾は、

「がんばらなくていい」なんていわないし、

「捨てること」を急がない。

「終活」なんて無意味なことをせず、

まだまだ「習活」(学ぶ活動)を続ける。


あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18044876.jpg
講義の途中や終了後、

みなさんが持ってきてくださった

新刊『栄養士のための ライフデザインブック』に関して

編者と監修者によるサイン会になった。

ありがとう。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18054727.jpg

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17541953.jpg

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17540373.jpg


# by rocky-road | 2020-10-08 18:06 | 大橋禄郎 文章教室  

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20422873.jpg

90回を迎えた「食ジム」では、

こんなテーマで話し合った。

(主催/食コーチングプログラムス

927日《日》横浜市技能文化会館。

座長/崎山光江さん

アドバイザー/影山なお子さん、大橋)

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20440675.jpg

【タイトル】

「栄養士が『おばさん化』しないための

センスと行動様式。」

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20451125.jpg

【進行プログラム】

1.「いま考えても、悔しい」――年少であること、

  年下であることを理由に、決めつけられたり否定されたりした、

  あの人からの一言、態度、仕打ち。

2.健康相談や食事相談において、言い過ぎ、決めつけすぎの事例

  ――実際にあったこんな事例、あんな事例。(伝聞情報も含めて)

3.年長なのに、こんなに謙虚な人もいる

  ――祖父・祖母、父・母、知人……

  ……あの人の、こんなところがスゴイ。

4.なぜ、人は「おばさん化」「おじさん化」するのか。

  その原因を徹底分析。

5.「おばさん型」「おじさん型」言動

  ――(食事相談・健康相談、日常生活)を抑制するには

  どんなライフスタイルを身につければよいか。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20453893.jpg

世界広しといえども、

世界の健康支援者が、こんなテーマで

1日かけて話し合った例は皆無だろう。

そもそも「おばさん化」とはなにか、である。

もちろん定義はした。

すなわち、

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20455348.jpg

周囲または相手に対して、

自分が年長であることを過度に意識し、

それを優越性と感じて、周囲に対して謙虚さを失ったり、

遠慮のないコトバづかい、決めつけ、断定、

本音の吐露(「嫌い」「おいしくない」「高い」「安くしてよ」

「あなたは若いからそういうの」「私の年になればわかる」)

などの発言が多く、わが物顔でふるまったりする行動傾向。

男性にもあるが、女性に顕著な傾向か。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20461065.jpg

昔からマンガのテーマにはよくなるモノで、

たとえば、電車の車内で人を押しのけて席をとる、

人があけたドアを堂々と先に通り抜ける、

一山いくらの売り物に、別の山からの1個を加えて

カゴに入れる……。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20443206.jpg

今回は、健康支援者の「おばさん化」だから、

こういうフライング行動ではなく、

おもに言い方、決めつけ方などの体験披露からスタートした。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20481634.jpg

以下はその体験例。

*「自分のたてた献立を、
  毎回先輩調理師から批判される」

*「野菜の皮をむいていたら、『そんな切り方するの?』」

*着ていた服についての指摘「若いからなんでも似合うのよね」

(こっちは、それなりに考えているのに!)

*先輩と議論していたら「若いからそういうこと言うんだ。

僕の歳になればわかるよ」

*人が食べているお弁当をのぞき込んで
「ごはん、多くない?」

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20493480.jpg

健康支援者や食事相談は、

本来、カウンセリング的でありたいところだが、

「栄養指導」というコトバが一般化しているとおり、

もともと指導して当たり前と考えられている。

そういう世界でキャリアを積むとどうなるか。

「指導」×「おばさん」となるから、

キメつけ、あけすけの指摘が著しくなる。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20494555.jpg

*「ちっとも体重減りませんね。

お酒、飲みすぎているんじゃないですか」

*「数値、下がりませんね。

間食してるんでしょう?」

*「なんでそこまでやせるの? 

骨粗しょう症の予備群になるわよ」

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20495915.jpg

なぜ、栄養士を含む健康支援者は

「おばさん化」「おじさん化」しやすいのか。

参加者からいろいろの分析が出た。

それらを補足してまとめると……。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20511218.jpg

*医療は命を救うという絶対的な使命があるから、

 患者は感謝、感謝の気持ちがいっぱい。

 医師は家系的にも社会的にもエリートで、

 伝統的に上から目線になる。

 看護師や保健師、栄養士は、

 上から目線の対応を学習し、

かつ、医師の「虎の威」を借りて

その態度を増長させる。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20513780.jpg

*その立場から見ると、

 患者は、理解していないことが多く、

かつ注意したことを守らない、

そこでついキツイ言い方になる。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20530832.jpg

*多くの医療関係者は、

 数値優先で、

 ライフスタイルの維持や改善、

 よい状態の維持に関心がうすく、

 支持した数値を絶対のものとして迫り、

患者を叱る傾向がある。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20435621.jpg

*「おばさん」の多くは

 子育て経験があり、

 わが子に対してきつい表現をする経験をもつ。

 「ちゃんとしなさいよ」「言ったことを守りなさいよ」

 「早くして」「だから言ったでしょ?」

 口になじんだトーンは、

 相手が子供でなくても、

似たようシチュエーションのときには口から出る。

相手が自分より年下であることが多くなるにつれて、

「おばさん化」は進行する。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20434992.jpg

*さらに、男女に関係なく、

 情報環境(人脈の多様性、新聞、雑誌の購読、

読書、テレビラジオの視聴、デジタル情報のリテラシーなど)

が狭い人は、自分の見聞だけを論拠にし、

しかも、それらを過信する傾向がある。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20555144.jpg

「それが常識ですよ」「……そういうものよ」

「私の経験では」「いまの人は……」

「だまされたと思ってやってごらんなさい」

「私を見てごらんなさい。これも玄米のパワーよ」

 「私の言うこと、騙されたと思ってやってみなさい」

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20535890.jpg
要は「上から目線」、ていねい表現が少なくなる、

問いかけが、ないか、少ない、

断定、キメつけ、自説の強調が多い、

謙虚さ、寛容さ不足、などなど。

それは自他の健康のリスクになりうる。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20424410.jpg

これをセルフコントロールできるのか。

特効薬はないが、

こんな方法でいくらかは抑止できるかもしれない。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20450299.jpg

*「おばさん化」は「老化現象」であることを理解する。

*仕事以外の人脈を維持または増強する。

 (とくに運動系は有効)

*(世の中にはエライ人やエライ考え方があることを

知るために、雑誌や書物で)評論などの文章を

読む習慣を維持する。

*ハガキ、手紙などによる情報発信の習慣を維持する。

*けっきょくは、高い教養を保つということ。

 「実るほど頭の下がる稲穂かな」

時はいま、実りの秋である。

「おばさん化」は晩秋、老化現象である。_b0141773_20421413.jpg


# by rocky-road | 2020-09-29 21:00 | 「食ジム」