<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

郵便による社会参加のカタチ。

b0141773_15322580.jpg

「ハガキ、手紙スキルのない

 健康支援者って、ありなのか。」

このテーマでお話をさせていただいた。

2018922日/土 パルマローザ主催

 横浜市技能文化会館)

b0141773_15331856.jpg

健康支援者、とくに栄養士にとって、

ハガキや手紙を発信、受信の習慣のないことは

「あり」なのか。

言うまでもなく「ありではない」だ。

b0141773_15333313.jpg

仕事のうえでは、

特定保健指導などの場合、

手紙やメールでの支援が最初から設定されている。

そういう仕事をしていない栄養士といえども、

公私の組織に所属しているときには、

公的な連絡を文書で行なうことは珍しくない。

この点は、栄養士に限らず、

勤め人すべてに言えることである。

b0141773_15335028.jpg

お勤め仕事でなくても、

自主サークルに所属していれば、

ここでも、文書コミュニケーションは必要になる。

b0141773_15344195.jpg

わがダイビング50余年歴の中でも、

宿泊先の民宿への予約やお礼、

地元の漁業協同組合への交渉などで

出した手紙やハガキは数百通。

いくつかのダイビング雑誌に

30年近く、連載エッセイを持ったのも、

編集部に出したハガキがきっかけである。

b0141773_15343267.jpg

なのに、

東京を含め各地の栄養士会から来た文書は、

ついこのあいだまでは、

横書きのとき、

宛先の氏名を行末に、つまり末尾に書いてあった。

縦書きの書式を、ただ横にするだけだと、そうなる。

が、欧米の手紙や文書を見ればあきらかなように、

相手の氏名は左上に置く。

私的な手紙でも、

Dear Rocky」などとやる。

Eメールでも、

上にある「件名欄」に相手の氏名と件名を書くのが

好ましい形式とされている。

b0141773_15350504.jpg

しかし、この書式さえ、

日本全国に行きわたっているとは言えず、

以前、このページでも取り上げたが、

グリーティングカードで知られる

日本フォールマークの市販便箋でも、

わざわざお手本書式を表紙に入れて

相手の名を行末に書く形式を示していた。

b0141773_15354071.jpg

毛筆家や日本風のマナー師範は

横書きの手紙など書いてこなかったから、

縦書きの書式を、ただ横にしただけの書式をよしとする。

フォールマークも、こちらの指摘に対して

自信をもって「それでいいんだ」と返信してきた。

b0141773_15355674.jpg

それはさておき、

今回のセミナーは

ハガキや手紙のルールをおさらいするのが目的ではなく、

「郵便コミュニケーション」の習慣が

どういう意味を持つのか、

そのことを伝えたかった。

郵便コミュニケーションは、

マナーの問題として考えられがちだが、

それ以前の問題として、

より大きな、個人の生き方の問題がある。

コミュニケーションにハガキや手紙を使うということは、

社会的活動を活性化する意味を持つ。

b0141773_15370303.jpg

その点が電話やデジタルコミュニケーションとは

大きく異なる。

郵便コミュニケーションの特徴は、

用紙や筆記具、文字の色や大きさ、

そして巧拙などがそのまま相手に伝わる。

しかも、それらは人間の手よって集められ、配達される。

つまり人間の社会の中を

右に左に通り抜けていくのである。

b0141773_15365052.jpg

デジタル機器の発達と普及によって、

郵便コミュニケーションのアナログ性、

非効率性がますます際立つばかりだが、

本人が書いたものが、地球上のあちこちに、

手間暇かけて運ばれる、

というところに、

本来的な、人間味のある社会性を感じさせる。

b0141773_15381508.jpg

社会とは、

「人間が集まって共同生活を営む際に、

人々の関係の総体が一つの輪郭をもって現われる場合の、

その集団。

諸集団の総和から成る包括的連合体をもいう。

自然的に発生したものと、利害・目的などに基づいて

人為的に作られたものとがある。

家族・村落・ギルト・教会、会社・

政党・階級・国家などが主要な形態」(広辞苑)である。

b0141773_15380007.jpg

最近は「ネット社会」などというコトバも使われるが、

いずれにしても、ネットの先にも人間がいる。

ただし、デジタルコミュニケーションの場合は、

文字の選び方、コトバの使い方、

どうかすると文章のフレーズまで

「マシーン秘書」に任せたりするので、

「その人らしさ」は薄まる。

b0141773_15384999.jpg

不思議なもので、

社会への参加意識の高い人は、

郵便コミュニケーションを好む傾向がある。

年賀状や暑中見舞いはもちろんとして、

そのときどきに一筆を書く。

b0141773_15392588.jpg

旅行先から、

贈答のお礼に、

イベントのあとに、

書物や雑誌記事の感想、

人と会ったあと、その感想や感動、

病気回復のお礼、

以前、話題となった店に入った感想、

新聞や雑誌、書物の感想を著者や筆者に、

ときにはクレームも、など。

b0141773_15395255.jpg

アメリカの元大統領、ケネディは、

道ですれ違った著名人と

あいさつを交わすことができず(有権者に囲まれていて)、

すぐにお詫びの手紙をスタッフに届けさせたという。

(『ケネディの道』による)

b0141773_15390655.jpg

社会参加意識とは、

要は人的ネットワークに参加する意思表示。

そのモチベーションはどこからくるのか。

仕事を発展させるため、

相手に親近感を感じるため、

著名人に近づきたいため、

自分を慰めてもらいため、

借金を申し込むため……など、

多種多様。

b0141773_15402319.jpg

ここにもプラスのモチベーションあり、

マイナスのモチベーションありだが、

「自己中」でない郵便コミュニケーションは、

社会チームの一員としてエントリーすることになり、

そのネットワークに迎えられる。

結果として、自分のモチベーションは高くなる。

それはまた、

教養や知力をも高めることにもなり、

自分がこの社会で、この人生で

なにをすべきかを意識することにもなる。

b0141773_15512124.jpg

今回のセミナーでは、

ハガキ、手紙のルールについても

いろいろの事例を示してお話しした。

 *少女っぽい便箋や封筒はやめたら?

 *便箋や原稿を小さな封筒にそんなに押し込めてどうするの?

 *便箋が何枚かになったらページを打とうよ。

 *縦書き封筒の宛名、

 *なぜ、相手の名を左右中央に書けないのだろう?

などなど。

b0141773_15514512.jpg

でも、こういうことは

人のものを見ているうちに

是正されていくから、案じることはない。

続けること、10年とか20年とかではなく、

もちろん、一生続く生活習慣でしょう。

b0141773_15403710.jpg

栄養士、健康支援者が

公私にわたって、

もっともっと郵便コミュニケーションを続ければ、

個々人の生活は活性化し、

そのよき反映として

国民の健康度はあがるはずだし、

なによりも、

本人の人生が豊かになる。

b0141773_15410641.jpg

栄養士、健康支援者が

だれからも教養人、文化人と思われる日が、

100年もすれば、

来るかもしれないし、

来ないかもしれない……し。

b0141773_15513180.jpg

そんなことはどうでもいい。

自身の日々に、

もっと起伏があってもいいのではなかろうか。


by rocky-road | 2018-09-25 15:54  

「論理」は空気なんですよ。

b0141773_23264713.jpg

2018年9月2日に、

≪コミュニケーション研究会 ひろしま≫開催の

定期セミナーで行なった

『栄養士として「論理性」をどう強化するか。』

という講義を受講していただいた何人かから

「むずかしかった」という感想をいただいた。

b0141773_23272613.jpg

「むずかしさ」の意味は未確認だが、

講義内容がむずかしかったとすれば、

講師の説明能力の問題として自省の要がある。

講義では、

論理とは

「なぜそうなのかを解釈すること、人に説明すること」

であることを伝えたから、

それが「わからない」と言われてしまうと、

講師としてはお手あげである。

b0141773_23263329.jpg

「食べ過ぎると太るよ」というのも論理、

「雨が降りそうだから、早めに洗濯物を取り込んでおこう」

というのも論理。

つまりは理屈であり、

神羅万象の因果関係などを

自分や他者に説明すること。

b0141773_23280513.jpg

空気と同じで、

この世には論理があふれているので、

かえってとらえようのないものになっている。

みなさんが「むずかしい感」を抱くのは、

「論理」というのは哲学的テーマである

という先入観を持ったり、

男性が女性に対して「論理的でない」と

高飛車に突っ込んだりするときのアレだと

思い込んでいるためではなかろうか。

b0141773_23292690.jpg

先日、『極上の孤独』という本の何回目かの新聞広告を見たが、

それには「37万部突破!」とあった(826日)。

この著者は、

「友達や知人は少ない方がいい」という論理を持っており、

「孤独を噛みしめながら自分のホンネに向き合い、

あれこれ考えるからこそ、人間は成長できる」

という論理を持っている。

b0141773_23504884.jpg

こういう、私的な思い込み論理でも

37万人もの人が関心を持つ、というところがおもしろい。

そう、むずかしいのは「論理というコトバの意味」ではなく、

論理の内容を吟味したり評価したりすることである。

「孤独を噛みしめながら自分のホンネと向き合い、

あれこれ考えるからこそ、人間は成長できる」

と著者はいう。

実際にそのようにして成長してきたのか。

そうではなく、義務教育を受け、さらに高校、大学で学んだのち、

日本を代表する放送局のアナウンサーになり、

その能力と知名度によって、

講演やら執筆やらで、多くのファンを得てきて、

いまもそれは続いている。

b0141773_23300902.jpg

このようにして得た現在の地位を、

孤独を噛みしめて成長した結果であると言うのにはムリがある。

「偽善」ではなく「偽独」だろう。

100にも届かんとする著書があるが(あるいは超えているか)、

それを執筆する能力は、

友達や知人を意識的に少なくして得たものでもない。

仕事を通して知り合った人々、

少なからずの書物などを読んで、

多種多様な刺激を受けているはずで、

それなりの勉強もしてきたことだろう。

b0141773_23310900.jpg

もっとも、発想の幼さ、論理の未熟さは、

確かに孤独ぎみの上に、

よい読書の仕方を知らず、

友人からも有効なアドバイスを受けなかったか、

または自分から受けつけなかった、

という可能性もゼロではなさそうだ。

b0141773_23305880.jpg

広告には、内容の一部として、

「集団の中でほんとうの自分でいることはむずかしい」

などというフレーズを掲げているが、

当たり前だろう。

人間の社会というものは、それで数十万年もやってきている。

そんな当たり前のことを小学校を卒業した人が言うかね?

b0141773_23314808.jpg

さらに言う。

「素敵な人はみな孤独」

ここでは、飲みかけのお茶を吹き出さないこと。

本人の顔写真が出ているが、

それを見ていると5分間は笑える。

どこが「素敵」なの?

意地が悪く、独りよがりの人間にしか見えないけれど。

b0141773_23324321.jpg

「年をとると品性が顔に出る」では、「一同爆笑」でしょう。

たれ目のこの顔に「品性」を感じる人がいたら、

2人に並んでもらって2ショットの写真を撮らせてもらう。

「人間の顔は生き方の履歴書」--おっしゃるとおり。

1カットで2点の履歴書を得ることができる。

動物行動学研究のよい標本になる。

b0141773_23321906.jpg

世の中には、

これくらいハチャメチャな論理を展開する高齢者がいることを

健康支援者としては銘記しておく必要がある。

ある作家は「健康という病」だと説き、

「孤独のすすめ」だという。

一方、「極上の……」ほうの、たれ目孤独は、

「一人好きは自分のペースを崩さないから健康になる」
とのたまう。


b0141773_23480039.jpg

ここにはトリックがあることを見落としてはいけない。

37万部ものベストセラー作家が孤独だなんて、

それは論理の破綻でしょう。

それだけの人たちから数千万円の印税をいただいて、

「他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ」だと。

稼いだ金を施設に寄付でもしたら、

ますます孤独が保てなくなる。

b0141773_23344597.jpg

もし、お宅および隣家の郵便受けに

10万円入りの封筒が入れられていたら、

ひょっとして、孤独で、たれ目で、素敵な人が、

夜陰に紛れて、印税収入を捨てて歩いているのかもしれない。

うっかり出会っても、声をかけたりするのは野暮というもの。

b0141773_23351479.jpg

b0141773_23353212.jpg

かくのごとく、

論理は、正しいか正しくないかではなく、

まずは、いかに相手を説得するかである。

騙されないためには、

相手の論理の粗さや欠落を見抜くこと。

b0141773_23360368.jpg

振り込み詐欺は論理の商売。

政治家も論理の商売。

新聞も雑誌も、テレビもラジオも、

つまるところは論理を売り物にしている。

b0141773_23361967.jpg

健康支援者は「論理はむずかしい」と

言っている場合ではない。

健康は食卓の上に置いてあるものではなく、

不健康や孤独を売りにする作家の周辺にもある。

b0141773_23370420.jpg

完璧な健康などというものはないように、

完璧な論理などというものもない。

だから人生はおもしろい。

「考えしろ」(余地)は、生きている限り、

なくならない、そんな論理、

受け入れてもらえるかしら?

b0141773_23364903.jpg


by rocky-road | 2018-09-12 23:37  

栄養学を終わらせない論理。

b0141773_20080004.jpg

コミュニケーション研究会 ひろしま≫主催の
定期セミナーのために、

広島県三原市にある会場で終日、講義をした。(9月2日)

b0141773_20082699.jpg

講義は2つ、

1つめは

『栄養士にとっての「コーディネート力」と「編集力」。』

前回のテキストの後半部分。

2つめは『栄養士として「論理性」をどう強化するか。』

b0141773_20093508.jpg

いずれも、従来の考え方からすれば、

「栄養士向け」のテーマではないと思われるだろう。

実際、こういうテーマのセミナーは

これまでなかったはずである(国内、海外とも?)。

しかし、このテーマは、

今後はニーズが出てくると思う。

「栄養学」は、どこへ向かうのか、

という大きな問題にかかわっている。

b0141773_20105001.jpg

ヒトには、どんな栄養素が、どれくらい必要かは

今日までの研究によって、おおむね把握することができた。

必須栄養素の研究は、

ほぼ頂上にまで来た、といえるのではないか。

b0141773_20095746.jpg

ときどき、残り火のように、

微量成分の効用を見つけ出す研究者がいるが、

ビタミンやミネラルの発見に比べれば、

寿命を左右するほどの重要性はなさそうで、

今後、世紀の大発見はないだろう。

b0141773_20110423.jpg

食品に含まれる微量成分や、

一般性のない、特定の食品を見つけ出して、

(または外国の文献から見つけて出してきて)

それが長寿や認知症予防に有効とする学者

(おもに医師)が現われるが、

残り火のような弱い火力だから、

放っておけば、やがては消える。

b0141773_20113125.jpg

医学知識や医学的論理はあっても、

栄養学の知識が不足している医師の場合、

食や栄養に関する論理的基盤がないので、

ヒトの食行動そのものが見えず、

いまだに微量成分によって

加齢を遅らせたり、

認知症を抑制したりすることができると、

本気で思ってしまう。

b0141773_20120919.jpg

彼らは、悪い人ではなく、

けっして人をだまそうなどとは思っていない。

しかし、昔から言われるように、

「病気を診て、人を見ない」職業だから、

食品やそれに含まれる微量成分の薬事的効果を

真剣に考えてしまう。

真剣だからなお困る。

職業的権威をバックにして、

マスメディアを通じて、自信満々に

フードファディズムを振りまいている。

b0141773_20122811.jpg

こういう現象を見ているうち、

ある図式が見えてきた。

これは、軽薄なドクターが、浮かれて踊り出したのではなく、

栄養士によるヘルスプロモーションが低調なゾーンに

やむなくドクターの一部が流れ込んできた、

というところである。

一種の浸透圧が働いて、

うすい部分に濃い要素がにじんできた可能性がある。

b0141773_20125790.jpg

ヒトの健康を保つ栄養素の研究が頂上に達したからと言って、

「栄養学は終わった」というわけではない。

確かに、「終わった学問」はゴマンとある。

哲学は諸科学に、心理学は脳科学に、

言語心理学は認知言語学に、

という具合に、

後発の研究にお株を奪われることはある。

それが進歩というものである。

b0141773_20133710.jpg

栄養学が停滞しているように見えるのは、

研究者、関係者のパワー不足、アイディア不足、

論理性不足、言語能力不足などなどによるものである。

栄養士、健康支援者に、

論理性があれば、この状況をいくぶんは改善できる。

b0141773_20135385.jpg

いま、多くの人は、

「栄養士から食品に含まれる栄養素について
 教えてもらいたい」

と思っているわけではない。

そういう状況は、〝多くの人〟と接すればわかるし、

「では、なにを求めているか」は、

論理的に推論すれば見えてくる。

b0141773_20143657.jpg

サン・テクジュペリのコトバとされるように、

「心で見なくちゃ、ものはよく見えない。

かんじんなことは目では見えないんだよ」である。

この場合の「心」とは、直観もあるが、

コトバであり、論理である。

b0141773_20150308.jpg

論理とは「理屈」であり、「説明の仕方」であり、

だからつまり「考え方」であり、

モノを見るときのフィルターである。

人との約束時刻に遅れた人が、

「人身事故で電車がストップしたから」と説明する場合は、

責任を鉄道会社に置く論理であり、

「私が時間ギリギリに出たのが悪かった」は、

自分に責任があるとする論理である。

b0141773_20152523.jpg

広島のセミナーでは、

「論理」や「理論」とは何か、

どうすれば論理性を強化できるかについて、

いろいろの事例を使って説明した。

その目的は、

1にも2にも「栄養学を終わらせない」ためであり、

栄養士の個々人が、

魅力ある栄養士であり続けるためである。

b0141773_20190805.jpg

「論理」の話はここまでにして、

このブログに使ったアウトドアの写真の多くは、

尾道市瀬戸田町にある
「耕三寺博物館」(こうさんじ)に属する

寺と博物館と「未来心の丘」(みらいしん)で撮ったもの。

「未来心の丘」は、

イタリア在住の彫刻家・杭谷一東という人が設計し、

制作したものだという。5,000平方メートルの敷地に

3,000トンの大理石を敷き詰めたもの。

b0141773_20212978.jpg

b0141773_20210559.jpg
b0141773_20223776.jpg
b0141773_20221529.jpg
b0141773_20230149.jpg
b0141773_20222698.jpg

この不思議な空間に魅せられて、

再度、リクエストして、連れて行っていただいた。

傘は、コミュニケーション研究会 ひろしまの
リーダー、
長谷 泉さんが用意してくださった。

雨のためというよりも、撮影の小道具として。

この演出力はさすが。

こういうパフォーマンスも、

もちろん論理的演出である。

b0141773_20235992.jpg

b0141773_20240975.jpg




by rocky-road | 2018-09-04 20:24