<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

コンニチハ 「健康さん」。

b0141773_22414941.jpg

2018年1029日の「読売新聞」に、

上の写真のような広告が載った。

舌を出した樹木希林さんである。

確か、アインシュタインにも、

舌だし写真があったと思う。

希林さんのメッセージとして、

こんなコメントが綴られている。

少し長いが、引いておこう。

広告主は宝島社。

b0141773_22423416.jpg

「サヨウナラ、地球さん。

 靴下でもシャツでも、最後は掃除道具として、

 最後まで使い切る。人間も、十分に生きて

 自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に

 尽きるんじゃないかしら。そういう意味で、

 がんになって死ぬのがいちばん幸せなのよ。

 用意ができる。

 

b0141773_22433771.jpg

 片付けして、
 その準備ができるのは最高だと思うの。

 ひょっとしたら、
 この人は来年はいないかもしれないと思ったら、

 その人との時間は大事でしょ? 

 そうやって考えると、がんは面白いのよ。

b0141773_22435438.jpg
 いまの世の中って、ひとつ問題が起きると、

 みんなで徹底的にやっつけるじゃない。だから怖いの。

 自分が当事者になることなんて、

 だれも考えていないんでしょうね。

b0141773_22442245.jpg
b0141773_14361647.jpg

 日本には「水に流す」という言葉があるけど、

 桜の花は「水に流す」といったことを表しているなと思うの。

 何もなかったように散って、
また春が来ると咲き誇る。

 桜が毎年咲き誇るうちに、
「水に流す」という考えかたを、

 もう一度日本人は見直すべきなんじゃないかしら。

b0141773_22502018.jpg

 それでは、みなさん、

 わたしは水に流されていなくなります。

 今まで、好きにさせてくれてありがとう。

 樹木希林、おしまい。」

b0141773_22464285.jpg

もちろん、ご本人がこの日を予想して書いたのではなく、

ライターが、希林さんのいろいろのコトバを

この分量にまとめたのだろう。

希林さんの口調以前に、

発想そのものを受け止めている。

段落や行替えのない追い込み表記も、

読点や句点の打ち方も、しっかり考えている

(ここではブログ用にレイアウトを変えさせていただく)。

b0141773_22472657.jpeg

日本には「辞世の句」(じせいのく)の伝統があって、

死を意識して、元気なうちに書き残しておくのが

責任のある者のたしなみとなっている。

あまり文字数を増やさず、

ずばっとわが人生を言い切るのが流儀である。

b0141773_22483006.jpg

足利義隆はこう詠んだ。

「何事も夢まぼろしと思い知る 身には憂いも喜びもなし」

無常観と無我の境地である。

b0141773_22481351.jpg

西行法師は、こう詠んだ。

「願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」

b0141773_22500715.jpg

高杉晋作もまた、達観する。

「おもしろきこともなき世もおもしろく」

辞世の句は、男性に多いが、

明智光秀の三女、珠(たま)、

別名、細川ガラシャのものが残っている。

「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」

b0141773_22494845.jpg

欧米には辞世の句の文化はないが、

最後のコトバを記録する点では東西は共通している。

フランスの文豪・スタンダールは

「生きた 書いた 愛した」

が、最後のコトバだったとされる。

b0141773_22515248.jpg

冒頭の希林さんの辞世の句(句でないが)は、

自身の作ではないけれど、

ライターは、

かなりの程度、希林さんを代弁している。

歴史を経て、現存する辞世の句にも、

周囲の人に代筆させたものは少なくないだろう。

b0141773_22514161.jpg

しかし、そのことは問わず、

要は、その人らしさを醸し出すこと。

靴下やシャツ同様、

自分を使い切ったと見る希林さんの思想は、

しっかり文章化されている。

「サヨウナラ 地球さん」と言いながら

内容は日本人へのメッセージになっている、

そのあたりも希林さんらしさを感じさせる

制作者の演出力だろうか。

b0141773_22512908.jpg

折しも、

来年早々、パルマローザセミナーで講じる

≪健康軸で考える 人、社会、モチベーション≫

について構想中だが(2019119)、

そのモードであの新聞広告を見ると、

さすが希林さん、健康な死に方をしたな、

と実感する。

「健康」は、科学の対象でありながら、

夢や希望とも深くかかわるロマンでもある。

b0141773_22525045.jpg

リアリティとファンタジー、

人類史は、

こんなにおもしろい思考のテーマ(哲学ではない)を

たくさんの余地を残してくれていた。

アリガトウ 昔々から今日までの、地球のみなさん

b0141773_22530492.jpg

 


by rocky-road | 2018-10-31 22:54  

ボーっと生きてる乾物型栄養士。

b0141773_22013135.jpg

1011日だったか、

NHKテレビの「ごごナマ」という番組で

乾物と缶詰とで作る料理を紹介していた。

おもしろい着眼で、企画力を感じた。

b0141773_21261348.jpg

しかし気になったのは、

11つの料理について、

栄養士が「一品で食物繊維の1日分がとれる」

「カルシウムに富んでいる」などと

いちいち栄養素コメントを入れていくところ。

101日のごとく」どころか、

501日のごとく」

それぞれの料理の栄養評価をしていた。

b0141773_21264843.jpg

13食の中での充足という視点はゼロで、

バラバラに紹介される単品の栄養的特徴を指摘することに

どれほどの意味があるのか。

b0141773_21263059.jpg

終戦直後、

観光地のおみやげ用菓子のパッケージに、

「カロリーは卵の何倍」などと書いてあったが、

エネルギー量を菓子と卵とで比較して

「勝っている」とする素人栄養学に苦笑したことがあるが、

料理の11つの栄養価を言うセンスも、

似たようなものである。

b0141773_21280510.jpg

現在、カルシウム不足の人がいたとして

(そんな自覚がある人が日本にどの程度いるのか)、

ハッとして、その料理を作って食べたところで、

栄養状態が改善されるものではないし、

毎日、乾物と缶詰を使った料理を

食べ続けたいという人はいないだろう。

深刻なカルシウム不足であれば、

カルシウム剤を利用することになるだろう。

b0141773_21283438.jpg

栄養学には、

依然として、料理を楽しむ方向性はなく、

食材や料理から薬事効果を求め続けているのか、

……なわけはないだろう。

b0141773_21290986.jpg

知る必要のない情報を提供するのは、

企画者の勉強不足、センス不足にほかならないが、

そんな食の素人ディレクターあたりが書いたコメントを

プロの栄養士がシャアシャアとして再読する、

そんなことをいつまで続けているのか。

b0141773_21295553.jpg

この状態を

栄養学の停滞、怠慢と言わずして何と言おう。

少しは前進しろよ。

「人間栄養学」はどこへ行っちまったのか。

栄養学は、

料理を栄養剤として見ることなんぞ

目指してはいないはずである。

b0141773_21302169.jpg

b0141773_21284635.jpg
料理を作る楽しさ、

みんなでいただくときの話題性、

だれに、どんなときに振る舞うか、

献立構成の考え方など、

食生活を学び、深め、楽しむ方向は

いくらでもあるはずだ。

b0141773_21311840.jpg
b0141773_22560373.jpg
b0141773_22565459.jpg

21世紀の日本の栄養士のオピニオンリーダーは、

次の1歩が見つけられず、

501日ごとく、

乾物のように水分を失って

秋風にカラカラと揺れているのが現状。

b0141773_21254760.jpg

方向性に迷うことなど1つもない。

栄養、運動、休養に加えて、

ライフスタイルの見直しと充足である。

b0141773_21322280.jpg

1013日のNHKテレビ・スペシャル、

「AIに聞いてみた どうすんのよニッポン」

シリーズの第3弾「健康寿命」でもやっていたが、

健康寿命にプラスに働くのは

食事や運動よりも、

読書習慣であったり、近隣の図書館の数であったり、

街の治安であったり、だという。

b0141773_21325037.jpg

関係者が、どういうキーワードをAIに与えたか、

気になることは多いが、

いずれにしろ、

ライフスタイルと健康との関係の重要性を

コンピューターさえ気づき始めているのである。

乾物化した栄養学は、

時代から置いて行かれることを

このスペシャル番組も暗示していた。

b0141773_21325710.jpg

同じNHKのテレビ番組

「チコちゃんに叱られる」風に言えば、

「全国の少なからずの栄養士に伝えます。

『ボーっと生きてんじゃねぇ~よ!!!』」

しかし、幸いなことに、

「ボーっと」生きてはいない栄養士、健康支援者も、

全国の現役栄養士、管理栄養士のうち、

0.00012%くらいはいる。

去る1014日(日)、

食コーチング・プログラムス主催の食ジムで、

『「食コーチング」のスキルを、

栄養士・健康支援者活動にどう活かしているか。』

というテーマで

20名が終日話し合ったが(座長 影山なお子さん)、

方向性を射程に入れた健康支援者が

しっかり実績をあげていることを実感させてくれた。

b0141773_21345722.jpg

「食事相談のとき、

いままでは、なにか答えなくては、

指導しなくてはいけないと焦ることがあったが、

食コーチングのスキルとして、

まずはクライアントが話したいことを引き出すことで、

自発性を引き出すことができて、

次につながる1mmの変化を感じるようになった」

(特定保健指導の仕事をしている栄養士)

b0141773_21352827.jpg

「認知症が出始めている高齢者と接するとき、

衣服の色や柄、髪形などを指摘することで(肯定的指摘)、

相手の笑顔や発話を引き出すことができるようになった」

(高齢者施設で働き始めた栄養士)

b0141773_21360000.jpg

「食コーチングのスキルを学んでの大きな思考の変化は、

身だしなみにお金をかけるようになったこと。 

以前は、身だしなみにお金をかけるより、

目的もなく貯金することだった。

人づきあい、身だしなみが苦手だった自分が

お洋服の力を理解し、味方につけられたことを

思うと感慨深い」

(給食センターに勤める栄養士)

b0141773_21363308.jpg

これらの体験が示すものは、

栄養知識や健康知識を伝える以前に、

対象者との間に表情や身だしなみ、

そのあとでコトバの橋を架けること(ラポール)が

不可欠だということ。

b0141773_21371685.jpg

これは、コミュニケーション論では

基本中の基本だが、

それを

対面コミュニケーションの場でも活かせない

という状態では、

テレビや文章(雑誌、新聞など)のような

非対面場面では、

とても生かせるはずはない。

b0141773_21370172.jpg

コミュニケーションの問題以前に、

対象者のライフスタイルを想定できない、

いわゆる「素人さん」にどう接するか、

という対人関係に不可欠なマインドがない。

そんな状態だから、

AIに「健康寿命を保つ要因は

食事や運動以外のところにある」などと言われてしまう。

b0141773_21381570.jpg

それは、笑い事ではなく

栄養士の廃業にさえつながりかねない予兆である。

b0141773_21390908.jpg
b0141773_21394085.jpg

もう一度、チコちゃんにご登場願って、

全国の栄養士・健康支援者養成校の教員、

および関係者に伝えます。

「ボッーと生きてんじゃねぇーよ。

ボーっと教えてんじゃねぇーよ」

b0141773_21401149.jpg
b0141773_21404509.jpg
b0141773_21405725.jpg
b0141773_21403108.jpg


by rocky-road | 2018-10-18 21:42  

郵便ネットワーク、悠々。

b0141773_23072186.jpg

年賀状や暑中見舞いシーズンを除けば、

10日くらいの間に

ハガキや手紙を20通近くいただき、

同数の返事を書いたのは、

久々のことである。

b0141773_23080964.jpg

去る922日のセミナー、

ハガキ、手紙スキルのない健康支援者ってありなのか。」

の余韻がいまに至っている。

いただいたハガキや手紙には、

筆ペンを使うものが多かった。

セミナーの途中で

書道関連の文具店に寄る、

という「ゴールデン 寄り道コース」の効果だと思う。

b0141773_23090237.jpg

ハガキ、手紙の美学という点では、

「弘法も筆を選ぶ」ことは確か。

字を大きめに書く人が、

細いボールペンを使っていたり、

便箋の罫の幅に対して筆文字が大きすぎたり、

墨がだぶつき過ぎたり、

定形サイズいっぱいの封筒を使いながら、

宛名の文字が細かったり……などは、

ちょっと筆記具との相性を考えれば、

簡単に解決できることである。

b0141773_23085142.jpg
b0141773_23101934.jpg

それにしても、

「ゴールデン 寄り道コース」のおかげで、

便箋や封筒のグレードがよくなった。

日本の手紙文化は、

やはり和風の伝統を引き継いでいる。

格段の能筆でなくても、

「それなりに」サマになるからありがたい。

b0141773_23070566.jpg
b0141773_23105590.jpg

となると、

アタマの糊づけ部分にもこだわりが出てくる。

かつては「しめ」(〆)や「封」「緘」(かん)

などと書いて綴じたが、

いまは封緘印(ふうかんいん)や

封緘シールがどこででも手に入るようになった。

また、写真店では好みの写真でシールが作れる。

昔は、封緘印を作るのはよほどの風流人であり、

1個がかなりの高価であった。

b0141773_23111414.jpg

ここで忘れてならないのは、

のりつきの封筒は接着力が弱く、

輸送中に封が剥がれやすいこと。

今回、いただいた封書にも数葉がそうなっていた。

また、二重封筒の場合、

外側と内側の綴じ目がずれるため、

おかしなシワができたり、

ペーパーナイフで開くとき、

引っ張られて破れてしまうものなどがあって

この形式の封筒は「取扱注意」である。

b0141773_23122340.jpg

わが郵便ネットワーカーの一部の人は、

京都で住所のゴム印を風雅タッチで作った人もあって、

味わいはひとしお。

もっとも、この場合も使う人の手書き文字のタッチ、

キャラクター、文体などと相関があるので、

目的や用件などによって使い分ける必要がある。

b0141773_23124372.jpg

それやこれやのことで、

日本のごくごく一部の栄養士・健康支援者の

郵便コミュニケーション文化は向上した。

それが、いっときの夢で終わるか、

生涯の生活習慣になるかは、

それぞれの人が

どこへ向かって、どう生きるかという、

方向性の問題、つまりライフスタイルの問題である。

b0141773_23133660.jpg

文化のすべてが健康にプラスになるとは言えないが、

郵便コミュニケーションは、

健康上のメリットの1つとはなる。

少なくとも「極上の孤独」を選ぶ人よりも

活気のある人生を歩むことになるのは、

エビデンスなどなくても明らかである。

b0141773_23140130.jpg

健康行動学がもっと活性化して、

研究者がふえた暁には、

「Eメールオンリーグループと

郵便コミュニケーションを

月に2回以上行なうグループとの

健康寿命に関する比較研究」

などという研究を行なう人が出てくるかもしれない。

b0141773_23144543.jpg

いやいや、

そんな、やらなくてもわかっている研究など、

好んで行なう研究者はいないだろう。

しないですむことを祈る。

b0141773_23143258.jpg
b0141773_23151167.jpg

下の書は、

毎年、写真教室に長崎から参加してくださる、

塚本初音さんの作品。

「第68回 西九州小中学生書道大会」で

応募者数3436人から最高賞の4人が

文部科学大臣賞に選ばれた。

その1点が初音作品。

力のこもった、温かい作品である。

925日「長崎新聞」による) 

b0141773_23064164.jpg


by rocky-road | 2018-10-11 23:15