<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

求む「百寿者コーチ」

b0141773_22102152.jpg

フリーマーケットで

バッグの店を開いている女性が

とてもチャーミングなのでカメラを向けた。

Vサインが出たので何枚かを撮った。


映像を見せると、

「もっとアップはないの?」

「もちろん」と答えてアップも見せる。

すると彼女は「80歳なの」と。

1937年生まれですね」

そう念を押すと「はい」と。

ここで終わればいいのに、

私は、自分を指して「1936年」

b0141773_22104357.jpg

その場から離れて10秒後に、

自分の陳腐な対応に

がっくりきた。

「なんでそこで、自分の歳を言うのかね?」

「だから、なんだっていうの?」

と、自分を突っ込んだ。

人生100年時代に向けて、

心の準備がまるでできていないことに落胆した。

先進国の多くは、

いよいよ人生100年時代に向けて舵を切った。

当然のことながら

栄養、運動、休養対策には

真っ先に手がつけられるだろう。

しかし、ポイントはそこから先にある、

「モチベーション問題」だろう。

b0141773_22103298.jpg

人は、自分だけで生きていくほどパワフルではなく、

人から知識や行動様式を採り入れて、

それをエネルギー源にしてパワーアップする。

ここでいう「パワー」は、

栄養学がいうエネルギーではない。

「心のエネルギー」と仮に呼んでいるが、

つまりはモチベーションである。

食事摂取基準に基づいた「食の地図」が存在する以上、

それを実行している健常者にとっては、

栄養学は、もはや終わった。

次に着手しなければならないのは、

「モチベーションの地図」づくりである。

b0141773_22105714.jpg

とはいえ、モチベーションは、

人それぞれの人生の指針のようなものだから、

万人向けでやっていけるはずはない。

だからこそ、

たとえば宗教には、

いろいろの宗派ができて、

多種多様な「人生の地図」を描いているのである。

そう言ってしまっては終わりである。

食事だって、人それぞれである。

であるにもかかわらず、

世界中、どこのだれもが

自在に活用できる「食の地図」を編み出したではないか。

モチベーションの地図だって、

その気になれば、かならずできる、

そう信じて作成に着手すべきである。

b0141773_22122186.jpg

「モチベーションの4群点数法」

*1日3回、定刻に食事をとること。

*1日1回5分以上、人とコトバを交わすこと。

*1日に1回30分以上、屋外を歩くか走るかすること。

*1日に10分以上、新聞や雑誌を読むこと。

などとやっていくと、

モチベーション源に限っては

とても4つくらいには、

カテゴライズすることはできないとわかる。

b0141773_22115436.jpg

しかし、食品のグループ分けも、

かつては1030という時代もあった。

人間のカテゴライズ力は進歩するから、

4つはムリとしても、

107つか、

そのくらいまでは絞ることはできるだろう。

b0141773_22121295.jpg

個人レベルでは、

まず内的環境(思考法や人体生理)を変えること。

年齢ではなく、

活力、モチベーションの高さにおいての

モデルを見つけること。

理想的には、

100歳で元気いっぱいの人を見つけることだが、

そういう人はザラにはいないから、

とりあえずは、自分より2030年長の人の

元気度をとり入れる。

b0141773_22133180.jpg

モデルを見つけることも才能の1つ。

ダメな奴は、人から学ぼうとしない。

人を尊敬することを知らない。

こういうタイプは

1人分こっきりのモチベーションしかもてず、

1人分こっきりの人生を生きて

心のエネルギーを失う。

(病気や事故は別として)

b0141773_22483060.jpg

環境の一部としての役割は、

高齢者を見て、

「お元気ですね、お歳は?」

「長生きの秘訣はなんですか」などと

おだてるようなことは言わない。

うぬぼれた高齢者をつくらないためには、

「90歳」と、誇らしげに言う人にも、

「今年のご予定は?」

「私たちのグループに参加されませんか」と、

20歳の人に言うのと同じように言う。

(ちょっとかわいそうかな?)

b0141773_22134333.jpg

かつては、子どもが乗り物に乗ってくると、

席を譲ってやった時代がある。

が、足腰を鍛えるためには、

子どもは立たせておくほうがいい、

という考え方から、

子どもには、あえて席を譲らなくなった。

b0141773_22141727.jpg

であるならば、

少なくとも1人で

乗り物を利用できるような高齢者には、

あえて席は譲らない。

愛のムチである。

強い視線で「さあ譲れ!

みたいな訴えをしている高齢者には、

鼻毛でも抜きつつ無視する。

b0141773_22142657.jpg

これが冷たい社会をつくるのか、

愛のある社会なのかは、

コンセンサスが必要になるだろう。

いずれにしろ、

人生100年時代を本当に迎えるのなら、

110歳を目指さないと

目標達成はできないことは、

スポーツの試合を見ればわかる。

b0141773_22143719.jpg

元気な100歳を目指すには、

自分の中で

そうとうのイメージトレーニングが必要になる。

遠からず、「百寿者コーチ」という職業が

生まれることだろう。


いうまでもないが、

b0141773_22155728.jpg

「百寿者コーチ」の資格は

100歳以上である必要はない。

タイガーウッズやイチローのコーチが、

かれらより

ゴルフや野球がうまいわけではなかったように。

b0141773_22160957.jpg
b0141773_22154539.jpg

そのコーチは、真っ先に言うだろう。

「100歳生きるのは結果ですよ。

きょう、楽しく、有意義に生きること、

それの36,500日分が、

あなたの人生ですよ」

b0141773_22153537.jpg


by rocky-road | 2018-03-16 22:27  

食は薬ではない。食生活を見よ。

b0141773_23262418.jpg

愛読しているオピニオン誌(一般には総合誌という)で

三流の栄養学論の連載が始まったのにはがっかりした。

b0141773_23264087.jpg

天下国家を論ずる硬派の雑誌でも、

こと健康、こと食事の話となると、

がたんとレベルが下がって、

30年、40年前の、

かなり怪しい情報を「いかにも」という風で

記事にしたりする。

男性向け雑誌に共通する傾向である。

b0141773_23274617.jpg

それはつまり、

編集者を含め、日本の男性の(いや、世界かな?)

「ヘルスリテラシー」(ここでは健康常識としておこう)の

低さを反映したものだろう。

連載のタイトルが

「大切なのは病気にならないこと」

というのが笑える。

そんなこと、当たり前過ぎるし、

そんな料簡で生きている奴は、

病気になる前に、

モチベーション不足で健康寿命を縮める。

病気にならないための人生、

健康を保つための人生を送っている健常者が

地球上にいるのだろうか。

b0141773_23280498.jpg

豊川裕之先生(元東大衛生学部教授、2015年他界)が、

「健康は人生の目的ではなく手段だ」と

指摘されたのは1980年代である。

なにをいまさら、「病気にならないこと」だ。

いつも切れ味の鋭い編集者が、

こんなにひねりのないタイトルをつけるとは!!

ここに日本男性の

ヘルスリテラシーの幼稚さが象徴的に現われている。


さて、その連載の内容、

アルツハイマー症を防ぐ食事法があるそうで、

それを、例によって1回量を示すことなく、

「全粒穀物を1日3回以上」

「緑黄色野菜を週に6回以上」

「ベリー類を週に2回以上」

などとやっている。

b0141773_23292610.jpg


アメリカのある大学の

アルツハイマー医療センターが行なったという

研究報告の紹介である。

1970年代に話題になった「地中海食」を

発展させたような食事内容。

栄養学の基礎ができていない、

センスの悪い研究者や医師は、

センスの悪い研究を見つけてくるものだ、

と苦笑せずにはいられない。

b0141773_23284747.jpg

この手の研究者や医師は、

生活習慣病や生命維持の要因を、

ひたすら食事および食品含有の

微量成分に求めたがる。

医薬品に頼る商売からくるクセだろう。

b0141773_23285785.jpg

「病気を見て、病人を診ない」といわれるように、

人をしっかり見ていない医者は、

人のライフスタイルに興味がないし、

それを分析する能力も育っていない。

酒を2日に1合飲む人、

コーヒーを11~3杯飲む人に

生活習慣病のリスクが少ない、

というテータを発表した当人が、

その要因を

酒やコーヒーの成分に求めようとする。

ライフスタイルについての洞察力があれば、

酒を2日に1合飲む人のライフスタイル、

コーヒーを1日1~3杯飲む人のライフスタイルも

調査したはずである。

b0141773_23291692.jpg

ちょっと考えるだけでも、

その程度の習慣がある人のライフスタイルは、

適度にくつろぎがあり、

適度にコミュニケーションがあり、

おそらく、比較的よい人間関係の中にいる、

といった可能性が浮かんでくる。

b0141773_23293910.jpg

文化人類学や民族学、

動物行動学の研究者は、

フィールドワークを得意とする。

いや、フィールドワークのない研究など、

エビデンス(証拠、根拠)のない研究同様、

一人前とはみなさないだろう。

b0141773_23305372.jpg
b0141773_23302940.jpg

疫学調査とは、

魚群に投網をかけるようなもので、

イワシの群れの中にアジやエビ、

ときにプラスチック容器が入ってしまっても、

細かいことはいっていられない。

ある意味、荒っぽい研究手法である。

b0141773_23321916.jpg

しかし、

人間の病気や健康の原因を調べようと思ったら、

数は少なくても、

個体に密着して、

摂取食品だけでなく、

せめて食生活くらいは見てほしい。

食事時刻、食事はだれが作るのか、

同席するのはだれか(朝は 昼は 夕は)、

外食の頻度などなど。


この点でも、

日本には国民健康栄養調査という

世界に誇る大調査があるのだから、

ちらっとでも、

そういうものにも目を向けてほしい。

b0141773_23313282.jpg

ライフスタイルにまで広げるなら、

就寝時刻、起床時刻、通勤距離、

コミュニケーションの頻度、

友人との関係、音楽の好み、

休日の過ごし方などなどを

記録する必要がある。

ライフスタイルを調べるのは、

容易ではない。

少なくとも2週間くらい、

同じ屋根の下で居住し、

一挙手一投足を観察しなければならない。

b0141773_23314391.jpg

そんなことはできっこない、と

あきらめたくはない。

いろいろの測定器があるし、

まさにロボットやAIの出番ではないか。

まだ、その段階ではないならば、

断片的にしろ、

すでにあるライフスタイルの研究を参考にしてほしい。

レスター・ブレスローの

『7つの健康習慣』くらいには、

目を通しておく必要があるだろう。

b0141773_23345439.jpg

このほかにも、国民生活時間調査や

レジャー白書など、

参考にできる調査は少なくない。

が、ヘルスリテラシーの低い人間は、

基礎栄養学も学んでいないままに、

いや、学んでいないからこそ、

食品の成分へ成分へと入って行って、

「全粒穀物が効く」「ベリーが効く」

とやってしまう。

そのほうが楽だから。

デスクワークだけですむから。

b0141773_23334841.jpg

1日に、何を、どれだけ食べればよいか、

という1日単位の摂取基準の存在さえ

知らないままに、

いや、ここもまた、知らないからこそ、

「くすり効果」に期待する。

楽といえば、楽である。

日本のマスメディアのレベルは、

まだ、このあたりでさまよっている。

研究者や健康支援者が一定の見識を持っていても、

マスメディア関係者のレベルが低いので、

「安値安定」の状態が、

今後も10年、20年と続くだろう。

b0141773_23340229.jpg

が、この責任は

編集者にあるのではなく、

自分の信ずる情報を

信念をもって提供しない研究者や健康支援者にある。

ひょっとして、

医師は、被害者グループに入るのかもしれない。

かれらを甘やかしているのはだれか。

責任者の筆頭に栄養士をあげられても、

しかたがないかもしれない。

栄養士よ、表現力を磨け、

本を書け、雑誌に連載をせよ。

b0141773_23331955.jpg


by rocky-road | 2018-03-03 23:58