<   2020年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

本業でも、副業でも輝く。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21592177.jpg
86回の「食ジム」では

次のテーマで話し合った。

(2020年3月21日 かながわエルプラザ)

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21464657.jpg
ダブルワーク(副業)によってますます輝くには、

どんなアクションがあるか。」

司会/岩田博美さん

アドバイザー/影山なお子さん 大橋禄郎

プログラムは以下のとおり。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21454384.jpg
1.こんな副業・ダブルワーク経験、事例紹介。

  (友人・知人の例も歓迎)

2.「副業」の範囲は広く、定義は定まっていない。

  私が考える副業とは……。

3.いま、やってみたい……こんな副業、こんなダブルワーク。

  (趣味、栄養士の他業界、資格取得、そのほか)

4.副業・ダブルワークにどんな意味があるのか。

5.副業・ダブルワークのルールブック。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21480525.jpg

近代以降の日本では、

「内職」や「アルバイト」のイメージは、

貧しさや「苦学」を連想させ、

マイナーなニュアンスが強かった。

しかし、いまや労働人口激減の時代、

そのため、持てる気力と時間とを活用して、

公私にわたって長期的に生産活動に参加することは

肯定的に評価されつつある。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21484122.jpg
さらに言えば、

いまやどの分野でも、

労働環境がよくなり、

1人の生産能力が飛躍的に高まった。

「テレワーク」などという働き方も可能になった。

おまけに、終身雇用の伝統がうすれ、

雇用者に対して過度の遠慮がいらなくなり、

副業も、いくらかオープンなものになってきた。

(とは言え、身の安全のためには、

同僚に自分の副業はクローズしておくほうがいい)

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21463967.jpg
個人の側から見れば、

栄養状態が天井知らず的によくなり、

寿命も長くなっているので、

むしろ副業は、

心身の活性化の好条件の1つ、

つまりは健康向上の促進要素になっている。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21473742.jpg
そもそも、人間の歴史から見れば、

副業や兼業は有史以前から存在していた

と言ってもいいだろう。

一次産業(農水産業ほか)には、

繁忙期と閑期とがあり、

閑期には地域の共同作業や

イベント、そして、争いごとや戰(いくさ)にも

戦士として駆り出されたことだろう。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21493414.jpg

それでも

兼業農業などの伝統は生きているし、

地主や家主、投資、貸し金業などは

今も昔も変わらず続いている。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21500117.jpg
副業が憚(はばか)られたのは、

仕事を「修業」ととらえ、

住み込み従業員となった「丁稚奉公」の時代であり、

近代では、

中小企業や公務員などのように、

終身雇用が慣例になってからのことである。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21505046.jpg

食ジムでは、「副業」の定義を試みた。

ここでポイントとなるのは、

本業と副業の区分け。

参加時間の長短で決めるのか、

収入の多少で決めるのか……である。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21512947.jpg

が、これはポイントにはならないことが

すぐにわかる。

アパート経営と勤め人の兼業の場合、

どちらの収入がが多いかはケースバイケースだし、

参加時間も計り方でいかようにも変わるので、

本業と副業のランキングはそう簡単ではない。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21560315.jpg

勤め人と、株の売買の兼業の場合では、

労働時間で計るといっても、

肉体的労働と知的労働との分別が、

これもなかなかスカッとはいかない。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21450469.jpg

もっと言えば、

「副業」とは言いながら、

かならず収入を前提としているとは言えない例も多くある。

災害地でのボランティアを続けていた人が

テレビの出演依頼を受けたのがきっかけで、

ポランティアコーディネーターになったり、

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21522472.jpg
ダイビングが好きで、何百万という金を

海に流し続けている人が、

ダイビング雑誌の外部スタッフとなって

何十年も編集者として働いたりする人もいるから、

収入を前提としないボランティアや趣味の段階と言えども、

「副業」は始まっている、と言えそうである。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21563203.jpg
誤解がないように言うが、

以上は、けっして、

余暇活動を収入源にするとよいと言っているのではない。

そうではなくて、

気合を入れて行なう余暇活動は

熱意において、心身を使う労作において

「本業」と変わるところはない。

仕事と余暇についても「主」と「副」の関係ではなく、

双方が人生において不可欠のもの、

つまりワンセットのものである。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21581979.jpg

しかし、30年前くらいまでは、

「あなたは仕事派? 余暇派?」などという比較が

新聞記事になっていた。

それに疑問を持って、

「予暇」と書くことを提案し、

自由時間は仕事から「余った暇」と考えるのではなく、

「予定しておくべき暇(時間)(予暇)である、とした。

ここから「大橋予暇研究所」がスタートする。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_22001498.jpg
この立場から言えば、

仕事と「予暇」との関係においても、

「本業」と「副業」の分別は可能ではあるが、

「予暇研究者」の理念から言えば、

双方をメインとサブとに分けるべきではなく、

それに関わっているとき、

そのときどきが「本業」である、となる。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21591372.jpg
それでは理念が強すぎて、

世間の相場とは開き過ぎるので、

とりあえずは拘束時間が長いほうを「本業」

ということにしておいて、

その他のもの(別の収入源や余暇活動)

「副業」としておけばいいだろう。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_22015420.jpg

昔、民放のテレビ番組に

『必殺仕事人』というのがあったが、

ここでは主人公が夜は悪人を「必殺」する

副業を持っていた。

この場合は、「副業」は絶対に闇の中で、

明かさないからこその「予暇活動」である。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_21564615.jpg

社会通念としては、

「趣味やボランティアは副業とは言わんでしょう」

なのだが、

自分の中では、

「本業」と「副業1」「副業2」「副業3」を

収入の有無、多少では区分しない、

というコンセプトを貫いたほうが、

結果として、

人生における収穫は多いことは確かである。

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_22024112.jpg

本業でも、副業でも輝く。_b0141773_22032123.jpg


by rocky-road | 2020-03-25 22:04 | 「食ジム」  

「エッセイ」は続く、どこまでも……。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00013193.jpg

わが「ロッコム文章・編集塾」では、

エッセイのトレーニングによって塾生を悩ませている。

有名人や著述家でもなければ、

エッセイなど書く機会は「一生ない」

と言いたいところだが、

現実は、そうではない。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00020928.jpg

そのことに改めて気づいたので、

しばらくはエッセイ攻めをすることにした。

フランスを発祥とする「エッセイ」の定義はむずかしいが、

ここでは日本国向きに、以下のようにしておこう。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00015208.jpg

「自由な話題(身近なものから深淵なものまで)

を選び、軽妙、ときにユーモラスなタッチで書き進める、

比較的短い形式の文章。

しかし内容は、深い知識や思考に裏打ちされていて、

たとえば、人間や人生、社会や宇宙内に起こる諸現象などに

触れることが求められる」

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00031521.jpg

かつては「哲学がある」などと言ったが、

いまは哲学そのものが正体不明の存在なので、

「深い知識や思考がある」と言ったほうがわかりやすい。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00030102.jpg

むずかしいのは、

「エッセイ」「随筆」と「雑文」との識別。

「エッセイ」と「随筆」とは

厳密に言えば別物だが、

日本ではほぼ同じものと考えてよい。

これに対して「雑文」は、

これと言ったテーマが感じられない、

どうでもいいような文章。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00041313.jpg

作家の林 望氏に言わせると、

「エッセイスト」と名乗る人の文章の多くは

「雑文」ということになる。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00044697.jpg

私として、雑文に加えたいのは

新聞の社説や匿名記者が書くコラムなど。

言いたいことがわかりにくかったり、

奥歯にモノが挟まったような言い方だったり、

決定的なのは筆者名がないこと。

「私」を隠した匿名の文章は、

雑文の典型である。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00093169.jpg
孤独や断捨離をすすめる文章も、

おおむね雑文であろう。

文章が軽妙であったとしても、

人を不健康に導いたり、寿命を縮めたりする

非道徳的な発想だから、

雑文であり、「公害的文章」でもある。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00053819.jpg

さて、

なぜ塾生にエッセイを書かせるのか。

それは思考力のある大人になってもらいたいからである。

戦争体験や災害体験を語る大半の大人(超高齢者も多い)

「戦争は絶対にいけない。若い人にそう言い続けたい」

2度とこんな悲劇をくり返してはいけない」

と、何十年間も言い続けている、

そういう「雑文的コメント」を繰り返す、

考えない大人には

なってもらいたくないからである。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00080647.jpg

「右を見て、左を見て! クルマは急に止まれない」

というリズムのある標語は、

覚えやすいが実効性は低い。

耳に快いと、むしろコトバの意味は忘れられる。

そこで都内の警察が

道をまたぐ横断幕に

「コラッ スピード出しちゃいかん!!」とやった。

オリジナリティが必要である。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00105419.jpg

自分の経験は、

自分の解釈、自分のコトバで語ってもらいたい。

1010様の内容を、1010様のコトバ語ってほしい。

空襲を防ぐ方法、災害から助かる方法にも

100100様があるはず。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00103690.jpg

ロッコム文章・編集塾

塾生にエッセイを書かせるのも、

自分の思考を育ててほしいからである。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00141571.jpg

「人はなぜ生きるのか」

「人はなぜ笑うのか」

そんなことを600字のエッセイによって

考えることは、

災害対策であり、戦争対策であり、

幸福への道のりである。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00094511.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00150400.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00152161.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00153991.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00155696.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00163035.jpg


by rocky-road | 2020-03-13 00:06 | 大橋禄郎 文章教室  

行動療法、「これまで」と「これから」

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20380374.jpg

パルマローザ主催の輪読会で、

今回は足達淑子編

『栄養指導のための 行動療法入門』

(医歯薬出版 臨床栄養別冊 199812月刊)

をテキストに選んだ。

2020224日 横浜市技能文化会館)

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20383351.jpg

「行動療法」というコトバを知ったのは

1970年代の終わりのころ、

月刊『栄養と料理』の編集にかかわることになってからである。

1980年の新年号から始めた「健康の最前線シリーズ」の2年目、

1981年新年号で「心身症としての肥満」という特集をした。

(編集長になってすぐから、肥満や心身症をしばしば記事にした)

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20375367.jpg

その中に、

野添新一先生(鹿児島大学医学部第一内科/当時)による

「肥満の行動療法の実際」という記事がある。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20390060.jpg

それは、こんな書き出しである。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20391517.jpg

 「行動療法とは、『不適応的な習慣を克服するために

 学習の原理、すなわち条件づけの原理と

 その関連諸現象の原理を適用していくことである』

 と定義されている。

 学問的にはパブロフの古典的条件づけと、

 スキナーによって詳細に研究された

 オペラント条件づけを二本の柱としている」

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20393342.jpg
行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20574761.jpg

その後、1987年には、

8回 日本肥満学会の抄録の中に

気になる研究発表を見つけた。

それが、当時は福岡市の保健所に勤務されていた

足達淑子先生である。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20572842.jpg

さっそくコンタクトをとって、

「ダイエットをするなら自分の食行動を

記録することから始めよう。」

という原稿を書いていただいた。

(細かいことだが、タイトルには句点を入れてある)

以後、先生にはしばしば誌上にご登場いただくことになる。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20582082.jpg

行動療法から、私が強い教示を受けたのは、

1.「行動」を広くとらえる点。

  呼吸をすることも、しないことも行動、

  夢を見ることも、1日寝転んで怠惰に過ごすことも行動。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20584619.jpg

  かねがね動物行動学に関心があったので、

「行動」というコトバには期待と親近感があった。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20590516.jpg

2.人間を動物の一種ととらえ(そうとは言ってはいないが)、

  刺激を与えることで(動機づけ)いろいろの反応が起こり、

  刺激の与え方で自分および他者の行動を

  望む方向へとあと押しできる点。

  脳の研究では、海に住むアメフラシは

  脳を持ってはいないが、

  いやな刺激(強い放水、電気刺激)を受けると

  その経験を記憶し、

  のちに回避する行動をとる、という研究が有名。 

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_20593161.jpg

3.セルフモニタリングによって

  自分の行動を客観視する冷静さと手法を持っていること。

  注目行動を無心に記録し、

  その記述内容から行動傾向を把握したり、

  強化したりする、その沈着冷静さ(冷徹さ)。

   

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21011668.jpg

そのころ、ダイビング目的の海や島への旅では、

  自発的に(まだログブック記入の制度がない1960年代)、

  水温、深度、見た魚の種類や数、参加人員、

  経路、宿泊地の住所、食事のメニューなどを記録していた。

  こういう下敷きがあったので、

  手書きによる行動記録(セルフモニタリング)の

  意味がよくわかった。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21024840.jpg

足達先生のご指導を受け、ときにお手伝いをして、

その後、行動療法の書物を企画したり

編集にかかわったりして今日に至る。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21031162.jpg

そんなこんなの3040年、

そのかいあって……

行動療法は健康支援者の基本スキルになった、

と言いたいところだが、

そうはいかない。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21034800.jpg

その理由は、

その考え方にしろスキルにしろ、

一朝一夕には身につかないほど、

人間としての総力が求めれること。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21042796.jpg

人を変えるなんて「そうは問屋が卸さない」。

「行動変容だ」「認知だ」「介入だ」と、

百万回唱えても、

人間または動物についての基礎知識がないと

自分および人の行動は変えられない。

いや、「変える」のではなく

「変わる」のを待つ忍耐力と洞察力、

そして、自分の心身のゆとり。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21053339.jpg

それほど難儀なスキルを人に教えるとなると、

ますます指導する適任者は少なくなる。

1000人に1人、いや1万人に1人かな?

そういってあきらめてしまえば、

「それを言っちゃぁ、おシマイよ」

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21061260.jpg

いま、若者に限らず、日本人の国語力が急落している。

自国語の勉強をせずに、

英語で会議なんかやっている場合ではない。

「……ていうか」「なんか……」「いわゆるコロナ」

「このぉ、マスク不足っていうか……」

なんて言っている場合か。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21064316.jpg

同様に、動物や人間を知らずに、

「行動療法」なんて言っている場合か。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21080505.jpg

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21090811.jpg

「はい、バヤイ(場合)です!!!

みそ汁で顔を洗って、

おとといから出直しましょうよ。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21092645.jpg

もう少し、人間学と行動科学関連の書物の輪読を

続ける必要がありそうだ。

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21102071.jpg

行動療法、「これまで」と「これから」_b0141773_21110207.jpg


by rocky-road | 2020-03-01 21:20 | 大橋禄郎