1曲が、どこまでストレスを支えるか。

1曲が、どこまでストレスを支えるか。_b0141773_2324226.jpg
11月30日に開催された
「パルマローザ 214回 ブラッシュアップセミナー」で
『ヘルスサポーターが理解しておきたい
ストレスとモチベーション』を担当した。
パルマローザのホームページにある
「活動結果レポート」には、
4人の方が感想を寄せておられる。

さすがパルマローザのメンバーだと思ったのは、
私が「ストレス」や「モチベーション」の定義にこだわっていることを、
しっかり理解してくださっていること。
そう、コトを論じるのに土俵を決めねば
守備範囲が決まらないし、決着もあいまいになる。
講演や論文を始めるときには、
定義や目標を整えてからスタートしたい。
1曲が、どこまでストレスを支えるか。_b0141773_2325537.jpg

ストレスについて、
正しく把握していなかった人が多かったとしても、
それを無知と思う必要はない。
これまで、ストレスを論ずる人たちが
丹念に定義してこなかったからである。
いつもハンス・セリエの説に戻るのではなく、
その時代にわかっていることを加味して、
更新していく必要がある。
定義は、不変の真理とはいえない。
時代とともに見直す必要があるものが多い。

今回のセミナーで、
「慢性ストレス」や「手づくりストレス」というものがあること、
ストレスは簡単には「解消」できないものが多い。
あらゆるストレスを解消するなどということは、ありえない。
あるとすれば、それは死亡か認知能力を失った状態である。

一部の論者が「よいストレス」「悪いストレス」などといったのは、
ストレスが、好ましいモチベーションを
引き出すことがある、ということをいいたかったのだろう。
交通事故や親しい人との離別がきっかけとなって、
新しい意欲が起こることはある。
だとしても、それを「よい交通事故」「よい離別」などとはいわない。
事故や不幸と、転機や幸運とは
カテゴリー(定義)が違うように、
ストレスとモチベーションも、カテゴリーが違う。
1曲が、どこまでストレスを支えるか。_b0141773_23255070.jpg

いずれにしても、ストレスについての理解度は、
ヘルスサポーターのサポート力の底力になる。
結果報告を書いた方々には、
その認識があるようなのはうれしい。
お1人、「ゆず」の曲を聴くことがストレス緩和法だと
書いていたが、少女のような、極楽のような
穏やかストレス環境がうらやましい。

危険分散という意味では、ゆずのほかに、
ワーグナーやプッチーニーや、
アンドレ・リューや、ナナ・ムスクーリや、
音楽ジャンルだけでも、多様性がほしいが、
世の中には、ストレスのダメージを受けない人、
ストレスそのものを感じない人も多いから、
余計なことはいうまい。

by rocky-road | 2008-12-06 23:26  

<< ハワイ、オーマイゴッド 人間研究家 ヘルスサポーター >>