マニュアル アニマル

b0141773_23284100.jpg
私の「文章・編集塾」では、毎月宿題を出しているが、
7月に出した宿題「好きなコトバ 嫌いなコトバ」が、
この8月、各クラスごとに提出されつつある。
その中に、こんなエピソードが紹介されていた。

病院で順番待ちの番号カードを渡されたお年寄りが、
「4番という番号は縁起が悪いから嫌いだ」と、駄々をこねた。
それに対応した保健師が「ヨン様の4でしょ」と一言。
これでそのお年寄りは収まったとか。

この対応法は、たぶん日本中で採用されるだろう。
世界のナベアツではないが、
4のつく数字のときには「ヨン様」が登場する。
かくして「死に番回避マニュアル」ができあがる。
b0141773_2334295.jpg
               ↑アニマル大橋が手がけたマニュアルの一部

何を隠そう、私は天下のマニュアルアニマルである。
人に何かを教えるとき、行動や手順を定型化したがる。
箇条書きを多用し、その序列を重視する。
長年手がけてきた料理書や雑誌のレシピは、
正真正銘のマニュアルである。
フライパンに、にんじんを先に入れるか、
卵を先に入れるかは重要な問題である。

よい人間関係の保ち方、UFOの信じ方、
破局が近い恋の修復法まで、
世にマニュアル化できないことはないと思っている。
影山 なお子さんの『食コーチング』
(食事相談が変わるコミュニケーションスキル)
(医歯薬出版(株)刊)も、
もちろん食事相談のマニュアルである。
b0141773_23364084.jpg
               ↑『ニコノスⅤフルガイド』の中の大橋担当ページ

しかし、どんなにすぐれたマニュアルでも、
活用する人の熱意と創意工夫の余地は残している。
楽器の教則本をいくら読んでも、
ピアノやウクレレは弾けるようにはならない。
「3の倍数のときアホな顔をし、5の倍数のとき人を探す」と、
ナベアツさんがいうとき、
そのマニュアルに従う人は、
独創的なアホ顔ができなければならないし、
人を探す振りをリアルに演じられなければならない。

すべてはマニュアルどおりにはいかない。
それは百も承知、
だからこそ、マニュアルアニマルの生存動機は
永遠に尽きないのだ。

by rocky-road | 2008-08-20 23:31  

<< あなたの師弟関係は? 生き物から食品へ >>