<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

情報を遠くに飛ばす。

b0141773_22353092.jpg

先日、NHKテレビの「趣味どき」という番組で、

カラオケレッスンをやっていた。

磯野貴理子さんが、音楽プロデューサーと、

2人の歌手からレッスンを受ける内容。

b0141773_22342774.jpg

このとき、プロデューサーが

「声がのびない」という指摘をし、

その理由として、

貴理子さんの目線より、

やや下にある歌詞ボードを見るために、

声がすぼまってしまう、と。

b0141773_22413140.jpg

この場面をたまたま見ていて、

これは人との話し合いにおいてもいえることだと、

大いに納得した。

ミーティングやスピーチで発言するとき、

声が小さくて聞きとりにくい人がいる。

b0141773_22394506.jpg

自分が難聴になったがために、

改めてそういう人の存在を意識するようになった。

しかし、彼らに「難聴者にもわかるように」と

注文するつもりはない。

そうではなくて、

内容のしっかりした話なら、

わかりやすい発音で、

コトバを1ミリでも遠くに飛ばすほうがいい。

b0141773_22403345.jpg

カラオケと同様、

目線が下に行っていると、

声がのびない。

コトバは、姿勢や表情、視線によって、

より遠くにまで達する、

そういうことを言いたい。

野球のピッチャーに対して、

「よく腕が振れている」

という解説者の指摘があるが、

こういうピッチャーのボールは

速いだけでなくのびがある。

変化球も大きくて効果的。

b0141773_22405452.jpg

コトバも、姿勢や表情、視線を使って投げると、

よくのびる。

相手に届きやすくなるだけでなく、

内容もよくなる。

b0141773_22423346.jpg

声が小さい人の話は、

とかく内容がうすい場合がある。

これを科学的に分析することができるのか。

b0141773_22445268.jpg

仮説としては、

声が小さいと、

相手への音響的刺激が小さく、

相手の反応も小さくなりやすい。

b0141773_22451466.jpg

同意にしろ反論にしろ、

音響刺激の大小に比例して、

内容の深まり方が違ってくる。

はっきり聞こえる声に対しては、

相手も気合を入れて反応する。

意見交換や議論が熱を帯び、

深まる度合いは高い。

本人も、その反応に満足するので、

表情に活気が出るし、声にハリやツヤも出る。

もちろん、話題の展開の仕方も慣れてくる。

b0141773_22404401.jpg

この仮説に一理があるなら、

声の小さい人は、

カラオケボックスか山の奥で

発声練習、発話練習をして、

発話力を鍛えるのもいい。

b0141773_22492875.jpg

人間関係がよくなるのは当然として、

思考力も深まる。

モノを書く人と、書かない人とでは

論理性に違いが出るのと同様、

声の大きい人(つまりはフツ―の人)は

自分の発言内容への認知度も上がるので、

やはり認知能力アップにプラスになる。

b0141773_22591850.jpg

さて、

ここから本題。

恒例のパルマローザ・ブラッシュアップセミナーでは、

「社会的ポジションを左右する文章表現力、

どこを、どう見直せばよいのか。」

サブタイトル「メール、ハガキから原稿まで」

をお話しした。

201818日 横浜市技能文化会館)

b0141773_22494791.jpg

文章力は、

声よりもさらに遠くへ情報を飛ばすスキルである。

空間的な「遠く」だけではなく、

時間的な「遠く」をも含む。

つまり、1年後、10年後にまで飛ばすことができる。

b0141773_22503069.jpg

さらにまた、

頭脳空間における「遠く」にまでも

情報を飛ばすことができる。

脳は、自分の目の上にあるではないか。

どこが「遠いのか」。

b0141773_22521602.jpg

いやいや

脳の世界は時空を超える。

そこには祖先以来の記憶があり、

5年後、10年後の未来がある。

トランプ政権のアメリカが見えるし

朝鮮半島の政治情勢が見える。

b0141773_22534250.jpg

いま、書いていなくても、

日記を書く習慣を持っている人には、

書かない人が見落としているものも見える。

取材モードのスイッチが入っているからである。

b0141773_22594951.jpg

健康支援者、栄養士は、

ますます情報を遠くに飛ばす機会が増えてくる。

11のカウンセリングにとどまらず、

複数の人に対しての講話や講演、

イベントの司会などのほか、

Eメールやメールマガジン、

そして印刷媒体による情報発信などによって

健康情報、食生活情報を

遠くに飛ばす必要に迫られている。

b0141773_23010278.jpg

つまり健康・食生活情報を

遠くに飛ばす基本スキルを強化しないと、

はるかに後発のドクターに、

この分野を奪われる可能性がある。

彼らは、

栄養士よりも情報を遠くに飛ばすトレーニングが

できている、ということである。

b0141773_23014561.jpg

b0141773_23021102.jpg
b0141773_23013368.jpg
b0141773_23130057.jpg

もっとも、

中身の食や栄養情報はうすいので、

投げるボールがすぐになくなるはず。

したがって、社会への影響力は一過的で済むだろう。

b0141773_23030718.jpg

ところで、

以上のセミナーの前日、

食コーチングプログラムス主催の

「食ジム」(第63回)では、

会議の議長、進行になったら」というテーマで

終日、話し合った。

201817日 横浜開港記念会館

座長、奥村花子)

b0141773_22345309.jpg

これもまた、

情報を練りあげ、

それを複数の人たちに

投げかけるスキルのトレーニングである。

健康支援者、栄養士の「遠投力」強化は、

継続的に続ける必要があるだろう。

b0141773_23024252.jpg

b0141773_22354051.jpg


[PR]

by rocky-road | 2018-01-15 23:14  

健康って「病」なの?

b0141773_20080330.jpg

健康支援者、栄養士にとって、

なかなか刺激的な本が出たようである。

といって、この本のすすめではないから、

そこをしっかり頭に入れて、

以下を読んでいただきたい。

b0141773_20093018.jpg

この本を読んではいないので、

内容について紹介も論評もできない。

が、広告によると、

「健康」という「病」があるという。

こういう言い回しは

昔からあるから、さほど驚くことでもない。

「健康のためなら死んでもいい」

というジョークはおなじみだ。

b0141773_20111562.jpg

新聞広告によれば、

「健康を過度に気遣うことは、

深刻な病気である」という。

「病気」の定義はむずかしいが、

この文脈からすると、

いわば「依存症」の指摘だろう。

b0141773_20112542.jpg

スマホやギャンブル、

ショッピングもおしゃれも、

読書も学問も創作も、

旅行も友情も信仰も、

断捨離も孤独愛好も、

頻度や熱意によっては「ビョーキ」と見られる。

よくある視点である。

b0141773_20114168.jpg

しかし、

ここでいう「ビョーキ」は、

モチベーションというコトバに

置き換えることもできる。

b0141773_20100441.jpg

ベストセラー作家でもなく、

著名人でもないフツ―の人は、

著名人から見れば

ちっぽけなことに

こだわって生きているように見える。

b0141773_20095061.jpg

が、そういう「ちっぽけ」なことが、

本人にとってはモチベーションになる。

11万歩、歩くこと、

朝起きたら神棚に向けて手を合わすこと、

朝起きたら、蒸留水をコップ1杯飲むこと、

13回、定刻に食事をすること、

月に1度、自転車で神社巡りをすること、

などなどが生きがいとなって、

その人の人生を支え、

前からは引っ張っている。

b0141773_20140677.jpg

黙っていても原稿依頼が来たり、

電波媒体から出演依頼が来たりする人とは、

モチベーションはおおいに違う。

b0141773_20163785.jpg

この作家は、

「孤独」や「ただ生きていくだけ」

「なにかにとらわれない生き方」

などをテーマにするのが好きな人だが、

実際には、退屈したり、

孤独を楽しんだりしているヒマは

ないはずであり、

あまたの依頼に応じることができているがゆえに、

きわめて健康である。


健康法などを実践するヒマは、

もちろん、ない!!!

b0141773_20170539.jpg

こういう本は、

あくまでも文系のエッセイであって、

Howe-to本」(実用書)ではないし、

エビデンスをベースにした論文でもない。

以前、この作家は、

『人生の目的』という本を出したことがあるが、

その中では、

いろいろなエピソードの紹介ののち、

巻末間際になって

「人生の目的とは、人生の目的を探ることである」

というようなことが書いていた。

b0141773_20211514.jpg

「ダァー」とコケてはいけない。

結論がない、と訴えてもいけない。

この本も、マニュアルではないし、

梅干しの漬け方の解説書でもない。

それが文学というものである。

筆者の語り口を楽しむのがおもな目的、

文学的エッセイの1パターンである。

したがって、

『健康という病』という本も、

軽~く、流して読めばいい。

本人も、流して書いているのだから。

この本を読んで、自分の健康法を疑ったり、

健康法をやめてしまったりする人が

いくらかは出るかもしれないが、

いずれ別のモチベーションを見つけるだろう。

b0141773_20205388.jpg

これまでの健康法をやめたことで、

寿命を縮めたり、

病気を発症したりすることがないように

祈るしかない。

とばっちりを受けるであろう

栄養士や健康支援者としては、

こういう本が、

またしても出たことは知っておく意味はある。

その新聞広告には、

目次の一部が紹介されていて、

そこには「医学界も栄養学界もぜひ論争を」

などとある。

b0141773_20244629.jpg

少なくとも栄養学界の一部は、

健康が人生の目的ではないことを前提にして

対象者の支援を行なっているはずだし、

そもそも「健康とは何か」について、

それなりの定義を持っている。

その定義によれば、

ヘレンケラーも、

「五体不満足」と自ら宣言した人も、

ぴったり健康であり、

幸福である。

b0141773_20510605.jpg

目次には

「完全な健康などない」という項目もあるが、

このあたりも、

一部の健康支援者はクリアしている。

b0141773_20262199.jpg

が、食事相談などの場面では、

「ある作家が食事は13回と決めることはない」とか、

「私は運動量が減っているので

11回でもお腹がすかない」とかと

言っているけれど、本当ですか、

などと問われる可能性がある。

そんな場面を想定して、

この本を読んでおいたほうがいいのか。

いやいや、

その答えをこの本に求めるのはお門違いである。

b0141773_20282833.jpg

やはりここは、

食コーチング的に問いかけてみよう。

「その本を、どうしてお求めになったのですか」

「あなた自身は、お食事は1日何回ですか」

「なぜ、そのようになさるのですか」

個人との対面セッションでは、

健康も幸福も、

一般論では論じられない。

それらは、個々人のライフスタイルの中にある。

それをクライアントといっしょに

その糸口を見つけ出すことが、

健康を支える第1歩である。

b0141773_21045094.jpg

まさかその本には、

「健康は求めてはいけない」とか、

「人のサポートを受けてはいけない」とかとは、

書いてはいないだろう。

(書きたいだろうが)

教訓として、

次のことを学んでおこう。

b0141773_20512366.jpg

1.仕事に恵まれていたり、

 仕事で実績をあげていたりした人が、

 健康を気にするな、

 自分は不健康だ、

 友だちは減らせ、持ち物を減らせ、

 などと論ずる場合、

 それは一般論ではない、ということを

 認識しておくこと。

 あくまでも成功者のパフォーマンスである。

b0141773_20503915.jpg

2.自分が偉くなったとき、

 そういう姿勢で論じることがないように自戒しよう。

 かつて、大学教授が

 「管理栄養士の資格なんかとらなくてもいい」

 と講義中に言ったり、

 ウーマンリブのリーダーが

 「女は結婚だけが人生の選び方ではない」

 といったりしたために、

 それに従った人が、

 のちにずいぶん苦労した例をいくつか見ている。

b0141773_20505052.jpg

最後に、この本の広告の名誉のために

次のことは指摘しておこう。

広告面の一部に、

次の1行があった。

「ヘルスリテラシーのすすめ」

「リテラシー」を、

「適切な理解力」とでも訳すか。

そのリテラシーによって、

この広告から本の内容を洞察することは

さっそくにヘルスリテラシーアップの

トレーニングになる。

b0141773_20280086.jpg

[PR]

by rocky-road | 2018-01-01 20:17