「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15351944.jpg

わが《ロッコム文章・編集塾》では

毎月クラスと遠距離クラスで、

『引き締まった日本語表現を心がける。』をテーマに

講じている。

それはつまり、

現在の日本人の言語表現が引き締まっていないからである。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15353686.jpg

「なんか日本的というか……」

「なんていうんだろう……」

「見事というか、立派というか……」

「怖いっていうんじゃないけれど、コロナを恐れて……」

「もうそろそろ、旅行に出たいな、なんて思っています」

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15355559.jpg

語尾を濁すのは日本人の特性の1つだが、

その傾向がますます強くなっている。

発言に自信がない、

一言でバチッとキメられず、

類似語を同時に掲げて分散させる、

つまり、いつも逃げ道をつくっておく。

発言の語尾が内語的(心の中の発話)であるとともに

幼児的でもある。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15362457.jpg

それが好ましいことかどうかは、

実は、もう少し様子を見ないとわからない。


言語社会学者の鈴木孝夫氏の

『日本人はなぜ英語ができないのか』(岩波新書)

によると、アメリカ人の言語行動は攻撃的だという。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15375416.jpg

「自分が物事すべての基準であって、

相手のもつ異質性をば普遍からの逸脱、

不公正なルール違反と見て、ただちに攻撃に出ます」と。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15380910.jpg

このことは、わが恩師、芳賀 綏先生(はが やすし)も

『日本人らしさの発見』(大修館書店)の中で触れている。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15382387.jpg

「凸型文化はそこが違う。<コミュニケーション>とは

『相手を変化させること』だ、というくらい、

積極的にとらえています」

「凸型文化」(とつがた)とは、牧畜をして暮らしてきた人たち、

欧米人や一部のアジア人を指す。

動物を支配し、個々人が大草原を移動する。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15392489.jpg

これに対して凹(おう)文化とは、

稲作によって生存し続けてきて、

それゆえに、協同が中心となる文化圏の人のこと。

水を中心にしているので助け合い精神が大きい。

自己主張を抑えて、集団としての調和を保つ。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15395442.jpg

「東洋」と「西洋」という地形的分類は、

人間のタイプを分けるのには適さない場合があるので、

「凸文化圏」と「凹文化圏」とに分けて

その特性を把握しよう、という視点である。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15402673.jpg

おもしろいことに、

『日本人らしさの発見』には、

いま話題のミャンマー人に対するこんな記述がある。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15404176.jpg

「日本と同じ凹型文化圏と見るべきミャンマーは、

『住んでいる人たちの顔形もわれわれに似ていれば、

物腰・動作・ものの感じ方もよく似ている』

(山口洋一・寺井融著)『アウン・サン・スーチーは

ミャンマーを救えるか』)。」

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15425618.jpg

上記の本を引用して、芳賀先生はさらにこう述べる。

(ミャンマー人は)「国会で不満や不明の点があっても

飲み込んだように振る舞うのがマナーだ」

(反論などしないで、丸く収める)

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15405181.jpg

いま、そのミャンマーの人たちは、

攻める側も守る側も、

日本人とは大きく変わってきている。

戦闘モードに入ったとき、

人の表情は硬くなり、コトバも引き締まってくる。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15440188.jpg

とすれば、

現在の日本人が、

「なんか、のどかなんだよね」

「なんていうのか、緩んでるんじゃないかなって、

思うっていうんじゃないけれど、なんか考えちゃんだよね」

なんていう話し方に、全国民がシフトしているとすれば、

平和の反映と見るべきで、

よい傾向なのではないか。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15444024.jpg

と考えたいところだが、

世界にはコワイ表情をして、

キツイコトバを発する人がふえてきている、

という現実がある。

これに直面しつつも、

「なんか、それって、しようがないんじゃないのかな」なんて

長湯でのぼせてしまったような話し方をしていてよいのか。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_15450105.jpg

「ええ格好しい」の民主党、バイデン大統領も

最近、厳しい表情、厳しい表現をするようになった。

それは、ニコリともしない習近平のあの表情の反映だろう。

金正恩も、スターリンも、ヒットラーも、

独裁者というものは、

デスマスクのように無表情を保つことになっている。


ロッコム文章・編集塾は、

日本国の代表ではないし、政治結社でもないから、

世界のことはどうでもいいと思いたいが、

言語心理学的考察として、

こんなことを指摘しておきたい。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_16210016.jpg

少なくとも日本人は、緊張感が高まると

「大和コトバ」では間に合わなくなって、

「逼迫」「緊急事態宣言」「蔓延防止」「遺憾」

「ロックダウン」「オーバーシュート」「ステイホーム」

「ソーシャルディスタンス」などと

漢語やカタカナ語に頼ることになる。


戦時中、こんな文語調のラジオ放送が、

幼少期のわが記憶にかすかに残っている。

「東部軍管区情報、東部軍管区情報、

敵B2916機編隊が駿河湾上空を帝都に向けて侵入せり」

これも、戦闘モードに入った人間の表現のカタチである。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_16173502.jpg

一方、現在、テレビの一部のニュースキャスターが、

「いわゆる都知事が……」「いわゆる飲食店が……」

「要するにこの場合」「要するに黄砂が……」のように

文語的フレーズを病的に頻発するのは、

中身のない、軽薄なトークを見破られないための

いわば防具として硬直表現をしているのである。


これが無教養のカタチとは、本人も放送局スタッフも

まったく気がついていないところが、

ぬるま湯日本の珍現象である。

この大宇宙は、プラスとマイナス、

陰と陽、上と下など、

対比的に存在していることが改めてわかる。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_16172586.jpg

そして、日本人および大和コトバは、

やはり温暖、ゆるやか、穏やか、あいまいな風土に

適応してきているのである。

この「凹文化環境」を維持したいが、

一部ながらも強力な「無表情」「こわい顔」勢力が

上げ潮のように世界の国々の沿岸に打ち寄せてきている。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_16201171.jpg

これに足をすくわれないようにするには、

その前に、日本の大人としては

少なくとも「なんかこう……」「……じゃないかな」

「……っていうじゃないけれど」などのフレーズを

頻発しないように自制しよう。

それも生存のための

言語環境の改善点の1つであろう。

「いわゆる日本」は「なんか、こう……」。_b0141773_16174174.jpg


by rocky-road | 2021-03-31 15:46 | 大橋禄郎 文章教室  

<< 講話・講義力で日本の健康... 坂を上り続ける、おおぜいさんに。 >>