あしかがフラワーパークで藤を撮る。

4月29日、パルマローザ主催の恒例の写真教室。

今回は感染症のリスクを避けて、

アウトドア中心となる《あしかがフラワーパーク》とした。


いつものようには、コンテストを予定していなかったので、

ここでは、写真でその日を振り返り、

フォトテクニックを確認しておこう。


花を撮るは雨上がりがいい、といわれるが、

ときどき小雨のある、

つまり、プロがやるように、

霧吹きで花に水滴をつける必要のない

絶好のコンディションであった。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21334829.jpg

さて、撮影会を控えて、

カメラの準備をいつごろから始めるべきか。

携行するカメラが複数のときとか、

特別に大事な写真を撮るときとか

(重大なイベント、フォトコン狙いなど)なら

遅くとも前日の夕食前にはテストを済ませておくが、

日帰りのピクニック程度なら、

まだ1人のうちの、行きの電車の中。


バックから出してスタンバイ状態に。

そんなとき、さっそく

車窓から見える田舎の風景を撮っておいた。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21340696.jpg

みなさんと出会ってからは車内で。

ほかの乗客が写らないようにしてパチリ。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21381672.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21371528.jpg

《あしかがフラワーパーク駅》

先を急ぐ人は振り返らないが、

階段には藤の花をイメージした彩色がしてある。

集合写真には好適地。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21390042.jpg

池にかかる橋に、みなさんに並んでもらって。

藤棚の下から1枚。みなさんとの距離は約10メートル。

集合写真というと、整列の間近で撮るのが普通だが、

カメラマンの演出力と、

モデルさんたちの理解があると、

風景を取り込んだショットが可能。


カメラはズームで望遠設定。

手ブレに細心の注意を。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21392810.jpg

もっと離れたところからも1枚。

表情まではとらえにくいが、周辺風景を入れ込める。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21394221.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21400347.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21401595.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21402633.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21403435.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21404437.jpg

風景を生かした記念写真。

モデルさんは右手をあげるべきか、左手をあげるべきか。

これもカメラマンの責任範囲。

左手をあげると「この風景、いいでしょ?」

右手をあげると「私を見て!

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21410257.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21411019.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21412724.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21414084.jpg

仲間と一緒に歩いていると、

風景写真は撮りにくいが、

そこは冷めた目で風景も鑑賞する余裕を。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21420327.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21421132.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21422133.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21423394.jpg

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21424519.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21431033.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21455613.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21460532.jpg

レースのカーテンのような流れのある藤の花を描写するには

やや下から、またはモデルに、やや下に入ってもらうと雰囲気が出る。

「花と並んで」や「花の前に立って」というのは定番中の定番。

モデルさんにはうれしいが、

カメラマンとしては、内心、「ワンパターンだな」

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21462444.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21463587.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21470315.jpg

満開の藤に囲まれながらも、

《ハンカチの木》に目がとまった。

こんなときは、全体を撮って、それからややアップを。

さらに解説掲示を撮っておくと、

あとで検索するときに楽。

(それにしても、掲示の用字用語が気になる。

「ハンカチの様に」は「……ように

「見える為付けられました」は

「見えるので、この名がつけられました」に)

以下、当日のスナップをアトランダムに並べてみよう。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21475965.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21485734.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21505097.jpg

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21504275.jpg
あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21491445.jpg
帰り、あしかがフラワーパーク駅で

電車を待っていたら、

やけにむずかしい字を書く「鑁阿寺」(ばんなじ)

ポスターが目にとまった。

後学のために撮っておいた。

驚いたのは、パソコンで「ばんなじ」と打ったら、

あっさりこの字が出てきたこと。

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21580421.jpg

みなさんと別れるとき、

ホームから、または車内から撮るのが

このところの慣例になった。

「気をつけて、お帰りを」

あしかがフラワーパークで藤を撮る。_b0141773_21574950.jpg


by rocky-road | 2021-05-08 21:58 | 写真教室  

<< マスメディアが使っても、使いた... 講話・講義力で日本の健康... >>