カテゴリ:栄養士のための『ライフデザインブック』( 2 )

 

出版記念パーティを、いつかまた……。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20382769.jpg

栄養士のための ライフデザインブック』の

パルマローザ主催の出版記念パーティが、

1115日に開かれた。

(横浜元町/霧笛楼)

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20375304.jpg

温かく和やかな会であった。
その和やかさは、女性の企画・運営によるものだろう。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20512064.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20513336.jpg
進行手順も関係者のごあいさつなどは、

ほかの出版記念パーティと比べても

ずっと明るく、リラックスしていて申し分なかった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20443232.jpg

表看板を「出版記念パーティ」とはせずに、

あえて「セミナー」としていただいたのは、

次の出版を目指す人たちにとって、

1冊の出版で舞い上がりすぎではいけない、

という、自戒・他戒の意味があったからである。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21234564.jpg

そのため、「栄養士にとって出版とは

という1時間の講話をさせていただいた。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20453957.jpg

栄養士の出版物の大半が料理書だが、

「健康の6大要素」を提案する時代には、

生きがいや、よい人間関係の維持・発展を願うためにも、

健康法や生きがい論を展開する必要がある。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20480947.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20455281.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20572047.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20555966.jpg

俗に「文字もの」という。

しかし、一部の医師が提案するような、

食事や食品の薬効を謳う論説は、

もう終わりにしたい。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20493183.jpg

とはいえ、

著述を得意としない栄養士のためには、

いきなり雑誌や書物で「健康のカタチ」を

提案するわけにもいかない。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20495137.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20502039.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21051026.jpg

いまからでも、それなりの特訓をする必要がある。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20541401.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20491253.jpg

「ロッコム文章・編集塾」は、

いわば基礎体力づくりの場であるので、

著述・著作を目標とする勉強会、

あるいはプロジェクトをつくる必要があると、

提案した。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20532045.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_10384554.jpg
ちなみに、

私自身は、これまでに3冊の本を著わしたが、

自分の出版パーティは一度もしたことがない。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20582314.jpg

理由は前述のとおり、

次の1冊に向かうことに注力したためである。

妙なのは、

アメリカに本社がある『リーダーズダイジェスト』に

スノーケリングの記事を書いたときには

ダイビング仲間に祝賀パーティを開いてもらった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21013368.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21014452.jpg

今回のように、

多くの人が共働で作った本の場合は、

こういうパーティを開く意義はある。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21025191.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_17592168.jpg

いろいろの形で参加していただいたみなさんの

スピーチを聞くのは楽しかった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21045834.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_22224065.jpg
版元の医歯薬出版からは、

ご担当いただいた山本美和さんにご出席いただいた。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21031539.jpg
スピーチをする人たちの安定したお話は、

見事であった。

これぞ日頃のトレーニングの成果というべきであろう。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21021449.jpg

13年かかったが、

けっして苦しんだわけではなく、

楽しんで試行錯誤を繰り返した。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21085866.jpg

どんな職域の栄養士にとっても、

どんなキャリアであっても、

どんな年齢であっても、

今後の向かうべき方向を考えるうえで

この本には多くのヒントがあるだろう。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20333729.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21102259.jpg
当日、有志は横浜の《ハイアットリージェンシー》に宿泊し、

横浜スティを楽しんだ。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20371205.jpg

翌日、16日の快晴、

ビーチ歩きには最適な1日だった。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21103801.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20364125.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21114984.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21111197.jpg
その写真をいくつかあげて

今回は終わりとする。

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21140205.jpg

出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20392125.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20380602.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_20540046.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21145626.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21441115.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21434440.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21152924.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21113975.jpg
出版記念パーティを、いつかまた……。_b0141773_21160868.jpg










by rocky-road | 2020-11-17 21:16 | 栄養士のための『ライフデザインブック』  

生き方を考える栄養士たちへ。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22083761.jpg

長年、執筆を続けてきた書物の最終校正のために、

10日間、出版社に「通勤」した。

10日間とはいえ、通勤経験は20余年ぶりである。

しかも夜は8時、9時までの残業が続いた。

というわけで、

このブログも1か月ぶりとなる。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22170589.jpg

栄養士が出す出版物には料理本が多いが、

この本『栄養士のためのライフデザインブック』は、

書名どおり、

栄養士としてのライフデザインをどう描くかという、

ちょっぴり哲学が入った本である。

世に哲学の本は少なくはない。

しかし、その多くは「哲学史」が中心で、

本来の「人はどう生きるか」を哲学する本は、

そう多くはない。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22091079.jpg

といって、もちろんこの本は哲学の本ではない。

文字どおり「栄養士はどう生きるべきか」を考える実用本である。

高校生が栄養士になりたいと思ったら、

どのようにして栄養士養成校を選べばよいか、

そして、定年を控えた栄養士が

その後、どういう考え方で、

どう働けばよいかについて具体的に示してある。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22100059.jpg

かつて、

社会保障制度の仕組みを説明するのに、

「ゆりかごから墓場まで」

というキャッチフレーズが使われた。

それになぞっていえば、

この本は、栄養士の「ゆりかごから墓場まで」を

カバーしよう、というコンセプトによってスタートした。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22094109.jpg

13年前の企画案では

『栄養士のためのアクション事典』であった。

栄養士が、それぞれのライフステージにおいて

必要とする項目をめくれば、

見開き読み切り式でポイントをつかめるという形式。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22164356.jpg

机上の空論に深入りせず、

実際の「アクション」を重視する方針を

最後まで貫いた。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22113774.jpg

各分野で働く栄養士のみなさんに

情報原稿を書いていただき、

それを10年以上かけて(かかって)整理し、

一定の文体にまとめたものである。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22120309.jpg

*「将来、栄養士になるための学校選びは、

 どのような基準で選んだらよいのか。」から

*「男性が栄養士や管理栄養士になりたいと思ったとき、

 どういうことを考えておけばよいか。」

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_23062227.jpg

*「病院栄養士として自分の仕事とどう向き合っていけばよいのか。」

*「栄養士が身につけておきたい日常的な会話力とは、

 どういうものか。」

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_23063847.jpg

*「副業として、または退職してから、

 料理を教える仕事をしたいと思ったら、

 どのような準備をすればよいか。」

などまで、全26章、138項目を配したボリュームのある1冊となった。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22112634.jpg

現在のところ、

遅くとも10月上旬には

書店に並ぶことだろう。
https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=707980

大橋禄郎監修 影山なお子編集

医歯薬出版株式会社発行、
定価 3,520円(本体3,200円+税10%)

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22195052.jpg


こういう進行スケジュールについては、

わが現役時代とは大きく変わっているのに驚いた。

昔は、印刷に1か月、製本に1か月というのが

大まかな見通しであった。

それが9月上旬に校正終了となった本が

わずか2~3週間後に本になってしまうというのである。

コンピューターのおかげである。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22121841.jpg

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22133166.jpg

この校正期間中に、広島に2日間出張した。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22135364.jpg

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22205948.jpg

5年間続いた《コミュニケーション研究会 ひろしま》の

セミナーは、昨年7月で終了したが、

そのあとを継いで、同会のメンバーだった

高藤法子さんが、継続してくださることになり、

9月6日(日)に、その第1回が

同県「三原市民福祉会館」で開かれた。

(テーマは「エッセイを読んで深い思考力を養う」

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22173256.jpg

文化は、幸いにも東京一極集中にはなっていないが、

こういうテーマは、

なかなか地域では発案しにくいかもしれない

(いや、世界的にも……かな?)。

久々に広島を訪れ、

今回もいろいろの見聞をさせていただいた。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22213305.jpg

『栄養士のためのライフデザインブック』には、

自分たちの組織に講師を招く方法についても、

そして、講師料の決め方までも書いてある。

「アクションあるのみ」である。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22240088.jpg

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22243185.jpg
この本の制作作業進行を通じて、

将来、著者となる栄養士が育ってゆくのを実感できた。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22251099.jpg

健康増進・食生活向上情報は、

医師の専科ではなく、

まさしく栄養士である。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22252842.jpg

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22254503.jpg

この本には、

マスメディアで働く栄養士へのアドバイスもある。

栄養士のライフデザインは、

もっともっと広がるはずである。

生き方を考える栄養士たちへ。_b0141773_22260618.jpg


by rocky-road | 2020-09-13 22:26 | 栄養士のための『ライフデザインブック』