カテゴリ:未分類( 425 )

 

「健康」のリテラシー。

b0141773_12403843.jpg
恒例のパルマローザ

新春ブラッシュアップセミナー」が終わった。

2019119日/日曜日)

演題「『健康軸』で考える、人、社会、モチベーション。」

(横浜市技能文化会館)


b0141773_12430183.jpg
このところ、「健康」の環境性、思想性、

モチベーションとしての意味などについて

考えることが多い。

食生活雑誌時代の仕事は

「健康」がメインテーマであったが、

故・豊川裕之先生の講演で、

「健康は目的ではなく手段ではないか」という

予期せぬ目標を示していただくことになった。

以来、「健康とは何か」は、

私にとっての哲学的テーマとなった。

b0141773_12463946.jpg

セミナーでは、

健康環境とはどこまでを言うのか、

それをみなさんに問いかけた。

結論を先に言えば、

宇宙が膨張を続けている限り、

健康環境もまた無限である。

b0141773_12441604.jpg

少なくとも、

WHOが1946年に提示したような、

「単に病気がないとか、虚弱でないとかというだけでなく、

身体的にも、精神的にも、社会的にも完全な状態」

なんていう狭いものではないことは確かである。

b0141773_12453327.jpg

今回は、健康環境のほんの一部に過ぎない

日本という国の健康度、非健康度や、

思想の健康度、マスメディアの健康度

という尺度を示してみた。

b0141773_12324828.jpg
たとえば、資本主義と社会主義との健康度、

右翼と左翼の健康度、

愛国的日本人のメンタリティと

反日的日本人のメンタリティの健康度、

新聞の健康度、テレビの健康度、雑誌の健康度、

一神教の健康度、多神教の健康度、

極上の孤独愛好者の健康度、

極上の組織プレーを楽しむ人の健康度などなど。

b0141773_12435917.jpg
もちろん、

どちらかに軍配をあげるような野暮は避けた。

健康は、けっきょくは個体差。

人それぞれである。

平均寿命が短い国、貧しい生活の連続、

言論の自由が許されない国にいても、

自分の健康度を良好と感じている人は

少なからずいるはずである。

ハングリー精神には

それなりの健康性はある。

b0141773_12493804.jpg
セミナーで、

健康環境というものが

いかに広く、いかに流動的で、

いかに不確定であるかをお伝えできたとすれば、

それで充分だと思う。

b0141773_12444078.jpg
いまは、もっぱら医療的チェックが

健康度を測るスタンダードになっているが、

そこにとどまるのではなく、

いろいろの基準を設定して、

健康度を複合的に見てゆく必要がある。

体重や食事の内容だけで

健康度を評価することは、

うっかりすると、

その他の「健康の芽」を摘んでしまうことにもなる。

b0141773_12531625.jpg
b0141773_12513575.jpg
b0141773_12560357.jpg

「健康のリテラシー」を深めることが、

このセミナーでのメインテーマであった。

『健康という病』とか、

『極上の孤独』とかの、

いわば「健康無知」の本が売れる国では、

少なくとも健康支援者が、

「健康」を読み解く能力を

もっともっと高めていく必要がある。

b0141773_12572265.jpg
b0141773_12570557.jpg

「健康」のうれしいことは、

人の健康を促すことは、

自分の健康度があがるという点であり、

健康が生きる目的ではなく、

人生を楽しく、有意義に送るための

手段であることを

心から理解することになる点である。

b0141773_17050715.jpg


by rocky-road | 2019-01-23 12:59  

白い水仙と灯台の物語。

b0141773_21463082.jpg
水仙には思い出がある。

ある年の正月、

見知らぬ女性から絵ハガキが届いた。

そのハガキの写真は爪木崎である。

読むと、

私が連載中の雑誌に書いた

「白い爪木崎」という文章に共感して、

伊豆半島の先端にある爪木崎に来た、

いま、そこで絵ハガキを書いている、と。

b0141773_21460341.jpg
b0141773_21483591.jpg
b0141773_23081191.jpg
関西在住の人とかで、

『海の世界』という、その雑誌を読んだという。

船員向け、船好きの人向けの雑誌であった。

b0141773_21473621.jpg
連載記事について

少し前置きをしておくと、

当時、私が所属していたスノーケリングクラブでは、

毎年、正月はどこかの海に出かけた。

爪木崎には何回か訪れている。

そこには灯台があって

海の中からそれを見るのは、

なかなかの風情であった。

b0141773_21470241.jpg

もう1つの見どころは、

灯台の下の海岸に自生している水仙である。

正月前後のシーズンには開花し、

周辺を白い花と香りとで華やがせた。

連載記事は、そこを訪れたときの話である。

その年は開花が遅れていて、

私たちが灯台下で潜ったときには

まだほとんど開花していなかった。

旅から帰って数週間後、

弁当箱よりやや大きめの段ボール箱が届いた。

b0141773_21481334.jpg

あけると水仙の花の部分約20センチのものが

20本ほど入っていた。

爪木崎の民宿の娘、小学6年生の弘美ちゃんが

水仙を摘んで送ってくれたのである。

当時は宅配便はなく、小包だった。

「おいでになったときは咲いていなくて

残念でした。

いまごろ、ようやく咲いたのでお送りします」

という手紙が入っていた。

b0141773_21525828.jpg

水仙は、しおれてしまっていた。

しかし、コップに水を張って挿すと、

すぐに、あの水仙の表情になった。

写真に撮って、礼状と一緒に送った。

冗談に「今度は白い灯台を送ってください」

b0141773_21523826.jpg

この話を読んだ、関西在住のK嬢が、

同地を訪れて、そこからハガキを書いてくれた。

当時は、版元に電話をすれば、

筆者の住所などあっさりと教えてくれた。

彼女は、私の住所と、

そこから絵ハガキを書くというプランを持って

「白い爪木崎」への旅に出た。

b0141773_21560750.jpg

この連載は「ニッポン海底散歩」というシリーズで、

1回ごとに1か所の旅先をエッセイタッチで書いた。

1年12回の予定であったが、

継続の依頼をいただいて18回の連載となった。

b0141773_21542479.jpg

これにも後日談があって、

宮城県在住の読者が、

私の全連載をコピーして

1冊の冊子にして送ってくれた。

自分の連載記事は、その1冊に収まって

いまも書棚の貴重資料となっている。



b0141773_21570491.jpg
b0141773_21551463.jpg
b0141773_21581906.jpg

b0141773_21594625.jpg

「白い爪木崎」のKさんとは、

いまも年賀状のやりとりが続いている。

b0141773_21590895.jpg

そうか、

今年は新年早々、2回の水仙への旅が続いた。

(葛西臨海公園、千葉県岩井の富山=とみやま)

このブログに使った写真をプリントして、

Kさんに送ってあげることにしよう。

b0141773_21472336.jpg

b0141773_22005327.jpg


by rocky-road | 2019-01-14 22:01  

2019年、初撮り。

b0141773_23090290.jpg
b0141773_23074023.jpg
b0141773_23115112.jpg
b0141773_23133437.jpg
b0141773_23070883.jpg
b0141773_23075566.jpg
b0141773_23072667.jpg
b0141773_23141996.jpg
b0141773_23065857.jpg
b0141773_23153027.jpg
b0141773_23162275.jpg
b0141773_23164627.jpg
b0141773_23173708.jpg
b0141773_23174841.jpg
b0141773_23180306.jpg
b0141773_23191888.jpg
b0141773_23062889.jpg
b0141773_23061556.jpg
b0141773_23185819.jpg
b0141773_23081134.jpg
b0141773_23221033.jpg
b0141773_23063716.jpg
b0141773_23233771.jpg
b0141773_23253551.jpg
b0141773_23064622.jpg
b0141773_23261886.jpg
b0141773_23265648.jpg
b0141773_23292015.jpg
b0141773_23274609.jpg

by rocky-road | 2019-01-04 23:31  

夢も希望も、愛もある2019年。

b0141773_23554463.jpg

1223日(日)の遠距離クラス(横浜)と、

一部の毎月クラスで、

「抽象語で表現の幅を広げる。」

というテキストを使って講義をした。

b0141773_23565893.jpg
抽象語とは、「本能」「理性」「自我」「希望」「健康」などなど。

カタカナ語にも「アイデンティティ」「イニシアティブ」

「ガバナンス」「モットー」「リテラシー」などがある。

目には見えない、指で指し示すことができないコトバである。

b0141773_23564514.jpg
やまとコトバには、抽象語がきわめて少ない。

心、魂、あした、あさって、美しさ、夢などは一部。

もし日本人が、漢字と出会っていなかったら、

週末や来月、来年、未来、希望、理想、平和、愛などを

認識することはできなかった。

講義の目的は、

目では見えないものを見る能力を高めること、

目に見えるものを脳で認識すること、

日々のコミュニケーションに

幅と奥行きを増すこと、

話を簡潔にすることなどである。

b0141773_23580098.jpg
健康支援者に限らず、

カウンセリング的コミュニケーションには、

抽象名詞が多くなる。

いやいや、抽象名詞を使わなくても、

カウンセリングはできる。

「晩酌のビールが大びん1本では多すぎますよ」

「食後は甘いものや穀物、アルコールは避けたいですね」

ダメ出しは、抽象語を使わなくてもできる。

(「ダメ」は抽象語だけどね)

b0141773_23560179.jpg
(上記のうち、どれが抽象名詞? どれが具象名詞?

ちなみに、動詞や形容詞、形容動詞、副詞などは、

もともと抽象的なコトバだから、

わざわざ「抽象動詞」とか「抽象形容詞」とかとは言わない。

「美しい人」「美しい話し方」「美しい引退」「美しい人生」)

b0141773_00031147.jpg
「週末に、ご予定などおありですか」

「ご自分で健康だなってお感じになるときは、

どんなときですか」

には、「週末」や「予定」「健康」などの抽象名詞が入ってくる。

b0141773_00032224.jpg
人生や未来、生きがいを話題にするときには、

「満足」「幸福」「安堵」「方針」などの

抽象名詞が多くなる。

「健康」も「不健康」も「病気」も「未病」も

抽象名詞である。

b0141773_00040574.jpg
「抽象名詞は多く使うほどよい」

などというものではないが、

愛や健康や人生を話題にするときに、

「冷静」「寛容」「信条」「協調」などの抽象語を使わないと、

話が深まらない、心に響かない、という傾向がある。

b0141773_00042753.jpg
b0141773_00063354.jpg
講義の初めに

「抽象語について学んでいる健康支援者は

世界中でも、そうそういないはず」と言ったが、

けっしてハッタリや大言壮語ではない。

健康支援者が、

今後、「人々にどのように貢献するか」

を考えるとき、

抽象語について着眼するのは

当然の成り行き。

いわばデコボコ道を平らに整地したようなもの。

b0141773_00052654.jpg
b0141773_00050415.jpg
ここから話を変えて、

毎年、財団法人・日本漢字能力検定協会が

「この1年を漢字1字で表現するとしたら」

という課題で全国募集を続けているが、

なんとも無責任なポピュリズム(大衆迎合)である。

b0141773_00084976.jpg

2018年は「災」(2004年にも)だと言い、

2017年は「北」だと言う。

過去には「金」「輪」「安」「愛」「絆」など、

ハッピーなものもあるが、

「偽」「変」「暑」「震」「倒」「毒」など、

アンハッピーなものも多い。

b0141773_00100223.jpg
ちぐはぐなのは、

これの発表を京都の清水寺の境内、

つまり宗教施設で行なうという点。

人心を鎮めるべき宗教者が、

「災」だ「北」だと大書するのを

ヤイノヤイノと報道する無神経ぶり。

b0141773_00110852.jpg
b0141773_00083315.jpg
b0141773_00122528.jpg
b0141773_00091197.jpg
「この字を書くことは、

当寺としては辞退させていただきます」

くらいのことは言ってほしい。

それが祈りの心というものではないのか。

宗教者には人を幸せにする責務があるのではないか。

時事評論家になる意味はまったくない。

b0141773_00145377.jpg
b0141773_00143686.jpg


by rocky-road | 2018-12-31 00:15  

100人の「句読点派」に乾杯!!

b0141773_12275160.jpg

まず、以下の文章に目を通していただきたい。

 第四条 此の小説は、句読点無くしては

  読めるものに非ず、乃ち(すなわち)

  「、」「?(白点「、」の白抜き)「。」の三通りの

  句読を設けたり。一生懸命之に便る可き事。

 第五条 此の小説には、--(ダッシュ)

  ……(リーダー)多く、***(スター)や

  ( )(クワツコ)を用ひて、

  大いに妙味を助けたる処なり。

b0141773_12293634.jpg

この前書きは、

明治22年(1889年)8月に発表された

小説家で、のちに児童文学作者ともなる、

巌谷小波(いわや さざなみ)の小説

妹背貝』の序文の一節である。

(『言語生活1962年2月号

「小説での補助符号」 大橋禄郎執筆から)

b0141773_12315830.jpg

b0141773_12294564.jpg

西洋文学の影響や、言文一致運動の考え方から

「補助符号」(ほじょふごう/くぎり符号とも)を使って、

文章を読みやすく、かつ、文章を活性化しようと、

このころの作家や詩人は

いろいろと試行錯誤を行なった。

「?」「!」≪≫など、

欧米の符号が積極的に輸入されるのもこのころである。

明治の小学生の国語の教科書には

句読点を打ってあり、

その使用をすすめたが、

意外なほど一般には受け入れられなかった。

b0141773_12373322.jpg

補助符号を活用するのは

もっぱら小説家や詩人など、狭い範囲であった。

公文書や新聞記事には

句読点は省かれることが多かった。

戦争の記事には、今日の傍点(、)の位置に

「■」や「◎」「●」などを

長いセンテンスにべったり付して

戦意高揚を図るため、

文面を活気づかせたりしていたが、

新聞の全文章に句点「。」が打たれるようになるのは、

戦後も5年もたった昭和25年7月1日とされる。

(朝日新聞が最初。『日本語 使い方 考え方辞典

 岩波書店発行による)

日本語の文章は、漢字、ひらがな、カタカナ、

ルビ(かな振り)、アルファベットを使って表記し、

そのうえ、縦書き、横書きが自由となっているので、

表記や文書の規範となる「正書法」が定まりにくい。

「言葉」「ことば」「コトバ」のどれが正しい書き方かを

統一することができない。

つまりルールがゆるいのである。

それは、日本人が多様性を好む表われかもしれない。 

b0141773_12312651.jpg

ところが、

これほどゆるい正書法しか持っていない国民が、

まるで独裁者から厳命を受けたかのように、

「喪中につき」のあいさつハガキと年賀状、

その他の「ご案内」から、

句読点、とくに「句点」(。)を省く書式を

全員そろって〝厳守〟する様子は、

文化現象として特筆すべきことである。

b0141773_12390000.jpg

b0141773_15560627.jpg
「個々の表現力をパソコンに奪われた状態」
ハガキ印刷業者に自己表現力を奪われた状態」

「手紙、ハガキを書かない階層はこんなもの」

「カタチだけの儀礼主義を好む日本人」

など、いろいろの見方ができるが、

日本人全体として見れば、

要するに自分のコトバで

話したり書いたりするのが得手でない、

などの結果、と言うに尽きるだろう。

b0141773_12393317.jpg

もともと、結婚、転職、離・退職、転居などのご案内は

町の印刷屋任せが一般で、

民間人は、こういう文章を書けなかった。

義務教育の国語でも、

この種の文章の書き方を教えることはなかった。

b0141773_12405040.jpg

言語学的興味としては、

普通の文章からも

句読点を省く風潮が広がるかだろうか、

というところであるが、

それはまずないだろう。

そういう判断さえできず、

とりあえず、だれかの音頭取りについていく、

というのが現状である。

b0141773_12412114.jpg

現代の音頭取りとは、

印刷業に代わって

パソコンソフト会社や

多量ハガキ印刷会社、

郵便会社というところであろうか。

かれらのミスリードから逃れられない、

というのが現実である。

なにが「言論の自由」だ。

b0141773_12411036.jpg

明治以来、

表記法にかかわる人たちが、

一所懸命に正書法を求めて、

いろいろのルールをつくってきたが、

百数十年たったところで、

案内ハガキからは句読点を省く、

という現象が

この世にはほんとうにある、

これを言語学はどう解釈するか。

b0141773_12410065.jpg

「昔の人は、句読点はうたなかった」

「点で区切ると縁が切れる」

などと、もっともらしい理由をつける見当違いの者がいるが、

「句読点省き型案内文」の底流には

案外、こうした俗説があるのかもしれない。

b0141773_10422881.jpg

筆記具は筆しかなく、

文机(ふみづくえ)もなく、

手紙は手に持つか、

畳や縁側に置いて書いていた時代

(書ける人は、ごくごくわずか)の表記法と、

1世紀に入って普及したパソコンとが、

見事にマッチングした稀有な事例として、

研究対象とするとおもしろい。

「やっぱり句読点は入れようよ」と

Uターンが始まるのは早くても50年後、

ひょっとしたら、

100年先まで持続するかもしれない。

そこまで待てない人は、

自分に対しては

「♪ わたし バカよネ おバカさんよね ♪」

と笑って許すか、

「国語の汚染はゆるさんぞ」と突っ張るか。

b0141773_12430959.jpg
b0141773_12494766.jpg

そして、他人のご案内ハガキに対しては

「ブルータス お前もか!!」と嘆息するか、

日本人の知力、文章力向上への決意を高めるか、

選択肢はあまりないが、

幸いなことに、

この現象にストレスを感じる人は

100万人に1人、

つまり日本には100人いるかどうか、

というオーダーだから、

そう心配はいらないのかもしれない。

b0141773_12524708.jpg

b0141773_12432615.jpg

「句読法」を誇りに思う人には、

こう言いたい。

文末に「。」をうつことは、

自分の文章に責任を持つことであり、

「自分が表現した」ということのアカシであり、

温かさの表現である、と。

b0141773_12434091.jpg

b0141773_12503458.jpg
b0141773_12500251.jpg

最後の「喪中につき」ハガキは、

2018年末の20通分の1通、

文化財として永久保存したい

句読点のついたハガキである。

b0141773_12193780.jpg


by rocky-road | 2018-12-10 12:44  

心にも栄養を与えられる人に。

b0141773_18080179.jpg

過日、大学の健康栄養学科の3年生に

「特別講義を」とのご依頼をいただいた。

50人。

受講態度がよく、気持ちよくお話しすることができた。

演題は「文章力で支える生きがいと健康

「文章力」とはいえ、メインテーマは「健康」である。

全員に課せられる、

講義受講後の提出レポートについて、

担当の先生からその概要を聞いた。

その限りでは、

学生たちは、

こちらの話を充分に吸収してくれたようである。

受講姿勢の印象どおりであった。

b0141773_18081328.jpg

「肯定的指摘をして、

相手のモチベーションを

高めるという話が印象に残った

『今日のネクタイ、今日の青空みたいですね』

『そのブラウス、うちの庭のヒマワリの色です』

のように、ことさらほめなくても、

相手のモチベーションを高められることを話したが、

そこにも共感してくれる学生がいたらしい。

b0141773_18084095.jpg

個人的に参加したインターンシップの

『コミュニケーション講座』で

人と目を合わせることで心が通じ合えるという

講習を受けた学生は、

私の講演のときに実践してみたという。

その結果、講師の私と何度か目が合った。

そして、何回か、

その人に問いかけをした、とか。

講義の冒頭で、

大学卒業について、

履歴書には「最終学歴」として記入するが、

むしろ「社会人入門」の最初の講義と考えたほうがよい、

大学で学んだことの多くは

社会に出てすぐに役に立つことがある、

だから、

ノートは、すぐ出せるようにしておくとよい、

などという話もした。

これにも反応してくれる学生がいたようである。

b0141773_18110927.jpg

文章力についての講義ではあったが、

非言語コミュニケーションについても

少なからず話した。

TPOに合わせた表情、服の色、デザインなど。

この部分についても

理解してくれた学生があったようである。

「栄養素士」についても話しておいた。

「食事」ではなく「栄養素」中心の話をする栄養士が

なんと多いことか。

これが「栄養素士」である。

b0141773_18111723.jpg

現状を知って辛い思いをした学生も

いたようである。

学校で学んでいることは人体や栄養学だが、

健康について、

心理面や行動面を見ることも

忘れないようにと説いた。

「栄養士として、食だけでなく、

心にも栄養を与えられる人に

なりたいという夢を持った」

という学生のコメントが耳に残る。

「心にも栄養を与えられる人に

 なりたい」人がいたとすれば、

こちらがシビレる。

b0141773_10431760.jpg

学生たちは、

しっかりポイントをつかんでいる。

現役栄養士に負けてはいない。

人生100年時代を念頭に

栄養学を見直せば、

新しいセンスをもった栄養士は

いくらでも育ってくるだろう。

ところが、社会の第一線で働く栄養士たちは、

501日ごとし」の賞味期限切れ栄養学を

社会に拡散しているのが現状である。

新聞を見ていたら、

『食べれば食べるほど若くなる法』

なる本を平然として出している管理栄養士がいる。

このいやらしい書名は

版元の発想なのか、

(まさかとは思うが)本人の売り込みなのか、

いずれにせよ、絶望的な現状である。

b0141773_18172584.jpg

栄養学以前に、日本語がうまく使えない。

「食べるほど若くなる」なんていうことは、

論理的にありえない。

一方、

要介護認定を受けた高齢者の家を訪問する

管理栄養士を紹介する記事では、

その担当者が、

13回の食事のうち、

2回はご飯などの主食と主菜、副菜の3品が

そろった食事をとるように、

と指導しているという。

b0141773_18180196.jpg

さらに「1日の食事に肉、魚、卵などの

たんぱく質を含む食品5種類と、

野菜、イモ類、果物などのビタミンやミネラルが

とれる食品5種類の計10種類がそろっていることが

バランス良い食事の目安」と。

言うのは簡単だが、

これを通院できない要介護の高齢者、

または家族がどう認識するのか。

栄養素と食品の数と、料理の品数と、

頻度とが入り混じっていて

カテゴライズが完全に分裂。

b0141773_18192549.jpg

これでは、健常者でも頭に入らない。

かつての「130食品を」を想起させる。

それでいて量の目安がまったくないので、

ゴールのないマラソンレースに

無理やり出場させられた選手状態。

栄養学は、それなりに進歩しているはずだが、

その恩恵を受けるべき人間が

対象から外されている。

「病気を診て人を見ない」の道を

たどっている。

b0141773_18170730.jpg

この状態は、

災害で孤立した集落に、

ヘリコプターで物資を投げ落とすのに等しい。

そこにどんな人が、

何人くらい住んでいるか、

どんな物資を優先して提供するのか、

それらを確かめることなく

過剰な物資を放り投げている感じ。

b0141773_18160630.jpg

寸断されている道路を修復して、

適量の物資を搬入する手段を

真っ先に考えるべきだが、

栄養学は、その知識を伝えるための

コミュニケーション力の強化について

ほとんど考えることなく

物資の調達ばかりを続けている。

5種類だ」「10種類だ」と、

認知能力が低下している人に、

健常者でも覚えきれない数値を示すのではなく、

朝食から夕食まで、

とるべき食材または料理の絵を

図表にして持っていって、

冷蔵庫にでも貼ってもらえば、

ずっと実践しやすくなる。

b0141773_18225481.jpg

場合によっては、

1か月ごとのチェック表を配布することも可能。

かつて、私が担当した食生活雑誌では

毎年1月号に「365日 献立カレンダー」を

付録としてつけていた。

数種類の薬を

正確に飲むことができない高齢者に

13食のメニューを伝えるのは至難の業。

いよいよ栄養学も

流通サービス業に当たる

「健康コミュニケーション学」を

新設する必要が出てきたのではないか。

b0141773_18365535.jpg

「ヘルスコミュニケーション学会」は

すでにあるが、

さて、どの程度の実績をあげているのか、

学会員に聞いてみたい。

b0141773_10490538.jpg

栄養士の卵たちの

「栄養士として、食だけでなく、

心にも栄養を与えられる人に

なりたいという夢が出来ました」

との願望に、

栄養士教育は応えられていない。

まずは、教員たちの再教育に

すぐにでもかかるほかに道はない。

b0141773_10310543.jpg

それに当たる「教員の教員」の養成には

どうすればよいか。

いつでも相談に乗る準備はある。

以上は理想論ではない。

できもしない空論を述べるのは大嫌い。

b0141773_18210034.jpg

さあ、「♪ あなたなら どうする?

泣くの 歩くの 死んじゃうの?♪ 

あなたなら あな~たな~ら……♪」

(なかにし 礼 作詞)

b0141773_18251157.jpg


by rocky-road | 2018-12-05 10:50  

ローマとヒロシマの物語。

b0141773_20423456.jpg

コミュニケーション研究会 ひろしま≫が主催する

コミュニケーション力強化のためのセミナーは

5年目を迎え、年4回シリーズの1回目が始まった。

2018114日 広島県三原市)

b0141773_20572237.jpg

今回は『一冊まるごと 渡部昇一』

(致知出版 20184月発行)

という本をテキストに使い、

渡部先生と塩野七生(ななみ)さんの対談部分を読んだ。

この対談ページのタイトルは

「『ローマ人の物語』に学ぶ将の条件」

「将」は「将軍」の将、

ここではリーダーのことである。

b0141773_20394964.jpg

渡部昇一氏(わたなべ しょういち/

山形県鶴岡市生まれ。19302017年)は

上智大学文学部英文科を卒業後、

同大学の教授を長らく務めた学者であり著述家。

海外生活期間もあり、

学識が深く、腰の据わったリアリストでもあった。

私は1980年代から、氏の雑誌論文を愛読し続けている。

テキストに使った本は、

渡部氏が4人の学者や論客と行なった対談をまとめたもの。

b0141773_20371244.jpg

1日で全部を読むのはムリなので、

今回は、塩野七生氏との対談部分。

(月刊誌『致知』の20082月号に

掲載されたものの再掲載分)

塩野さんが登場するページを選んだのは、

旧来の日本的、女性的な論法ではなく、

リアリティのある、切れ味のよい発言を

女性たちに知っていただきたいから。

b0141773_20443330.jpg

塩野さんは、1937年、東京生まれ。

学習院大学文学部哲学科卒業。

イタリアのフィレンツェへ留学して以降、

イタリア関連の著作を続けている。

大作『ローマ人の物語』は、

1992年から年1冊のペースで発表し始め、

2006年に全15巻を完結した。

対談は、その2年後に行なわれたもの。

b0141773_20444789.jpg

大作を書きあげたばかりだったので、

対談の冒頭、こんな発言をしている。

b0141773_20401308.jpg

塩野 「長年2000年以上前の人たちとばかり

 付き合ってきたから、

 生きている人とお付き合いするのが下手になっちゃって、

 うまく話せるかどうか心配ですが(笑)」

b0141773_20472958.jpg

こういうジョークがさらっと出るところに

知性と大人を感じる。

一方、別のところでは、

『ローマ人の物語』には

戦争の叙述もしっかり描かれていることを

渡部先生から指摘されると、

こう応じている。

b0141773_20481646.jpg
b0141773_20402621.jpg

「もともとチャンチャンバラバラが大好きなので(笑)。

ローマの歴史というのは、大半は軍事の歴史ですよ。

ただ、その戦況の進展を示す図ですが、

司馬遼太郎先生は印刷までは

させていらっしゃらないようですね。

やはり戦争は悪だというのは私も賛成です。

しかし、もろもろの事情で、

仕方なく突入してしまう。

その時、名将が指揮した戦争は

味方の犠牲が少ないだけでなく、

敵の犠牲も少ないんですよね」

b0141773_20490918.jpg

こういうことをさらっと言える人が

女性に限らず、日本にどれくらいいるのだろうか。

「戦争は絶対いけない」というところで

思考が止まってしまう、というより、

平和志向をポーズすることにすり替えてしまう人が

圧倒的多数のこの国では、

どうすれば戦争を防げるかを

理論的に考えることを放棄してしまう。

b0141773_20382543.jpg

スポーツチームが強くなるには、

「メンタルとフィジカルが大事」という。

ここまでの思考はできても、

オールジャパンを強化するには何が必要か、

を考えようとしない。

うっかり考えると、

与党議員や公的立場の人の場合は

野党から吊るしあけられたり、

軟弱メディア(ほぼすべて)からは叩かれたりする。

b0141773_20485400.jpg

これほど人為的に思考を止めてしまうと、

モノの道理も世の中の動きも見えなくなってしまう。

おバカに生きることを強要されるのは、

食事を与えられないのと同じくらい

人間にとっては辛いことである。

b0141773_20404081.jpg

その辛さを忘れるには、

家の中でも食事中でも、

歩きながらでも、スマホをのぞき込んで

視線や思考を狭めないと、

ストレスを緩和できないのかもしれない。

b0141773_20373899.jpg

きょうの新聞(1113日 読売)には、

女性雑誌の広告が出ていたが、

著名な作家が

「誰にも邪魔されない『私の時間』」というテーマで

書いているか話しているのか、しているらしい。

特集は、その作家に「学ぶ」だとか。

b0141773_20543022.jpg

邪魔の入らない「私の時間」が作れないなんて、

大人の言うことではない。

そんなことすらできないとは、

警察か税務署に尾行でもされているのか。

恥ずかしげもなく、

メディアでそういうことを公言する

女性作家の視野の狭さ、社会性のなさは、

「極上の孤独」を提案する作家にも通じる。

5歳のチコちゃんに叱ってほしい。

「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」

b0141773_20505905.jpg

そんなカマトト女性論者にはならないためには、

塩野さんのような、スケールの大きな論説に

触れておくことは意味があるだろう。

いや、バカ予防のためというよりも、

論理的思考のできる自分づくりのために、

2000年間、ローマ暮らしをしてきた

骨太の日本人から学ぶことは意味がある。

b0141773_20562079.jpg

渡部/塩野対談では、

「知力」(インテリジェンス)の大切さを

しきりに語り合っている。

「知力」は「知識」ではないこと、

「知力のある人は他の人が見えないものが見えるんです」

などなど。

そして言う。

「日本のリーダーには(説得力が)

一番欠けているんではないでしょうか」

「なぜスピーチが大切かというと、

やっぱり人間はみんな希望を持ちたいんです」

b0141773_20580369.jpg
b0141773_20583327.jpg

(セネカ/ローマの哲学者)のコトバとして

「人間にとつて最後まで残るのは希望なんだと。

だから希望を与えること、つまり我々はやれるよ、

と思わせることがリーダーの

一番大切な仕事なんです」

b0141773_20595483.jpg
b0141773_21012985.jpg
b0141773_21001976.jpg

さあ、人の健康を支える

健康支援者というリーダーとして、

知力をどう強化するか、説得力をどう磨くか、

希望をどう与えるか。

b0141773_21052781.jpg
b0141773_20581962.jpg

人の行動に「ダメ出し」しかできない人間には

縁のない話である。

b0141773_21065431.jpg

1日セミナーの最中、

45分間休みを取って、

地元のお祭りを見物した。

主催者のスケジュールである。

夏の水害のため、予定していたお祭りが

114日に延期開催になったのだという。

b0141773_21072999.jpg

邪魔がめいっぱい入る雑踏の、

なんと楽しいことか。

これぞ「極上の人混み」である。

ここでも知力は磨かれるのである。

b0141773_21095242.jpg

b0141773_21071142.jpg


by rocky-road | 2018-11-13 21:10  

コンニチハ 「健康さん」。

b0141773_22414941.jpg

2018年1029日の「読売新聞」に、

上の写真のような広告が載った。

舌を出した樹木希林さんである。

確か、アインシュタインにも、

舌だし写真があったと思う。

希林さんのメッセージとして、

こんなコメントが綴られている。

少し長いが、引いておこう。

広告主は宝島社。

b0141773_22423416.jpg

「サヨウナラ、地球さん。

 靴下でもシャツでも、最後は掃除道具として、

 最後まで使い切る。人間も、十分に生きて

 自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に

 尽きるんじゃないかしら。そういう意味で、

 がんになって死ぬのがいちばん幸せなのよ。

 用意ができる。

 

b0141773_22433771.jpg

 片付けして、
 その準備ができるのは最高だと思うの。

 ひょっとしたら、
 この人は来年はいないかもしれないと思ったら、

 その人との時間は大事でしょ? 

 そうやって考えると、がんは面白いのよ。

b0141773_22435438.jpg
 いまの世の中って、ひとつ問題が起きると、

 みんなで徹底的にやっつけるじゃない。だから怖いの。

 自分が当事者になることなんて、

 だれも考えていないんでしょうね。

b0141773_22442245.jpg
b0141773_14361647.jpg

 日本には「水に流す」という言葉があるけど、

 桜の花は「水に流す」といったことを表しているなと思うの。

 何もなかったように散って、
また春が来ると咲き誇る。

 桜が毎年咲き誇るうちに、
「水に流す」という考えかたを、

 もう一度日本人は見直すべきなんじゃないかしら。

b0141773_22502018.jpg

 それでは、みなさん、

 わたしは水に流されていなくなります。

 今まで、好きにさせてくれてありがとう。

 樹木希林、おしまい。」

b0141773_22464285.jpg

もちろん、ご本人がこの日を予想して書いたのではなく、

ライターが、希林さんのいろいろのコトバを

この分量にまとめたのだろう。

希林さんの口調以前に、

発想そのものを受け止めている。

段落や行替えのない追い込み表記も、

読点や句点の打ち方も、しっかり考えている

(ここではブログ用にレイアウトを変えさせていただく)。

b0141773_22472657.jpeg

日本には「辞世の句」(じせいのく)の伝統があって、

死を意識して、元気なうちに書き残しておくのが

責任のある者のたしなみとなっている。

あまり文字数を増やさず、

ずばっとわが人生を言い切るのが流儀である。

b0141773_22483006.jpg

足利義隆はこう詠んだ。

「何事も夢まぼろしと思い知る 身には憂いも喜びもなし」

無常観と無我の境地である。

b0141773_22481351.jpg

西行法師は、こう詠んだ。

「願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」

b0141773_22500715.jpg

高杉晋作もまた、達観する。

「おもしろきこともなき世もおもしろく」

辞世の句は、男性に多いが、

明智光秀の三女、珠(たま)、

別名、細川ガラシャのものが残っている。

「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」

b0141773_22494845.jpg

欧米には辞世の句の文化はないが、

最後のコトバを記録する点では東西は共通している。

フランスの文豪・スタンダールは

「生きた 書いた 愛した」

が、最後のコトバだったとされる。

b0141773_22515248.jpg

冒頭の希林さんの辞世の句(句でないが)は、

自身の作ではないけれど、

ライターは、

かなりの程度、希林さんを代弁している。

歴史を経て、現存する辞世の句にも、

周囲の人に代筆させたものは少なくないだろう。

b0141773_22514161.jpg

しかし、そのことは問わず、

要は、その人らしさを醸し出すこと。

靴下やシャツ同様、

自分を使い切ったと見る希林さんの思想は、

しっかり文章化されている。

「サヨウナラ 地球さん」と言いながら

内容は日本人へのメッセージになっている、

そのあたりも希林さんらしさを感じさせる

制作者の演出力だろうか。

b0141773_22512908.jpg

折しも、

来年早々、パルマローザセミナーで講じる

≪健康軸で考える 人、社会、モチベーション≫

について構想中だが(2019119)、

そのモードであの新聞広告を見ると、

さすが希林さん、健康な死に方をしたな、

と実感する。

「健康」は、科学の対象でありながら、

夢や希望とも深くかかわるロマンでもある。

b0141773_22525045.jpg

リアリティとファンタジー、

人類史は、

こんなにおもしろい思考のテーマ(哲学ではない)を

たくさんの余地を残してくれていた。

アリガトウ 昔々から今日までの、地球のみなさん

b0141773_22530492.jpg

 


by rocky-road | 2018-10-31 22:54  

ボーっと生きてる乾物型栄養士。

b0141773_22013135.jpg

1011日だったか、

NHKテレビの「ごごナマ」という番組で

乾物と缶詰とで作る料理を紹介していた。

おもしろい着眼で、企画力を感じた。

b0141773_21261348.jpg

しかし気になったのは、

11つの料理について、

栄養士が「一品で食物繊維の1日分がとれる」

「カルシウムに富んでいる」などと

いちいち栄養素コメントを入れていくところ。

101日のごとく」どころか、

501日のごとく」

それぞれの料理の栄養評価をしていた。

b0141773_21264843.jpg

13食の中での充足という視点はゼロで、

バラバラに紹介される単品の栄養的特徴を指摘することに

どれほどの意味があるのか。

b0141773_21263059.jpg

終戦直後、

観光地のおみやげ用菓子のパッケージに、

「カロリーは卵の何倍」などと書いてあったが、

エネルギー量を菓子と卵とで比較して

「勝っている」とする素人栄養学に苦笑したことがあるが、

料理の11つの栄養価を言うセンスも、

似たようなものである。

b0141773_21280510.jpg

現在、カルシウム不足の人がいたとして

(そんな自覚がある人が日本にどの程度いるのか)、

ハッとして、その料理を作って食べたところで、

栄養状態が改善されるものではないし、

毎日、乾物と缶詰を使った料理を

食べ続けたいという人はいないだろう。

深刻なカルシウム不足であれば、

カルシウム剤を利用することになるだろう。

b0141773_21283438.jpg

栄養学には、

依然として、料理を楽しむ方向性はなく、

食材や料理から薬事効果を求め続けているのか、

……なわけはないだろう。

b0141773_21290986.jpg

知る必要のない情報を提供するのは、

企画者の勉強不足、センス不足にほかならないが、

そんな食の素人ディレクターあたりが書いたコメントを

プロの栄養士がシャアシャアとして再読する、

そんなことをいつまで続けているのか。

b0141773_21295553.jpg

この状態を

栄養学の停滞、怠慢と言わずして何と言おう。

少しは前進しろよ。

「人間栄養学」はどこへ行っちまったのか。

栄養学は、

料理を栄養剤として見ることなんぞ

目指してはいないはずである。

b0141773_21302169.jpg

b0141773_21284635.jpg
料理を作る楽しさ、

みんなでいただくときの話題性、

だれに、どんなときに振る舞うか、

献立構成の考え方など、

食生活を学び、深め、楽しむ方向は

いくらでもあるはずだ。

b0141773_21311840.jpg
b0141773_22560373.jpg
b0141773_22565459.jpg

21世紀の日本の栄養士のオピニオンリーダーは、

次の1歩が見つけられず、

501日ごとく、

乾物のように水分を失って

秋風にカラカラと揺れているのが現状。

b0141773_21254760.jpg

方向性に迷うことなど1つもない。

栄養、運動、休養に加えて、

ライフスタイルの見直しと充足である。

b0141773_21322280.jpg

1013日のNHKテレビ・スペシャル、

「AIに聞いてみた どうすんのよニッポン」

シリーズの第3弾「健康寿命」でもやっていたが、

健康寿命にプラスに働くのは

食事や運動よりも、

読書習慣であったり、近隣の図書館の数であったり、

街の治安であったり、だという。

b0141773_21325037.jpg

関係者が、どういうキーワードをAIに与えたか、

気になることは多いが、

いずれにしろ、

ライフスタイルと健康との関係の重要性を

コンピューターさえ気づき始めているのである。

乾物化した栄養学は、

時代から置いて行かれることを

このスペシャル番組も暗示していた。

b0141773_21325710.jpg

同じNHKのテレビ番組

「チコちゃんに叱られる」風に言えば、

「全国の少なからずの栄養士に伝えます。

『ボーっと生きてんじゃねぇ~よ!!!』」

しかし、幸いなことに、

「ボーっと」生きてはいない栄養士、健康支援者も、

全国の現役栄養士、管理栄養士のうち、

0.00012%くらいはいる。

去る1014日(日)、

食コーチング・プログラムス主催の食ジムで、

『「食コーチング」のスキルを、

栄養士・健康支援者活動にどう活かしているか。』

というテーマで

20名が終日話し合ったが(座長 影山なお子さん)、

方向性を射程に入れた健康支援者が

しっかり実績をあげていることを実感させてくれた。

b0141773_21345722.jpg

「食事相談のとき、

いままでは、なにか答えなくては、

指導しなくてはいけないと焦ることがあったが、

食コーチングのスキルとして、

まずはクライアントが話したいことを引き出すことで、

自発性を引き出すことができて、

次につながる1mmの変化を感じるようになった」

(特定保健指導の仕事をしている栄養士)

b0141773_21352827.jpg

「認知症が出始めている高齢者と接するとき、

衣服の色や柄、髪形などを指摘することで(肯定的指摘)、

相手の笑顔や発話を引き出すことができるようになった」

(高齢者施設で働き始めた栄養士)

b0141773_21360000.jpg

「食コーチングのスキルを学んでの大きな思考の変化は、

身だしなみにお金をかけるようになったこと。 

以前は、身だしなみにお金をかけるより、

目的もなく貯金することだった。

人づきあい、身だしなみが苦手だった自分が

お洋服の力を理解し、味方につけられたことを

思うと感慨深い」

(給食センターに勤める栄養士)

b0141773_21363308.jpg

これらの体験が示すものは、

栄養知識や健康知識を伝える以前に、

対象者との間に表情や身だしなみ、

そのあとでコトバの橋を架けること(ラポール)が

不可欠だということ。

b0141773_21371685.jpg

これは、コミュニケーション論では

基本中の基本だが、

それを

対面コミュニケーションの場でも活かせない

という状態では、

テレビや文章(雑誌、新聞など)のような

非対面場面では、

とても生かせるはずはない。

b0141773_21370172.jpg

コミュニケーションの問題以前に、

対象者のライフスタイルを想定できない、

いわゆる「素人さん」にどう接するか、

という対人関係に不可欠なマインドがない。

そんな状態だから、

AIに「健康寿命を保つ要因は

食事や運動以外のところにある」などと言われてしまう。

b0141773_21381570.jpg

それは、笑い事ではなく

栄養士の廃業にさえつながりかねない予兆である。

b0141773_21390908.jpg
b0141773_21394085.jpg

もう一度、チコちゃんにご登場願って、

全国の栄養士・健康支援者養成校の教員、

および関係者に伝えます。

「ボッーと生きてんじゃねぇーよ。

ボーっと教えてんじゃねぇーよ」

b0141773_21401149.jpg
b0141773_21404509.jpg
b0141773_21405725.jpg
b0141773_21403108.jpg


by rocky-road | 2018-10-18 21:42  

郵便ネットワーク、悠々。

b0141773_23072186.jpg

年賀状や暑中見舞いシーズンを除けば、

10日くらいの間に

ハガキや手紙を20通近くいただき、

同数の返事を書いたのは、

久々のことである。

b0141773_23080964.jpg

去る922日のセミナー、

ハガキ、手紙スキルのない健康支援者ってありなのか。」

の余韻がいまに至っている。

いただいたハガキや手紙には、

筆ペンを使うものが多かった。

セミナーの途中で

書道関連の文具店に寄る、

という「ゴールデン 寄り道コース」の効果だと思う。

b0141773_23090237.jpg

ハガキ、手紙の美学という点では、

「弘法も筆を選ぶ」ことは確か。

字を大きめに書く人が、

細いボールペンを使っていたり、

便箋の罫の幅に対して筆文字が大きすぎたり、

墨がだぶつき過ぎたり、

定形サイズいっぱいの封筒を使いながら、

宛名の文字が細かったり……などは、

ちょっと筆記具との相性を考えれば、

簡単に解決できることである。

b0141773_23085142.jpg
b0141773_23101934.jpg

それにしても、

「ゴールデン 寄り道コース」のおかげで、

便箋や封筒のグレードがよくなった。

日本の手紙文化は、

やはり和風の伝統を引き継いでいる。

格段の能筆でなくても、

「それなりに」サマになるからありがたい。

b0141773_23070566.jpg
b0141773_23105590.jpg

となると、

アタマの糊づけ部分にもこだわりが出てくる。

かつては「しめ」(〆)や「封」「緘」(かん)

などと書いて綴じたが、

いまは封緘印(ふうかんいん)や

封緘シールがどこででも手に入るようになった。

また、写真店では好みの写真でシールが作れる。

昔は、封緘印を作るのはよほどの風流人であり、

1個がかなりの高価であった。

b0141773_23111414.jpg

ここで忘れてならないのは、

のりつきの封筒は接着力が弱く、

輸送中に封が剥がれやすいこと。

今回、いただいた封書にも数葉がそうなっていた。

また、二重封筒の場合、

外側と内側の綴じ目がずれるため、

おかしなシワができたり、

ペーパーナイフで開くとき、

引っ張られて破れてしまうものなどがあって

この形式の封筒は「取扱注意」である。

b0141773_23122340.jpg

わが郵便ネットワーカーの一部の人は、

京都で住所のゴム印を風雅タッチで作った人もあって、

味わいはひとしお。

もっとも、この場合も使う人の手書き文字のタッチ、

キャラクター、文体などと相関があるので、

目的や用件などによって使い分ける必要がある。

b0141773_23124372.jpg

それやこれやのことで、

日本のごくごく一部の栄養士・健康支援者の

郵便コミュニケーション文化は向上した。

それが、いっときの夢で終わるか、

生涯の生活習慣になるかは、

それぞれの人が

どこへ向かって、どう生きるかという、

方向性の問題、つまりライフスタイルの問題である。

b0141773_23133660.jpg

文化のすべてが健康にプラスになるとは言えないが、

郵便コミュニケーションは、

健康上のメリットの1つとはなる。

少なくとも「極上の孤独」を選ぶ人よりも

活気のある人生を歩むことになるのは、

エビデンスなどなくても明らかである。

b0141773_23140130.jpg

健康行動学がもっと活性化して、

研究者がふえた暁には、

「Eメールオンリーグループと

郵便コミュニケーションを

月に2回以上行なうグループとの

健康寿命に関する比較研究」

などという研究を行なう人が出てくるかもしれない。

b0141773_23144543.jpg

いやいや、

そんな、やらなくてもわかっている研究など、

好んで行なう研究者はいないだろう。

しないですむことを祈る。

b0141773_23143258.jpg
b0141773_23151167.jpg

下の書は、

毎年、写真教室に長崎から参加してくださる、

塚本初音さんの作品。

「第68回 西九州小中学生書道大会」で

応募者数3436人から最高賞の4人が

文部科学大臣賞に選ばれた。

その1点が初音作品。

力のこもった、温かい作品である。

925日「長崎新聞」による) 

b0141773_23064164.jpg


by rocky-road | 2018-10-11 23:15