いざ、鎌倉!!

b0141773_21465294.jpg

けさ、ゆうパックで新刊本が届いた。
『野菜の達人 レシピ』
日本文芸社編、B5変型のハンディな料理書。
構成はフレンチ、イタリアン、
中国、日本、ベトナムの料理人が
担当する30ページ、
後半の90ページは高橋幸乃さんが
受け持っている。

この春、わがロッコム文章・編集塾の塾生の1人、
高橋さんから「書籍の料理制作の依頼があったけれど、
どう対処しようか迷っている」と相談を受けた。
フードコーディネーターで、
ネットで食関係の情報提供の仕事をしている人だから、
この程度のことに対応できないはずはない。
「なにも迷うことはない。イージス艦に乗ったつもりで
やりなさい。いくらでも応援するから」と励ました。

b0141773_2149379.jpg

出版プロデュースとは、
企画からプロジェクトチームの編成までを請け負う仕事だが、
今回のケースは、後方からの援護射撃にとどまる。
とはいえ、いつ援軍出撃の命が下るかわからない。
が、案ずることもなく、
彼女は仲間の援助を得て、2か月足らずで
128ページ本をさらりとやり遂げた。
突貫作業で銭ハゲができたといっていたが、
申し分のないできばえである。

b0141773_222208.jpg実用書専門の出版社だけあって、
社内にしっかりした編集者がいるらしく、
初登場の料理研究家をうまいこと使いこなした。
著者名が出ないのは残念だが、
実績には違いない。

自分で売り込まないかぎり、
めったなことでは本の依頼などない。
一生に2度とないチャンスを逃す手はない。
少なからずの慎重派の彼女だが、
どうやらそれは、世をはばかる仮の姿らしく、
なんということもなく100点ほどのレシピから
料理づくりまでを受け持った。
見返しにサインを頼んでおいたら、
何回か練習をしたのち、「恵存」と毛筆の書を書き込んで、
ようやく送ってくれたのである。

こうしたケースは、だれにもあるとはいえない。
それならば、自分で企画して売り込めばいい。
版元には優秀なプランナーがいると思うのは錯覚である。
近年、編集者教育が不十分で、
どこの版元にも、そうそう優秀なプランナーなどいない。
未来の著作者には、「専門分野は自分こそ最高のプランナー」
という自負が必要。
よい企画は、自分で売り込まないと、向こうからはやっては来ない。

いずれにしろ、「いざ鎌倉!!」(わかるかな?)に備えて、
適応力やファイトという「槍」(やり)を
いつも枕元に置いておきたい。

by rocky-road | 2008-08-13 21:51  

<< 生き物から食品へ 耳で見る、倉敷 >>