<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

谷口佳津子さんは、かく語った。

b0141773_16384381.jpg

これまでいただいたメールの中から、

いくつかを選んで掲げておこう。

b0141773_16430600.jpg

写真は、一部、≪コミ研 ひろしま≫の

長谷 泉さんご提供のものも含む。

b0141773_16440363.jpg

【2015年1月5日】

明けましておめでとうございます。

 

本年も楽しみながら、挑戦できる

1年にしたいと考えております。

b0141773_16445378.jpg

ご報告が、1つございます。

「能登教室 第4回」について

石川県栄養士会のホームページにて

報告をさせていただきました。

学んだことを、形にすることで

練習をしていかなくてはと思い

初めて参加しました。

今後も、継続して報告していきたいと

思います。

b0141773_16444117.jpg

【2015年1月16日】

◆講義内容

サイコー♪

能登でこんな、いいんですか?

うれし~ぃ♪

b0141773_16433402.jpg

ジックリ、1日1本賛成です!!!

またまたモチベーションヒートアップです!!!

感謝、感謝の大嵐!!!!

両方の宿題に精を出します!

b0141773_16594558.jpg

先生、インフルエンザに、ご注意です!

ノロウィルスに、ご注意です! 

b0141773_16421501.jpg

極めつけは、ノトウィルス!

かなり感染力が強く

これに感染すると、

能登に出かけずにはいられなくなる、厄介なウィルスです。

特効薬は、定期的に能登に来ること!

それも、かなりの期間!!!!

御覚悟のほどを!!!

b0141773_16420430.jpg

【2015年2月10日】

みやこより

  ロッキー怒涛 

     寄す能登辺

       (タニ―) 

b0141773_16471584.jpg

【2016年1月16日】

雪はあっという間に消えてしまい、

少し物足りない冬です。

b0141773_16441893.jpg

「食ジム」

ありがとうございます。

先生は連続講義で、お疲れではなかったのでしょうか?

b0141773_16481945.jpg

1日目、2日目と参加できずとても残念でした。

食ジムでは、タイミングよく的確に話す、
むずかしさを感じています。

あとからあとから、
消え入りたい恥ずかしさがこみ上げたり、深く考えたり

いろいろと思考が深まります。

【16年5月2日】

失礼しました!!!!

変換がおかしなことになっていて

うかつにやっちまったー!!!

今後、注意いたします。

◆ボケボケ!!

 のどかな自然ボケですかね???

b0141773_16424428.jpg

◆参加者

 日本語でご講義との事。感謝感謝♪

 こちとら、能登弁しか話せーね~♪

b0141773_16595643.jpg

◆カラオケ

 ラジャー!!!

 リサーチします♪

 コスチュームも揃えねば・・・・・♪

b0141773_16505214.jpg

◆大桟橋のかつての栄光

 あ~ぁ、やはり、あれはまぐれ!

 めったにない神様のプレゼントだったのだ……。

b0141773_16422597.jpg

たけのこご飯の食べすぎで

お肌ガサガサ、お腹ボテボテ……の谷口佳津子でした。

【2017年1月12日】

年明けから、諸事情で冬眠していました。
(恒例の検査冬眠です)

遅ればせながら、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

b0141773_16465331.jpg

◆新春セミナー

 熱い思いの先生のご講義、

多くの参加のみなさまの熱気が、ブログからも感じられます。

みなさま華やかなお召し物で、お正月らしいですね。

着物人口の増加♪ 嬉しいです♪

b0141773_16561599.jpg

【2017年1月13日】

おはようございます。

今夜あたりから雪のようですが・・・・。

道路の中央から噴き出している融雪装置の水しぶきが

雪の無い道路に、むなしく流れています。

◆女子栄養大学のセミナー

 影山先生のスケジュールに公開されていました。

 申し込んでみます。

b0141773_16563701.jpg

◆広島教室

 長谷さんから承諾は、いただいています。

 よろしくお願いします。

◆今年の予定

 取り組みたいこと満載!!

 とりあえず68個あげました。

【2017年4月10日】

能登娘は、こぞって純朴なのです。

b0141773_16503848.jpg

がっかりさせないで下さい。

舞台裏がばれないように、

上手に、だまして下さい。

 

b0141773_16502474.jpg
b0141773_11223237.jpg
b0141773_11225628.jpg
b0141773_11233253.jpg
b0141773_11231995.jpg

        

by rocky-road | 2018-02-19 17:03  

谷口佳津子さんの想い出映像。

b0141773_23164378.jpg

b0141773_22575036.jpg
石川県能登在住の管理栄養士
谷口佳津子さんが急逝されたという。
還暦前のご逝去である。
12日に通夜、
13日に地元でご葬儀があったと聞いた。
詳細は耳にしていないが、
楽しいおつき合いができたと、
感謝をしている。

b0141773_22560542.jpg

石川県の美しいところを
ずいぶん案内していただいた。

b0141773_22532951.jpg

影山なお子さんとのご縁で、
2011年、パルマローザの合宿から
交流が始まった。

b0141773_22531855.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室を
年3回のペースで
定期的に行なうことになった。
昨年は、スケジュールの行き違いがあって、
3月のみの開催になってしまった。

b0141773_22534441.jpg

これまでに撮った写真のいくつかを掲げて
谷口さんを偲びたい。
b0141773_22555247.jpg

b0141773_22565389.jpg
b0141773_22524071.jpg
b0141773_22544498.jpg
b0141773_22550202.jpg
b0141773_22542270.jpg
b0141773_23030957.jpg
b0141773_23024966.jpg
b0141773_22522966.jpg

b0141773_22525901.jpg

b0141773_22551456.jpg

b0141773_22540941.jpg
b0141773_23225604.jpg

 先日のブログ写真に加えたい写真が

 次々に出てくるので、追加することにした。

 井出哲哉氏から送られてきたものも加える。

b0141773_13053358.jpg
b0141773_13094804.jpg
b0141773_13051143.jpg
b0141773_13052228.jpg
b0141773_13062700.jpg
b0141773_13073618.jpg
b0141773_13115169.jpg
b0141773_13081628.jpg
b0141773_13074651.jpg
b0141773_13082600.jpg
b0141773_13125993.jpg
b0141773_13055259.jpg
b0141773_13045177.jpg


by rocky-road | 2018-02-13 23:04  

栄養士、健康支援者の「ダイバーシティ(diversity)」(多様性)

b0141773_22311802.jpg

2018年のセミナー開きは、

1月8日のパルマローザ新春セミナーでの、

「社会的ポジションを左右する文章表現力、

どこを、どう見直せばよいのか。」

であった。(横浜市技能文化会館)

b0141773_22313493.jpg
b0141773_22310342.jpg

そして、≪コミ研 ひろしま≫での

シリーズセミナーでは

「栄養士としての『ライフデザイン』を

どう描くか。」をテーマとした。

(三原市市民福祉会館)

b0141773_22314938.jpg

どちらも、従来の栄養士の守備範囲からは

かなり離れたテーマであることを

意識しつつ、演題を決めた。

さらにいえば、

現在、出版を急いで執筆中の書物も、

栄養士のライフデザインを考えるものである。

b0141773_22330820.jpg

かつて、読売ジャイアンツの長嶋茂雄選手は、

守備範囲を誇るプレイヤーでもあった。

三塁手でありながら、

二塁手の守備範囲にまでは入っていって捕球したりした。

b0141773_22332846.jpg

ご本人の述懐によれば、

フライになった打球はおもしろくなく、

捕れそうもないむずかしいボールを

飛びついて捕球し、一塁に投球する、

その一連のパフォーマンスに

美学を感じていた。

b0141773_22342952.jpg

草野球ながら、

自分も、打順、背番号ともに「3番」だったので、

その爽快感はよくわかる。

b0141773_22365044.jpg

さて、栄養士の場合は、

スタンドプレーとして

守備範囲を広げようとしているわけではなく、

健康支援の必要から、

広げざるを得ない、という時代へと

移ってきている、というのが現状である。

b0141773_22345201.jpg

たとえば、百寿者の研究では、

栄養、運動、休養以外に

家族関係、人間関係(さらに異性関係)、

趣味や余暇などに関するエビデンスを得ようとしている。

b0141773_22363801.jpg

また、飲酒の習慣、コーヒーを飲む習慣の効用まで、

万単位の被験者によるデータから検証している。

もっとも、酒とコーヒーについては、

研究者自身、やや含有成分に要因を求めすぎる傾向がある。

生活習慣に着目するアイディアも技法も未熟なため、

微量成分のほうに引っ張られがちである。

b0141773_22372464.jpg

栄養、運動、休養の「健康の3大要素」は、

人生50年の時代の提言であって、

人生100年時代には、

これに

ストレスコントロール、よい人間関係、生きがい

を加えて「6大要素」と考えるべきことは、

10年以上前から提案しているが、

これからの研究テーマは、

後半の3大要素に中心が移っていくはずである。

b0141773_22374172.jpg

健康支援者としても、

職業としての現代的意味を失わないためには、

守備範囲を広くする必要がある。

自分の守備範囲を堅持しつつ、

少し遠くに見えるボールも追ってみる。

栄養士、健康支援者よ、

「長嶋茂雄に学べ」は、

人生100年時代に適応するための提言である。

あたかも

食コーチング ブラッシュアップセミナー」でも、

「『私らしさ』をデザインする。」をテーマにしていた。

(2018年2月4日 横浜市体育館併設平沼レストハウス)

b0141773_00533148.jpg

b0141773_22394672.jpg

ここにはゲストとして参加したが、

ここでは「健康のカタチ」としての身だしなみ、

食べ方、歩き方をレッスンしていた。

b0141773_22392111.jpg

まさか、栄養士の歩き方についてまで

アドバイスを求められるとは思っていなかったが、

ファッションモデルとしてのそれではなく、

健康支援者としての歩き方ということであれば、

気がつくことはある。

b0141773_22405810.jpg
b0141773_00532184.jpg

以前、栄養士のためのカウンセリング講座を開いたとき

(『栄養と料理』時代)、

講師にお願いした心理カウンセラーの話が、

かならずしも栄養士の求めているものではない

ということを感じた。

それぞれに合うようにカスタマイズする必要がある。

b0141773_22464056.jpg
b0141773_00534371.jpg

これは歩き方にもいえるはずで、

不特定多数の人向けの歩き方レッスンと、

健康支援者にふさわしい歩き方レッスンとは、

違いがあるのが当然である。

「栄養士らしい歩き方」とは、なにか。

ここにもテーマがありそうだ。

b0141773_22471261.jpg

いうまでもないが、

守備範囲の広さは、

現ポジションの守りの手を抜くことではない。

栄養士の基本の1つ、

食事における「栄養バランス」とはなにかを

これはこれで、

もっと練っておかないといけない。

b0141773_22475913.jpg

2月12日には、昨年から5回シリーズで続けてきた

「四群点数法」の活用法を考える

セミナーの最終回を迎える。

b0141773_22385028.jpg
b0141773_22383966.jpg
b0141773_22383051.jpg
b0141773_22422311.jpg
b0141773_22390332.jpg

その前日の「食ジム」第64回のテーマは、

5年後、10年後をどう考えているか。」である。

b0141773_22391204.jpg
b0141773_22432122.jpg

こうした多様性(ダイバーシティ)こそが、

5年後、10年後の栄養士に求められる

適応力であり、生命力であろう。

b0141773_22572147.jpg


by rocky-road | 2018-02-05 22:48