カテゴリ:食コーチング師養成講座( 2 )

 

「待ってました!!」

「待ってました!!」_b0141773_23195519.jpg
食コーチング、講師養成講座、第8回は、

「自由テーマによる講話」の演習であった。

(1220日⦅日⦆横浜市技能文化会館)

この演習を振り返っておこう。

「待ってました!!」_b0141773_23244289.jpg

事前にお伝えしておいた課題は、以下のとおり。

1.課題 「自由テーマによる講話」

  講座受講の方々を対象とする、有効なお話。

  「健康」「栄養士」の隠しテーマがあることが望ましい。

2.テキストはA4用紙1枚(厳守)

 時間内に収めるのには、柱(項目)は2本~3本が限度。

 テキストを30枚(全員分)、各自でコピーして、

 当日、全員に配布。

3.その日の講話の導入になるイントロクエスチョンを

  3問、テキストのトップに配してください。

  3問中1問は「笑える」クエスチョンを試みてください。

4.講話時間、お1人 20分以内。

「待ってました!!」_b0141773_23261949.jpg
「イントロクエスチョン」は、

大橋のオリジナルで、聴衆の気分をほぐしたり、

講話や講演を聞く心の準備をしていただくのが目的。

みんなが答えられる内容であること、

「正解」「不正解」を問うのではなく、

「同意するものに『〇』を、同意しないものに『×を」

のように、相手の意志を尊重した聞き方をすること、

などが注意点。

「待ってました!!」_b0141773_23332866.jpg

たとえば、栄養士に好ましい食事相談のスキルを
伝えるセミナーであれば、

イントロクエスチョンはこんな具合。

.(  )食事相談の目的は、正しい食事法を

     知ってもらうことだから、栄養士自身、

     「食事の栄養バランス」を保つ指針を

     実行していることが望ましい。 

2.(  )上から目線の話し方にならないように、

     椅子は相手より30センチよりも低いものを選んで

     座るようにしたい。

.(  )相手の状況を把握することなく、

     最初から「教えてあげよう」という姿勢で

     食事相談に臨むのは好ましくない。

「待ってました!!」_b0141773_23291277.jpg

講演などでは5問~8問程度を用意し(持ち時間による)

1つ1つについて「〇と思う方、お手をあげてください」

などと聞いて、そこで設問の意図を話す。

大事なのは、その日の受講者の属性(男女比や年代、職業)

などによって、よりふさわしい問題を考えること。

ちなみに、上記のイントロクエスチョンの回答は、

1「×」 2「×」 3「〇」

「待ってました!!」_b0141773_23273743.jpg

1」は「食事相談の目的は、正しい食事法を

    知ってもらうことだから」の部分が不適。

    食事相談の目的はそのつど異なる。

    「正しい食事法を知ってもらう」ことが目的とは限らない。

    後半の「『食事の栄養バランス』を保つ指針を

    実行していることが望ましい」という部分は

    そのとおりだからOK。

    前半と後半をねじらせた、ひっかけ問題。

    設問に多少、ワザがいる。

「待ってました!!」_b0141773_23294499.jpg

「2」は、いうまでもない。物理的高さの問題ではなく、

心理的な、またはマナーとしての高低差の問題。

「3」は、もちろん「〇」。

今回は講話のスキル以前の問題ながら、

テーマの決め方と、

テキスト作りのほうにポイントを置いた。

一般には、「テキスト」のことを「レジュメ」と

誤って使っている場合が多い。

「待ってました!!」_b0141773_23310810.jpg

「レジュメ」(r
ésumé)
はフランス語で
「要旨」や「要約」のこと。

履歴書を指したり、
会議やイベントの要旨を事前に示すものであったり、

プレゼンテーションや講演を

事前または事後に伝える内容の要約であったり。

「待ってました!!」_b0141773_23301566.jpg

発表された8名の講話のタイトルは以下のとおり。

*「3実」

*「ある老人ホームから見る長生きの秘訣。」

*「白Tシャツにジーンズの似合う女性になる。」

*「障がい福祉 食サポートの立場から。

  --それぞれの『健康のカタチ』を導くために--

*「クライアントの立場からもっと楽しむ5つの提案。」

*「特定保健指導のクライアントのライフスタイルと健康。」

*「栄養士のための『家島』の歩き方。」

*「マッチングアプリの写真から見える男性の健康度。」

*「病院栄養士が訪問食事相談に行く。

 --ネコと生活を続けたいAさんをサポートして--

「待ってました!!」_b0141773_23325295.jpg

1日目の発表者全員のテキストのタイトルに

句点(「。」)があるのがおもしろい。

けっして指示したわけでもないのに。

影山さんや大橋の影響と思われるが、

世間では、タイトルに「。」を入れないのが一般的だから、

ときに「変な表記法!」と、
首を傾げられることがあるかも。

「待ってました!!」_b0141773_23315203.jpg

テキストの話に戻ろう。

講義や講演の現場で使うペーパーを

「テキスト」という人はどれくらいいるのか、

他のことはわからないが、

私は約30年前の、大学の非常勤講師時代から今日まで、

学生や受講者、塾生に当日配布するものを

「テキスト」と呼んで、その方式を踏襲している。

レジュメとテキストとは目的も形式も違う。

パワーポイントをコピーしたものを「レジュメ」と称し、

それを当日も使う講師が多いが、こんなのは問題外。

「待ってました!!」_b0141773_23344888.jpg

講話・講演に使うテキストは、

それ自体が1つの独立した「作品」と心得る。

そもそも講義というものも、

その日、その時のパフォーマンス作品である。

「またこの次」はない。一発勝負である。

だからこそ、時間をかけてじっくりと作る。

私の場合、講義の予定日の数か月前、

講演なら依頼を受けた数日後からテキストづくりに着手し、

1年~数日前まで、制作を続ける。

あるテーマについて、
だれよりも長く、

だれよりも深く考えたという自負が生まれるので、

自信をもって講義ができる。

「待ってました!!」_b0141773_23211128.jpg

講話、講演のウマい・ヘタのチェックポイントは多々あるが、

私の場合、テキストも大きな評価点になる。

用紙の厚さ、サイズ、紙面のデザイン、

タイトルのつけ方、全体の構成、分量、綴じ方など。

テキストを見れば、

その講師の力量は数秒でわかる。

「待ってました!!」_b0141773_23354036.jpg

ときに、「内容を盗まれるから」といって、

テキストには、ちょっとしたキーワードしか

書かない講師がいるが、

こんな講師は、貧弱なアイディアしかないからこそ

それを守りたがるのである。

「待ってました!!」_b0141773_23360530.jpg

テキストは「作品」だから、

それがどこへ持っていかれようと、

オリジナリティはビクともしない。

どう利用されようが、

自分のような説明はできるはずもない。

「待ってました!!」_b0141773_23251145.jpg

そういうことを学んでいただきたいので、

「食コーチング 養成講座」では、

テキストづくり、プリントや配布の方法まで、

実体験していただいた。

A4、1枚だけのテキストながら、

準備性が歴然と出た。

「待ってました!!」_b0141773_23401124.jpg

どこでコピーしたのか、

平安時代の古文書のような薄いインクのものから、

私のテキストだったかと錯覚するほど

大橋流のデザインであったり。

これから講演の機会がふえるはずの人が、

こういうテキストづくりを経験しておくことの意味を強く感じた。

講演は、日本人またはアジア人の苦手スキル。

明治維新まで、

このような形式の「1人しゃべり」(司馬遼太郎さんのコトバ)

日本にはなかった。

あえて探せば、

禅宗の法話をするめために

トレーニングを受けた僧侶(俗に「説教坊主」)

全国に派遣されていた、ということくらいか。(司馬説)

「待ってました!!」_b0141773_23373552.jpg

福沢諭吉が「スピーチ」を「演説」と訳して以来、

1人しゃべり」文化が始まった。

それからようやく150年、

民主主義時代から数えれば、わずか75年。

まだまだ「これから」である。

だからこそ、スキルアップをしたい。

「待ってました!!」_b0141773_23425699.jpg

それをするのが

政治家でも学者でも、教員でもなく、

栄養士であり、健康支援者であることに

なんの不都合もない。

さあ、「待ってました、栄養士!!!

(講演会では、こういう掛け声はかけないこと)


by rocky-road | 2020-12-27 23:43 | 食コーチング師養成講座  

健康のカタチを求めて……。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19563605.jpg

今年3月にスタートした

「食コーチング講師養成講座」も、

この1024日で第6回、全12回の半分まできた。

今回のテーマは「『健康のカタチ』とは……」

そのメインは《ヘア&メイク》であった。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19581625.jpg

食コーチングをベースに食や健康を語るとき、

講師の身だしなみは、きわめて大事。

健康を語る人が「健康的」でないと、

説得力が低下する。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_19593917.jpg

医師から看護師、保健師、栄養士、

そしてレントゲン技師、

さらには、事務職まで、

直接・間接に人の健康を支える者は、

内面はもちろん、

外観においても健康でありたい。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20000217.jpg

身だしなみは、

まずもって自身のもっとも身近な環境である。

(厳密にいえば、自分の鼻や耳、手や足の形、

皮膚の色、髪の色つやも〝外部〟環境である)

それらの環境は、当然、情報をもっているが、

環境を読み解くリテラシーがないと、

ただの物質でしかない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20005182.jpg

赤いパンツを履いて元気が出る人、

シルクのパジャマを着て寝ると眠りが深くなる人、

新しいジャケットを着たとき、

いつも以上に姿勢がよくなる人などは、

「衣環境」に対するリテラシーがある人

ということになり、

その効果は、自分および周囲の環境に影響を与える。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20012402.jpg

「衣環境リテラシー」を向上させるためにも、

上記の講座で、各自がヘアメイクやフェイスメイクについて

「私の流儀」として2分間のプレゼンテーションを

していただく、という宿題は有効であったと思う。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20013729.jpg

講師の身だしなみとプレゼン内容を

同時にチェックされる研修会は、

そう多くはないはずである。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20023748.jpg
さらに、自分の流儀を2分間話すのに、

原稿を用意する必要はなかろうと、

途中から、メモに頼らないプレゼンに変えた。

なんたって「一流の講師養成」である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20025003.jpg

ところで、

『広辞苑』は「身だしなみ」をこう定義する。
「身のまわりについての心がけ。頭髪や衣服などを整え、

言葉や態度をきちんとすること」

身だしなみには、「言葉」や「態度」も含まれる、

というところは注目点である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20034694.jpg

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20032368.jpg

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20040389.jpg
この「食コーチング 講師養成講座 第6回」

が始まるのに合わせたかのように、

NHKラジオ(第2放送)が

カルチャーラジオという伝統ある番組で、

『ファッションはどう変わるのか』という

3回シリーズを放送してくれた。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20042166.jpg
各界の第一線で活躍している人の講演を

ラジオ番組用に再構成して放送するもの。

司馬遼太郎さんも、ドナルド・キーンさんも、

かつてこの番組でお話をしている。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20021141.jpg

『ファッションはどう変わるか』の講師は

「パーソナルスタイリスト」

「ファッションレスキュー」を名乗るキャリアのある女性。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20052405.jpg

3回のテーマは、

「自分に合った服とは」

「コロナでファッションの行方はどうなるか?」

「似合うをどう構築するか」

なんと魅力的なタイトルだろう。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20055441.jpg

だがしかし……。

「人は見た目が9割」という説があるが、

「人は第一声が9割」という面もある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20061910.jpg

妙に上から目線で、決めつけしゃべり。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20190171.jpg

それはいいとしても、

話の内容がつかめない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20063339.jpg

「アフターコロナ」とか

「マインドフルファッション」とか

「マインドレスファッション」とか

「ダイバシティ」とかと、

カタカナ語をよく使うが、

11語の概念も定義もはっきりしないため、

「だから、こうだ」のように話が着地しない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20065604.jpg

ついでにいえば、

「ファッションレスキュー」も

切ないネーミングではなかろうか。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20080278.jpg

ファッションも絵画も、

コトバで説明するのはむずかしいが、

この講師の話は、言語心理学的な価値がある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20125657.jpg

1時間も話し続けながら、

なんとも独りよがりの観念先行、だから抽象的で、

ほとんど内容がない、

聞き手の行動に影響を与えるような考え方の提示も

アクションプランもない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20130705.jpg
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20255797.jpg

そういう講演というのが存在することを知った。

言語学者必見の講義である。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20081294.jpg
さすがはNHK、

よくぞここまで空っぽなしゃべりをする人を

見つけだしてくれたものである。

反面教師として、

これ以上の事例にはめったに出会えないと思ったので、

急いで録音をし、養成講座の受講者に聞いてもらった。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20110637.jpg
『広辞苑』の「身だしなみ」の定義にもある

「言葉や態度をきちんとすること」に従えば、

「パーソナルスタイリスト」を名乗っていても、

「身だしなみ」に不備がある、ということになる。

われわれの講座に参加してくれれば、

「倍返し」どころか、

100倍にして返してあげるのに……。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20100958.jpg

「食コーチング養成講座」の話に戻ろう。

女性の表情が「チーク」(わが用語では「頬紅」)の補強で

みなさんからも「オーッ!」と声が出るほど輝きが増す。

こういう環境に男1人、居合わせる幸運を感じる。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20101986.jpg

いまは「オンライン」に頼らざるを得ない時期だが、

講義、講演というアナログ形式のコミュニケーションスキルは

なくなることはない。

群れ行動をする動物は、

個体と個体の接近、接触、向かい合いを

基本的行動とする。

そこに戻らないと心身の健康は保てない。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20104532.jpg

小原秀雄氏(動物学者)によれば、

ヒトは自ら村や町、都市という檻に入って

「自己家畜化」してきたが、

それでも、対面しての情報交換は捨ててはいない。

ということは、

講義・講演のテキストや、

チークによるメイクアップのスキルは

これからも磨く必要がある。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20103373.jpg

この「講師養成講座 第6回」を行なった翌日、

1025日(日)には、

食ジム」 第91

「身だしなみを磨き続けるには どんなことが必要か」

というテーマで終日、話し合った。

(座長/甲斐和恵さん 横浜市技能文化会館)

プログラムは以下のとおり。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20124046.jpg

1. 「ここだけの話」……TPOの読み違いや準備不足のために、

  その日の身だしなみで 「やっちまった物語」。

2.「私は見た!」……職場で、会合などで、 その人の身だしなみに

  ドッキリ、ビックリの事例集。

 

3.現在・過去・未来、身だしなみが見事と思った同性・異性、

  いま、お手本にしているあの人、あのコーディネート。

4.キーワードや

  フレーズを50個、あげるとすれば。(印象、ヘアスタイル、衣服、

  アクセサリー、イメージなど)

5.身だしなみを磨き続けるためには、どんなアクションがあるか。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20165925.jpg
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20191249.jpg

経過は省くが、項目「4」の

「健康的ではない身だしなみとはどういうものか……」で

思いつくままにみんなであげてみた。

その一部をあげて、今回のブログは閉じよう。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20212413.jpg

*年相応という考え方。

*覇気のない表情。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20210799.jpg

*姿勢が悪い(猫背など)。

*歩き方に力がない。

*ブラシや櫛が通っていない髪。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20221650.jpg

*輝きのないメイク、または過剰なメイク。

*聞き取りにくい小声。

*(おっさんのような)品のないくしゃみ(「ウェックション!!」)

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20223461.jpg

*場違いの大笑い。

*首筋から胸まわりが見えるシャツ。

*ダブダブ、パツパツの服装。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20234180.jpg

*服を選ぶとき「一生着られる」を基準にする。

*香りすぎる過剰香水。

*日焼けを避ける過剰な防御(黒ずくめ、忍者)

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20235830.jpg

*中身がパンパンのバッグ。

*どこへいくのもエコバッグ。

*領収証などでパンパンの財布。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20241073.jpg

*茶、灰色、オリーブ色(国防色)の衣服。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20244102.jpg

*シワシワ、毛玉、よれよれの衣服。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20270944.jpg
*(服装)柄に柄を合わせる(ガラガラ)。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20274156.jpg
*磨いていない靴。
健康のカタチを求めて……。_b0141773_20252468.jpg

*靴の中敷きが汚れている。

*「終活」に励む高齢者、それをすすめる識者。

健康のカタチを求めて……。_b0141773_20160068.jpg

以上。


by rocky-road | 2020-10-29 20:28 | 食コーチング師養成講座