<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「編集力」を人生に生かす。

b0141773_23490917.jpg
2018年7月22日、

第39回めの遠距離クラスの講義は

『「編集力」を日々の生活にどう生かすか』であった。

(横浜市技能文化会館 11時~18時)

b0141773_23520656.jpg

このクラスでは、

各地から人が集まるので、

最初に全員から近況報告をしてもらうことにしている。

各地の気候やローカルな話題などが聞けるので

貴重な情報源となる。

b0141773_23514188.jpg

今回は、広島のお2人から、

大雨による大水害の報告に耳を傾けた。

被害情報というよりも、

保健師や栄養士などに対して

行政から、どういう要請があったか、

などを聞くことができた。

b0141773_23530640.jpg

また、地域の被害だけでなく

知人の被災などの困難もあったものの、

横浜でのセミナーや遠距離クラスへの出席は

予定どおり行なうことにした、

それが日常性の持続であり、

心の平静を保つことにもなる、

という報告もあった。

災害への対処の方法として、

傾聴すべき報告である。

b0141773_23524012.jpg

このあとの講義では、

「編集」について講じたが、

スピーチも1つの情報体であり、

ここにも「編集力」が役立つことを指摘した。

パソコンの普及は、

万人に編集力強化を求めることを意味するが、

編集は、プロの仕事と思われているのが現状。

この点では、

遠距離クラスでの講義や発言は、

編集とは何かを学び、

実践する数少ない機会となっているはずである。

b0141773_23542186.jpg

編集がらみで、

話題を以下のように広げよう。

去る7月18日、午前0時10分、

トランプ大統領とプーチン大統領の対談を

報じるラジオニュースの中で

担当アナウンサーが「世界の注目が注がれている」と

発言した。

「目が注がれている」ではなく

「注目が注がれている」と言ったのである。

私にしてみれば、「やったぁ!!」「やっちまったぁ!!」

という思う瞬間である。

b0141773_23551075.jpg

NHKは、ここ10年あまり、

「注目」というコトバを

「集める」というコトバとセットで使い続けている。

「注目される」ですむところを

あえて「注目」というコトバを使うときは

ほぼ90%は「注目を集める」と表現する。

言うまでもなく、「二重表現」である。

「重言」(じゅうげん)とも「重複表現」ともいう。

「二重表現」とは

「今現在」や「挙式をあげる」「必ず必要」「永遠に不滅」

「いまだに未解決」「外国人の方々」など、

同じ意味のコトバを重ねるもの。

b0141773_23554506.jpg

「注目」は読んで字の如しで、

「目を注ぐ」「目をそこに集める」こと。

「目を注ぐ」ことを「集める」とは、

「注目する人を多数集める」という意味ではなく、

「注目」の重複に加えて、誇張表現でもある。

NHKには2度ほど指摘したが、

まったく聞く耳を持たない。

ときには「大きな注目を集める」のように、

文法を無視した、意味のわからない放送をする。

b0141773_23562435.jpg

どうやら、なにかの意図があって、

この不適切かつ誇大、かつ低教養な表現を

日本中に広めようとしているらしく、

1日に数十回、

アナウンサーや解説員などが口にする。

その効果があってか、

新聞や雑誌にも、

この表現が普通に見られるようになった。

b0141773_23565239.jpg

これについて補足しておくと、

「注目」は、日本語では名詞だが、

漢語的には動詞である。

だから「注目」といっただけで

「目を注ぐ」「視線を1点に集める」という

動作を表わす。

わざわざ集めなくても、すでに「目が集まって」いる。

こういう動詞的名詞には、

「する」をつければ完結する。

「勉強する」「研究する」「奉仕する」「キャッチする」

b0141773_23511250.jpg

「注目を集める」の場合、

「関心を集める」「関心を寄せる」「注目を浴びる」

などがすでにあるから、

「注目を集める」もセーフではないか、

という弁解の余地はあるが、

分別のある人は使わないほうがよい。

b0141773_23575840.jpg

さらにまた、

「大きな注目を集める」が不自然に感じるのはなぜか。

「大きな」という連体詞は名詞を修飾することになっている。

「大きな目」「大きな雲」「大きな事件」などと。

「注目」は名詞だから、

連体詞の「大きな」を冠しても文法的には誤りではない。

しかし、動詞的ニュアンスを残している「注目」とは

相性がよくない。

「あの注目」「あらゆる注目」「いわゆる注目」という

表現法がしっくりしないように、

「大きな注目を集める」も、日本語として定着しにくい。

b0141773_23584179.jpg

動詞のニュアンスが残る

「接客」「調達」「施錠」などの名詞には、

「大きな」や「あの」「いわゆる」(連体詞)が

ぴったりとくっつかないものが少なくない。

「大きな接客」「あの調達」「いわゆる施錠」などと

表現することはまずない。

したがって、

「大きな注目」と言われると、

目が大きいのか、集まった目のあるスペースが大きいのか、

なんだか気味が悪くなる。

b0141773_23592105.jpg

ここで「編集」の話に戻るが、

ニュースは、言うまでもなく「編集物」。

すでにある情報素材を集めて、

順序よくまとめ、発信する、そこまでが仕事。

編集は、創作ではないから、

あまりに私的な思想や用語はしにくいが、

それでも流行語には

編集作業の結果、流布されるものが多い。

「忖度」や「モリカケ」などが一例。

b0141773_00000754.jpg

しかし、

受信料を取る公共放送としては、

国語を無神経にたるませてほしくはない。

そんな権限はないし、

慎重に国語を使う使命があるはず。

たとえば、

出演者に対して「きょうはありがとうございました」

と、あいさつするのは、僭越。

謝意は、あしたも残るのだから、

「ありがとうございました」と、

過去形にしてはいけない。

b0141773_00005988.jpg

「先日は、ありがとうございます」と、

過去の好意に対するお礼も、

「ました」にしないのが、

日本語の美しい表現。

番組がそろそろ終わることを

出演者に伝えるための「ありがとうございました」は、

放送局内部の事情であって、

それを日本語として定着させようとされては困る。

「きょうは、ご出演、ありがとうございます」でも、

なんら不都合はないはずである。

b0141773_00021580.jpg

同様に、動物の「熊」を

目の下にできる「くま」と同じアクセントにするのも

現状に即していない。

NHKは、アクセント辞典に則っているというが、

日本人の、現在の「熊」のアクセントに対応しているのか。

話が戻るが、

去る7月18日、午前0時10分の

トランプ大統領とプーチン大統領対談を

伝えるニュース。

「注目が注がれる」は、

正真正銘の二重表現だが、

驚くのが、このときのアナウンサーが、

U氏であったこと。

b0141773_00025007.jpg

すでにNHKを定年退職しているが、

いまもNHKニュースを、

手堅く、さわやかに読んでいる。

現役時代は「ことばおじさん」の別名がある、

コトバに通じたアナウンサー。

関連の著書もいくつかある。

そういう名アナウンサーが、

「注目が注がれています」とやってしまったのは

まさにニュースである。

そのときの雰囲気から判断して、

原稿をそのまま読んだのではなく、

アドリブ的な語尾ではなかったかと思う。

b0141773_00014517.jpg

その部分は、いわば未編集の、個人的ミス。

だから原稿を正確に読まなくてはいけないが、

もともと「注目を集める」は

放送記者の原稿だろうから、

ミスを生み出すお膳立てをしたのは記者のほう。

たぶんUアナウンサーは、

その表現に違和感を感じていて、

なんとか言い換えようと反射的に思い、

結果として、

「注目が注がれる」と、

恥の上塗りをしたのかもしれない。

b0141773_00094880.jpg

成熟社会とは、

人間を穏やかにする側面があるようで、

日本人の言語表現にもパンチがなくなった。

「……ていうか」(一発で決めろよ)

「正直、ヤバいと思った」(いつもは正直じゃないのか?)

「感動っていうのじゃないけれど、

けっこう泣きました」(それ、感動だろうが!!)

などという、ボヤけたコトバを使っていると

ボヤけた人生を送ることになりますぞ。


by rocky-road | 2018-07-25 00:10  

ここにも「創る旅」が……。

b0141773_00451380.jpg

みなさんからのプレゼントによって

楽しませていただいた、

ハウステンボス、深川製磁アウトレット

(チャイナ・オン・ザ・パーク)の旅の

ご報告が遅れてしまったが、

以下に記させていただこう。

b0141773_23200919.jpg

ハウステンボスは5回目になるが、

「もうたくさん」という気分にならないのは、

ディズニーシーと同じである。

b0141773_23204356.jpg

自然保護に関係する人の言として、

「日本人が自然観察会に支出する金額は

13,000円が限度。

しかし、ボートとかソリとか車とかの乗り物が加わると

10,000円くらいまでは出す」

というのを聞いたことがある。

10年以上も前の話だから、

相場は少しはあがっているかもしれない。

b0141773_23210120.jpg

自然の中を自分のペースで歩くから楽しいはずだが、

車やボートに押し込められて、

ほんの数十分を過ごすほうに高い金を払う。

自然観察のポイントを解説してくれる

ガイドの話さえじっとして聞けない。

すぐに先走った質問をしたり、私語をしたり。

残念だが、認知能力にも問題がありそうだ。

b0141773_23212728.jpg

遊園地をはじめ、

ディズランドやユニバーサルスタジオなどは、

そうしたニーズに応えるプランニングをしている。

つまり「遊んでくれるテーマパーク」である。

b0141773_23220234.jpg

それに比べるとハウステンボスは、

オランダの街が中心で、

ジェットコースターや落下系の乗り物など、

スリルを楽しむものはあまりない。

(遠くに観覧車は見えたが)

b0141773_23241199.jpg

初代の経営者が収益難で手放したのはわかる。

日本人には、

こういう施設を愛用するだけの好奇心や主体性はない。

そんなことは素人でもわかるが、

そこにあえて挑戦した発案者には頭が下がる。

b0141773_23222514.jpg

遊園地やテーマパークは別として、

旅行先というのは、

大自然であったり海底であったり、

名所旧跡であったり、美術館や博物館であったり、

人が暮らす村や街であったり。

いずれにしろ、

向こうからは遊んでくれないエリアで

自分なりの発見をする、

それが旅の味わい方であり、旅の創り方である。

b0141773_23251416.jpg

長崎にオランダの風景があるというのもヘンな話だが

(開国以前のことは別として)、

身近なところで、そういう異質な体験ができるのはありがたい。

京都の太秦(うずまさ)の映画村や日光江戸村も、

一種のタイムスリップの世界である。

b0141773_23254266.jpg
b0141773_00445935.jpg

今回は、半分は遊んでくれる

「トリックアート」で楽しんだ。

b0141773_23334589.jpg

b0141773_23353770.jpg
b0141773_23332403.jpg

これも各地にできていて、いまや流行しているが、

被写体としてはおもしろい。

b0141773_01400736.jpg
b0141773_01402054.jpg

ただし、美術館をイメージして、

額の中の名画がこちらに働きかけてくる、

というトリックは、

いまや時代に抜かれつつある。

b0141773_23381199.jpg
b0141773_01321104.jpg

スマホによる「インスタ映え」の時代だから、

美術館イメージをやめて、

「トリック スタジオ」にしたほうが

よほどニーズに適合する。

b0141773_23393179.jpg
b0141773_01315814.jpg
b0141773_23402659.jpg

b0141773_23384134.jpg


いかにリアルな写真が撮れるかに徹する。
その場合、額はまったく不要、というより邪魔。
額のない大きな背景を用意しておいて、
どこを、どう切り取るかは撮影者に任せればよい。

b0141773_23412023.jpg

b0141773_23403576.jpg
b0141773_01314564.jpg
b0141773_23405125.jpg


リッチな旅を実感したのは、
ハウステンボス内にある《ホテル ヨーロッパ》から
佐賀県の有田町にある名店≪深川製磁≫の
アウトレットで買い物をして、
ふたたび、ホテルヨーロッパに戻るという経験である。

b0141773_23270306.jpg




b0141773_23274234.jpg
このくらいA点、B点が離れていると、
宿泊場所を移動することになりがちだが、
「旅行コーディネーター」力をつけた
栄養士さんたちのおかげで、
上手に移動をして、有効な時間を過ごすことができた。

b0141773_23281984.jpg
b0141773_23310317.jpg
b0141773_23312846.jpg
小さな旅になりがちな日本人の旅は、
34日でも毎日、宿替えに迫られる。
が、今度の旅は全日、
高級ホテルで過ごすことができた。

b0141773_23320812.jpg

b0141773_23342141.jpg


b0141773_23344192.jpg
アウトレットでは、
毎月クラスの方から、
お中元として深川製磁の食器をいただいた。
製造元の食器を現地でいただくとは、
このうえないぜいたくなタイミングである。

b0141773_23273389.jpg
愛用している「ふくらすずめ」シリーズが
またまた充実することになった。
旅の余韻が
食卓の上にきょうも響き続けている。

b0141773_23272526.jpg



この旅のプレゼントしてくださった方々に
深く深く感謝をし、
心からのお礼を申しあげたい。

b0141773_23422550.jpg

b0141773_23420991.jpg
b0141773_23415964.jpg

b0141773_23361049.jpg

b0141773_23364245.jpg



by rocky-road | 2018-07-12 23:45  

おもしろくないキミ、ひょっとして……。

b0141773_00223217.jpg
パルマローザ関係者からの

バースデープレゼントとして、

「ハウステンボス&有田焼二泊三日の旅」を

いただき、629日から72日まで、

長崎の旅を楽しんできた。

b0141773_00240141.jpg
b0141773_00013281.jpg

これを優先して書くべきだが、

出かける前に書きかけていた文章を

まずアップして、

旅日記のほうは、

後日、ご報告をさせていただきたい。

b0141773_00241282.jpg
b0141773_00233398.jpg
b0141773_00021054.jpg

さて、出発前に書きかけていたブログ。

月刊『Hanada』の8月号に

「文藝春秋の『内紛』を憂う」という

一文が載っている。

筆者は同誌の発行人兼編集長の

花田紀凱(はなだかずよし)氏。

b0141773_00254952.jpg

氏は、文藝春秋社から編集者としてスタートし、

月刊『文藝春秋』や『週刊文春』の編集長、

その他の雑誌の編集長を歴任し、

それぞれに業績を残した。

その後、長い経過があって、

別の版元から月刊『WiLL』を創刊させたが、

2016年には、ここにも「内紛」があったようで、

別の版元に移って

上記の『Hanada』を創刊させた。

b0141773_00262106.jpg

そういう経歴の花田氏が、

古巣の文藝春秋社の内紛の概略を説明している。

要するに人望のない社長が、

社員からの批判に負けて退任した

という話である。

b0141773_00260266.jpg

そういう内部事情の話よりも、

かつて愛読した『文藝春秋』や『週刊文春』が

こうも平凡な雑誌になった理由の一端が

述べられていて参考になった。

b0141773_00275309.jpg

ところで、「雑誌がおもしろくなくなる」とは

どういうことなのか。

「記事が平凡になった」とか

「通俗的ななった」とかというとき、

「平凡」や「通俗的」の定義が必要になる。

b0141773_00273036.jpg

そこへ入り込むと話が固くなるので、

ここは、あまり客観性を求めず、

平凡や通俗的の事例として

浮気など芸能界のゴシップが多い、

首相やその夫人への誹謗・中傷をいつまでも続ける、

「嫌いなタレント」や

「長寿番組」など、持続的な芸や風習を

否定的に指摘するワーストランキングなどを

あげておこう。

文藝春秋社といえば、

看板の『文藝春秋』や、

のちに創刊された『諸君!』を通じて

日本の保守の言論をリードしていた。

b0141773_00284099.jpg

硬派の男向けの記事が多く、

話題も日本、世界規模のものが少なくなかった。

筆者も、会田雄次、阿川弘之、谷沢栄一、

山本夏彦、イザヤ・ベンダサン、山本七平、

渡部昇一、西部 邁といった、リアリティのある論客が

活躍していた。

忘れられないのは、

共産主義政権時代のソビエト市民の家に

いきなり電話をかけて、

暮らしの様子などを尋ねるという企画。

すぐに電話を切る人もいたようだが、

いくらかは応じる人もいた。

これぞ編集というものだと感服した。

b0141773_00285884.jpg

版元(出版社や大学出版部、その他の発行元の総称)は、

トップの意向に従って

出版物の企画を決めていると思う人が多いが、

雑誌などでは、ほとんど編集長の意向で

内容が決まる。

ときにはフライングもあって、

編集長が責任を取らされるケースもあるが、

「ノー」といわれない限り、

すべて「イエス」と考えて前進を続ける。

したがって、

Aという編集長の雑誌が通俗化しても、

Bという編集長の書籍部門が

硬派の出版を続けるということは珍しくない。

このデコボコ感も、

その版元の健康度のバロメーターになる。

b0141773_00300128.jpg

編集カラーは編集長によって決まる。

件の文藝春秋社の「内紛」事情を読むと、

優れた編集長が育っていないらしい。

ずいぶんお世話になったこの版元のものを

定期的に読まなくなってから

20年以上はたっていると思うが、

それなりの理由はあったようだ。

いまは『Hanada』を購読している。

同時に『WiLL』という雑誌も読み続けている。

「編集カラーは編集長によって決まる」といったが、

『WiLL』と『Hanada』との関係は

特異な例ではないかと思う。

b0141773_00294996.jpg

編集長が『Hanada』に移った以上、

『WiLL』はもぬけの殻になるのかと思いきや、

花田的編集を続けているので

購読をやめる理由が見つからない。

b0141773_00235038.jpg

内部事情は知らないが、

残留した『WILL』編集長はなかなかのやり手だ。

ここで休刊になったら「やっぱりね」と

いわれること必定。

その崖っぷち状態が、

彼のモチベーションを全開させているのだろう。

b0141773_00314738.jpg

その根性について、

いつか誰かが語るだろう。

AIの進歩が著しいが、

編集もまた、

コンピューターには任せられない分野である。

b0141773_00320562.jpg
b0141773_00315514.jpg

私事ながら、小学生以来の投稿好きで、

中学、高校、大学と編集物の発行にかかわり、

結局は本業になり、

退職後も、なんらかの形で編集にかかわっている

自分の現状を振り返ると、

花田氏が80歳近くまで

商業出版のど真ん中にいるのは立派だと思う。

b0141773_00304097.jpg

編集は文学ではないし、

芸術にも区分されることもないが、

長期的に購読することになるので、

思われている以上に

人のライフスタイルやメンタリティに

影響を与える。

b0141773_00324322.jpg

雑誌(新聞も入れてもよいか)

定期購読しない人間は、

会ったこともない、見知らぬ編集長の

影響を受ける心配はないが、

同時に、そういう人間は、

ライフスタイルやセンスを持たない人間なので、

つき合っていておもしろくはない。

b0141773_00433381.jpg

b0141773_00432144.jpg

そのおもしろ味のなさといったら、

来る日も来る日も

スマホをのぞき込んでいる人間に匹敵する。

b0141773_00445935.jpg

いや、そうではなく、

雑誌も読まないくらいおもしろくない奴は

スマホ依存になるくらいしか、

生き方を知らないということである。

世の中のダメ編集長も、

つまり売れない雑誌を作り続ける編集長も、

たぶん、

雑誌を長期的に購読した経験がない連中だろう。

b0141773_00451380.jpg

b0141773_00015084.jpg

おもしろくない奴に、

おもしろい雑誌を創れ、

といっても、どだいムリな話である。

b0141773_00434987.jpg



More

by rocky-road | 2018-07-04 00:46