坂を上り続ける、おおぜいさんに。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22572355.jpg

孤独や「独り」(ひとり)を肯定的にとらえる書物が

バカ売れする時代がずっと続いているのを見ながら、

わが国の社会背景について考えているが、

先日、またしても、『ひとりをたのしむ』という書物の

新聞広告を見て、改めて考えてみた。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22574782.jpg

1つは、新刊本だというのに、

広告で「200万部突破!」と謳っていること、

まさにバカ売れである。


この作家は、

3年前(2018年)には『誰かを幸せにするために』

という本を同じ版元から出していて、

これも185万部突破だという。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22590944.jpg

さらに翌年の2019年には、『ひとりで生きる』という、

今回の『ひとりをたのしむ』と類似の本を出している。

これも「195万部突破!」だという。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22583028.jpg

合計で580万部、すごい部数である。

どれくらいスゴいかがわからない人のために、

筆者が印税として受け取ると思われる金額は

5億円を超えることになりそうだ、と指摘しておこう(税込)。

(定価の10%=90×580万部)

そのたくましい執筆力と稼ぎ高に驚嘆する。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22594055.jpg

部数の件は後述するとして、

まず注目したいのは

『ひとりで生きる』『ひとりをたのしむ』という、

「お1人なぐさめ型」と

『誰かを幸せにするために』のような

「人との関係性尊重型」の本を

1人の作家が短期間に出すという現実。

この作家の立脚点にも驚く。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22595891.jpg

どの本も、新聞広告による情報でしかないが、

『誰かを幸せにするために』については、

雑誌で関連するインタビュー記事を読んで、

「いいこというな」と感じたことを覚えている。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23003688.jpg

まさに「誰かのため」は、

人が輝くための最大のモチベーションである。

その他の、能天気「おすすめ作家」たちと比べて、

救いがある、と思ったものだが、

20213月に至って、やっぱり「ひとり」を楽しみだした。

「ブルータス、お前もか」である。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23005342.jpg

日本は、独裁国家ではないから、

「ひとりをたのしむ」自由があってもよいが、

心身の健康維持・向上を促すためには、

人とのネットワークのたいせつさを指摘する論述もあって、

両方のバランスをとることが望ましい。

400万もの人が「ひとりをたのしむ」ことに

関心をもつ社会というのは、

けっして健康度が高い状態とはいえない。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23012163.jpg

ここで思い出すのは、

カウンセリングの創始・普及者の1人といわれるC・Rロジャースと、

哲学者のマルチン・ブーバーという人との対談の話である。


斎藤 環著『心理学化する社会』(PHP研究所 2003年)で

紹介されているその部分を要約すると、

ロジャースが、1人の人間に寄り添い、

人間の無限の成長の可能性を語ったのに対して、

ブーバーは、それを批判して、

「人間とは、世界と現実的に接触し、真にきり結ぶ存在なのだ」と説く。

つまりは、いろいろの人との「出会い」、

その中から自分の立ち位置を見出してゆくものだ、と。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23013526.jpg

日本の「ひとり志向」に戻ると、

実際には、本を買わない人のほうが多いから

「ひとりたのしむ派」はその10倍と予測しても

まだ控えめの推定かもしれない。

仮に「ひとりたのしむ派」4000万人だとすると、

日本人は3人に1人は、その派といえる。

成熟社会の現実とは、こんなものである。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23021804.jpg

「ひとりをたのしむ派」と「家族や仲間とたのしむ派」との

健康度、幸福度を比較したエビデンスは見つからないが、

フレイル対策、認知症対策としては、

人とかかわるほうが有利であることは、

かつて話題になった「孤独死」などの例や、

引きこもりの人の現状からも予想できる。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23023181.jpg

500万もの読者をもつ作家に、

縁者や友人、知人が少なく、

没頭する仕事や余暇活動がなかった経験が

ほんとうにあるのか。


1冊書けば、200万部、

「いっちょ、あがり」という、裕福極まりない著名人に、

「ひとりをたのしむ」ことをすすめる資格があるのか……、

答えは、迷うことなく「ノー」である。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_22580591.jpg

いうまでもないが、

200万の読者を待たせて、

黙々と、1人、執筆に向かう状態は「ひとり」ではないし、

孤独とは無縁の状態である。

そういう人間が、

「ひとりをたのしむ」ことや「孤独」をすすめることは、

明らかに「そそのかし」であり、

その健康上の実害は、有害薬物以上に大きく、広く、深い可能性がある。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23034827.jpg

「孤独そそのかし」作家に言いたい。

「お主らが自信をもって語れるのは、

人に囲まれてきた人生が、いかに健康で幸せなものか、

それを実現させるには、どんな行動が望ましいか、

どのようにビジョンを描き、どのように努力を重ね、

どのように人間関係をたいせつにしてきたか、ではないのか」と。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23030739.jpg

かつては町内会も無尽や青年団、消防団、民芸会などが盛んで、

むしろ、孤立することのほうが、むずかしかった。

ところがいま、「生き方自由」の時代になったがために、

そして、デジタル化によって、

かならず「どこか」につながることができるようになったために、

現実には、ますます「ひとり度」は高くなっている。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23041426.jpg

「おひとり」のすすめや、断捨離、ものを捨てる、

人を捨てることのすすめは、

情報や外界との接触を遮断するのことのすすめでしかない。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23045463.jpg

作家に健康論を求めるのは、確かに筋違いではあるが、

不幸を回避する行動様式であれば、

「餅は餅屋」の道理に沿うのであって、

作家のお仕事ではないか。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23042316.jpg

では、「お2人以上」のすすめは、

だれが論じればよいのか。

少なくとも、『脳の毒を出す食事』なんていう

いかがわしい本を出す、お調子者のドクターはお呼びでない。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23050377.jpg
坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23051379.jpg

幸いにして、日本には、

1990年に設立された日本行動科学学会というのがある。

これに属する研究者に、

社会活動と健康との関係を示す研究成果を

発表していただきたいと思う。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23075262.jpg

人生は、坂を下りて終わるのではなく、

坂を上りつつ終わるものである。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23082263.jpg
坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_11253780.jpg

わが大橋予暇研究所の仕事も、

これからである。

坂を上り続ける、おおぜいさんに。_b0141773_23083361.jpg


by rocky-road | 2021-03-07 23:10 | ひとりを楽しむ  

<< 「いわゆる日本」は「なんか、こ... 健康な「話し合い」のカタチ。 >>