日本句読点学会、発足宣言。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_20533642.jpg

わが大橋予暇研究所では、

2023年12月1日を発足日として、

「私設・日本句読点学会」を併設することにしました。


設立目的は以下のとおりです。

日本の国語の表記法として、

文章には句読点を打つことは、

明治43年(1910年)に、文部省(当時)によって

「句読法」として定められ、国定教科書に採用されました。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_20542064.jpg

その目的は、

①文章を読みやすくすること。 ②誤読を避けること。

(書き手にとって)センテンスの長さの目安となり、

文脈の乱れを防いだり、適正な段落を設けたりするのに有効であること、

などにあります。

(漢文を読むときの区切り記号としては

平安時代から使われています。

その理由は、日本人には漢文のセンテンスが

わかりにくかったから)

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_20550378.jpg

今日、句読点は、日本語の文章を

国民のだれもが読めるカタチを整え、

見栄えよくし、かつ論理的な表現をすることに

どれほど役立っているか、計りしれません。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_20560614.jpg

しかし、少なからずの国民は、

手書きの文章(手紙、ハガキなど)に、

句読点を適切に、しっかりと使うことができないのが現状です。


たとえば、「、」を針の穴のように小さく打つ、

」が小さくて「テン」だか「マル」だかが、わかりにくい。

句読法制定から100年以上たっても、

この状況にあることは、

文化国家として、きわめて誇らしくないことです。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_20554745.jpg

さらに深刻なのは、

印刷ハガキを請け負う業者や、パソコンの書式などでは、

なぜか、句点を打たない形式が定着してしまったこと。


年賀状、喪中はがき、冠婚葬祭の案内、

転居・転勤・昇格案内などがその例です。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21003542.jpg

その理由として、

一説に、「昔(平安時代とか)は、

手紙には句読点を打たなかった。


句読点を打つのは、読解力の低い人に向けた手紙。

したがって、句読点を打つことは、相手を低く見ることになる」

……だとか。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21012193.jpg

なんと時代錯誤の、そして誤った解釈でしょう。

そこまで言うなら、

「巻紙に筆で、古文で書くことにしなさい」と

言いたくなります。


このほか、公共施設のいろいろの掲示の文章にも、

句点を打たないものが多い。

そして、テレビのテロップも、ほとんど句読点を打たない。


テレビはもちろん、

公共の場で、不特定多数の人に向けた文章は、

社会環境の一部なのですから、

ルールに則った、折り目正しい表現をしていただきたい。

それが日本人としてのプライドでしょう。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21021989.jpg

「たかが句読点」と言うなかれ。

こういうことに気を配らない表現者は、

無知であるうえに、怠惰な生き様であると考えるべきで、

それはけっして健康促進の行動にはなりません。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21031513.jpg

認知症の発症年齢と、

発症前の生活習慣との関係を調べる研究に、

文章を書く頻度や、その内容との関係を示した研究が、

アメリカにあったと思いますが、

日本文であれば、その文章に、

どれくらいの割合で句読点を打っているか、

という研究をすれば、

句読点の健康効果は実証されるはず。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21040194.jpg

「しかし」です。

「直木賞」という賞に名を遺した、小説家の直木三十五は、

読点を頻繁に打つ、稀有な人でした。

こんな具合です。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21115748.jpg

「私の本名は、植村宗一で、植を二分して、直木と匿名にし、

当時三十一であったから、直木三十一、翌年三十二と、

一目上りに変えてきて、三十五で止めたのであるが――

この与一兵衛は、大和国箸尾村の土豪であった。


与一という名から考えて、

十一番目の子らしいが、その時分、それ程正確に、

名をつけていたか、何うか分らないから、断言はできない。」

(自叙伝による)

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21080334.jpg

このように、ほぼ文節ごとに「、」を打っています。

当学会からは名誉会員に推したい人物です。

とはいえ、句読点をマジメに打ってさえいれば、

それだけで健康になる、ということにはならない

という点は指摘しておく必要があります。


直木三十五は、1891年生まれで、

1939年に没したといわれますから、

寿命は43年。なんとも短命。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21083483.jpg

健康を論ずるとき、

「〇〇してさえいれば……」という

シンプルな発想は禁物。

健康は無数の要因によって支えられるものですから、

1つ2つのプラス要素だけで判断をするのは危険です。

句読点もしかり。


しかし、です。

句読点の頻度は、

健康上、マイナスに働く要素はあまりない、

と言ってもよいでしょう。


文章を書く生活、それが人に読んでもらうためだとすれば、

相手の読みやすさに関して気配りすることは、

認知機能にプラスに働くはず。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21042711.jpg

直木さんの場合、

結核に感染したことで死期を早めましたが、

早稲田大学時代には、学費未納で退学になりながら、

授業は受け続け、同級生との卒業記念写真にも

一緒に写っているとのこと。

こういうエピソードからうかがえるライフスタイルは、

健康上のリスクになった可能性があります。


それはともかく、

新設、当「日本句読点学会」は、

健康増進を目的とする学会ではなくて、

リズミカルで、すっきりとした、

美しい日本文を書くことをすすめる学会です。


句読点をしっかり打つことは、

読みやすさを促す、誤読を避ける、

段落意識を強化するなどに加えて、

自分の書く文章に責任を持つ、

その人が表現をした、という姿勢を感じさせるなど、

生理的、精神的意味や効果があります。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21155231.jpg

近年の日本人の言語行動には、

折り目正しさが失われつつあります。

NHKが、民放との共同キャンペーンとはいえ、

ついに、ついに()「# このラジオがヤバい」のように、

「ヤバい」を使うようになりました。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21051208.jpg

俗語が昇格したのか、NHKが降格したのか。

国力や民度と、コトバづかいとの関係を

明らかにした研究はないと思いますが、

高齢者までもが、

「熊に出会ってしまって、怖かったというか、

恐怖が先にたったというか、

かなりヤバいかなと……」などという

シマりのない表現をする人の割合が高くなるというのは、

大和魂の国としては、軟弱化していると見ていいでしょう。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21132471.jpg

話しコトバがこれですから、

書きコトバとなると、さらに劣化が進んでいて、

「Eメール文体」というべき文章が市民権を得たようです。

「ハ~イ。雪なんか降りそうな日が続くけど

温泉かなんか行きたい気分だよね( ´艸`)


こういう現状なので、

文章に「テン」や「マル」をどう打つか、などということに

関心を示す人は少ない。

ところが、世の中、捨ててはいけない、

一部には、「。」にこだわる人もいて、

タイトルや商品にも「。」を打つ(「心。」「微アル。」)、

人名にも「。」を打つ(モーニング娘。)というケースもあります。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21010271.jpg

商品イメージを強めるための

販促テクニックの要素があるにしても、

日本語のルールや品格を守る意味、

親しみや温かさを感じさせる意味など、

表現法としてはプラスに働くと思われます。


多くの日本人に、句読点の大切さを忘れられないためにも、

本学会は、いろいろの事例を収集し、分析し、

頻度を高めるための研究を続け、

継続的に経過をご報告してゆきます。

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21203652.jpg
学会名を「句読点学会」としましたが、

それは、いわば助走的ネーミングです。

いずれは「日本表記法学会」と改称することになるでしょう。

!!」「?」なども研究対象にするので、

「補助符号学会」からスタートしたいのですが、

非研究者には、ますます意味がわからないと思われるので、

とりあえずは「句読点学会」で発足します。


ひょっとして、会員になりたい方もおられるかもしれません。

目下、会員規約はありませんが、

国語表記法に関する小論文またはレポートをご提出いただき、

厳正に審査して、入会の可否をお伝えします。


2023年12月1日

日本句読点学会 発起人会長 大橋禄郎

日本句読点学会、発足宣言。_b0141773_21213855.jpg


by rocky-road | 2023-12-01 21:22 | 日本句読点学会  

<< 2023年度 「使いたくない... 低い「話力」はこの先も……。 >>