「生涯現役」のカタチをイメージする。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16084997.jpg

2021年926日(日)の食ジム第102回のテーマは

「生涯現役を支えるライフスタイルと

モチベーションを、どう維持・強化するか」

(横浜市技能文化会館)

座長/山同紀子さん 

アドバイザー/影山なお子さん 大橋

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16111041.jpg

進行テーマは以下のとおり。

1.私が知っている「生涯現役」の人のカタチ(活動、

  年齢、学びたいところなど)とは、あんな点、こんな点。

2.定年退職後、または、仕事を離れたのちに、

  「やりたい・続けていきたい」仕事、社会活動、

  余暇活動、ライフスタイルとは……。

3.生涯現役を支えるライフスタイルとモチベーションを

  維持するためには、どんなアクションプランがあるか。

4.健康支援者として、生涯現役を目指すことと健康との

  関係をどう理解し、どのようにクライアントを支えれば

  よいのか。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16105433.jpg

このテーマを考えたり、話し合ったりするとき、

肝心なのは「生涯現役」とはなにか定義しておくことである。

それをしておかないと、目標や議論のポイントがずれる。

概念が定まっていないこういう用語については、とくに。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16114338.jpg

講演にしろ、講話にしろ、講義にしろ、

自分の掲げたテーマについて

定義をしてから始めるのがルール。

とはいえ、世間では、そうしない講師が圧倒的に多い。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16122155.jpg

「フレイル対策としての食生活」

「食事でホントウに免疫力がつくのか」

などの講演を行なうとき、

講師は、まず、「フレイル」とはなにか、

「免疫力」とはなにか、

自分の考える定義を示してから始めるのが

正しい情報を伝えようとする者の義務であり、礼儀である。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16145472.jpg
さて、食ジムでの「生涯現役」とは……。

「経済的活動(仕事)をはじめ、ボランティア、

地域活動、政治活動、信仰、勉強会などを通じて、

社会貢献や自己実現を伴う組織的活動を、

年齢とは関係なく、

定期的、継続的に行ない続ける状態をいう。」とした。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16151172.jpg
仮に、働き盛りの壮年期の人が、

不幸にも病気や事故で急死した場合、

その直前まで上記のような活動をしていたとすれば、

「生涯現役を貫いて亡くなった」と表現できるし、

超高齢期の人が、引きこもるような生活をしていれば、

「現役の時代は○○年前に終わっていた」

または、「生涯現役とはいえない生活」

などと見ることになる。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16154022.jpg
「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16155772.jpg
「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16162339.jpg
各項目についての話し合いの内容は、

ほかの方々に譲るとして、

ここでは「生涯現役」とはなにかについて、

もう少し考えてみよう。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16152816.jpg
まず念頭に置かなければならないのは、

「生涯現役」は経済活動だけを指すものではない、

ということと、それは生涯の目標というよりも

結果であるという点である。

なにをもって「現役」とするか、

この場合の前提は、社会活動および組織活動であろう。


「役」(えき)には

「①人民に労働を課すること。

また、その労働。『役務・服役・兵役・苦役』

②労力を使うこと。」(広辞苑)

などの意味があるが、

現代に当てはめれば、

単に「労力」を使うだけでなく、

社会に役立つことに労力を使うこと(発想力を含む)

と考えていいだろう。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16171165.jpg
この規定に従えば、

1人暮らしの人の家事を「現役」とはいわないが、

家族と自分のための家事は「現役」といえる。

病人や障害のある人、寝たきりの人の介護は

社会の一面を支えるという意味があるので、

「現役」としていいのではないか。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16182783.jpg
同様に、趣味のコレクション、

たとえば、切手集めや昆虫標本作りのための昆虫採集は

「現役」とはいえないが、

集めた切手をお金に替えて福祉活動に寄付するとか、

昆虫の標本を博物館やその他の公共施設に寄贈する、

とかの行為を持続的に行なう場合には「現役」といえそうだ。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16181080.jpg
同じ寄付でも、

祖先からの財産を公共団体に寄付するというのを

「現役」とすることにはムリがありそうだ。

いや、その財産が自分の労働によって得たものであったとしても、

いま現在、働いていない状態であって、

かつ持続的でないものについては、「現役中」とは考えにくい。


さらに投資家の場合はどうか、

このあたりのことは、

寄付のプロ(?)や投資などの経験のない部外者には判断できない。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16185050.jpg
「生涯現役」について、もうひとつ考えておきたいのは、

「生涯現役」は、若い人の目標というよりも、

各人の人生の結果である、ということ。


「生涯現役を目標に生きていこう」というのは

モチベーションとしての意味はあるが、

イメージとしてはおぼろである。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16360605.jpg
社会性のあることにかかわり、または熱中して、

それを元気のある限りは続ける、

その結果として、現役時代が長くなる、

という順序になるのではないか。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16371043.jpg
「生涯現役」を目指すことは、

従来の「健康寿命」を漫然と延ばそうと努力することよりも、

いくらかは能動的で、かつ現実的であろう。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16193637.jpg
「生涯現役」は「おぼろ」とはいったが、

概念としては、

「生涯現役」という概念よりも後発の

「フレイル予防」や「認知症予防」よりは、

「生涯現役」のほうがいくらかは具体的で能動的ではある。


  《注》「フレイル」→→心身の虚弱化。気力、食欲、

歩行速度などの低下、

話力(発話の機会、発声力、話題性など)の低下

などが複合的に起こる心身の状態。(大橋のここでの定義)

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16223325.jpg
問題は、

こういうことをいかにアクションプランにしていくか、である。

昨今のフレイル対策を見ていると、

フレイルの一因として、たんぱく質不足があると聞くと、

栄養士をはじめ一部の(であることを願うが)関係者は、

たんぱく質を与えることが

対策の中心であるかのように思ってしまう。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16213773.jpg
食関係者によくあることだが、

フレイルも認知症も、情緒不安も

子供の不良化や不登校も

あたかも栄養障害であるかのようなアプローチが

主流であるかのように思い込んだりする。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16231180.jpg
それらは無数にある要因の一部か、

場合によっては、

食との関係はうすい要因である可能性について

想定ができないと思われるケースが少なくない。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16215154.jpg
とかく「専門性」というのは、そんなもので、

目が赤くなった人について、

眼科の医師は「はやり目」を疑い、

内科医は高血圧症を疑い、

産業医は働きすぎを疑い……

などという比喩が昔からあった。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16251943.jpg

さて、

「生涯現役」のためのアクションプランとは、

日々の生活の中に、

いろいろのシステムをつくることである。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16234717.jpg
そして、出発点においては、

「健康の6大要素」を念頭に置くことである。

①栄養 ②運動 ③休養

④ストレスマネジメント ⑤よい人間関係の維持・発展

⑥生きがい(きょうの楽しみ、あした以降の楽しみ)

(④~⑥は大橋案)

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16240283.jpg
以下は、生涯現役を目指す人の、

あるいは生涯現役中の人のための、

アクションプランのごくごく一部である。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16255729.jpg
*表情――柔和な表情を心がける。

(これだって相当な努力を要する)

無表情は心の健康、周囲の快適環境のリスク

表情の固い人は、

だれかにくすぐってもらってもいいから、笑う時間をつくる。

くすぐってくれる人がいない場合は、

ネットやCDなどで漫才、コント、落語などを視聴する

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16265575.jpg
*身だしなみ――(男性なら)自分で買い、自分で管理する、

パジャマではゴミ捨て、庭仕事などはしない。

食事のときは衣服を整える。

靴下、靴、履きもの、メガネなどのスペアを

必要度の1.5倍~10倍以上用意する。

これらは健康を左右する環境問題である。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16300921.jpg

*食事――1日に何をどれだけ食べるかという指針をもつ。

  「4群点数法」もその1つ。

  「食生活を歩くための食の地図」という別称も可能。

  13回、定刻に食事をする。

  1人でも「いただきます」「ごちそうさま」を唱える。

  小食の人は4回、5回もあり。ただし「地図」は必要

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16303670.jpg
人間関係の量と質――家族とのコミュニケーションは

  人並みか、それ以上。ご近所、買い物先の人との会話

  配達員、ご近所の人、同僚などへの心こもったあいさつ。

  コミュニティ、グループへの参加

人への献身、社会への貢献(「情けは人のためならず」)

★孤独をすすめる人を疑え!!

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16310027.jpg
外出習慣――散歩、ウォーキング、ランニング、

  ショッピング、撮影、スケッチ、短歌や俳句の創作、

  自転車・バイク・自動車などでの外出、

  コミュニティやサークルへの参加など

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16324251.jpg
座長を務めてくださった山同紀子さんは、

生涯現役を目指す人の目標として、

何人かの人が名をあげていた。

まさに、日に日に若々しく、謙虚で品格があり、

アクティブである。

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16294406.jpg
「キミはどうなの?」と聞かれても困る。

あんたが1番 わたしは2

 Ha! ドン! ドン! ♪

(三好鉄生の「すごい男の唄」から)

「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16351956.jpg
「生涯現役」のカタチをイメージする。_b0141773_16450796.jpg


by rocky-road | 2021-10-01 16:38 | 「食ジム」  

フォトブック作家、誕生。 >>