<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

絵手紙には心の弾みを描く。

b0141773_22550162.jpg

絵手紙をいつ始めたのか、

記憶は定かでではないが、

1964年にダイビングを始めて

何年か後には、

海から絵ハガキを出すようになった。

朝食前に「ハガキタイム」などと称して

みんなでハガキを書いたりした。

のちにプロのイラストレーターが仲間になった。

b0141773_22563396.jpg
そのうち、

海への旅にはハガキ用紙を持って行って

海で見た魚の絵などを描いて出すようになった。

この習慣は1960年代後半くらいから始まった。

わが「絵手紙元年」はそのあたりか。

b0141773_22571554.jpg
ダイビング雑誌での連載や、

自分の著書にも、

挿絵を描く機会があった。

画家やイラストレーターを志望したことはないが、

絵を描くことは小学生以来、

途切れることなく、今日まで続いている。

b0141773_22560030.jpg

いわゆる「絵手紙」がブームになるのは

1900年代の終わりころからだろうか。

「ヘタでいい、ヘタがいい」のキャッチフレーズが

受けたことと、

筆を上端で持って書くことをすすめ、

ハンドリングを不自由にして、

筆先をよろけさせること、

これが「絵は苦手」とする人にウケたようだ。

b0141773_22583764.jpg

b0141773_22590195.jpg

線をよろけさせれば、

だいたいヘタに書けるから

「ウマい、ヘタ」という感覚を忘れさせる。

この流儀が普及したおかげで、

みんなが、共にヘタという世界になる。

これが「絵手紙ブーム」のポイントだろう。

b0141773_22581669.jpg

アマチュアの絵を見て「ヘタだね」というのは野暮だから、

「ヘタがいい」が世間相場となる。

しかし、この流派の作品展を見に行って驚いた。

1000点以上の作品が展示されていたが、

1人が描いたのではないかと思わせるほど似ている。

これでは、少なくとも私信としてはあまりにも没個性。

b0141773_23000488.jpg

さらに言えば、

文章で絵を説明し過ぎておもしろくない。

「絵手紙」の大橋流解釈は、

「絵に文章をつけるのではなく、

文章に絵を添えるのでもなく、

絵と書、そして余白までをも一体とした作品」

ということになる。

b0141773_22595259.jpg

したがって、

文章は時候のごあいさつや絵の説明ではなく、

額装して飾っても耐えられるものにする。

俳句や短歌、詩を書くのも一案だが、

私は、多少はリズムのある散文、

標語でもないし、キャッチフレーズでもない。

b0141773_23025807.jpg
b0141773_23032333.jpg
b0141773_23013634.jpg

キザに言えば「哲学を書く」だが、

そんなことは思ったとしても

絶対に人には言えないから、

平凡にはなるが、

「心の弾みを描く」とでもしておこうか。

b0141773_23035454.jpg
b0141773_23010877.jpg
b0141773_23050859.jpg

境地は俳句や短歌、詩と同じだが、

表現に形式はない。

ワンフレーズでパチッとキメる。

b0141773_23054746.jpg

通信文は切手面に書く。

言うまでもないが、

ハガキを横にして描いた絵ならば

切手面の宛名もメッセージも横書きにする

これがわかっていない人が、

なんと多いことか。

(既製品の場合も同じ)

b0141773_23060338.jpg
b0141773_22552514.jpg

書画としては、

榊 莫山(さかき ばくざん)さんからは

学ぶことが多い。

b0141773_23075676.jpg

絵と文字のバランス、

つまりはデザイン。

そして字のタッチ。

b0141773_23005558.jpg

莫山さんも筆の端を持つが、

熟練のワザでフラフラしない。

あえてカタカナを使うところが特徴。

b0141773_23092225.jpg

畏れ多くも絵手紙講座を始めたが、

もちろん第一目的は

神羅万象から情報を読み解き、

さらにそれを

絵と文字、文章で自身と、人に伝えること。

b0141773_23094133.jpg

b0141773_23101191.jpg
b0141773_23104713.jpg

それはコミュニケーション環境を

さらに活性化するはずだし、

人生をより豊かにする。

b0141773_23111843.jpg

そして、

旅がますます好きになること。

旅先から絵手紙を書く楽しさを

持続的に味わっていただくこと。

b0141773_23131154.jpg

講座を受けた人からは、

きっと絵手紙が〝殺到〟するだろうから、

こちらも、

ますます絵手紙の発信頻度が増すことになる。

b0141773_23121617.jpg

b0141773_23115770.jpg


by rocky-road | 2019-07-31 23:15 | 絵手紙  

話し合って、はいジャンプ!!

b0141773_01212495.jpg

b0141773_01222001.jpg
b0141773_01215007.jpg
b0141773_01230605.jpg
b0141773_01235764.jpg
「≪コミ研 ひろしま≫ in
 福山 20197

と題するセミナーが終わった。

広島の栄養士の有志が始めた

コミュニケーション研究会も

この721日で5年目・第5クールの、

その4回目の講義が終わった。

b0141773_01243944.jpg

今回は、福山城のすぐ下にある

福山福寿会館。

b0141773_17383462.jpg

こういう由緒のある会場で講義ができる

わが身の幸福を感じる。

当日、和室広間では、

「日韓トップ囲碁対局・鞆(とも)」なるものが
行なわれていた。

b0141773_01394223.jpg

b0141773_01262668.jpg

私の講義は

複数の人との話し合いに強くなるには……」
である。

b0141773_01271970.jpg

日本人の会議下手は、

たぶん世界でもワーストランキングに入るだろう

(アジアの国々は同じようなものだろうが)。

民族性だの歴史的なものだのと言って

逃げに入らないで、

ここはトレーニング不足と認識し、

いまから50年以上はかけるつもりで

改革してゆく必要がある。

b0141773_01280984.jpg

会議に入る前の段階として、

3人以上での話し合いがきちんとできるか、

という問題提起をした。

私的な、自然発生的な話し合いが
ちゃんとできるか。

b0141773_01292399.jpg

井戸端会議であれ、
ランチタイムのおしゃべりであれ、

今度行く旅行の相談であれ、

方向性のない、
ただの時間つぶしの話し合いではなく、

そのときどきで、

「見えないテーマ」
「見えないプログラム」を見つけて、

ゆる~く、
その話題を転がしてゆくことができるか。

b0141773_01283483.jpg

司会や座長はいない、

しかし、3人が3人、

そこでの「見えないプロクラム」に従って、

それをふくらませてゆく。

タイトルやプログラムがなくても、

バラケルことなく、

話を進めていけるか。

b0141773_01300049.jpg

近所のだれかが、

バナナの皮を踏んで転んだとか、

息子がスマホ依存症状態だとか、

参院選の投票率が50%を割ったとか、

そういう話の11つを着地させて

(芸人ふうに言えばオチを、

ある程度はつけて)

次へと進んでいけるのか。

b0141773_01305831.jpg

日本人だって、

昔から「話、変わるけどさ……」と言って

テーマ変更を告知する会話術を持ってはいる。

が、全体としてはまとまりが悪い。

b0141773_01302776.jpg

日常的に会話トレーニングをしていないから、

会議ともなると、ますます苦手意識が強くなる。

発言者がいつも決まってしまうのは、

発言者が悪いわけではなく、

発言をしない人が多過ぎるからだし、

そもそも議長や司会が未熟だから、

参加者の発言の整理や撹拌ができない。

b0141773_01304384.jpg

杜氏が飯に酵母を混ぜるように、

話し合いも、話題をじょうずに撹拌しないと

それが全体に行きわたらなかったり

ダマになって固まってしまったりする。

b0141773_01335732.jpg

今回、複数(3人以上)による話し合いの

たいせつさを説いたのは、

言語技術の向上のためという問題以上に、

話し合いは、
高度の思考のプロセスであるとともに、

創造のスキルであることを

認識していただきたいからである。

(3人寄れば文殊の知恵)

b0141773_01324047.jpg

今回、時間がなくて

お話しできなかったが、

以下の話を書いておこう。

b0141773_01345261.jpg

もう5年前になるが、

NHKテレビで、

ディズニー映画『ベイマックス』の

制作裏話を放送した。

b0141773_01352726.jpg

このとき、

映画製作のスタッフが

合議(セッション)をするシーンが

いくつか出てきたが、

3050人が集まっているのに
司会らしき人がおらず、

それでいながら、主人公の心理描写の仕方とか、

すでに出来上がっているシーンのチェックとか、

かなりデリケートな話を

みなが楽しそうに論じ合っていた。

b0141773_01355257.jpg

これが、
会議慣れをしている人たちの話し合いなのかと、

強い印象を受けた。

こういう話し合いができるから、

人類で最初に
月に人を送ることができたのだろうし、

100年以上も世界のリーダーでいられるのだろうと思った。

b0141773_01362492.jpg

以上が、

今回のセミナーに関する補足的な話である。

もう1つの話題は、

発表された宿題の回答を聞いていて、

みなさんの中には公的視点というものが

あまり定まっていないと感じられた、

ということである。

b0141773_01363551.jpg

前回の3月に出題した宿題は、

「おしゃれの私的・公的意義について

できる限り簡潔を心がけて書いてください」

というもの。

これを全員に発表していただいた。

b0141773_01371733.jpg

「おしゃれの公的意義」について、

こんな回答が多かった。

「仲間意識を持つことができる」

「おしゃれはマナーの一端である」

「ユニフォームを着ることで仕事モードに切り替える」

「社会参加意欲を維持する」などは、

まったく見当違いではないが、

個人が社会活動をするに当たっての意義の範囲であって、

社会側からの視点にはなっていない。

軸足が自分であり過ぎる。

b0141773_01374794.jpg

「おしゃれの公的意義」という立場で書くならば、

こんなふうな表現になるだろう。

 

b0141773_01385978.jpg



1.警察官や医師、看護師、客室乗務員、配達業の場合では
  職種を明らかにするとともに、組織や同僚間の規律や秩序を保ったり、

  利用者からの信頼や親近感を得たりするのに有効。

2.職場では整った服装によって
  組織の品位を保ったり、
  作業服などによって作業効率を高めたり、

  セクションや仕事内容を
  把握しやすくしたりする。

3.冠婚葬祭の服装では、

  儀式の厳粛さや華やかさの効果を高める。

4.街やコミュニティの景観や環境を
  美化することによって

  人々の社会に対するケジメ感や愛着を強め、

  それらによって心身の健康度をあげる。

b0141773_01404334.jpg

なお、今回は前日の20日に福山に入り、

城周辺を下見したりした。

福山城は終戦直前に空襲で被災したため、

再建されたという。

その分、城としては真新しく、

燦然と輝いて見えた。

大いに楽しい小旅行であった。

b0141773_01413505.jpg


by rocky-road | 2019-07-23 01:41 | 大橋禄郎 文章教室  

よい話し合いにはシナリオがある。

b0141773_23134321.jpg
食ジム」第79回は

健康支援者の『話力』をどう磨くか。」であった。

201977日、横浜市技能文化会館)

「話力」というコトバは、

日常的に使われるわけではないし、

辞書にも載っていないだろうから、

座長(高藤法子さん)には、

「定義をしておいたほうがよいのでは?」と

すすめた。

b0141773_23141613.jpg

座長さんは、こう定義した。

 「話力とは、発話の目的を左右する能力、場の状況、

 雰囲気にそった話をする技術。

 話題を提供する能力。その話し方」

b0141773_23144533.jpg

念のために、

私もこういう定義を用意しておいた。

 「発話行動において、その目的(*)、対象者、

 時と場合に応じて、より高い効果を得るための言語表現能力。

 『会話力』はその一部。

  (*)発話行動の目的とは、対話、説得、依頼、求愛、

    座談、スピーチ、会議、討論、司会、講話、講演、

    などがその一例。」

b0141773_23132623.jpg


ここでいう「発話」は、

『広辞苑』にも載ってはいるが、一般的とは言えない用語。

言語学やコミュニケーション論などの専門書などでは

普通に使われる。要するにしゃべること。

b0141773_23181575.jpg

さて、「話力」というコトバは、

身長やエネルギーと同じで、尺度を示すコトバ。

身長170㎝、カレーライス750Kcalなどと

数値が入って初めて判断基準となる。

b0141773_23190762.jpg

「話力」も同様で、
高いか低いを示すことで評価基準となる。

「セールストークは見事だが(話力はあるが)、

スピーチの話力は低い」

などということになる。

b0141773_23185455.jpg

話力の高低は、

シチュエーションによって左右される。

とりとめのないおしゃべりの話力、体力ともにあるが、

旅行や観劇後の感想(報告の話力)を伝えるのは下手、

議論には強いが、世間話は苦手、

などということになる。

b0141773_23174312.jpg

どんなシチュエーションにおいても

高い話力を発揮するという人というのは

ありえない。

声が小さい、ユーモア不足、

問いかけベタ、すぐにカッとなる、

表情がペタッとしていて盛りあがらない、など、

だれにも弱点はある。

b0141773_23200885.jpg

健康支援者、栄養士の場合、

健康相談や食事相談の場での話力が高い人は多くはなく、

(ダメ出し型とか栄養学の押しつけとか)

その底上げが求められる。

養成校でも、

まだ健康相談や食事相談の進め方を

講義にとり入れているところはないか、

きわめて少ないらしいので、

現役の人たちが、

自発的にスキルアップを図りたい、

ということから今回の食ジムのテーマとなった。

b0141773_23204900.jpg

話力強化のために

特効薬のように効くトレーニング法はないが、

その基本は、

手書きで文章を書く機会をふやすこと。

それはスポーツ選手のランニング、

またはストレッチに当たる。

b0141773_23241568.jpg

声が小さい人、表情が硬い人、

口癖がある人については、

詩の音読が有効だろう。

b0141773_23193001.jpg

そして、当たり前だが、

人と話し合う機会をふやすこと。

などと簡単に言うが、

話し合いにもいろいろの流儀があることを

忘れている人が多い。

b0141773_23224202.jpg

表情で表現する、

1人でしゃべり過ぎない、

人の発言を正確に聞く、

相づちを打つ、

問いかけ、確認を忘れないなどは、

どこかできっと学んでいるはずである。

話し合いには、

その現場ごとに生まれる(生み出す)シナリオがある。

その演出力こそが話力名人としての基礎体力。

b0141773_23211371.jpg

来たる721日(日)に、

コミュニケーション研究会≪ひろしま≫

定例のセミナーで、

「複数の人との話し合いに強くなるには……。」

(ミーティングから会議まで)

を講義することになっていて、

いま、テキスト作りの真っ最中。

b0141773_23204064.jpg

3人以上の人と、
スムースに語り合う習慣は、

単に「話力」の強化にとどまるものではなく、

つまるところ、論理性や思考力を強化することになる、

--そういう話になりそうである。

b0141773_23222428.jpg



by rocky-road | 2019-07-15 23:25 | 「食ジム」