<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

喪中ではないので、年末年始のごあいさつと、句読点を続けさせていただきます。(マル)

b0141773_23052572.jpg

「喪中につき、

年末年始のご挨拶をご遠慮を申しあげます」

というハガキが届き始めた。

その中に、句読点を使ってあるのが1通だけあって、

何回も読み返した。

これは偶然か、意図があってのことなのか、と。

b0141773_23032628.jpg

日本語でも英語でも、

文章に句読点やカンマやピリオドを

使うのが正書法なのだから、

それが使ってあったといって、

反応する自分に苦笑せざるを得ない。

b0141773_23112760.jpg

パソコンのソフト設定者が、

年賀状や喪中ハガキ、

結婚や転居の案内文の文中の句読点を

省くように設定したために、

これらの定番の文章からは

句読点が完全に排除されてしまった。

b0141773_23113762.jpg

日本人は、明治維新まで

「国語」というものを持たず(地域語はあった)、

「わたし」や「あなた」、

「お父さん」や「お母さん」

というコトバさえなかった。

b0141773_23121369.jpg

これでは、国民が共通言語によって

コミュニケーションをとることができないと、

外国の例などからも学んで、

明治政府が「新生日本語」を創設した。

b0141773_23123452.jpg

「です」や「ます」「である」も、

明治になってつくられた文章のまとめ方である。

ちなみに、それ以前は「男ありけり」「たいしたものだ」

などと結んでいた。

そのころは句読点はなかった。

b0141773_23124524.jpg

明治政府は、

国語表現の大改革を行ない、

文節ごとに「、」を、

文末には「。」を打つという、

現在に至る正書法を確立した。

これらの文化大革命の成果を知らず、

だれいうとはなしに、

「あいさつ文からは句読点を省こう」ということになった。

印刷業者などが、にわか知識で、

「昔は(毛筆の時代は)句読点を打たなかった」などと

わかったような解釈をして、

現在のパソコン文例にある表記習慣を作った。

b0141773_23133949.jpg

そんなに昔がよかったのなら、

ちょんまげ(丁髷)でも結って生活をすればよい。

この状態を「パソコンに使われている状態」と

私は見ることにしている。

句読点を省く人間は、

国語のセンスが著しく低い者と私は見る。

b0141773_23134796.jpg

国語のセンスついでにいえば、

11月の定例国会に際して、

質問時間の与野党比率を

議員数に応じて見直すかどうかで議論になっていた。

が、それをいうなら、

国会での審議の進め方のほうこそ、

見直すべきときではないか。

b0141773_23145283.jpg

質問者が問いかけ、大臣や関係者が回答する、

その形はよいが、

質問者は、まるで犯罪者を追及するように高飛車に出る。

……なんて言ったら、警察関係者に注意を受けるかも。

警察は、あんなにひどい言い方はしません、と。

b0141773_23161517.jpg

国会審議がつまらないのは、

攻める側と攻められる側のカタチが

ワンパターンであるからだろう。

代案のない質問者の設問に

反論または逆質問のない議論など、

第三者が見ていておもしろいはずがない。

勝ち負けがないゲームのつまらなさと同じである。

b0141773_23144157.jpg

「もし、質問者がいうようにしたら、

政府がとるべき国民への責任を

どう果たせというのでしょうか。

ほかに代案があるなら伺いたい」という程度の

一般論化した逆質問さえ許されないのなら、

質問者はただただ過激に、

回答者は用意した文章を棒読みする、

こんなワンパターンを何十年も続けているのだから、

「思考力はだいじょうぶ?」と問いたい。

b0141773_23172975.jpg

これもまた、

明治時代の国会審議よりも

はるかに退行してしまっている。

明治の国会はもっと生き生きとしていたことは、

多くの記録が伝えている。

b0141773_23174069.jpg

11月の国会本会議での安倍首相の答弁は、

「謙虚でない」と突っ込まるのを避けるためか、

用意した文章の棒読みに終始した。

b0141773_23195356.jpg

日本人はいかに議論が嫌いな国民であるか、

改めて実感する。

議論をしないということは、

考えないということでもある。

幸か不幸か、

日本人は、あまりモノを考えないという点で、

押しも押されもしない発展途上国であることを

再認識する必要があるだろう。

b0141773_23200524.jpg

ちなみに、

このブログには、句読点を適度に打ってある。

タイトルにも。

タイトルに句点を打つ理由は、

いつか、また。

b0141773_23201458.jpg



by rocky-road | 2017-11-22 23:20  

自然の真っただ中のわ・た・し。

b0141773_23121473.jpg

パルマローザが開催する

動物園での撮影会は

2006年6月に続いて2回目である。

b0141773_23151637.jpg
↑↑2006年6月11日に開催した、
「栄養士・健康支援者のための
 動物園の楽しみ方」
セミナーで撮影した集合写真
 
撮影 米澤 須美さん
http://palmarosa.exblog.jp/3228005/
b0141773_23195573.jpg
b0141773_23114818.jpg

栄養士のネットワークが

なぜ動物の撮影会なのか。

b0141773_23192412.jpg

理由をあげればきりがないが、

ポイントを1つに絞れば、

自然に目を向けることは、

モノを認知する能力を高める、

ということになる。

b0141773_23202116.jpg
b0141773_23220935.jpg

飼育されている動物を「自然」と見るのは

甘くないか、と思う人がいるだろうが、

どんなに人為が及んでも、

動物の存在や行動には

自然がぎっしり詰まっている。

b0141773_23213827.jpg
b0141773_23222655.jpg

いや、人間の中にも自然は生きている。

そういう言い方は不適当で、

人間も動物も依然として自然そのものである。

宇宙ステーションにいようが、

満員の地下鉄の中でスマホに見入っていようが、

それが自然の一部としての人間である。

b0141773_23232592.jpg
b0141773_23241558.jpg

昔から、学識の高い人の文章を読んでいて、

「人間は動物と違ってコトバを持っている」

「人間のような高等な動物は……」

「動物に心があるか」

などのフレーズに出会うと、

にわかにシラケてしまう。

その論者の学識というよりも

洞察力の貧弱さに失望するのである。

b0141773_23252474.jpg

動物と人間との間に線を引き過ぎる。

むしろ、生物と人間との連続性を認識するのが楽しい。

動物には心もあるし、コトバもある。

b0141773_23251190.jpg

地球上のあらゆる職業は人間を相手にしているが、

健康支援者ともなれば、

直接的に人間を相手にしている。

b0141773_23254673.jpg

そういう職業の人が、

動物を観察することは、

人間を知り、自然を知るよい機会。

b0141773_23234587.jpg

人を見る目を養う、

人の動きを推測するには、

動物を1日中でも見ていれば

超強化トレーニングとなる。

b0141773_23265684.jpg
b0141773_23283583.jpg

今回は、横浜の小さな動物園が撮影地。

気を散らすことなく、

ゆっくり自然と対話ができた。

b0141773_23271453.jpg
b0141773_23304806.jpg
b0141773_23292193.jpg
b0141773_23445831.jpg
b0141773_23273517.jpg

しめくくりには、

はからずも

夜景の撮り方レッスンをすることにもなった。

b0141773_23293644.jpg
b0141773_23444351.jpg


by rocky-road | 2017-11-13 23:39  

栄養バランス、とれていますか。

b0141773_20383223.jpg

5回シリーズとして、

「『栄養バランス』をどう学び、どう伝えればよいか。

食の地図・四群点数法を中心に

というテーマのお話をさせていただくことになった。

1回目は「人はなぜ、食の基準を求めるのか」とした。

20171028日 終日。会場:横浜開港記念会館)

日本の戦後の健康教育、健康行政は、

世界水準からいって高いほうだろう。

なによりも、世界有数の長寿国、

という結果を出しているから強い。

b0141773_20450610.jpg

しかし、香港やシンガポールも

結果を出しているから、

平均寿命の要因は、

そう簡単には確定できない。

香港やシンガポールにも、

「健康日本21」のような

政府主導の健康指針があるのだろうか。

b0141773_20393212.jpg

日本は、医療や食に関して、

なんといっても「医食同源」の国から

多くの影響を受けてきた。

が、戦後の70年余りに限れば、

「食」に関しては、

欧米の影響を受けながら、

完全には「欧米化」はせずに、

一汁三菜の「日本型食事」を確立してきた。

b0141773_20520671.jpg

その背景には、

「栄養所要量」や「食事摂取基準」のような

政府主導の食事の指針が用意され、

それを学校や事業所、病院の給食に

適用してきた、という日本人のマジメさがある。

b0141773_20504327.jpg

問題は民間で、

あれやこれやの食事指針が

各省庁や個人によって継続的に示されている割には、

さらには、中学、高校でも教えているはずなのに、

なかなか身につかない。

b0141773_20553667.jpg

指針の中には、

130食品」や「マゴワヤサシイ」

そして近年では「食事バランスガイド」のように

調理や食生活の現状には合わない、

いわば机上のアイディアだけで提案されているものもあり、

実効性も実行状況も低い。

b0141773_20555756.jpg

その理由は、

こうした指針のプランナーとして

男性の参画率、発言率が高く、

または、調理経験の少ない女性や、

現場感覚、食感覚、

食の心理学などが希薄な人が集まって

プランニングしていることなどにありそうだ。

b0141773_20551923.jpg

そういうタイプの人たちは、

日本人の食生活の実態を見ていないか、

あるいは

既存の食事指針を評価する理解力が乏しいのか、

視野や洞察力に問題がありそう。

b0141773_20574683.jpg

たとえば、

すでに50年近く前に提案されている

「四群点数法」のような指針を知っていながら、

その利点が理解できず、

はるかにラフな指針を別に提案したりする。

b0141773_20573109.jpg

「食事バランスガイド」についていえば、

食事の栄養的バランスを

メニュー単位、皿単位で把握しようなどという発想は、

なんとも荒っぽい考え方である。

それはいわば、

英語を単語ではなく、フレーズで覚えよう、

といっているのに等しい。

b0141773_20580110.jpg

I have a pen

I have a pineapple」という表現の意味を

単語ではなく、フレーズで覚えてしまえ、

というわけである。

しかし、この方法だと、

I have Pen-Pineapple-Apple-Pen

というフレーズに出合ったときには

理解ができなくなる。

Pen-Pineapple-Apple-Pen

という単語(?)の意味が理解できなければ、

フレーズの意味は読み取れない。

b0141773_20595277.jpg

(ちなみに、「Pen-Pineapple-Apple-Pen」とは、

ピコ太郎氏によると、

ペンが刺さったパイナップルと

ペンが刺さったりんごとを

合体させたもの)

コトバに限らず、

国民性とか県民性とか、

社風とか校風とかと、

地域や集団の特徴を

われわれはじょうずに把握するものだが、

その前段階として、

日本人の言動、東京人の言動、

〇○会社社員の言動の特徴を把握し、

それを集団としてカテゴライズする、

それが人間の認知プロセスである。

b0141773_21134703.jpg

食品でいえば、

肉の栄養的な特徴がわかっていれば、

カレーライスが出てきても、

ギョーザが出てきても、

中身にちょっと目をやることで、

おおよその分量や特徴はわかる。

b0141773_21131381.jpg

これならば、

調理担当者にも、

外食利用者にも、

海外生活者にも活用は可能。

b0141773_21133206.jpg

どんな国へ行っても、

4つの栄養的カテゴリーに収められない食材はない。

昆虫もヘビも鶏のトサカも豚の足も、

2(良質たんぱく質群)と考えていいだろう。

b0141773_21110854.jpg
b0141773_21105953.jpg

「四群点数法」は、

「魚1 豆1 野菜3」の段階(1928)から

90年近くかけて積みあげられてきた理論である。

スタートの時点から、

質と量のバランスが考えられている。

そんなに便利な食事の指針が

ほぼ固まって40年がたっても、

現状程度にしか普及しないのはなぜか。

この点は、何度でも考えてみる必要がある。

b0141773_21112609.jpg

いちばんの理由は、

人間は、食事の質と量をコントロールすることを

苦手とする、という点。

人類はずいぶんと文明・文化を発達させたが、

動物の部分を少なからず引きずっていて、

まだ栄養学の発展には、ついていけない。

b0141773_21152853.jpg

紅茶キノコがいい、納豆がいい、

玉ねぎ水がいい、糖質制限が必要、

といった各論に反応するのが精いっぱいで、

1日になにを、どれだけ食べるか」

という基本のところを学ぼうとしない。

b0141773_21120708.jpg

めんどくさいから、

「栄養のバランスに気をつけよう」と、

プロもアマチュアも

お念仏のように唱えていいことにしている。

b0141773_21111793.jpg

コミュニケーションの問題も大きい。

せっかく、よい指針が開発されているのに、

それをエンドユーザーに届ける人がいない。

栄養士が最適任者なのだが、

指針を理解し、実践する人があまりにも少ない。

養成校でのカリキュラムや指導法に問題があるのだろう。

b0141773_21122329.jpg

そんなこんなで、

文学部国語国文学科卒業の人間が、

食事指針の1つ、「四群点数法」について、

5回シリーズで講じることになった。

b0141773_21163705.jpg

25年間、女子栄養大学出版部に在籍して、

香川 綾先生が、

この食事法を完成させる現場に居合わせたので、

そのラッキーチャンスをムダにしないためにも、

そして、人類の財産ともいうべき、

この食事法の概要や、その意味するところ、

そして、それを人に伝えるときのポイントなどについて、

5回に分けて講じてみたい。

b0141773_21114646.jpg

2
2017年11月25日(土)
時間 10時30分~午後5時30分
場所 女子栄養大坂戸キャンパス香友会館
最寄り駅 東武東上線 若葉駅

  

b0141773_21184581.jpg

第3
2017年12月10日(日)
時間 10時30分~午後5時30分
場所 横浜体育館併設 平沼レストハウス3号室
最寄り駅 JR関内駅(南口改札)

b0141773_21113657.jpg

第4回
2018年1月21日(日)
時間 10時30分~午後5時30分
場所 かながわ労働プラザ
最寄り駅 JR石川町(北口改札)

b0141773_21105059.jpg

第5回
2018年2月12日(月/祝日)
時間 10時30分~午後5時30分
場所 横浜市内(近日発表

b0141773_21115685.jpg


by rocky-road | 2017-11-01 21:19