<   2021年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

健康な「話し合い」のカタチ。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21573054.jpg

「食ジム」の第95回が終わった。

2021220日 1017

 横浜市技能文化会館)

タイトルは以下のとおり。


「特定保健指導から見えてきた

日本人の食生活のカタチ。」

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21574875.jpg

座長/三上聡美さん

アドバイザー/影山なお子さん 大橋

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21594096.jpg
健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21571682.jpg

【プロット】

1.私の食体験、あの人の食行動――至福の瞬間、絶望・絶句の瞬間。

2.食生活において「ああ、日本人でよかった!!

  と感じる瞬間は、こんなとき、あんなとき……。

3.「あの人の健康状態(よいにつけ、悪いにつけ)は、

  食生活によるところが大きい」と思われる事例。

4.日本人が平均寿命において、

  世界の上位を維持しているのには、これだけの理由がある。

5.日本人をもっと健康にするために、

  いま、栄養士に何が求められているか。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22001942.jpg

いろいろの職種の人たちを通して

日本人の食生活を観察できる栄養士さんたちの

観察や体験を聞くことができるのは意義深い。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22004535.jpg

健康支援を職業にする人に限らず、

どこの職場にも「絶句型」の食行動をする人はいると思うが、

健康支援を本業とする人の場合、

自身は、人と歓談しながら食事をすることが苦手な人が

比率的に多いような気がする。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21580693.jpg

お昼に、同僚といっしょに食事をしたがらない、

同席していても、ほとんどしゃべらない、

コロナ禍以前から「黙食」を好む人は少なくなかった、

そんなお話を聞くことができた。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21591474.jpg

ここでは、プログラム「5」の

「日本人をもっと健康にするために、

 いま、栄養士に何が求められているか。」について

補足をしておこう。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22011337.jpg

プログラム「4」とも関係するが、

日本人の平均寿命が高いのは、

「食生活+α」の要素があることを

肝に銘じておく必要がある。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22025806.jpg

世界の長寿国の食事は、ひとくくりにするほど単純ではない。

プロの研究者でも、一定の地域を調べただけで、

「大豆製品がいい」「豆腐は長寿の源」などと

ほんの一部の食品だけに長寿の理由を求めてしまう。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22034510.jpg

栄養学や疫学研究では、

生物学や民俗学、民族学系で行なわれている

フィールドワークが大原則になっていない。

食事調査票を渡して、

「これに記入しておいてください」などとやっていたのでは

本当のところがわかるはずもない。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22040920.jpg

起床時刻、就寝時刻、食事時刻と回数、

食事のときの会話の量や話題、

排便や洗顔、手洗い、運動の頻度や、その時刻、時間、

日々の楽しみ、生きる意味、信仰の有無、

価値観などなと、

少なくとも「健康の6大要素」(栄養、運動、休養、

ストレスコントロール、人間関係、生きがい)について

自分の目で観察しない限り、

本当のことはわからない。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22032554.jpg

もちろん、政治、経済、文化、教育、人口密度、

健康行政など、地政学的位置も無視はできない。

コロナウイルスの感染状況を見ると、

遺伝的要素も、予想以上に大きいのかもしれない。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22033324.jpg

そんなところまで手を伸ばしていたら、

100年生きても結論は得られない……。

だからこそ、

いろいろの分野の研究を援用して(「学際的」という)

理論をつくっていく必要がある。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22031114.jpg

とりあえず、そのような余地を念頭に置くことは、

健康支援の「質」を高めることになるだろう。

地球のすみずみまで見渡せるようになった時代に、

栄養学だけでモノを考えていたら、

見えるものまで見えなくなってしまう。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22045528.jpg

「食ジム」関連で、蛇足の話をしておこう。

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の会長、

森喜朗氏が、同委員会の臨時評議員会での発言によって

辞任することになったが、

「臨時評議員会」というのは、

シンポジウムのように公開の会議なのだろうか。

たぶん、そうではないだろう。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22053391.jpg

ちなみに、「食ジム」は公開可能のディスカッションの場、

いわゆる「会議」とは似てもおらず、別物である。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22054101.jpg

会議というのは、非公開、内密が大原則である。

だからこそ、自由な発言ができ、

脳内に嵐を起こす「ブレーンストーミング」ができる。

どうしようもないダメ・ダメ発言も、

そのダメ・ダメ度ゆえに、対抗するタフ発言を誘発する。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22061497.jpg

会議での発言が、

その日のうちに部外に漏れてしまうようになったら、

政治や軍事はもちろん、あらゆる組織の会議など成り立たなくなる。

企業戦略、商品開発、人事、犯罪捜査、各種審査などなど。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22071491.jpg

今回のトラブルで学ぶべきは、

ジェンダーの問題と同等、またはそれ以上に重要な、

会議のルールをしっかり守ることであろう。

それが組織を守り、国を守り、

結果として自分の命を守ることになる。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22075700.jpg

会議は、その内密性ゆえに

自由な戦場になりうる。

命をかけるに値する戦場であるからこそ、

そこからは計り知れない成果が得られるのである。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_21585198.jpg

「会議の健康度」を、もっと高めたい。

「日本人は秘密を守れない」という悪評を

いくらかでも払拭するするためにも。

健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22083900.jpg
健康な「話し合い」のカタチ。_b0141773_22091264.jpg


by rocky-road | 2021-02-23 22:09 | 「食ジム」  

コロナ禍の次は「戦禍」かも。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21214079.jpg
コロナウイルスの災禍は、

人類に、そして人それぞれに

いろいろの教訓を与えているが、

私にとって、もっとも大きな教訓は、

「備えなければ憂いあり」ということ。

(「備えあれば憂いなし」の反対)

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21480647.jpg

予防ワクチンの開発は、

現在のところ日本は完全に立ち遅れている、らしい。

日本の開発事情を伝える報道は、不思議なほどにない。

コロナ感染者を毎日伝えるのと同じくらいに、

ワクチンの自国開発状況は、かなりの情報価値があると思うが、

マスメディア側には情報提供の意志はまったくないらしく、

伝えるのは外国の開発事情ばかり。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21220320.jpg

競争に負けたり、生産過剰になったり、

副作用が出たりした場合のリスクの問題なのか、

それ以前に、そもそも開発能力の著しい低さなのか、

そのあたりの情報がまったく伝わってこない。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21154416.jpg

日本での開発を促すためには、

「〇〇製薬はいま△▽の状況」などと、

伝えてもいいくらいだ。

開発中の製薬会社前にテレビカメラを据えて、

毎日、レポートをすれば、どれだけ話題性があることか。

ワクチンを開発しないのであれば、なぜそうなのか、

製薬会社の人にインタビューすればいいのに。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21251436.jpg
いやいや、

実は「嵐の前の静けさ」で

極秘裏に製薬会社のいくつかが、

完成1歩直前というところに来ていながら、

逆転の1発を狙って、

あえて沈黙を守っているのか、

そんな可能性にも期待をしたい。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21252929.jpg

そのような発想は楽観論そのものであって、

現実はそれどころではなく、

開発競争のスタートラインにもつけず、

「人の弱みにつけ込むのはよくない」という、

いわば武士の情けが働いて、

報道機関は、あえて視線をそらせているのかもしれない。

成熟社会期に入った日本および日本人は、

現状突破のモチベーションを失っていることは確かだ。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21255481.jpg

いずれにしても、

この現状を重く重く受け止めるべきである。

コロナウイルス対策の問題にとどまるのではなく、

今後、日本に起こりうるいろいろの災禍を想定すべきである。

視線をそこに向けなければ、

コロナ禍から、なんの教訓も得なかったことになる。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21261431.jpg

宇宙には何億、何十億という流星があって、

地球から観測できるシシ座流星群だけでも、

1時間に数万個だという。

大宇宙から地球目がけて飛来する流星もあるはずで、

巨大流星が地球に落下すれば、地球は、ほぼほぼ全滅。

天体観察をする人の中には、

そういう想定をして観測を続けている人もあるとも聞いた。

何億年に1回の確率だとしても、ありうることである。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21262834.jpg
コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21265077.jpg

しかし、流星の落下や、コロナ以外の感染症の流行に比べて、

はるかに確率が高いのが「戦禍」である。

すぐ近くに、世界のリーダーになろうとする国が現われて、

高いモチベーションを露わにしている。

領海を広げ、それを既成事実にしようとし、

そこに入ってくる者を攻撃してもよい、

という法律を作ったし、

実際、軍事力を日増しに強化している。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21272409.jpg
コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21275088.jpg

この状況を

のちに振り返ったとき、

「あの時点で、すでに戦争は始まっていたのに」

などと、後悔しないことを祈るばかりである。

公海を「自分の海だ」と主張することは、

制海権の固定化そのもので、すでに戦闘行為である。

外へ外へと膨張を続ける中国は、

国際舞台に躍り出たころの日本の状況と重なるところがある。

もっとも、そのころの日本だったら、

身近な国のそんな横暴を黙って見ていることはなかった。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21285441.jpg
コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21291033.jpg

中国の覇権傾向は、コロナの襲来と違って、

一挙手一投足まではっきりと見えている。

(コロナだって「武漢発」とわかっていた?)

武漢でコロナウイルスが広がった段階で

ワクチンづくりを始めていればよかった、と

いまならだれもが言えるが、

そのときは、地球人のすべてが、な~んも考えてはいなかった。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21293458.jpg
コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21302871.jpg

戦禍抑止も、コロナワクチン同様、

アメリカに頼りきっているが、

いまのアメリカは、自国内がザワザワしていて、

とても日本のことなど構ってはいられない状況。

それでなくても、アメリカ国内には中国系の諸組織が、

がっちり根を張り巡らせていて、

バイデン政権になってからは、さらに勢いづくと見る人が少なくない。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21300834.jpg
コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21311134.jpg
コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21313351.jpg

ということであれば、

日本のマスメディアは、

製薬会社を取材するチームと、

防衛省を取材するチームを編成して

コロナワクチン開発状況と、

中国の日本進出と、それに対応する状況を、

それこそ日報として、連日、国民に情報を伝えるべきだろう。

それ自体が、ワクチン対策、「戦禍」対策になる。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21321161.jpg

自衛隊は、この状況に対処していないはずはないから、

秘密を隠すことは承知のうえで、

「そこをなんとか」探ってみたい。

もちろん、ホームページからはなにも得られない。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21323276.jpg

もっとも、そういうことは、いかにも間接的な、

遠回りのアクションであって、

いまこそ、コロナが怖いか戦争が怖いか、

緊急事態世論調査でも行なって、

国民を「平和ボケ」から覚ましておく必要がある。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21331195.jpg

あきらめの早い日本人にとって、

敗戦というのは致命的ショックとなったようである。

1回負けると、もうどんな理由であれリターンマッチはなく、

「戦争はいけない」となって、思考が停止してしまう。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21333866.jpg

それをアメリカの占領政策のおかげだという人がいるが、

それよりも、

世間体を気にする「他律的日本人」の側面という要素のほうが大きい。

「戦争はいけない」「平和がいちばん」といっていれば、

「いい人」に見えるから、ゆるく生きていけるのである。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21340010.jpg

一方、中国は、これまで世界から軽んじられてきたし、

それ以前から、しばしば国内で戦争を繰り返してきているので、

「平和がいちばん」と考える人も多いはずだが、

リーダーになる人は別で、

国内を静かにまとめておくためにも、

今度こそ、世界のリーダーになろう、

マスクやコロナワクチン、医療技術、

そしてカネと軍事力によって拡大を続ける。

けっしてめげない、強心臓の人たちである。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21343875.jpg

香港はすでに一国二制度を反故にされて、

中国の支配下にされようとしているし、

次は台湾、そして尖閣諸島がターゲットである。

かれらには「平和的に」「根気よく話し合って」という発想はない。

コロナ予防ワクチンの日本開発をあきらめたとしても、

「戦禍」を避ける対策、

「虐待」や「排除」を避ける対策は

すぐにでも始める必要がある。

「戦争はいけない」と言い続けてきた人は、

結果として、

「戦争に巻き込まれよう」「他国の支配下に置かれよう」

「自由を束縛されよう」と主張してきたことになる。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21350233.jpg

「戦争は日本だけが起こすもの」

「太平洋戦争は日本だけの意思で起こった」

「平和憲法を守っていれば戦争は防げる」と

本気で思っている幼い大人たちは、

実は戦争を誘発する「危ない人たち」である。

なぜなら、そういう感性こそ、

攻める側にとって申し分のない条件である。

そこへ「コロナ」である。

いまは絶好のチャンスと見ていることが、

かれらのアクションの1つ1つから読み取れる。

コロナ禍の次は「戦禍」かも。_b0141773_21355427.jpg

緊急事態宣言の延長は、

世界の危機であることに加えて、

日本の危機であることの再宣言と受け止めて、

視線をコロナウイルスの向こうに見えるものにも

向けようではないか。


by rocky-road | 2021-02-03 21:36 | 新型コロナウィルス