<   2020年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

あなたの中のオピニオンリーダー。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20251434.jpg

2020年6月7日に行なわれた恒例の、
パルマローザ スペシャルセミナーを

振り返っておこう。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20282688.jpg

今回の演題は

「健康支援者がオピニオンリーダーとして、

社会的に、しかるべき役割を果たすための

アクションプラン。」

(誕生日にも当たっていたので

前後のイベントごとに祝っていただいた。感謝)

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20281331.jpg

「オピニオンリーダー」とは微妙なコトバで、

辞書的には

「世論形成に大きな影響力をもつ人。

特に、有力なジャーナリストや評論家などをいう」

(広辞苑)となるが、

実際には「ファッションリーダー」や

「マーケティングリーダー」などのように、

さほど「オピニオン」(意見)や提案を持たなくても、

そのコミュニティに影響力を持つ人は多い。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20283833.jpg

そのせいか、あとから登場してきた

「インフルエンサー」との線引きがしにくくなっている。

(インターネットではその違いを述べているサイトがある)

要するに、意見や行動によって、

そのコミュニティに影響を与える人、

という理解でよさそうである。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20295160.jpg

2つのコトバの違いの議論には深入りしないで、

ここではオピニオンリーダーを

「思想や意見、行動などで周囲に、

継続的な、よい影響を与える人」と定義して、

栄養士のオピニオンリーダーについて

考えてみよう。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20363004.jpg

日本は、

すでに世界トップクラスの長寿国になって久しいが、

その成果を得るまでに、

栄養士の関与はどの程度あるのだろうか。

もともと健康について意識が高い国民で、

聖徳太子の十七条憲法にも、

「食におごることをやめよ」と

謳ったってあるという。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20353643.jpg

もっとも、そうした指針は

中国の受け売りだろうから、

飛鳥、奈良の時代から

大和人が一定の健康観を持っていたかどうかは

わからない。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20351285.jpg

ではあるけれど、本家の中国は、

漢方とか薬膳とかと、

いろいろの健康法や治療法を開発し、

日本に多大な影響を与えたにもかかわらず、

現在は、

世界の長寿国には遠く及んでいない。

それはいったい、どうしたことか。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20383921.jpg

国のサイズが違いすぎで、

単純には比較はできないが、

やはり日本は国民の健康観は高かった、

健康教育が行き届いた、

と考えたくもなる。

狭い国土は、情報の伝達には有利に働く。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20403910.jpg

さて、

日本の栄養士養成は大正時代末期に始まるが、

活躍が本格化するのは

昭和20年の太平洋戦争敗戦後である。

国家資格としての栄養士の歴史は

ようやく70余年というところである。

セミナーでは、その歴史を振り返った。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20412339.jpg

日本の栄養学や栄養士は、

佐伯 矩(さいき ただす)や

香川 綾など、医師によって基礎がつくられた。

今日、医師による怪しげな食事法を説く本が

栄養士の頭越しに、堂々と出版されるのは、

医師によって栄養士が生まれた、

という歴史と無関係ではあるまい。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20354482.jpg

とはいえ、

日本人の平均寿命、健康寿命が延びたのは

戦後の70年間、それも後半の40年くらいの間だから、

栄養士の関与はけっして小さくはないはずである……

と言いたいところだが、

そう考えようとするとき、

頭に浮かぶのは、

アジアにあって世界的な長寿国である

香港やシンガポールのこと。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20421815.jpg

香港やシンガポールが

栄養学の先進国とは思えないし、

栄養士の質量が日本を上回っているとも思えない。

このあたりの実態を調べてみる意味はありそうだ。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20360444.jpg

いずれにしろ、日本では、

栄養士の影響力はもっと大きくてもよいと思う。

テレビの連続ドラマで、ヒロインが栄養士だった、

というようなレベルではなく、

人々の健康意識に影響を与えるようなオピニオンを

トークや映像、著作物、行動などで示す栄養士が

もっと出てきてもよいのではないか、

というのが今回のセミナーのテーマだった。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20451622.jpg

その事例として、

何人かの方をあげた。

これしかいない、ということではなくて、

たまたま私が存じあげている方のうちの

ごくごく一部であることはもちろんである。

そこでまずは、

栄養士活動というよりも、テレビ出演で語った

「おいしゅうございます」の一言で

食通としてのオピニオンリーダーとなった岸 朝子さん。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_23211686.jpg

早々と博士号をとって料理や食事による健康法を

多くの本で説いた東畑朝子さん、本多京子さん、

そして、栄養バランスを考えた料理を

テレビやラジオ、出版物で紹介を続ける

宗像伸子さん、竹内冨貴子さん。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20410883.jpg

この方々が活動を始めたころは、

栄養士が1冊の本の著者となるのはむずかしく、

医師の名を立てて、

実質的な仕事は栄養士が行なう、

というのが通常だった。

今日のように

栄養士が単独で本を出すなどということは

だれかがブレーキをかけたわけではないが、

通例としてできなかった。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20381980.jpg

今回のセミナーでは、

以上のように料理や健康食などを

メインオピニオンとしたリーダーのほかに、

コミュニケーションに関して特筆すべき人として

お2人をあげた。

1人は高橋久仁子さん(現/群馬大学教育学部名誉教授)。

お目にかかったことはないが、

リスクコミュニケーションの分野でご活躍。

「フードファディズム」という概念を

日本中に広めた功績は大きい。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20454616.jpg

もう1人は、影山なお子さん。

やはり食コミュニケーションに軸足を置いたオピニオン。

栄養学には

病態、応用、実践、分子、代謝、時間、ライフステージなど

いろいろのジャンルがあるが、

それらの知識やスキルを

一般の人に届ける方法についての研究は

ほとんど手つかずの状態である。

「ヘルスコミュニケーション」の分野でも

似たような状況である。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20493110.jpg

倉庫にいろいろの情報が

ストックされているにもかかわらず、

それを宅配する方法については追究されていない。

広告チラシのように

相手かまわず、

郵便受けに投げ入れることはできても、

その人の状況に合った情報を

11軒、玄関でハンコをもらって手渡しはできない。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20501031.jpg

「栄養指導」という上から目線の用語は、

まさに画一的に知識を押し込むことを

促進するコトバと言ってよい。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20562105.jpg

こういう状況にあって、

「食コーチング」は、

個々人に求められる健康・食情報を

手渡しするコミュニケーションスキルである。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20481216.jpg

人は食べるために生きているのではなく、

それぞれの役割を見つけて、

または、見つけようとして生きている。

食行動もまた、

生物的活動として繰り返されているわけではなく、

食に向かいつつも、

そこから生きるモチベーションを得たり

高めたりしている。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20581877.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20593653.jpg

夕食に刺身を食べるかステーキを食べるか、

ということで迷うことは、

自分の人生の行先にもつながる。

ミリ単位の前進に見えても、

それが生きるモチベーションにもなる。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20585085.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21085833.jpg

70余年を経た日本の栄養学は

ようやくそこにも足をかけることになった。

食コーチングのアイディアは、

避けては通れない道にたどりついたと言うべきか、

よくぞ、そこに気がついたと言うべきか、

大事な1歩2歩であることは確かである。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21002484.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20591306.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21014035.jpg

食関係のオピニオンリーダーとは、

有名人になることや

マスメディアで活躍することと同義ではない。

「おいしそうに食べる」

「箸の持ち方がきれい」

「笑顔がステキ」

「姿勢がいい」

「身だしなみが行き届いている」

「献立にバリエーョンがある」

「話し方に品格がある」

そういうことで、

だれかによい影響を与えているとすれば、

それをも「オピニオンリーダー」と

考えてよいのではないか。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21034133.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21035745.jpg

あるコミュニティに

「ヒラメ顔の無表情な栄養士」がいるという。

こんな人を「カレイ顔」に変えるか、

「コイ顔」か「タイ顔」か、

「ウナギ顔」に変えることができたら、

その人は、オピニオンリーダーとしての階段を

1段上げたことになる。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21062692.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21065834.jpg


by rocky-road | 2020-06-20 21:09 | パルマローザセミナー  

日本に降る雨にオピニオンはあるか。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21332196.jpg

2020年67日(日)の

パルマローザ スペシャルセミナーに向けて

テキストづくりを始めてしばらくして、

コロナ騒ぎが始まった。

テキストづくりに専念できるという点では、

ステイホームには利点もあった。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21331318.jpg
セミナーのタイトルを

健康支援者がオピニオンリーダーとして、

社会的に、しかるべき役割を果たすための

アクションプラン。」としたために、

テレビに登場する感染症系の医師の

「オピニオンリーダー度」を

図らずも評価する癖がついた。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21353040.jpg
「オピニオンリーダー」とは

「集団の意思決定(流行、買物、選挙など)に関して、

大きな影響を及ぼす人物」のことだが(Wikipedia)、

テレビに登場してくるその道のプロは、

「意見」がない。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21551896.jpg
意見のない人の顔や氏名は

何回見ても覚えられない。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21355481.jpg

「マスクをしろ」

「マスクはこのように着脱せよ」

「人と話し合うときは90度の角度を保って」

などなどは「意見」ではなく、

専門家としての基礎的スキルである。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21424361.jpg

オムレツの作り方、ミルクセーキの作り方を

伝えることが「意見」ではないように。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21382995.jpg

そうか、ドクターというのは

おおむね技術者または職人であって

オピニオンリーダーではない。

昔から「医は仁術なり」というコトバがある。

その意味は、医師は病気を治すだけではなく、

思いやりをもって、患者を支えること。

「仁」(「じん」とも)は

「いつくしみ」「思いやり」のこと。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21390011.jpg
今日の内科系の病気の多くは

薬が治すのであって、

医師はその薬を選ぶプロ。

なのにときには、

医師が「○○の薬、飲んでみる?」

などと患者に尋ねたりする時代である。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21375731.jpg

オムレツ作りにも

ミルクセーキ作りにも

意見や思想を加味することはできる。

それが一級のプロというものである。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21400787.jpg

「この世界的な危機をどう乗り越えたか、

もちろん運ということはあるでしょうが、

何年後かに、

『私はこのようにして自分を守った』と

誇りもって人に言えるような行動をとるのは

カッコいいことではないでしょうか」

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21345912.jpg
「自粛が辛いなんて、

これほど通信機器が発達した時代に、

家ではすることがない、なんて思う人生は

あまりにもシンプル過ぎる。

そういう人生を見直すことに、

このステイホームを活用してはいかがですか」

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21460664.jpg

くらいのことを言うドクターが1人や2人、

いてもいいのではないだろうか。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21465528.jpg
ヘップバーン主演の『マイフェアレディ』に

大好きな場面がある。

スラム街で、行ずりの人に花を売って

その日暮らしをしている女性の、

あまりにも粗雑なコトバづかいに感心して(?)、

言語学者が「あの子に正しい国語を教えられるか」と

友人の学者と賭けをする。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21443117.jpg
夜中に及ぶ特訓に次ぐ特訓で、

イライザ(花売り娘)はバテる。

そのとき、ヒギンズ教授(男性主演)が

イライザに近づいて、こう諭す。

「よく考えてごらん、

君がやろうとしていることを。

荘厳で格調の高い英語は最大の国民的財産だ。

英知あふれる高貴な思想が込められた、

かくも音楽的ですばらしい言語なのだ。

君はそれを征服するのだ。

きっと成し遂げられる」

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21374799.jpg
この励ましでイライザは生き返る。

この場面での茫然自失と共感を表わす

ヘップバーンの表情がすばらしい。

そして、いままで発音できなかった

このフレーズを美しく発音できるようになる。

The rain in Spain stays mainly in the plain.

(スペインの雨はおもに平野に降る)

教授「なんだって?」と、

急に発音できるようになったイライザの一言に耳を疑う。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21505168.jpg

ヒギンズ教授のこのコトバ、

これぞ「オピニオン」の原型。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21592195.jpg
「考えていかなければならないのかな?」

「いいんじゃないかな?」

「自粛を続けることが大切なんだろうと思います」

なんて自信なく言っている日本人たちを、

ヒギンズ教授に諭してもらいたい。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21474872.jpg

「よく考えてごらん、

 君が使っている日本語のことを。

 荘厳で格調の高い日本語は、

 最大の国民的財産だ。

 英知あふれる高貴な思想が込められた、

 かくも音楽的ですばらしい言語なのだ」

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21500786.jpg

さて、セミナーの話に戻って、

栄養も健康も、

ただバランスだ、健康寿命だ、

とお念仏にしてはダメ。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21572346.jpg

「栄養のバランスを考えることが

人生においてどういう意味があるのか」

食材にしろ調味料にしろ、

茶碗にしろランチョンマットにしろ、

物質は物質以外の何物でもないが、

それらを情報化することは

「オピニオン化」することでもある。

感染症関係の職人たちにも

オピニオン力を鍛えていただきたい。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21561735.jpg

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21555939.jpg

6月7日のセミナーに

感染症関係の職人の来訪があることを

いささかも拒むものではない。

日本に降る雨にオピニオンはあるか。_b0141773_21542951.jpg


by rocky-road | 2020-06-01 22:00 | 新型コロナウィルス