<   2020年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

健康のカタチを求めて……。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19563605.jpg

今年3月にスタートした

「食コーチング講師養成講座」も、

この1024日で第6回、全12回の半分まできた。

今回のテーマは「『健康のカタチ』とは……」

そのメインは《ヘア&メイク》であった。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19581625.jpg

食コーチングをベースに食や健康を語るとき、

講師の身だしなみは、きわめて大事。

健康を語る人が「健康的」でないと、

説得力が低下する。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19593917.jpg

医師から看護師、保健師、栄養士、

そしてレントゲン技師、

さらには、事務職まで、

直接・間接に人の健康を支える者は、

内面はもちろん、

外観においても健康でありたい。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20000217.jpg

身だしなみは、

まずもって自身のもっとも身近な環境である。

(厳密にいえば、自分の鼻や耳、手や足の形、

皮膚の色、髪の色つやも〝外部〟環境である)

それらの環境は、当然、情報をもっているが、

環境を読み解くリテラシーがないと、

ただの物質でしかない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20005182.jpg

赤いパンツを履いて元気が出る人、

シルクのパジャマを着て寝ると眠りが深くなる人、

新しいジャケットを着たとき、

いつも以上に姿勢がよくなる人などは、

「衣環境」に対するリテラシーがある人

ということになり、

その効果は、自分および周囲の環境に影響を与える。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20012402.jpg

「衣環境リテラシー」を向上させるためにも、

上記の講座で、各自がヘアメイクやフェイスメイクについて

「私の流儀」として2分間のプレゼンテーションを

していただく、という宿題は有効であったと思う。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20013729.jpg

講師の身だしなみとプレゼン内容を

同時にチェックされる研修会は、

そう多くはないはずである。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20023748.jpg
さらに、自分の流儀を2分間話すのに、

原稿を用意する必要はなかろうと、

途中から、メモに頼らないプレゼンに変えた。

なんたって「一流の講師養成」である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20025003.jpg

ところで、

『広辞苑』は「身だしなみ」をこう定義する。
「身のまわりについての心がけ。頭髪や衣服などを整え、

言葉や態度をきちんとすること」

身だしなみには、「言葉」や「態度」も含まれる、

というところは注目点である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20034694.jpg

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20032368.jpg

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20040389.jpg
この「食コーチング 講師養成講座 第6回」

が始まるのに合わせたかのように、

NHKラジオ(第2放送)が

カルチャーラジオという伝統ある番組で、

『ファッションはどう変わるのか』という

3回シリーズを放送してくれた。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20042166.jpg
各界の第一線で活躍している人の講演を

ラジオ番組用に再構成して放送するもの。

司馬遼太郎さんも、ドナルド・キーンさんも、

かつてこの番組でお話をしている。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20021141.jpg

『ファッションはどう変わるか』の講師は

「パーソナルスタイリスト」

「ファッションレスキュー」を名乗るキャリアのある女性。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20052405.jpg

3回のテーマは、

「自分に合った服とは」

「コロナでファッションの行方はどうなるか?」

「似合うをどう構築するか」

なんと魅力的なタイトルだろう。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20055441.jpg

だがしかし……。

「人は見た目が9割」という説があるが、

「人は第一声が9割」という面もある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20061910.jpg

妙に上から目線で、決めつけしゃべり。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20190171.jpg

それはいいとしても、

話の内容がつかめない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20063339.jpg

「アフターコロナ」とか

「マインドフルファッション」とか

「マインドレスファッション」とか

「ダイバシティ」とかと、

カタカナ語をよく使うが、

11語の概念も定義もはっきりしないため、

「だから、こうだ」のように話が着地しない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20065604.jpg

ついでにいえば、

「ファッションレスキュー」も

切ないネーミングではなかろうか。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20080278.jpg

ファッションも絵画も、

コトバで説明するのはむずかしいが、

この講師の話は、言語心理学的な価値がある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20125657.jpg

1時間も話し続けながら、

なんとも独りよがりの観念先行、だから抽象的で、

ほとんど内容がない、

聞き手の行動に影響を与えるような考え方の提示も

アクションプランもない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20130705.jpg
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20255797.jpg

そういう講演というのが存在することを知った。

言語学者必見の講義である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20081294.jpg
さすがはNHK、

よくぞここまで空っぽなしゃべりをする人を

見つけだしてくれたものである。

反面教師として、

これ以上の事例にはめったに出会えないと思ったので、

急いで録音をし、養成講座の受講者に聞いてもらった。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20110637.jpg
『広辞苑』の「身だしなみ」の定義にもある

「言葉や態度をきちんとすること」に従えば、

「パーソナルスタイリスト」を名乗っていても、

「身だしなみ」に不備がある、ということになる。

われわれの講座に参加してくれれば、

「倍返し」どころか、

100倍にして返してあげるのに……。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20100958.jpg

「食コーチング養成講座」の話に戻ろう。

女性の表情が「チーク」(わが用語では「頬紅」)の補強で

みなさんからも「オーッ!」と声が出るほど輝きが増す。

こういう環境に男1人、居合わせる幸運を感じる。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20101986.jpg

いまは「オンライン」に頼らざるを得ない時期だが、

講義、講演というアナログ形式のコミュニケーションスキルは

なくなることはない。

群れ行動をする動物は、

個体と個体の接近、接触、向かい合いを

基本的行動とする。

そこに戻らないと心身の健康は保てない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20104532.jpg

小原秀雄氏(動物学者)によれば、

ヒトは自ら村や町、都市という檻に入って

「自己家畜化」してきたが、

それでも、対面しての情報交換は捨ててはいない。

ということは、

講義・講演のテキストや、

チークによるメイクアップのスキルは

これからも磨く必要がある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20103373.jpg

この「講師養成講座 第6回」を行なった翌日、

1025日(日)には、

食ジム」 第91

「身だしなみを磨き続けるには どんなことが必要か」

というテーマで終日、話し合った。

(座長/甲斐和恵さん 横浜市技能文化会館)

プログラムは以下のとおり。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20124046.jpg

1. 「ここだけの話」……TPOの読み違いや準備不足のために、

  その日の身だしなみで 「やっちまった物語」。

2.「私は見た!」……職場で、会合などで、 その人の身だしなみに

  ドッキリ、ビックリの事例集。

 

3.現在・過去・未来、身だしなみが見事と思った同性・異性、

  いま、お手本にしているあの人、あのコーディネート。

4.キーワードや

  フレーズを50個、あげるとすれば。(印象、ヘアスタイル、衣服、

  アクセサリー、イメージなど)

5.身だしなみを磨き続けるためには、どんなアクションがあるか。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20165925.jpg
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20191249.jpg

経過は省くが、項目「4」の

「健康的ではない身だしなみとはどういうものか……」で

思いつくままにみんなであげてみた。

その一部をあげて、今回のブログは閉じよう。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20212413.jpg

*年相応という考え方。

*覇気のない表情。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20210799.jpg

*姿勢が悪い(猫背など)。

*歩き方に力がない。

*ブラシや櫛が通っていない髪。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20221650.jpg

*輝きのないメイク、または過剰なメイク。

*聞き取りにくい小声。

*(おっさんのような)品のないくしゃみ(「ウェックション!!」)

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20223461.jpg

*場違いの大笑い。

*首筋から胸まわりが見えるシャツ。

*ダブダブ、パツパツの服装。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20234180.jpg

*服を選ぶとき「一生着られる」を基準にする。

*香りすぎる過剰香水。

*日焼けを避ける過剰な防御(黒ずくめ、忍者)

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20235830.jpg

*中身がパンパンのバッグ。

*どこへいくのもエコバッグ。

*領収証などでパンパンの財布。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20241073.jpg

*茶、灰色、オリーブ色(国防色)の衣服。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20244102.jpg

*シワシワ、毛玉、よれよれの衣服。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20270944.jpg
*(服装)柄に柄を合わせる(ガラガラ)。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20274156.jpg
*磨いていない靴。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20252468.jpg

*靴の中敷きが汚れている。

*「終活」に励む高齢者、それをすすめる識者。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20160068.jpg

以上。


by rocky-road | 2020-10-29 20:28 | 食コーチング師養成講座  

あなたがいま燃えているものは?

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17412403.jpg

遠距離クラスの第48
回が終わった。

104日、横浜・技能文化会館)

ロッコム文章・編集塾は

毎月、数クラスを開講しているが、

遠距離の方、毎月参加がムリな方を対象に、

3か月に1回の割合で

1日研修の教室を開いている。

このクラスは、

20089月の開講して12年目になる。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17415167.jpg

今回の講義は

「思考と発想力をシステム化する。」

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17421916.jpg

ものを考える最良の場所として、

中国の欧陽脩(10071072年)は

「三上」をすすめたと伝えられる。

「馬の上」「枕の上」「トイレの中」(厠上/しじょう)

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17531833.jpg

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17443044.jpg
あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17420862.jpg
いわば「沈思黙考」にふさわしい場所である。

1000年前でも、

モノを考えるには

やはり人との「密」を避けて

静かに集中したほうがよい、

と考えていたところがおもしろい。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17441005.jpg

1000年後の現在、

思考法はさらに進化して、

「創造的集団思考法」

つまり「ブレーンストーミング」に至った。

アメリカ人、A・F・オズボーンの考案だという。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17450142.jpg
この方式は脳の中から

是が非でもアイディアをひねり出そうという、

超・積極的思考法である。

これに比べると「三上」方式はいかにものどか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17454830.jpg

もっとも、日本人は、

「ブレスト」方式は苦手のようで、

自分でも雑誌の企画会議などで試みたが、

トントンと発言が出てこない。

仕方がないので、

レストランを借りて、

アルコール飲料も「あり」でやってみたが、

結果は同じである。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18004464.jpg

欧米人のように

幼いときからディベートなどによって

討論する基礎トレーニングをしておかないと、

いきなりブレストをやっても、

アイディアがあふれ出すどころか、

シーンと静寂だけがあふれ出す。

なんとも息苦しい困惑の場面になる。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17451663.jpg

その点、食コーチングプログラムスが主催する

「食ジム」は、目的も方法も異なるものの、

「ブレスト」に近い形式になっている。

日本にブレストを定着させるには、

この「食ジム」形式を経験するとよい。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17563639.jpg

「頭がよい」とはどういうことか、

それは、定義によって意味が大きく変わるが、

少なくとも「思考力」や「発想力」は、

かならずしも頭の良し悪しには左右されない。

けっきょくのところ、システムとトレーニングである。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17583461.jpg

思考力や発想力は天性のものとか、

素質であるとかとはいえない。

そのことを認識するのが

今回の講義の目的であった。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17584539.jpg


この講義の過程で、

またまた新しい難題に気がついた。

思考力や発想力はシステム化によって

ある程度は強化できるが、

では、生きるエネルギー、生きがいを感じる情念、

社会参加を助長する情緒は、

システムによって強化できるのか。

知性と同じように、

感性もコトバで磨けるのか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18024694.jpg


新聞や雑誌を開くと、

「捨てることのすすめ」とか、

「がんばらなくていい」とか、

「終活」とか、

健康寿命の延伸を迷惑に思っているのではないか、

と思えるような提案が少なくない。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17504447.jpg
あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17513874.jpg

また、塾生に

「人は(私は)なぜ生きるのか」という

エッセイを書くように課題すると、

反省や是正点の記述が中心であったり、

モチベーションの低い青春時代を

振り返ったりする文章が少なからずある。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17510534.jpg

こういう状況を見ると、

現代は、生きるエネルギー、

つまり将来への展望や、野心や野望、

3日や1週間にも及ぶ感動や興奮が

ほとんどないことがわかる。

その結果、コロナ感染を恐れることを

最大のモチベーションにして

生きている人が少なくない。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17512013.jpg

もともと、すべての人が目標をもち、

生きがいを見い出すというのはムリな話で、

だからこそ、古来、

集落ごとに、地域ごとに、

国ごとに目標を設定して

それを共有することで、

自分の方向を考えることができた。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17525954.jpg

最高のモチベーションは「お国のため」だったが、

通信機器の発達のおかげで、

国の中で「内輪の話」ができなくなってしまった。

人の国の子や人をさらったまま

まったく返えそうもしない国を「とっちめよう」とか

わが国の領海を、物ほしそうにウロウロする

某国の船を「叩きのめしてやろう」とかと、

国のリーダーが口にできなくなった。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18022044.jpg

「ほしかりません勝つまでは!」

「一億火の玉」

「米英鬼畜」

そういうスローガンによってまとまれることは、

一般大衆にとっては、生きる目標を設定しやすかった。

いやいや、いまだって、

go to travel!」や

go to eat!」などのスローガンで

多くの人が小さな生きがいを見い出している。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18021436.jpg

しかし、人生の目標を

go to travel」にするわけにもいかない。

もっと内面から燃えるものがほしい。

情熱をかき立てるシステム、

情念を燃やすシステムとはなにか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17400931.jpg

かつて、フランス文学者の桑原武夫氏が、

司馬遼太郎氏との対談で、

「感情の論理学」という概念があることを語っている。

フランスの心理学者が使ったコトバだとか。

さて、

わが《ロッコム文章・編集塾》で、

これをテーマにすることができるのか。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18040707.jpg

「それって、文章の問題? 編集のテーマ?」

というなかれ。

文章も編集も、

感情やスキル、理念や思想を伝える道具である。

いやその前に、

論理的にモノを考える道具、そのものである。

目的のない橋や鉄道がないように、

伝えたい内容のない文章も編集もありえない。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18043123.jpg

わがロッコム文章・編集塾は、

「がんばらなくていい」なんていわないし、

「捨てること」を急がない。

「終活」なんて無意味なことをせず、

まだまだ「習活」(学ぶ活動)を続ける。


あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18044876.jpg
講義の途中や終了後、

みなさんが持ってきてくださった

新刊『栄養士のための ライフデザインブック』に関して

編者と監修者によるサイン会になった。

ありがとう。

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_18054727.jpg

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17541953.jpg

あなたがいま燃えているものは?_b0141773_17540373.jpg


by rocky-road | 2020-10-08 18:06 | 大橋禄郎 文章教室