<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

コーディネート力は生物の「適応力」。

b0141773_16042581.jpg

12月は、毎月のクラスのほかに、

10日には「栄養バランス 四群点数法」シリーズ

3回目の講義、

16日は、食コーチング入門コース第22期修了日での講話、

17日は、第62回 食ジム「講話力--私の場合。」に出席、

23日は、第37回、遠距離クラスでの講義、

そしてクリスマスイブの24日は、

「ぶらパルマ」のガイドとしてのお台場~銀座歩きなど、

セミナーやイベントが続いた。

b0141773_16054332.jpg

これらのイベントの意義を

1つのキーワードで説明すれば、

「ヘルスプロモーション」のための

感性磨きと、スキルアップということになるだろう。

b0141773_16035321.jpg

「人々が自らの健康をコントロールし、

改善できるようにするプロセスである」という

WHOのオタワ宣言に従うならば、

その基本スキルとして

コミュニケーション力強化は欠かせない。

どんなにすぐれた知識や技術も、

それを運ぶコミュニケーション力がなければ、

プロモートしようがない。

b0141773_16072005.jpg

ときあたかも、

NHKラジオでは、

「冬休み 子ども科学電話相談」放送シーズン。

小学生低学年生からの質問に、

その道の専門家がタジタジとなっている。

まさしく、1つの情報をうまく伝えられない。

b0141773_16033454.jpg

「水槽の中で、金魚は死ぬと沈むのに、

メダカは浮いてしまう、それはなぜか」

を説明するのに「比重」や「機能」

というコトバが出てきて、

回答者自身がもがいている。

b0141773_16081748.jpg

「キリンには、ほかの動物には見られない

2本の角があるのはなぜか」

を説明するのに、

うまくコトバが出てこない。

少なくとも研究者はここでは「先生」なのだが、

「おじさんは、おじさんは」と

繰り返す。

b0141773_16090998.jpg

子どもと対話する国語を持っていない。

子育て時期が終わって久しいので

子どもとのコミュニケーション法を

忘れてしまったというのではなく、

もともと、そういうトレーニングを

してこなかったことがわかる。

b0141773_16093036.jpg

こういう実状に直面すると、

健康支援者、栄養士の場合はどうだろうか

と思わざるを得ない。

「栄養バランスってなんですか」と、

子どもではなく、

街行く大人に尋ねられると、

立ちすくむ専門家が多いのではないか。

b0141773_16105285.jpg

しかし、10日の「食ジム」での

座長の見事な司会・進行ぶりを見ると、

一部ではあるが、専門的な知識を、

専門外の人に伝えるコミュニケーション力が、

ついているのを実感して安堵する。

b0141773_16113790.jpg

健康支援者の講話や講演のあり方について

話し合ったのだが、

座長(米澤須美さん)の司会ぶりを見て、

日本中の健康支援者が

こんな司会・進行ができるようになったら、

国民の健康意識は、

数段階は駆けあがることになるだろう、

と思った。

b0141773_16153360.jpg

人工頭脳が人間の領分を侵す可能性が

しばしば話題になるようになったが、

集団思考の方式や、

そこから生まれるアイディアは、

永遠に人間の領分であり続けるだろう。

b0141773_16155926.jpg

遠距離クラスでは、

「コーディネート力 強化のための方向性。」

をとりあげた。

「文章教室」としては

「思えば遠くへ来たもの」だが、

文章も表現も

人とのコミュニケーションのためにあり、

モノを考える手段として存在するものだから、

「コーディネート」をテーマにするのは、

当然の成り行きである。

b0141773_16165158.jpg

たとえば、

クリスマスイブに、

家族とではなく、

恋人や仲間と過ごすことが多い「日本型」では、

お台場からスタートする「ぶら歩き」「ぶらパルマ」も、

コーディネートの1パターン。

b0141773_16193183.jpg

b0141773_16191810.jpg
b0141773_16210738.jpg
b0141773_16232799.jpg

冬のお台場、都会のアウトドアは

人が少ない。

b0141773_16223413.jpg
b0141773_16222235.jpg
b0141773_16221119.jpg

ユリカモメとの野生コミュニケーションは、

退屈なスポーツ試合よりもエキサイティング。

b0141773_16174174.jpg
b0141773_16175698.jpg
b0141773_16182240.jpg

みなさんの予定を聞かぬまま、

お台場から銀座へ、

そして有楽町イルミネーション通りへ。

b0141773_16195408.jpg

正午から21時の解散まで、

アドリブの「ぶらパルマ」まで、

12月の健康支援者関係のイベントは終わった。

b0141773_16244198.jpg

b0141773_16245294.jpg
b0141773_16252771.jpg
b0141773_16251524.jpg
b0141773_16250328.jpg


by rocky-road | 2017-12-26 16:25  

恩師、芳賀 綏先生のご逝去。

b0141773_22352281.jpg

大学時代の恩師、芳賀 綏(やすし)先生が逝去された。

すでに103日に亡くなっていたと、

夫人からの「喪中のごあいさつ」で知った。

体調を崩しておられるご様子は知っていたので、

ご機嫌うかがいのおハガキはしばしばお出ししていた。

b0141773_22381632.jpg

先生は1928年、熊本市生まれ。

東京大学文学部を卒業されたのち、

28歳で助教授として

東洋大学文学部(国語国文学科)に赴任された。

わが大学は国文学、

それも古典文学を専攻する者が多かったが、

私は国語学に関心があり、

その関連講義を中心に受講した。

芳賀先生のご担当は「国語表現法」であった。

b0141773_22380501.jpg

以後、4年間、いくつかの講義を受け、

卒業論文の審査に関して副査をお願いした。

(主査と副査、2人の教員に論文を

読んでいただいて評価を受ける制度)

主査は、音声学の大御所、佐久間 鼎(かなえ)先生、

副査は芳賀 綏先生。

卒論の評価では、

佐久間先生が満点をつけてくれたが、

芳賀先生は97点。

おかげで、卒業論文のランキングでは

270人中3位。

上の2人は古典文学と近代文学。

ともに200点満点だった。

国語学からも満点を出せばいいのに、

とは、当時は思わなかった。

芳賀先生の評価基準があったのだろう。

b0141773_22400048.jpg

卒業後も、

芳賀先生にはお世話になった。

卒業間際に、

「将来、なにをしたいのか」と聞かれて、

「文章を書く仕事」と答えた。

そのこともあって、

先生の原稿のお手伝いをさせていただいたりした。

ホテルに缶詰めになって、

原稿を書いたこともある。

b0141773_22394342.jpg

東京のお茶の水にある《山の上ホテル》では

夜中に夜食のルームサービスもしてくれた。

宿泊者を「先生」と呼ぶのであった。

作家や著述家の利用が多いためだろう。

b0141773_22375882.jpg

そういう仕事をしていた縁で、

かかわった版元から、

弟子の私にも書物の執筆依頼があった。

『実用文の書き方』(1970年 池田書店)

という本は、そんな経過で生まれた。

2年間で9版まで増刷した。

b0141773_22391759.jpg

芳賀先生の著書は多く、

ここにはあげきれないが、

手元にある何冊かを

年代不問であげておこう。

*自己表現術 (光文社)

*国語表現教室(東京堂)

*上手な自己表現 文章法入門 (池田書店)

*話せばわかる 日本人の意識と構造 (講談社)

*男優女優の昭和誌 (人間の科学社)

*売りことば買いことば (日本経済新聞社)

*日本人はこう話した 言論100年 (実業之日本社)

*現代政治の潮流 (人間の科学社)

*日本人らしさの発見 (大修館書店)

b0141773_22413395.jpg

これらのうち、

初期のころの何冊かについては

お手伝いをさせていただいたので、

私の文章の中には、

芳賀風の文体が少なからず溶け込んでいることだろう。

先生の多くの著書のうち、

もっとも話題になった1冊は、

『日本人らしさの発見』ではなかろうか。

2013年刊行だから、ほんの4年前である。

b0141773_22392931.jpg

従来の東洋人、西洋人という区分は、

地域的区分に過ぎず、

生活の基本、食文化の視点で見ると、

牧畜を中心とする地域と

農耕を中心とする地域とでは、

気質やものの考え方はかなり違う、

という指摘をされた。

東洋、西洋ではなく、

「凹文化」と「凸文化」という対比である。

b0141773_22422939.jpg

国語学からはだいぶ離れた先生に、

「いまのお仕事は?」とうかがったら、

「比較文化論」とのお答えでうあった。

b0141773_22424323.jpg

凹(「おう」 日本など農耕文化圏)と

凸(「とつ」 ヨーロッパや中央アジアなど牧畜文化圏)とでは、

神の居所が違い、人間関係や自然との接し方が違う。

中国や朝鮮と、日本とは、

同じアジア地域に存在しているが、

牧畜人の影響を受けている中国や韓国と日本とでは、

気質がずいぶん違う、という着眼である。

この視点で世界を見ると、

いままで見えていなかったものが見えてくる。

b0141773_22434267.jpg

この本は、パルマローザの輪読会でもテキストにした。

そのときの写真は先生にもお送りしてある。

b0141773_22443480.jpg

弟子のほうから見ると、

恩師というものは、

いつまでも存在していてくれるように思える。

ほんの数が月前、

いま話題の赤羽をご案内したい、と

お誘いしていた先生が、

あっという間に逝去された。

b0141773_22383070.jpg

先生の著書を読み返しつつ、

しばらくは

先生と語り続けるつもりでいる。

b0141773_22444420.jpg
b0141773_22452770.jpg


by rocky-road | 2017-12-14 22:45  

「心の栄養」足りていますか。

b0141773_00015886.jpg

以下の、2つのセミナーに関連して、

2つの話題をとりあげてみたい。

1.「栄養バランス」をどう学び、

  どう伝えればよいか。

  (第1群と第2群の食品の考え方)

  20171125

  女子栄養大学 香友会館

b0141773_23451783.jpg

2.「食ジム」第61

 ユーモア感覚を

 どう身につけ、どう生かすか。

  20171126

  かながわ労働プラザ

b0141773_23540563.jpg

まず、「食事の摂取基準」について。

20万年以上前といわれる

ホモ・サピエンスの誕生以来、

ヒトは、今日まで終始一貫して

日々の食事を感覚的に選んで生きてきた。

それでも、20万年もたてば、

13回に分けて食事をすること、

一定のメニュー(一汁三菜など)に従っていること、

米食文化圏の一部では

「主食」と「おかず」とを分けること、

動物性食品と植物性食品とを組み合わせること、

などについて、

ある程度、習慣にすることを覚え、

意識する人も出てきてはいる。

b0141773_23544481.jpg

ところが、

1日に、何を、どれだけ食べるか、ということになると、

地球上の90%の以上(?)の人は関心を持っていない。

そもそも、「何を、どれだけ」などといって

選んでいる余裕などない人が大半である。

b0141773_00030096.jpg

一方、いくらか余裕のある国では、

日々、何を、どれだけ食べるか

ということに関心があっても、

そして、その指針が示されていたとしても、

「テキトウ」に食事をしている人がほとんどである。

b0141773_23551353.jpg

人によっては、

「人間はからだに必要な栄養素を、

自然に欲するようにできている」などと、

都合のよい珍説を述べたりする。

b0141773_00061739.jpg

テキトウでは済まされない例外は、

3度の食事が提供される施設などである。

福祉施設、病院、全寮制の施設などである。

b0141773_00075712.jpg

つまり、現役として活動中の社会人は

まあ、テキトウに食事を選んで、

それでも世界一の長寿国になっちゃったりする。

「だったら、この路線でいけばいいじゃん?」

長生きだけが人生の目的なら、

それも「いいじゃん!」

b0141773_00095105.jpg

しかし、

「ヒトは情報を心の糧として生きている」という、

私論をベースに論じるならば、

きょう食べるもの、あした食べるものを

予定すること、イメージすることは、

心の栄養素の1つにもなりうる。

b0141773_00100407.jpg

つまり、「生理的栄養」と、

「心の栄養」の相乗効果で、

健康度はプラスに働く。

b0141773_00064683.jpg

もっとも、

食べることだけを考えているのは

健康状態が良好とはいえない。

病気療養中の人や寝たきりの人などは、

そうなる可能性があるが、

それでも、あしたの楽しみは

心の栄養となって、

あしたに生きる動機を与える。

b0141773_00111713.jpg

「生理的栄養」と「心の栄養」との相乗効果とは、

*次の美容院、理髪店に行く予定をすること、

*クローゼットの整理を来週にすること、

*きょう、朝食に卵を食べ、牛乳を飲むこと、

*きょうは雨だけどウォーキングは休まないこと、

*ブロッコリーのサラダにアボカドを2個使うこと

*北朝鮮からのミサイル攻撃を想定した

 避難訓練に、今週末に参加すること、

*喪中のハガキに対する返事をあした中に出すこと、

*スーパーに行くとき、

 郵便局で年賀切手を買うこと……、

などという、雑多な、「あした」がある日常生活を

くり返すことである。

b0141773_00121236.jpg

最近の健康に関する研究では、

生活の多様性に着目するようになってきた。

栄養、運動、休養以外の生活行動が、

健康を左右する要素が大きい、

ということである。

「大橋予暇研究所」としては、

20年以上前から指摘していることだが、

研究者たちの視線が

ようやくその方向に向けられるようになってきている。

b0141773_00132804.jpg

食の地図を持って人生の旅をすることは、

まさしく多様性のある人生を旅する

基本中の基本となる。

さて次は「ユーモア」について。

これも心の多様性、心の栄養の問題である。

b0141773_00071465.jpg

栄養士、そして健康支援者にユーモアは必要か。

「あったり前田のクラッカー」(当たり前である)

笑いは健康であり、健康は笑いである。

b0141773_23453461.jpg

あるケアマネージャーが、

クライアントの高齢者を訪問して声をかけた。

「なにかお困りのことがありましたら、おっしゃってください」

高齢者は言った。

「お金に困っているのよ」

「……」

このクライアントはまだ当分は元気。

沈黙したケアマネは、

ちょっとユーモア貧血。

b0141773_00181946.jpg

この治療例は、

*「そう、ゴミの日だけでは捨てきれないのね」

*「お困りなのね、1億くらいなら

  私でも使ってあげられるかしら?」

*「今度、うちのスタッフ全員で処分しにうかがうわ」

b0141773_00171403.jpg
お金がなくて困っている、という意味なら、

*「105歳の実家の父に頼んで、

  山でも売ってもらいましょうか」

*「お庭の柿の木を売ったりして、

  お金をかき集めてはいかが?」

*「待っていてね、今度ボーナスが出たら、

  宝くじを1枚買う予定なので、

  いっしょに祈っていてください」

b0141773_00352215.jpg


by rocky-road | 2017-12-02 00:19