内部・外部環境としての服飾

内部・外部環境としての服飾_b0141773_21154721.jpg6月20日の誕生日に、男性からプロポーズをされた、
という人と、バースデー会食をした。
ハッピーなことが重なった女性の輝きには
ハッとさせられる。
結婚を申し込んだ人ではなくても、
「こんなに輝いているなら、自分も申し込みたい」と
一瞬、不思議な心理状態になる。


彼女の3年前と、現在との表情や話し方、
ファッションの変わりようにも話が及んだ。
それには、パルマローザという環境が
大きく関係していることがうかがえる。
表情、身だしなみ、話し方などを磨き続けると、
1年でも、その効果が歴然と現れる。
そのことは、ぜいたくなほど多くの事例で確認できる。
中から外からのブラッシュアップだから、
にわかメッキとは違う。

そんな折りも折り、「ファッションショー」とネーミングする
セミナーを開くというのは、
なかなかタイムリーだと思う(9月20日・土 横浜 開港記念会館)。

衣服が「記号」であることは、服飾学の基本だが、
衣服が、自分自身にも情報発信をする、という視点は
あまりないように思う。
買いたい服を見つける、買いたいと思い続ける、
意を決して買いに行く、親しい人に同行してもらう、
試着し、いろいろのアドバイスを受ける、
購入後、それを着用する機会を考える、
当日、その服にふさわしい言動をする……、
そうしたアクションが、自分の内的・外的環境をつくってゆく。

それはつまり、幸福や健康、よりよい人間関係、洗練などへの
モチベーション強化である。
自分自身はもちろん、
周囲の人たちにとってもモチベーションとなる。 
 
衣服は、自分自身にメッセージを伝えると同時に
社会環境を作ってゆく、という認識も重要である。

健康支援者は、「食コーチング」がいうように、
クライアントが社会や人生をスムースに快走することを
最終目標とするわけだから、
クライアントにハッピーな環境を
無言で提示することの意味は大きい。
表情やコーディネートされた服装は、
健康度やハッピーを雄弁に表現する
内部・外部環境としての服飾_b0141773_89221.jpg非言語コミュニケーションメディアである。

そう考えると、ダサイ服装のまま、
無表情やコワい顔の相談担当者が、
「クライアントの行動を変容させる」などと口走るのは、
ハツカネズミがキリンの容姿や生き方を説くようなもので、 
身のほど知らぬ誇大妄想である。

# by rocky-road | 2008-06-22 20:30  

栄養士ブラッシュアップセミナーの講師を務めて。

栄養士ブラッシュアップセミナーの講師を務めて。_b0141773_2226171.jpg
パルマローザのブラッシュアップセミナーの
200回と201回を担当させていただいた。
(6月14日15日 健康支援者のための
「文章表現力」2日間特訓セミナー
―別冊付録 写真表現力― ) 

2日間とも午前9時30分から午後4時半まで。
立ちづめの2日間ではあったが、
みなさんの熱意に支えられてのことだから、
そのことによる疲れはない。


栄養士ブラッシュアップセミナーの講師を務めて。_b0141773_2227731.jpg参加者の数人から、
健康支援の講演会講師のためのアドバイスを求められた。
世間には1年に200回以上も講演をするという人が
少なからずいるから、
わかったようなことはいえないが、
健康関連の講演会やシンポジウムを
聴講した経験はそこそこはある。
それらを加味して、
改めてその問題を考えてみた。


ヘルスサポーターのための講演入門
1.構成のしっかりした台本(レジュメまたはテキスト)を用意する。
講演は話術でするものではなく、
内容で勝負。ユニークな見方、考え方の提示、提案をする。

2.パワーポイントに寄りかからない。
パワーポイントで進めるものは講演ではなく、
紙芝居である。講演は、演者のパフォーマンスを
楽しむもの。たとえ文章の棒読みでも、
演ずることに意味がある。
栄養士ブラッシュアップセミナーの講師を務めて。_b0141773_8113715.jpg
3.演者のルックスが健康イメージを
具現するものである。
無表情、笑顔なし、威張り、
ハッタリなどがなく、身なり、しぐさ、
テンポに明るさやリズムがあること。

4.健康について俗説を前提にしない。
「食の欧米化が進んでいる」
「脂の摂取量が多いとキレやすくなる」
「生活習慣病が急増している」などは
根拠が怪しい。

(以下はいずれまた)
1日目のランチ会場「ランチャンアベニュー」前にて記念撮影

# by rocky-road | 2008-06-17 22:34  

ロッキーロード 開始!

ロッキーロード 開始!_b0141773_2104680.jpg週1回、女子栄養大学文化栄養学科に非常勤講師として出かけています。この大学の出版部に
25年間勤務した縁によります。

きのう、副学長と話をしているときに、学生たちが講師を遠巻きにして席をとる傾向があることを話したら、香川靖雄副学長いわく、「それはDNAによるものかもしれません」と。アメリカに長く滞在した教授は、アメリカでは、前の席から埋まってゆくという話をしてくれました。

 この体験的日米比較はマトを射ているようにも思えます。
 私は、これまで17年間、
 いくつかの大学の非常勤講師を務めてきましたが、
 どこも例外なく、「前空き・うしろ吹きだまり型」でした。

 では、自分の大学生時代はどうであったか。
 先生の真ん前の席をとるのを習慣としてきました。
 私語と居眠り対策を自分に課したのです。
 やはり私の遺伝子には
 アメリカ人型のDNAが存在していたのです。
 
 さて、パルマローザでは、第50回のセミナーから、
 80回、100回、200回と、
 節目ごとにセミナー講師を
 担当させていただいていますが、
 この健康支援集団・パルマローザの人たちは、
 会場の座席を前から埋めてゆく人たちが中心となっています。

 してみると、パルマローザに集まる人たちも、
 アメリカ人のDNAを受け継いでいるらしい。

 ロッキーロード 開始!_b0141773_2133264.jpgそうでないとすれば、その程度の習慣は、学習か、
ちょっとした動機づけで、身につくものなのかもしれません。
事実、私の大学での授業のとき、学生たちは、いくらか講師に近い席に前進しつつあります。

 というようなお話を、影山 なお子さんからご提供いただく
この欄に、書かせていただくことになりました。
よろしくお願いします。

# by rocky-road | 2008-06-11 11:27