宗像伸子さんとのお別れ。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22093912.jpg

管理栄養士の宗像伸子さんが、

先日(2024年1月26日)、

83歳で他界された。

告別式は1月31日、

東京・品川区の西五反田にある

桐ヶ丘斎場で行なわれた。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22100284.jpg

コロナ禍と重なる時期に、

「非生活習慣病」で闘病生活をしていた頃、

彼女は言った。

「生活習慣病でなくてよかった

(コロナともまったく関係のない、女性の病)

大橋「わかるけど、ぜんぜんよくないよ」

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22101792.jpg

宗像さんとは、

女子栄養大学時代からの、

50年を超えるおつき合いである。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22103841.jpg

彼女は女子栄養大学卒業後、

同大学の栄養クリニックの職員としてスタートし、

その後、山王病院、半蔵門病院などで職歴を重ね、

1988年に《ヘルスプランニング・ムナカタ》(有限会社)を立ち上げた。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22122435.jpg

社会背景として、

1970年代の半ばあたりからは、

栄養士が独立して仕事ができるほど

健康志向の食情報が求められるようになっていた。

それまでは、病人食は病院内のものであり、

「食餌療法」などと表記されていた。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22125269.jpg

「成人病」(のちに生活習慣病)の予防への意識が高まり、

女子栄養大学出版部からは、

エネルギーコントロールやコレステロール、

塩分制限などに関する〝料理本〟が刊行された。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22130203.jpg

それ以前、それらの料理本は、

医学書を専門とする出版社から出されていたので、

写真はモノクロ中心で、そのルックスは

まさに「食餌療法」的な書物であった。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22133444.jpg

女子栄養大学出版部は、

そこに至る前には、

『おかず12か月』『肉のおかず12か月』など

《12か月シリーズ》をヒットさせていたので、

この編集手法によって、『糖尿病の人の食事』

『動脈硬化の人の食事』『コレステロール値の高い人の食事』

『がん術後の人の食事』などを

次々と出版した。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22142323.jpg

このシリーズを担当したのが藤原眞昭氏。

のちの群羊社の社長である。

そのころ、宗像さんは20歳代の後半くらい。

原稿用紙を使って文章を書く方法などを

藤原氏から教わっていた。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22140110.jpg

こういう経過をたどって、

生活習慣病対策としての料理本が出回るようになる。

当初はドクターの氏名が大きく書かれ、

栄養士の氏名はひとまわり小さく印刷されていた。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22145165.jpg

それがやがて、ドクターの監修さえ受けることなく、

理論に基づいて、栄養士が単独で料理本や

健康法の本を出すようになる。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22181342.jpg

宗像さんは、そういう時代の流れに乗って

大活躍を始める。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22182822.jpg

自身が主宰する《ヘルスプランニング・ムナカタ》を拠点に

大学の非常勤講師や、テレビ・ラジオ出演、

講演会、雑誌掲載の料理制作および記事の執筆、

ホテル内に常設された食事相談室担当などなど。

(くわしくはネットで)

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22171285.jpg

ここまで多様な仕事をこなすことになったのは、

まさに栄養士の仕事が、病院の外、

つまり、人々の生活圏へと広がる時代の幕が

開かれつつあったからである。

そう、「治療」から「予防」の時代の始まりである。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22174024.jpg

宗像さんによる著述の基本思想は、

香川 綾先生考案の「四群点数法」による食生活の栄養管理法。

それを料理や献立で示した。

すべての料理はカードに収めて保存されている。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22151399.jpg

宗像さんのお料理は、

人柄そのもの、シンプルながら美しく、

気品を感じさせる風景を描き出していた。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22154753.jpg
宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22155658.jpg
宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22162072.jpg
宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22163949.jpg
宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22165587.jpg

控えめな人柄ゆえに多くの人から慕われ、

年末には、その人脈が集まる、

忘年会的なパーティが恒例となった。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22204270.jpg

ここには、ドクター、メディア関係者、教員、著述家、

ゴルフ仲間などが集まった。

(「宗像杯」と称するゴルフコンペも続けられたという)

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22210960.jpg

私との接点は、仕事に関するアドバイスや、

ときどきの旅行、そして、カラオケ仲間でもあった。

子供の頃、コーラス部に席を置いたこともあるそうで、

澄んだ声で、「里の秋」や「四季の唄」を歌ったり、

ときには「天城越え」を歌ったりした。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22220006.jpg
宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22222563.jpg

栄養士の何人かが、

いまもメディアで活躍しているが、

料理本を50点、100点と著わすような時代は

ふたたび来ることはないだろう。

宗像伸子さんとのお別れ。_b0141773_22231113.jpg

しかし、栄養士の社会的仕事が終わったわけではない。

新しい時代、たとえば「人生100年時代」の

オピニオンリーダーとなる栄養士が、

あちらこちらでスタンバイしていることだろう。

「宗像さん、あとに続く人はいるから、ご心配なく」


by rocky-road | 2024-02-02 22:23 | 宗像伸子先生  

<< 「食育」の担い手としての栄養士... 能登のみなさん、See You... >>