カテゴリ:年賀状何歳でやめる?( 1 )

 

年賀状を何歳でやめますか。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22230205.jpg
年末から数日前まで、
今後、年賀状を「失礼する」というハガキを
何通かいただいた。
いつもの年より多い気がする。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22233275.jpg
その主な理由は体調不良のために
年賀状が続けられなくなった、というのである。
交流がなくなったので「つき合い終了」
というよりも、自己都合のニュアンス。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22241414.jpg
いずれも60代か70代。
気力・体力をどこで使うかは個人の勝手だから、
励ましたり残念がるのは野暮。
ここは、コトバどおりに受け止めて、
「残りの人生を楽しく、愉快に!!
「よい友情をありがとう」などと
その人への最後の返事を出した。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22242793.jpg
人との縁の切り方には、
大別して、フェイドアウト型と
宣言型、死別型があるが、
やはりケジメをつけたほうが
相手は落ちつくし、
本人の心の健康にもプラスになりそうだ。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22250482.jpg
それにしても、
年賀状には「もうすぐ70歳」
70を過ぎて体力が低下し……」
などと年齢にひっかけたものが目立つ。
つまり、暦の年齢に
自分の老化を合わせようとしている。
これが日本文化なのだろう。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22252697.jpg
季節で言えば小寒とか大寒とか、
年齢で言えば、還暦とか古希とか米寿とか。
いずれも中国由来の概念だろうが、
生活環境が大きく変わって
およそ現代日本の気候、
現代日本人のライフスタイルとは
かけ離れたものになっている。

天気予報では
「大寒」だの「立春」だの「啓蟄」(けいちつ)だのと
温暖化が進む現在の日本に
まったく合わなくなった話題を
どういうつもりか、しばしば繰り返す。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22260995.jpg
気象は話題の宝庫で、
いくらでも「話題化」が可能なはずだが、
予報官らの話題力では
「きょうの話題」づくりはムリなのか。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22262527.jpg
もっとも「立春」や「啓蟄」のたぐいは
「苦笑・失笑ネタ」の程度で
さしたるリスクはないが、
「還暦」「古希」「卒寿」「米寿」などとなると
少なからずの実害がある。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22271049.jpg
いずれも長寿を祝う習わしだが、
千数百年前の中国人の寿命を元に
提案された長寿感覚を
21世紀の日本人に当てはめるムリは
少なからずの日本人が理解していることだろう。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22281960.jpg
しかし、健康論として考えると
これは笑ってはいられない問題を含む。
つまりこの中国文化は、
われわれの寿命を縮める方向で
深層心理の中に刷り込まれてゆく。

60歳で赤ん坊の年に還る(還暦)
一巡ということか。
70歳は「稀()(まれ)な長寿である(古希)
だなんて、笑わしてくれるな、と言いたいが、
年賀状には「今年は還暦を迎える」
「私も、もう還暦の年」
などというフレーズがいくつもある。
「だから、なんなの?」

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22275620.jpg
それはつまり、
現代日本人の年齢を
ダンピングすることにほかならない。
100円のものを
60円や70円、80円で売っちまっていいんかい?

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22272267.jpg
映画にたとえれば
最後まで見ないで映画館から出てくるようなもの。
列車で言えば、
北海道旅行を目指している人が
福島か宮城で途中下車してしまうようなもの。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22291204.jpg
「自分の人生の長短を自分で決めて
なぜ悪い?」と言うなら、
こう反論しよう。

「そりゃ、おヌシが悪い。
それは一種の食い逃げだよ!
キミがここまで人生を楽しんできたのは
いったい、だれのおかげ?
親や兄弟や親戚、その他、
いろいろの人のおかげだろう。
その借りをお返しをするには、
60歳くらいで還暦なんて言って
自分を甘やかしてはいけないよ」

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22293357.jpg
人生100(目標)時代。
もう1000年以上前の年齢尺度で
老若を計るのではなく、
もっと遠くまで計れるメジャーを
使う必要があるだろう。

新規にメジャーを作るか、
一種のリデノミネーションを図って
「還暦」を80歳に、
「古希」と「米寿」は捨てて、
90歳の「卒寿」や99歳の「白寿」、
100歳の「百寿」はそのままに。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22294735.jpg
マラソンのレース中に
ゴールラインを遠くに持っていかれた感じだが、
人生とは変化に富んだ、そんなもの。
「楽しむ時間が増えた」と、
早いとこ切り替えることが大事。

言うのは簡単だが、
伝統文化は改変をしにくい。
いっそ、そういう祝いをやめて
毎年の誕生日を大事にする、
できれば自宅以外の場所、
公園やその他の屋外、
飲食店、理想的には旅行先で祝うなどと。

折しも、
尊敬する栄養士からハガキが届いて、
「いわゆる老人ホームに入った」との
お知らせをいただいた。
「お目にかかれたらうれしいけれど、
うまく脱出しないと……」との添え書きが。

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22314428.jpg
わが自家用機はいま修理中だし、
楽器を入れるボックスは持ち合わせないが、
国外逃亡でなければ、
どうっていうこともない。
「近くまで伺いますから、
脱出劇を演じましょう」と、
ご返事しておいた。

 

年賀状を何歳でやめますか。_b0141773_22320454.jpg


by rocky-road | 2020-01-26 22:33 | 年賀状何歳でやめる?