<   2019年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

その服、似合っているか。

b0141773_17541214.jpg

さる9月16日(月/祝)に行なわれた

「栄養士・健康支援者のための

 ≪身だしなみセミナー≫in 銀座」に

今回も参加させていただいた。

b0141773_17501237.jpg


女性服の一流店内(ジュン・アシダ)で

女性服について語るキャリアも心臓もないので、

衣服の記号性について

短いコメントをさせていただいた。

要点を文字にしておくほうがよいと思うので、

少し補足して以下のようにまとめてみた。

b0141773_18013392.jpg
ポイントは2つ。

1つは「衣服という環境の意味」

もう1つは「衣服が似合うとはどういうことか」

b0141773_17524650.jpg

衣服の記号性については、

昔から、多くの論者によって指摘されている。
記号性とは、

意味を内包するメディア(媒体)でもある、ということ。

b0141773_18114864.jpg
b0141773_18134621.jpg

衣服の本来的な目的は、

素肌を寒暖や日射、風雨、

他者の視線から守るためにある、

と考えたいところだが、

発達順序からすると、

それが一番の理由ではなさそうである。

b0141773_17555087.jpg
b0141773_18113370.jpg
b0141773_18052410.jpg

その証拠に、

現在でも裸で生活する人が

地球上に少なからず存在する。

彼らは、この世に衣服というものがあることを

とうの昔から知っているが、

それでも裸の生活を続けている。

都市暮らしのわれわれが考えるほど、

外界から自分のからだを守る必然性はないらしい。

b0141773_18074457.jpg

確かに寒冷地に住む人には、

衣服は欠かせないものだが、

ヒトは、当初はそういう地域には住まなかった。

衣服で自然環境から身体を守る必要がないところに住んで、

裸でいられる生活を選んだ。
少々の寒さなら、

多くの哺乳動物や鳥類のように

体毛によって防ぐことができた。

b0141773_18063956.jpg
b0141773_18072985.jpg

裸身で暮らすことができた地域のヒトにとって、

もっと大事なことは、

自分の特徴をアピールすることだっただろう。

衣服をつけない人たちでも、

古くから、

からだにペインティングを施したり

骨だの貝殻だの金属だのをつけて装飾したりするして、

「自分らしさ」をアピールしてきた。

b0141773_18174532.jpg

b0141773_18124157.jpg

ときに「男らしさ」「女らしさ」を表わし、

ときに、自分の属するグループを表わし、

ときに、地位や年代を表わし、

ときに喜びや悲しみを表わし、

ときに儀式の装束として、

ますます社会性のある記号性を強めていった。

b0141773_18203707.jpg

こういう点は、

動植物が生まれながらにして

ユニークな色やデザインを受け継ぎ、

環境に適応していった進化史と

なんら変わるところがない。

b0141773_18212085.jpg

こういう経過を表面から見ると、

人との関係において、つまり社会的記号として

装飾を使ってきたかのように思えるが、

今日の心理学や精神医学の知識によって見直せば、

無意識的にせよ、

彼らは、自分の装飾を誇り、

そのことでアイデンティティを感じていたはずである。

b0141773_18234953.jpg

衣服の記号論では、

とかく他者とのコミュニケーションのほうを

重視しがちだが、

少なくとも現代人においては、

衣服が自身の意識やモチベーションを高め、

健康度さえも左右する点に

もっと注意をはらっていいだろう。

b0141773_18231067.jpg

要するに「衣環境」は、

個々人に、もっとも身近な環境であり、

その環境は自分のライフスタイルの一部となり、

自分の方向性に関係してくる。

人生観や生活信条などと同じように、

衣環境も、

あしたからの人生のカタチをつくってゆく。

b0141773_18195481.jpg

さて、その衣服が自分に似合うか似合わないかを

どう判断すればよいのか。

自分を含め、ある服が似合うか似合わないかは、

その人の、きのうまでのライフスタイルを

知っている人が、

その延長線上で評価するのが普通である。

b0141773_17525574.jpg

しかし、それらは絶対的なものではなく、

「慣れ」の問題でもある。

今では外国人が和服を着て歩く姿は

珍しくはなくなった。

専門家の目で見ると問題はあろうが、

全体としては「似合って」きている。

b0141773_18261416.jpg

b0141773_18274796.jpg

わが理論では、

どんな服でも、ジャストサイズであれば、

1週間か1か月か、着続ければ似合ってくる。

「似合う」とは、

言い換えれば自他ともに「慣れてくる」こと。

b0141773_18272735.jpg

b0141773_18271308.jpg

「慣れ」または「似合う」は、

一面においてマンネリの始まりでもある。

とすれば、自分の中では

日々、環境改善に挑戦したいところである。

b0141773_18291778.jpg

肌着の色を変える、素材を変える、

コーディネートを変える……、

日々の多忙な生活の中で、

そういうことをきちんと考える、

それは忙殺されない生活、

人生の主導権を少しでも自分がもつ生活、

それは、個々人が

たったいまからできる環境対策である。

b0141773_18294695.jpg

きょう着る衣服は

きょう1日の設計図でもある。

その設計図は、もちろんあしたに通じる。

b0141773_18285813.jpg

旧来の「身だしなみ」や「おしゃれ」というコトバは、

仕事、勉強、お堅い社会活動と

対立する概念ととられがちだが、

それを「衣環境論」と位置づければ、

むしろ、それらと一体化するものであろう。

b0141773_18324070.jpg

放射能汚染物の除去作業に

ジーパンで参加する無防備者はいないように、

どんな活動にも、

最適な衣環境がある。

そこまで思考範囲を広げることは、

思考力を分散させるどころか、

モノを広い視野で見る洞察力を強化する。

b0141773_18283200.jpg

「あした、どんな靴下で勤めに出るかなんて、

考えているヒマなんてあるわけないでしょ。

そんなことを考えていたら仕事に身が入らないよ」

なんていう者の頭脳は、

すでに錆び始めているから、

「身を入れている」はずの仕事とて、

たいしたものではない。

b0141773_17552694.jpg

人間の頭脳をナメてはあかんゼヨ!!

好奇心旺盛な脳は、

もっともっと多様な、

もっともっと刺激的な酷使(?)を求めている。

b0141773_17523795.jpg

さあ、考えてみよう。

あしたは、どんな靴下で……

いやいや、その前に、

肌着から行こう。

いやその前に、

あしたのメインの仕事を考えよう、

だれと会うのか、

その人と、どんな話をするのか……、

でも靴下は……。


by rocky-road | 2019-09-24 18:34 | 身だしなみセミナー  

コトバは乱れるものなのか。

b0141773_00420615.jpg


食ジム≫第80回で「日本語力の強化」について

話し合ったり

 (「栄養士・健康支援者は『日本語力』を

 どう強化すればよいか」 

 2019年8月25日 横浜・関内ホール)、

ロッコム文章・編集塾の毎月クラスでも、

言語センスをどう磨けばよいか。」

授業した余韻もあって、

いつもよりは日本語の現状について

敏感にならざるを得ない。

b0141773_00412331.jpg


そういう神経過敏状態にあると、

たとえば「ネグレクト」というカタカナ語が

棘のように、わが言語神経に刺さる。

「無視すること。放置すること。怠ること」

あるいは「育児放棄」「児童虐待」

などの意味があるらしいが、

これをカタカナ語によって話題にする理由がわからない。

b0141773_00413069.jpg


「児童相談所」--これを「ジソウ」と略す、

このセンスもわからない。

どうやらこの分野は、

日本語をわかりにくくすることで、

深刻な問題から目を逸らそうという

深層心理が働いているように思える。

b0141773_00422544.jpg

そして、ここで働く人は、

ほかの職場では使いモノにならない、

ややトロいタイプなのか、

いや、そうではなく、

この職場に来ることで神経が鈍くなるのか、

精神医学的な解析をしてみたい。

b0141773_00451429.jpg

所長クラスの人間が、毎度毎度、

「やることをやっていたけれどこうなった」と

無表情に言うのを見ていると、

フツーの神経ではやってはいけないほど

日々、難題に直面するのかもしれない。

b0141773_00423821.jpg

踏切内でトラックに電車が激突した事故、

電車に乗っていた人へのインタビューが

テレビで放送されていたが、

「ドカンという音がして、みんなが倒れたというか、

もうパニックですよ」

「なんていうのか、あわてて後ろから線路に降りました」


九死に一生を得た人の感想が「倒れたと言うか」

「なんていうのか」だと?

倒れたんでしょ? 

「あわてた」というコトバが

さっと出てこないの?

b0141773_00445159.jpg

これは、

インタビューを受けた人が若いから、

言語能力がまだ未完成だから、

と思いたいが、

ラジオでは、

経済関係の専門家らしきゲストが、

「なんて言うのか」を1分間に5回も続けた。

昔、レコード針がレコードの溝にハマったとき、

こんな状態になった。

b0141773_00443997.jpg

そんな話を綴っていたら、

けさ(9月10)の『読売新聞』に

言葉が運ぶ あなたの物語」と題する、

日本語検定 受検者100万人記念対談」の記事。

梶田叡一/日本語検定委員会理事長と、

シンガーソングライターの松任谷由実との対談なのだが、

なんとも抽象的でポイントのない内容。

b0141773_00463660.jpg

梶田「長い間に、日本語は変わってきています。

 乱れと言わざるを得ないのは、

 例えば、若い世代の間のみで通じて、

 ほかの世代には全然通じない言葉遣いでしょうね。

 誤解を生むことになれば、

 変化と言うよりは乱れといった方がいいのかな。」

b0141773_00475472.jpg

松任谷「むしろ積極的に仲間内だけで通じる言葉を

 作っているところがありますね。」

b0141773_00503994.jpg

梶田「例えば『やばい』。昔は『危ない』という意味でした。

 今は感動しても『やばい』、

 非常に注意しなければならない状況も『やばい』で

 多義的になっています。

 仲間内で通じいると思っていても、

 実は誤解を生み出すもとになるのであれば、

 考えものでしょう。」

b0141773_00495309.jpg

松任谷「どういう不快さかを言語化できないと、

 大人になって社会で壁にぶち当たる。子どもの頃は

 『ヤバ』や『キモ』、『ウザ』だけで表現してきたことも、

 そこには複雑な要素がある。自分の中で感情などを

 細かく丁寧に言語化することは、豊かな時間を

 大人になって過ごすための大事な修練だと思います。」

b0141773_00490872.jpg

日本語検定の最高責任者が、

この程度の常識的な見解しか示せないのかと

案じられる。

日本語に限らず、コトバは年月を経て変わるものである。

人間の思考だって、骨格だって、表情だって、

変わるのが当たり前。それが適応である。

b0141773_00484737.jpg

「コトバの乱れ」とはなにか。

若者のコトバと、そうではない者のコトバは昔から違う。

ユーミンが言うように、

「むしろ積極的に仲間内だけで通じる言葉を

 作っている」のである。

人がアイデンティティを獲得する過程では、

仲間意識の確認が必要。

そのようにして、

「違いのわかる人間」に育ってゆくのである。

b0141773_01174740.jpg

「ヤバい」の意味が変わるのを「ことばの乱れ」

などと言っていたら、

われわれはいまも大和時代、奈良時代のコトバを

使い続けねばならない。

「言う」を「言ふ」と書き、

「チョウチョウ」を「てふてふ」と書かねばならない。

いや、それ以前に、

文章は万葉仮名で綴らなければならない。

b0141773_01191684.jpg

ヒトはコトバを「乱す」ことによって

コトバの使い勝手をよくしてきた。

「乱す」動機の多くは「最適化」(カスタマイズ)である。

虹を「きれい」「美しい」としか形容できなかった人が、

あるとき「ヤバい」と言ったとき、

本人にとって、虹の美しさは、

より深く認識されたことになる。

b0141773_01203938.jpg

コトバの「乱れ」とは、

多様性への試行であり挑戦である。

新しい概念を認識し、新しい感性や知性を磨いてきた。

日本語検定に深くかかわる者に求められるのは、

「コトバの乱れ」とは何かを、まず定義することである。

b0141773_01323055.jpg

笑えるのは、こんな発言をしているところ。

梶田そういう意味で、

   言葉にセンシティブでなければいけない

そこでカタカナ語を使う必要ある

敏感であってほしい」「美意識をもってほしい

などと言うほうが伝わりやすくない

b0141773_01245537.jpg

対談の中で「仲間内で通じると思っていても、

実は誤解を生み出すもとになる」と

発言しているではないですか。

「センシティブ」って、一般的日本語?

このコトバ、読者に伝わるのかしら

コトバ、乱していない


つけ加えれば、

この対談は、企画の失敗。

「受検者100万人記念」なのであれば、

記者か、コトバの専門家が

日本語検定委員会理事長にインタビューすればよかった。

b0141773_00550164.jpg

「……とすると、『ヤバい』は本来の意味で使うべき、

ということですか」

「今後、『ヤバい』はどう変わっていくと思いますか」

「日本語のセンスをよくするには、

 どのような勉強をすればよいのでしようか」

などと問いかける。

b0141773_00464932.jpg

あるいは、
ユーミンに、だれかがインタビューをする。

コトバのプロのユーミンと、

名誉職にある心理学者とでは

互いにエラ過ぎてミスマッチ。

「相殺」(そうさい)という日本語、

こういうときに使うのだろうか。

b0141773_00562877.jpg

さてさて、
前述の「……というか」や「なんて言うか」
という流行りコトバの話に戻ろう。
この表現形式、つまりは一発で決めない、
余韻を残しておいて話を引っ張る。
電車が線路上で止まっているトラックに激突したら、
「倒れたというか」なんていう程度の衝撃ではなく、
「吹っ飛びました」でしかなかろう。

b0141773_01324396.jpg

社会環境として見れば、
この国全体が弛緩状態。
平和ボケが言語表現にも現われている、
ということだろう。

b0141773_01325726.jpg

しかし、平和にもストレスはあって、
家庭内暴力とか、いじめとか、あおり運転とか、
身近な弱い者への攻撃とかと、
成果のない、
内部へと向かうモチベーションばかりが高まる。

b0141773_01325012.jpg

精神医学的には、
リスやネズミのように
つねに退路を考えていて、おどおどしている。
1つのことを言うのにコトバを2パターン用意しておいて、
相手によるコトバの適切度チェックから逃れようとする。

b0141773_00425842.jpg

タコやイカのスミのことを
昔は煙幕と言ったが、
海で観察していると、
スミは煙のように広がらず、
むしろ黒いカタマリになって漂う。
そこにだれかがいるように見える。

b0141773_01211701.jpg

それに相手が気を取られているうちに、
自分は姿をくらます。
「……というか」も同様。
2つコトバを並べて、相手の注意力を分散させる。


もう1つの見方は、
モノには多様性があるから、
1つのコトバでは表現しきれないところがある。
科学や深い思考の結果を表わすとき、
「その点は演繹的思考とも言えるし、
帰納法的論法とも言える」
なんという表現をする場合がある。

b0141773_01251034.jpg

「って言うか」のルーツには、このカタチがあるかもしれない。
知ったかぶり、偉そうぶりのことを
「衒学的」(げんがくてき=ひけらかし野郎)

と言うが、「いわゆる」と同様、
「国民総衒学化」現象とでも言ったらよいのか。


しかし、ヒラの「日本語非検定協会」会員は、
これをも「コトバの乱れ」とは言わない。
あえていうなら「コトバの揺れ」かな?
揺れは、しばらくすると収まるものである。

b0141773_01263983.jpg
しかし、コトバには品位がある。
短パンにサンダルをつっかけて
飛行機に乗り込んでくる人間の服装に品位がないように、
「社長、それってヤバくないすか」や
「なんて言ったらいいのか、コトバって言うか、
言語っていうか、ボキャブラリーっていうか、
そのあたりに人間の品格って、出る的に考えます」
には品位はない。

b0141773_01333407.jpg

日本語検定には、
もちろん品位度チェックの審査は

入っているのでしようね。



by rocky-road | 2019-09-11 01:01 | 日本語力