<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

親愛なる ホールマーク御中

b0141773_19473096.jpg
b0141773_19472036.jpg

ある人が、文房具店で「おもしろいもの見つけた」

といって、小型の横書き用便箋を持ってきてくれた。

「手書き文例たっぷりの便箋」と謳う商品である。

表紙にも文例が載っており、

表紙裏には便箋を使うときのレイアウトの「基本」、

次の1ページの表裏には手書きの文例が示してある。

ところが、

それぞれの文例とも、

すべて、相手の名が行末にきている。

b0141773_19481754.jpg

小さな会社の商品だろうと思って制作元を見たら、

グリーティングカードなどで知られるホールマークである。

しかも、監修者の名も経歴も表示してある。

自信を持って商品開発をしたのだろうが、

旧来の書式を踏襲していて、

新商品としての自負も輝きもない。

b0141773_19495894.jpg

念のためにメーカーに問い合わせたら、

何回かのやりとりののち、

こんな回答があった。

b0141773_19494142.jpg

「宛名を文末に置く形式は、

 監修者の過去の著作物においても、

 また過去に出版されたその他の著者による

 手紙の指導書・文例集の中でも、

 横書き手紙の書式として紹介されてきたもので、

 監修者・メーカーともに

 以前から存在する形式と認識しております。」

「よって、本商品は

 公文書の書式指導として意図されたものではなく、

 明確な形式の存在しない横書きの手紙において、

 敬意、感謝、親愛などがこもった誠意を

 どのような言葉に託すか、

 という点を重視して開発いたしました。」

b0141773_19505305.jpg

b0141773_19492475.jpg

この回答の注目点は、

人はピンチに立つと論点をすり変えるという傾向。

国会での大臣の答弁と同じである。

こちらは、文例の適否を指摘したのではなく、

横書きの私信の形式(レイアウト)について

問い合わせたのである。

それに対して、

b0141773_19515993.jpg

「公文書の書式指導として意図されたものではなく」

とポイントをずらし始める。

「敬意、感謝、親愛などがこもった誠意を

どのような言葉に託すか」の文例を示したものだから、

言外にレイアウトにポイントを置いていないという。

さらに「公文書の書式指導」のつもりはない、

といもいう。

「文例」をいくつもあげておいて

指導の意図はないとは、どういうこと?

b0141773_19524614.jpg

マニュアルに指導の意味がないのだとすれば、

なんのためにそんなものをつけるのか。

「指導」「参考」「文例」「デザイン例」

いろいろの言い訳はできるが、

それに惹かれて購入した利用者の99%は、

その文例に従うだろう。

実際、それを「売り」にした商品ではないか。

相手の名を行末に持ってくる形式は

確かに「以前から」存在する。

そのルーツは、

日本古来の縦書きの手紙の書式を

そのまま横にした、という点にある。

b0141773_19521351.jpg

かつての手紙マナーの専門家には、

書道家や伝統作法家の割合が多く、

したがって、横書きの手紙形式については

疎い人が少なくなかった。

b0141773_19540213.jpg

今日では、

Eメールなどでも、公私にかかわらず、

「宛名」や「件名」は上にくる形式。

それでもなお、

本文の行頭に相手の氏名を書く若い人も少なくない。

b0141773_19541335.jpg

また、欧米在住の日本人、外国人と

横書きの手紙のやりとりするときには、

欧米の書式に従って、

行頭に「dear ICHIRO」

「ディア 三郎」なんて書くのが普通。

ここで日本式を踏襲する人はまずいないだろう。

b0141773_19542228.jpg

横書きの手紙では相手の名は行頭に置く。

そのほうが敬意が示せるだろう。

便箋が何枚にもなるとき、

相手の名が最後に来るのはいかにも敬意不足。

ここが日本の縦書き手紙と、

欧米式の横書き手紙との大きな違い。

b0141773_20012774.jpg

こんなことは、

横書き手紙を何回か書けばすぐにわかること。

ホールマークは、いつごろの本をチェックしたのか。

ホールマークが

「明確な形式の存在しない横書きの手紙」

というのは正確ではなく、

だれの説というのではなく、

時代の流れとして、

形式は存在しつつある。

b0141773_20015109.jpg

「監修者の過去の著作物においても、

また過去に出版されたその他の著者による

手紙の指導書・文例集の中でも、

横書き手紙の書式として紹介されてきたもの」

という認識は残念。

過去にタイムスリップしないで、

パソコン、欧米在住の人との文章コミュニケーションの

現状をなぜ見ないのかね?

b0141773_19471129.jpg

商品開発をするときには、

将来性を考えるのが普通だが、

グリーティングカードという、

日本人には身近ではなかった

新しいコミュニケーション文化を

一般化してくれた先進的な会社でも、

こと日本のコミュニケーション文化となると

手こずるところがあるらしい。

b0141773_20024290.jpg

その原因には

会社や監修者の将来展望の狭さもあるが、

それ以上に、

日本の文章表現形式の伝統の重さ、

日本人の改革への消極性の反映がある

と見るのが妥当だろう。

b0141773_20011501.jpg

しばしば指摘することだが、

パソコンという

最新のコミュニケーション機器の普及によって、

年賀状や冠婚葬祭のあいさつ状から

句読点を省くという書式が定着してしまった。

こういうチグハグもある。

言語現象は理屈どおりにはいかないものである。

機会があれば、

ホールマークのあいさつ状の形式はどうなっているか、

見てみたいものである。

b0141773_20034977.jpg

理想的には、

文部科学省や国立国語研究所などのリーダーシップで

一般人が使ういろいろの書式を

正書法として普及することである。

それをインターネット関係者、

メディア関係者、自治体、

教育機関などに伝えられればすばらしい。

b0141773_20045216.jpg

が、そんな日を待つことなく、

またしても、1メーカーによって、

旧式の横書き書式が「指導」のつもりがないまま、

ミスリードされることになった。

b0141773_20042584.jpg

こういう商品のサイクルは知らないが、

3年や5年は、

「相手の名は行末に」という

困った横書き手紙が行き交うことを

覚悟しなければならないのだろう。

b0141773_20043522.jpg

手紙活用者は、

こうした無責任なメーカーの商品に惑わされることなく、

インターネットの中から

「これは」と思える書式を見つけるか、

版元のしっかりした、

そして発行年月が新しい「手紙の書き方」本を見つけ

それを求めて座右の書の1冊にすることである。


by rocky-road | 2018-05-30 20:06  

ホモ・サピエンスのモチベーション。

b0141773_23144912.jpg

NHKスペシャル「人類誕生」の第2集

「最強のライバルとの出会い そして別れ」を

興味深く見た(5月13日)。

20万年前に誕生したわれわれの祖先、

ホモ・サピエンスが

アフリカから中東に進出していったとき、

別種の人類ネアンデルタール人は

ユーラシア大陸へと進出していて、

そこで両者が出会った、という。

b0141773_23153091.jpg

番組のタイトルでは

ネアンデルタールを「最強のライバル」としているが、

両人種が戦った結果、

ホモ・サピエンスが勝者になって、

今日まで生存し続けている、という話ではなく、

けっきょくは一部は融合し、

今日に至っている、という話である。

b0141773_23184859.jpg

近年のゲノム研究によると、

われわれホモ・サピエンスの中にも、

10%程度、ネアンデルタールの遺伝子が入っているという。

鉄砲はもちろん、弓さえもない時代に、

一方の種が片方の種を、

地球上から絶滅させてしまう、などということはありえない。

b0141773_23161827.jpg

しかし、ネアンデルタールという種は

アフリカからユーラシア大陸へと移っていったが、

その後の展開や進化はなく、

約4万年前(つい最近)に絶滅したという。

その大きな原因は、

気候変動に見舞われて生存しにくくなった

というのが主因のようである。

「最強のライバル」というのは、

ウケを狙ったネーミングであろう。

b0141773_23173631.jpg

とはいえ、

ホモ・サピエンスとネアンデルタールの

ライフスタイルの違いが

生存条件に影響しているという説には

一理ありそうにも思えた。

番組によると、

ネアンデルタールはレスラーのような強靭な肉体に加えて

言語や信仰、装飾品などの文化を持っていたが、

比較的小単位のグループで生活していたらしく、

社会的発展に限度があった。

b0141773_23195813.jpg

それに対してホモ・サピエンスは、

ネアンデルタールに比べると華奢で

大型動物を捕食する体力がなかった。

そこで小型動物を狙うほか、

やや大きい動物に対しては

狩猟道具(弓以前。ヤリをひもで遠くへ飛ばす)を

使って遠くから狙ったという。

b0141773_23201508.jpg

くわしいことは番組に譲るとして(再放送は6月9日)、

ホモ・サピエンとネアンデルタールとの

興廃の理由の1つが

集団の大小、言い換えれば社会規模の大小にある、

という点には興味をもった。

b0141773_23215068.jpg

この6月10日(日)に横浜で

「健康論としてのモチベーション」という演題で

講話をするために、

目下、テキスト作りの真っ最中という

タイミングであることと関係があるのだろう。

b0141773_23213652.jpg

番組では、

バッファローやマンモス級の

大型動物に、10人以下のネアンデルタールが囲み、

全員同時ではなく、1人ずつヤリを打ち込むシーンを

何度か繰り返し、映した。

その勇猛果敢さがために、

逆襲されて、致命傷を負うなど、

かなりダメージを受けたとのこと。

遺跡にもその痕跡が残っているという。

b0141773_23211772.jpg

「数は力」といわれるが、

ホモ・サピエンスの大きな集団は、

コミュニケーションの発達を促し、

行動を促すモチベーションを強化する、

という効果をもたらしたと想像できる。

b0141773_23194434.jpg

みんなと協調するモチベーション、

みんなに迷惑をかけまいとするモチベーション、

人から感謝されたいと思うモチベーションなどなど、

のちにアブラハム・マズローが提起する

5段階の欲求」(生理的、安全、連帯、自尊、自己実現)

などの欲求は、20万年前には、

すでに、わが祖先たちは持ち合わせていた。

b0141773_23225880.jpg

考古学では証明しきれないだろうが、

ホモ・サピエンスとネアンデルタールとの

生存への可能性を分けたのは、

群れ行動から生まれる社会的、文化的モチベーションの

強さが大きく関係していると想像するのは楽しい。

b0141773_23231287.jpg

そういう視点で一部の「断捨離」感染を見ると、

それは、モチベーションを刺激する要素を減らして、

いわば冬ごもりをするような境地なのだろう。

しかし、それは一次的な文化現象だから、

「断捨離サピエンス」は地球から消えてなくなる、

ということにはならない。

b0141773_23232168.jpg

夢や希望、将来へのアクションプランを持たない心理状態は、

津波の前の引き潮のようなもので、

どんどん水が引いていき、

さらにさらに引いていき、

見たこともない海底の起伏までが見えるようになって、

それが終わったところから

大きな波が押し寄せてくる。

b0141773_23244703.jpg

モチベーションは生物現象だから、

引いたモチベーションを埋めるべく、

次の衝動が起こってくるはずである。

それが本人にとって、

あるいは日本国にとってプラスになるのか、

マイナスになるのかはわからないが、

自らがネアンデルタールの道を選ぶとは思えない。

b0141773_23234480.jpg

しかし、今後の20万年を予想すると、

いや200年で充分だろうが、

人口の多い国の人々が地球のあちこそに拡散していき、

それぞれの地域で融合するに違いない。

b0141773_23250747.jpg

「人口圧」も「浸透圧」もけっきょくは物理現象で、

中国人もインド人もブラジル人も1つの固まりになる。

ホモサピエンとネアンデルタールがそうであったように、

戦ってどちらかがどちらかを絶滅させる可能性は小さく、

生物現象としては

数パーセントずつ、DNAを分け合って

地球上に生存し続けることだろう。

b0141773_23260396.jpg

b0141773_23272101.jpg
b0141773_23273230.jpg
b0141773_23254535.jpg
b0141773_23264461.jpg


by rocky-road | 2018-05-22 23:27  

ゴールでんがな。2018

b0141773_20250953.jpg

2018年のゴールデンウイークは、

イベント続き。

執筆と休養と、残務整理の2日間を残して、終わる。

雨には一度も降られることはなく、

ハッピーなウイークだった。

今回は、コメントなしで、

写真レポートとしよう。

428日(土) 横浜技能文化会館、

66回 食ジム。

「健康支援者が知っておきたい

異性のライフスタイル」

前回で関連することを述べた。

b0141773_20253150.jpg

429日(日)写真教室。

恒例の写真教室、

今回は新しいコース、

お台場~浅草。

今回はコンテストを先延ばしにしてしまったが、

何人かの人の作品を見ると、

賞金のある、別のコンテストを狙ったほうが

よいと思われるものがいくつかあった。

b0141773_20255321.jpg

b0141773_20263233.jpg
b0141773_20301176.jpg
b0141773_20303113.jpg

53日(木/憲法記念日)

身だしなみセミナー。

東京銀座、「タエ アシダ」店

b0141773_20305992.jpg
b0141773_20311057.jpg
b0141773_20312959.jpg

b0141773_20321697.jpg
b0141773_20374678.jpg
b0141773_20322508.jpg
b0141773_20330464.jpg
b0141773_20332537.jpg

b0141773_20350367.jpg
b0141773_20342908.jpg
b0141773_20344668.jpg
b0141773_20371511.jpg
b0141773_20372717.jpg
b0141773_20385769.jpg
5
4日(金/みどりの日)

ぶらパルマ/撮影歩き

あしかがフラワーパーク

b0141773_20351942.jpg
b0141773_22045555.jpg
b0141773_22025815.jpg
b0141773_20401958.jpg
b0141773_20422845.jpg
b0141773_20410566.jpg
b0141773_20435336.jpg
b0141773_20414144.jpg
b0141773_20574261.jpg
b0141773_20470223.jpg
b0141773_20491568.jpg
b0141773_20484022.jpg
b0141773_20500121.jpg
b0141773_20504839.jpg
b0141773_20481978.jpg
b0141773_20545326.jpg
b0141773_20542400.jpg
b0141773_20594782.jpg
b0141773_20533474.jpg



by rocky-road | 2018-05-05 21:00  

キミの「プロ度」はバッグの中に。

b0141773_20584416.jpg
4月
28日の第66回「食ジム」では、

健康支援者が知っておきたい

 異性のライフスタイル。」

 というテーマで話し合った。

 (座長 髙橋寿江さん 横浜技能文化会館)

 (プログラムはhttps://brushup.exblog.jp/参照)

b0141773_20581772.jpg

なぜこのテーマなのか。

それは、対象者(おもにクライアント)の

ライフスタイルを想定したうえで、

健康情報を話題にしてゆくことが、

栄養士をはじめ健康支援をする人の

プロとしての基本だから。

b0141773_20524585.jpg

手相や人相や、

姓名判断などの占い系の一流ともなると

対象者が前に座った瞬間、

相手がどんな問題でここに来たかを当てるという。

「人間関係ですね」

「将来のことで悩んでいますね」

「体調がすぐれませんね」

何万人に1人くらいは、

霊感が働く占い師がいるだろうが、

多くは、いわばジャブ、

話の糸口を見つけるきっかけづくりである。

b0141773_20560970.jpg

多くの人は、人間関係や将来のことで

多かれ少なかれ問題をかかえているから

誘導されて「そうです」「それも1つです」

などと答える。

そこで相手の信頼感をぐっと引き寄せる。

もし、まったく違うことできた人の場合は、

「それは切り抜けたのですね」

5年以内に、その問題が出てきますが、

まずは、いまの悩みから解決していきましょう」と

さらりとフォローし、切り替える。

このあたりが、キャリアのある人のワザなのだろう。

b0141773_20540599.jpg

ところが栄養士の場合は、

自分の情報を伝えようという意欲満々なので、

病状を聞くやいなや、

「食事指導」を始めたがる。

相手が男性か女性か、

70歳か30歳か、

勤め人か自営業か、

戸建て住宅住まいか、マンション暮らしか、

日々の楽しみや生きがいはなにか、

などなどを確かめることなく

食事相談ができると思っている栄養士が

どれくらいの割合でいるのだろうか。

b0141773_21001595.jpg

食事はライフスタイルと密接に結びついている。

上記の事項はごく一部で、

勤め人か自営業か(もちろん業種も確認)

家族の人数などによっても、

食生活もライフスタイルも違ってくる。

今回の食ジムでは、

「男性」のライフスタイルに絞って

それを洞察する糸口をどう見つけるか、がテーマだった。

b0141773_20533458.jpg

「ライフスタイル」(life-style)については、

このページでもしばしば話題にしているが、

「生活習慣」と訳すのは誤りである。

訳すなら「人生観」や「生き方の姿勢」のほうが近い。

さらには「人生観を反映した生活習慣や生き方」

とでも意訳するほうがいい。


食ジム参加者から、

「私を困らせた男性の発言」として、

「糖尿病は病気ではない」

という意見を持つクライアントがいた、

という事例報告があった。

b0141773_21014609.jpg

それも、その人物にとっての「認識」および「価値観」である。

人は自分の信念を持って生きている。

男性の場合、その思い込みが強い傾向があり、

ときには誤りであっても、

あるいは自分の信条と異なる主張であっても、

その場の勢いで、自説を組み立てる。

「好きなものが食べられない人生なんて生きていても意味がない」

「好きな酒が飲めるなら、それで寿命が短くなってもかまわない」

などは、男性の、よくある発言。


自虐の心理、あきらめの境地は、

男性というより、「オトコ」の本能、

または日本人男性の文化であろう。

「戦(いくさ)はもはやこれまで。だれか介錯せい!」と

自刃した武将が何百人いたことだろう。


b0141773_20580230.jpg
現代は、そこまで潔い(いさぎよい)男は少ないが、

ときに食事相談の際、

自虐や拗ね(すね)を使う。

無意識的に駄々をこねて相手の関心を引きつける。

かつては「与太を飛ばす」などといった。


このとき、相手の女性はといえば、

「ダメですよ、そんなこと言っちゃぁ」

「奥様やお子さんのことも考えなくちゃぁ」

と、これまた百年一日のごとくに、定番の返しをする。

b0141773_21023706.jpg

栄養士や健康支援者は水商売ではないのだから、

男のそういう手には乗らず、

「何歳くらいで人生を終わらせるご予定ですか」

「生命保険のご準備は? がん保険とか、

病名を特定していらっしゃる?」

「いまは、ベッドの上で10年なんていうこともあるので、

寝たきりの楽しみも見つけておくとか」

カレーライスが嫌いな人に、

話し合いによって好きにさせることなど、まずできない。

相手の感受性や思想を短期間で変えさせる、

そういうムダな労力や時間は、

なるべく使わないようにしたい。

b0141773_21031770.jpg

相手との相性や話し合いの回数にもよるが、

要は、相手の話に風に吹かれる柳のごとく、

相手が望む話題に乗っかっていく。

そうしておいて、

あるタイミングで「介入」や支援のチャンスを見つける、

まさにスポーツ並みの切り替えや瞬発力が必要。

それがプロというもの。

「お相撲が好き」「将棋に夢中」なんていうクライアントは、

「カモがネギをしょって」来たようなもの。

「お相撲の楽しさって、

2つあげるとしたら、どうお答えになりますか」

b0141773_20562004.jpg

健康支援者が、

娯楽のあれこれについて基礎知識持つなんて、ムリ。

そんな「にわか対処」ではなく、

話題をつなげつつ、健康フィールドに落とし込むスキル、

これを何百回というトレーニングで身につけていくほうが早い。

「急がば回れ」である。

b0141773_20531296.jpg

b0141773_21055892.jpg
b0141773_21053372.jpg
それに並行して、

A5版サイズくらいのファイルを用意して、

そこに以下のものなどを収納しておくとよい。

  *世界の寿命ランキング表

  *日本人の死因・年次推移

  *日本人の年代別肥満割合

  *都道府県別、死亡率ランキング

  *国民健康栄養調査のポイント

  *世界の食品消費量一覧

  *最近の新聞・雑誌の記事

少しはビジュアルもあったほうがいい。

  *わが県の野菜生産量(ベスト3の写真)

  *お酒のエネルギー一覧(写真)

b0141773_21072495.jpg

これらは話題の宝庫だから、

プライベートの外出のときも、

パスボートみたいに肌身離さず携行する。

ジョギングのときも、買い物のときも、

地震で家から飛び出すときも。

b0141773_20554260.jpg

これらを入れる斜め掛けのバッグは必需品。

バッグを見れば、

一流か二流かがわかる、

そういう時代がくるかもしれない。

b0141773_20551898.jpg

少なくともとも私は、

女性を見るとき、

ルックスではなく、

バッグのサイズを見ることにしている(ホントかね?)

健康支援のプロフェッショナルとは、

そういうものではございません?

b0141773_20534532.jpg


by rocky-road | 2018-05-01 21:52