「編集」してますか。

「編集」してますか。_b0141773_2235661.jpg
4月19日(日)、ロッコム文章・編集塾 遠距離クラスの3回目の授業が終わった。
場所は横浜の神奈川近代文学館。受講者は19人。午前10時から5時までの長丁場。

今回も、影山 なお子さんに会場やランチのためのレストラン選定まで、
すっかりお世話になった。
自分でいうのもナンだが、日本中の、いや世界中の文章・編集塾で、
これほど快適性が高く、濃密なプログラムはないのではないか。
そもそも、そのような塾は少なかろうが……。
「編集」してますか。_b0141773_2235392.jpg

なぜそこまでいうのか、といえば、
ランチに2時間半を、しっかりとること、
レストランは地元の人でも気がつかない、港が見える丘公園の真下に、
とあるイタリアン&フレンチの店を選んだこと
(軍事上の秘密だから、店名は明かせない!!)。
食事は前菜、パスタ、白身魚のリゾットなどなど。
残念ながら、午後の授業もあるので、ワインやビールとはいかない。
「編集」してますか。_b0141773_2236027.jpg

そして、塾生のみなさんのファッションセンス。
文章力、編集力を磨くのに、なぜにそこまでおしゃれをするのか!?!?。
3か月に一度だから気合が入るということもあるが、
前々日から前日にかけて、立ち居振る舞いと食コーチングのセミナーがあり、
みなさんの非言語コミュニケーション力は、大いに刺激を受けているから。

「編集」してますか。_b0141773_22372691.jpg「編集」してますか。_b0141773_22375285.jpg









で、肝心の授業は……。
新聞の社説についての論評、「バナナ」「栄養士」「愛」などのコトバの
「編集」してますか。_b0141773_22424376.jpgユーモラスな定義を求める宿題の発表。
全員の発表があるので、
自分の実力がどこいら辺にあるのかが、いやでもわかる。
「編集」してますか。_b0141773_22404015.jpg









講義は、表記法や用字用語の意味、
暮らしの中で編集技術をいかに活用するか、
補助符号の名称、罫(線)の種類と名称などについて。

今日、大半の人がパソコンを使うようになったために、
「編集」は一部の人の職業ではなくなった。
「ホームページをつくりたい」「ブログを書きたい」という人は多いが、
編集のなんたるかがわからない人間のホームページなど、
「言語公害」「情報公害」以外のなにものでもない。
「編集」してますか。_b0141773_22455450.jpg

パソコンコミュニケーションを活性化するには、
編集は基本中の基本技術として身につけておきたい。
編集の基本を学ばずにパソコンで情報発信をするのは、
車の運転でいえば、無免許で公道を走るのに等しい。
昔、共産圏だか全体主義国家だか、そんな国で(どこだったか)、
編集者は国家試験を要する国家資格であったと聞いた。
「情報」という「危険物」を扱うと考えれば、わからぬでもない。

わがロッコム文章・編集塾が、
日本国民の編集力強化を一手に引き受けるわけにはいかないから、
世の編集経験者たちは、自分のエリアで「編集塾」を開いたらいい。
怪しげなアンチエージング関連ビジネスより、よほど国民のためになる。
編集力とは、脳を活性化し、人々との関わりを深くするから、
アメリカ発の新しいが怪しげな「○○栄養学」なんかより、
よほど確かな老化抑制効果が期待できる。
「編集」してますか。_b0141773_22463238.jpg
さて、栄養士に関しては、あと数人は受け入れ可能。文章力、思考力、表現力、編集力アップを考える人はどうぞ。

次回の開講日は7月19日(日)。
場所は横浜・山手234番館。

# by rocky-road | 2009-04-22 22:45  

こんどは、八重桜カメラマンになる……プラスアルファ。

こんどは、八重桜カメラマンになる……プラスアルファ。_b0141773_2346170.jpg
季節は移って、ソメイヨシノから八重桜へ。
そして早くもハナミズキが八重桜を追い越しそうな気配。
とかくするうちにフジの花もふくらんできた。

ソメイヨシノも八重も、同じ桜だから、写真の撮り方も同じかというと、
そうとは言えない。
こんどは、八重桜カメラマンになる……プラスアルファ。_b0141773_23463382.jpg

八重桜は、花先の美しさというよりも、1株1株のおもしろさにある。
花の色や花の咲き具合のバリエーション(トップ 1)、
青空をバックにつき出している枝(2)、
薄いグリーンの種類など(3)、やはりよいモデル探しから。
こんどは、八重桜カメラマンになる……プラスアルファ。_b0141773_23473160.jpg

ソメイヨシノの場合、花が垂れ下がって目の前にあることが多いが、
八重桜の場合、花の位置が高く、カメラを上向きに構えることになりがち。
つまり逆光に。この状態でシャッターを切ると、花はシルエット状に写る。
これを避けるには、逆光補正(+補正)を何段階かして、数枚撮る。

ここで気をつけたいのは、「+」補正をするこどにシャッタースピードが遅くなり、
手ブレしやすくなるので、手ブレには最新の注意を。
こんどは、八重桜カメラマンになる……プラスアルファ。_b0141773_2349047.jpg

ところで、前回、夜桜の撮り方を紹介したが、
こんなところで記念写真が撮れるか、試した。
カメラを木の幹に押しつけるとか、垣根の上に置くとかして手ブレを防ぐと、
なんとか撮れる。感度設定はISO-400、マイナス補正(-1/3)。
コツは、シャッタースピードが遅くなっているので、
シャッターを切ったあと、しばらく(1~2秒)カメラを動かさないようにする。

付録
ハナミズキやヤマボウシは、つぼみのほうがかわいい。
軽く握った拳(こぶし)状態のものを、花芯が写るように撮る。
開花後のハナミズキは、真っ白い花(ピンクもあるが)を広げるので、
グリーンの葉をバックにして撮るときは、露出補正は「-」補正。
こんどは、八重桜カメラマンになる……プラスアルファ。_b0141773_2350477.jpg

花の季節、カメラはつねに持ち歩こう!!!

◎4月29日、横浜の撮影会にご参加の方、山手でお会いしましょう。

# by rocky-road | 2009-04-17 23:51  

続 この春桜カメラマンになる。

ブログに、「この春、桜カメラマンになる」を書いたら、
いくつかの問い合わせをいただいた。
それらついて、お答えしてみたい。

続 この春桜カメラマンになる。_b0141773_19504297.jpg1.桜並木ををどう撮ればよいのか。
  漫然と撮ると、「何を撮りたいの?」ということになる。
  たとえば、川や池の周囲に桜が林立していて、
  池にはボートや水鳥が浮かんでいる……、という場面。
  これを漫然と撮ると、Aのような写真になる。
  きれいではあるが、まとまりがない。
                 →写真A 撮りたい意図がいまいち 
  こんなときは、手前にメインの「なにか」を入れる。
  桜の小枝、動物など。その向こうに周辺の風景。
  広角の写真を撮るときには、手前にアクセントを置くと
  漫然感は薄らぐ。写真 B、C

続 この春桜カメラマンになる。_b0141773_19524582.jpg
                          ↑写真B ハト2羽

続 この春桜カメラマンになる。_b0141773_19532432.jpg
               ↑前に桜を配すると遠近感が出るし、表現幅が広がる。

2.桜が風に揺れていて撮りにくい。待つべきか。

  愚問である。写真は、ある瞬間を逃さない機敏さとともに、
  「待ち」でも勝負を決める。この根気がない人は、婚期もシャッターチャンスも逃す。
  風や波は、吹き通し、打ち寄せ通しということは、地球が始まって以来、一度もない。
  桜の花に吹く風などは、5分も待つことなく静まる瞬間がある。そこを狙う。
  こういうことは、連れがいるとなかなかできない。
  カレシなんかは最悪。「そんなに楽しい?」とかなんとか、嫌みをいう。
  こういうことをいう男は、伴侶には向かない。
  「ただ友」にとどめておくべし。

  写真D↓ かなりの風にあおられていたが、一瞬の静止を逃さずに。 
続 この春桜カメラマンになる。_b0141773_19572338.jpg
                        ↑写真D  揺れていたら待つ。

3.夜桜は、どうとればいいんですか。

  よいご質問である。まず、ストロボは使わない。
  深山の森に1本だけある老木……なんていうのは別。
  たいていはライトアップしているので、
  ノーストロボで撮れる。ただし、感度(ISO)設定は400に。
  手持ちではブレるので、台の上に乗せて手ブレを防ぐ。
  三脚があれば申し分ない。
  桜は縦位置で撮ることが多い。台の上にカメラを縦位置で乗せるのはむずかしい。
  そんなときは、カメラを近くの木の幹や電柱などに押しつけて構え、手ブレを防ぐ。
  写真E、F
 続 この春桜カメラマンになる。_b0141773_19595820.jpg
続 この春桜カメラマンになる。_b0141773_201025.jpg
                     ↑写真E、写真F 夜桜  
  
  このとき、露出補正をすることを忘れずに。
  暗い中に、ライトアップされて立っている木であれば、
  マイナス補正をする可能性が高い。
  ただし、向こうからのライトがレンズの視界に入ってくると、
  逆にプラス補正が必要となる。
  また、ライトアップの光が赤色光(おもに電球)か、青色光(蛍光灯やハロゲン光)かで、
  ホワイトバランスが変わってくる。
  この話がなんのことかわからない人は、
  4月29日(祝日)のパルマローザ主催フォトセミナーにどうぞ。

# by rocky-road | 2009-04-05 20:04  

この春、桜カメラマンになる。

この春、桜カメラマンになる。_b0141773_15243737.jpg
路上に、桜の小枝が落ちていた。
強風に痛めつけられて、折れたらしい。
拾って持ち帰り、ワイングラスに挿しておいたら、
今朝、つぼみが開き始めた。
この小枝を拾うとき、自転車が倒れて前カゴの中の卵が割れたが、
ワインのびんは無事だった。
プラス・マイナス、トータルして、
ここは強風に感謝か。

この春、桜カメラマンになる。_b0141773_1517545.jpgそこで、桜の撮り方アドバイスをいくつか。
1、1本の木を丸ごと撮るときは、背景を考える。
  桜に気をとられていると、背景のマンションだの、
  電線だの、余分なものが写って好ましくない。

  最初から、「桜となにか」という構図を考えるか、
  いっそ、背景は空にしてしまいたい。
  こんなときは、太陽を背にして構える。
  カメラの露出をマイナス補正するほど空が青く写る。
  ただし、あまり補正しずぎると、花が暗くなって重くなる。
                     →→「うるさい背景」
2、木を撮るというよりも、花を撮る、という考え方もある。
 この春、桜カメラマンになる。_b0141773_1523462.jpg その向こうに桜の木々、という構図である。
  花を撮る場合、漫然と狙うのではなく、
  枝ぶり、花ぶりのよいものを見つけて、
  それをアップで撮る。
  やはり、モデルの善し悪しが作品価値を左右する。
                       →→「背景を生かす」
3、桜と人、桜と動物を撮るときは、
  木の真下に人が来るというパターンを避け、
  背後に桜がある、または、手前にシダレがある、 
  というような構図を選ぶ。

  などという具合に、
  しばらくは、桜カメラマンに徹してみてはいかが?
                          ↓↓「青を生かす」
この春、桜カメラマンになる。_b0141773_15255956.jpg

この春、桜カメラマンになる。_b0141773_15285657.jpg


この春、桜カメラマンになる。_b0141773_15291827.jpg

この春、桜カメラマンになる。_b0141773_15313713.jpg

# by rocky-road | 2009-04-03 15:30  

名は他意も、表わす。

名は他意も、表わす。_b0141773_2341022.jpg
ダイビングの友人のお嬢さん(次女)が四国の小豆島に嫁ぎ、
そこで男児を出産した。男の子だったので「海聖」(かいせい)と名づけたという。
3人の孫のグランドママとなったわが友の名は「容子」で、
名に「海」はついていないが、自分が海が大好きだったので、
長女には「南海子」(なみこ)と名づけ、
次女には「輝海子」(きみこ)と名づけた。
長女の南海子さんは、自分の子に「海音」(かのん)、「彩音」(あやね)とつけた。
名は他意も、表わす。_b0141773_22591627.jpg

ダイビングに熱中していたころ、たいてい仲間は、
「結婚して子どもが生まれたら海に関係のある名をつける」などと言っていた。
かくいう私も、「岬」(みさき)とか「鯨子」(げいこ)にしようかなどと、バカをいっていたが、
2子が生まれてみれば、まったく海には関係のない名をつけた。
そういう腰砕け一派から見ると、南海子、輝海子、海音、海聖とつなげたのは立派である。
名は他意も、表わす。_b0141773_2301486.jpg

「コンセプト」というコトバは、日本人にはなかなか理解しにくい概念だが、
容子一族には、親の海好きという基本方針が、およそ30年間、貫かれていて、
これぞ「コンセプト」の生きた定義というべきネーミングコンセプトである。

こう見えても、私は自他共に認めるネーミング好きである。
(人名については、デカイことはいえないが)
「スノーケリング」は、英語だが、これを自分のクラブに採用して、
「スノーケリングの東京東京潜泳会」とネーミングした。
1966年ごろまでは、世間では「素潜り」といっていた。
以後、ダイビング雑誌でも使うようになって、いまに至る。
ちなみに「シュノーケリング」という発音は、性に合わない。
名は他意も、表わす。_b0141773_2303987.jpg

「フィッシュウオッチング」は、バードウオッチングの一部を転用させてもらって
『マリンダイビング』という雑誌に連載していた自分の文章の中で提案した。
1979年のことである。いま、ダイバーなら、このコトバを知らない人はいないだろう。
「予暇研究所」(私の研究所) 「ロッコム文章・編集塾」(大橋主宰)
『ニッポン 長寿村紀行』(女子栄養大学出版部) 
『海と島の旅』(水中造形センター発行の雑誌)
『エンパル』(パルマローザのオピニオン紙)
「わんマンショー」(読売写真大賞受賞のタイトル) 
「水中映像サークル」(26年続いているサークル)  
「カメイシ メニューデータ プレゼンテーション」(主宰 亀石早智子さん)など
が私のネーミング歴の一部である。
名は他意も、表わす。_b0141773_2315145.jpg
名刺は、自分がこの世に何をしに来たのかを示す通行手形である。
どんな職業についていても、それとは別に、自費で名刺を作ることを考えてみるといい。
「栄養士」や「管理栄養士」は、国家が認める天下晴れてのネーミングである。
なのに、その威力が弱いならば、別の自分をネーミングすればよい。
どんなにハクのある名前でも、同業者が何人もいると、ユニークさは消える。
だったら、自分で資格なり業種なりを作ればいい。ネーミングである。
その名は、名刺にも、私的な文書などにせっせと使おう。(公務員は要注意)

人生の車線を広げるのに、道路公団の許可は不要。
気の利いたネーミングで、もう1人の自分を作れば、前途は2車線に広がる。
ネーミングに困ったら、「ネーミング コーディネーター」に相談すればいい。
「そんな職業あるの?」って? たったいま、ロッキーが作りました。

# by rocky-road | 2009-03-27 23:03