<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「健康」のリテラシー。

b0141773_12403843.jpg
恒例のパルマローザ

新春ブラッシュアップセミナー」が終わった。

2019119日/日曜日)

演題「『健康軸』で考える、人、社会、モチベーション。」

(横浜市技能文化会館)


b0141773_12430183.jpg
このところ、「健康」の環境性、思想性、

モチベーションとしての意味などについて

考えることが多い。

食生活雑誌時代の仕事は

「健康」がメインテーマであったが、

故・豊川裕之先生の講演で、

「健康は目的ではなく手段ではないか」という

予期せぬ目標を示していただくことになった。

以来、「健康とは何か」は、

私にとっての哲学的テーマとなった。

b0141773_12463946.jpg

セミナーでは、

健康環境とはどこまでを言うのか、

それをみなさんに問いかけた。

結論を先に言えば、

宇宙が膨張を続けている限り、

健康環境もまた無限である。

b0141773_12441604.jpg

少なくとも、

WHOが1946年に提示したような、

「単に病気がないとか、虚弱でないとかというだけでなく、

身体的にも、精神的にも、社会的にも完全な状態」

なんていう狭いものではないことは確かである。

b0141773_12453327.jpg

今回は、健康環境のほんの一部に過ぎない

日本という国の健康度、非健康度や、

思想の健康度、マスメディアの健康度

という尺度を示してみた。

b0141773_12324828.jpg
たとえば、資本主義と社会主義との健康度、

右翼と左翼の健康度、

愛国的日本人のメンタリティと

反日的日本人のメンタリティの健康度、

新聞の健康度、テレビの健康度、雑誌の健康度、

一神教の健康度、多神教の健康度、

極上の孤独愛好者の健康度、

極上の組織プレーを楽しむ人の健康度などなど。

b0141773_12435917.jpg
もちろん、

どちらかに軍配をあげるような野暮は避けた。

健康は、けっきょくは個体差。

人それぞれである。

平均寿命が短い国、貧しい生活の連続、

言論の自由が許されない国にいても、

自分の健康度を良好と感じている人は

少なからずいるはずである。

ハングリー精神には

それなりの健康性はある。

b0141773_12493804.jpg
セミナーで、

健康環境というものが

いかに広く、いかに流動的で、

いかに不確定であるかをお伝えできたとすれば、

それで充分だと思う。

b0141773_12444078.jpg
いまは、もっぱら医療的チェックが

健康度を測るスタンダードになっているが、

そこにとどまるのではなく、

いろいろの基準を設定して、

健康度を複合的に見てゆく必要がある。

体重や食事の内容だけで

健康度を評価することは、

うっかりすると、

その他の「健康の芽」を摘んでしまうことにもなる。

b0141773_12531625.jpg
b0141773_12513575.jpg
b0141773_12560357.jpg

「健康のリテラシー」を深めることが、

このセミナーでのメインテーマであった。

『健康という病』とか、

『極上の孤独』とかの、

いわば「健康無知」の本が売れる国では、

少なくとも健康支援者が、

「健康」を読み解く能力を

もっともっと高めていく必要がある。

b0141773_12572265.jpg
b0141773_12570557.jpg

「健康」のうれしいことは、

人の健康を促すことは、

自分の健康度があがるという点であり、

健康が生きる目的ではなく、

人生を楽しく、有意義に送るための

手段であることを

心から理解することになる点である。

b0141773_17050715.jpg


by rocky-road | 2019-01-23 12:59  

白い水仙と灯台の物語。

b0141773_21463082.jpg
水仙には思い出がある。

ある年の正月、

見知らぬ女性から絵ハガキが届いた。

そのハガキの写真は爪木崎である。

読むと、

私が連載中の雑誌に書いた

「白い爪木崎」という文章に共感して、

伊豆半島の先端にある爪木崎に来た、

いま、そこで絵ハガキを書いている、と。

b0141773_21460341.jpg
b0141773_21483591.jpg
b0141773_23081191.jpg
関西在住の人とかで、

『海の世界』という、その雑誌を読んだという。

船員向け、船好きの人向けの雑誌であった。

b0141773_21473621.jpg
連載記事について

少し前置きをしておくと、

当時、私が所属していたスノーケリングクラブでは、

毎年、正月はどこかの海に出かけた。

爪木崎には何回か訪れている。

そこには灯台があって

海の中からそれを見るのは、

なかなかの風情であった。

b0141773_21470241.jpg

もう1つの見どころは、

灯台の下の海岸に自生している水仙である。

正月前後のシーズンには開花し、

周辺を白い花と香りとで華やがせた。

連載記事は、そこを訪れたときの話である。

その年は開花が遅れていて、

私たちが灯台下で潜ったときには

まだほとんど開花していなかった。

旅から帰って数週間後、

弁当箱よりやや大きめの段ボール箱が届いた。

b0141773_21481334.jpg

あけると水仙の花の部分約20センチのものが

20本ほど入っていた。

爪木崎の民宿の娘、小学6年生の弘美ちゃんが

水仙を摘んで送ってくれたのである。

当時は宅配便はなく、小包だった。

「おいでになったときは咲いていなくて

残念でした。

いまごろ、ようやく咲いたのでお送りします」

という手紙が入っていた。

b0141773_21525828.jpg

水仙は、しおれてしまっていた。

しかし、コップに水を張って挿すと、

すぐに、あの水仙の表情になった。

写真に撮って、礼状と一緒に送った。

冗談に「今度は白い灯台を送ってください」

b0141773_21523826.jpg

この話を読んだ、関西在住のK嬢が、

同地を訪れて、そこからハガキを書いてくれた。

当時は、版元に電話をすれば、

筆者の住所などあっさりと教えてくれた。

彼女は、私の住所と、

そこから絵ハガキを書くというプランを持って

「白い爪木崎」への旅に出た。

b0141773_21560750.jpg

この連載は「ニッポン海底散歩」というシリーズで、

1回ごとに1か所の旅先をエッセイタッチで書いた。

1年12回の予定であったが、

継続の依頼をいただいて18回の連載となった。

b0141773_21542479.jpg

これにも後日談があって、

宮城県在住の読者が、

私の全連載をコピーして

1冊の冊子にして送ってくれた。

自分の連載記事は、その1冊に収まって

いまも書棚の貴重資料となっている。



b0141773_21570491.jpg
b0141773_21551463.jpg
b0141773_21581906.jpg

b0141773_21594625.jpg

「白い爪木崎」のKさんとは、

いまも年賀状のやりとりが続いている。

b0141773_21590895.jpg

そうか、

今年は新年早々、2回の水仙への旅が続いた。

(葛西臨海公園、千葉県岩井の富山=とみやま)

このブログに使った写真をプリントして、

Kさんに送ってあげることにしよう。

b0141773_21472336.jpg

b0141773_22005327.jpg


by rocky-road | 2019-01-14 22:01  

2019年、初撮り。

b0141773_23090290.jpg
b0141773_23074023.jpg
b0141773_23115112.jpg
b0141773_23133437.jpg
b0141773_23070883.jpg
b0141773_23075566.jpg
b0141773_23072667.jpg
b0141773_23141996.jpg
b0141773_23065857.jpg
b0141773_23153027.jpg
b0141773_23162275.jpg
b0141773_23164627.jpg
b0141773_23173708.jpg
b0141773_23174841.jpg
b0141773_23180306.jpg
b0141773_23191888.jpg
b0141773_23062889.jpg
b0141773_23061556.jpg
b0141773_23185819.jpg
b0141773_23081134.jpg
b0141773_23221033.jpg
b0141773_23063716.jpg
b0141773_23233771.jpg
b0141773_23253551.jpg
b0141773_23064622.jpg
b0141773_23261886.jpg
b0141773_23265648.jpg
b0141773_23292015.jpg
b0141773_23274609.jpg

by rocky-road | 2019-01-04 23:31