「泡」にだって「。」がつくのだ。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22212894.jpg

お歳暮にいただいたビールの詰め合わせセットに、

「神泡。」というブランドの2缶があるのが格別にうれしかった。

八百万の神の国、日本。

泡にも神が宿るのである。

いやいや、

この場合の「神」は、「神業」「山の神」(自分の奥さんの卑称)「神童」(しんどう)系の、

格別にすぐれているもの、恐ろしいものに対する

尊敬や畏敬の表現である。

自社製品に「神」を名乗らせる自信と多少のユーモアが気に入った。

しかし、もっと共感したのは「神泡。」の「マル」のほう。

このセンス、ただ者ではないな、と思ったら、

案の定、かのサントリーの製品であった。

もちろん、この「神泡。」の2缶をすぐに飲むことはできず、

1週間は冷蔵庫の中に鎮座していた。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22215301.jpg

サントリーといえば、

あの「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」である。

昭和36(1961)、当時は「寿屋」といった。

私には、まだ飲酒の習慣はなく、ウイスキーへの関心はなかったが、

それでもこのコマーシャルは耳になじんだ。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22240209.jpg
大学を出て、最初の就職先はコマーシャルフィルムの制作会社。

ここでは寿屋のテレビCMフィルムの制作を受注していた。

赤坂だったか、日本橋だったか、東京支社の宣伝部にも何回か出かけた。

ここには、開高 健(のちに作家)、山口 瞳(のちに作家)

柳原良平(イラストレーター)らが宣伝・広告の第一線にいた。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22242827.jpg
写真の『江分利満』(エブリマン)シリーズにはお世話になった。

江戸弁が残る軽妙な文体、

苦虫を笑み殺したような、渋い顔をしたユーモア、

そして、縦書きの文章に算用数字を使う表記法など、

ずいぶん影響を受けた。

写真の本、『江分利満氏の華麗な生活』の装丁、

行替えの不規則性に注目。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22251833.jpg

「華麗な生/活」と、そこで折り返すかね?

これが山口 瞳氏の元同僚、柳原良平氏の遊びである。

寿屋は広告上手もあって、めきめき売り出し、

日本の代表的な洋酒メーカーになった。

ビール部門に参入したときには、

老舗のビールメーカーからはかなり警戒された。

若い感覚が大いに受けたのである。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22265301.jpg
ちなみに、

「巨人軍、寿屋の多摩川工場を訪ねる」

というCMのロケでも接点ができた。

制作会社のスタッフとして、現地で撮影の手伝いをした。

そのときの集合写真がいまも手元にある(プリントをデータ化)

向かって左端が私、1人おいて長嶋茂雄氏(入団直後)

私の後ろに立っているのが山口 瞳氏。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22262365.jpg

これには京都版もあって、

寿屋山崎工場を南海ホークス(現在のソフトバンクの前身)が訪ねた。

この写真もあるので、残しておこう。

樽型のバスの前での集合写真。

左から2番目、顔だけ出しているのが私。

ほぼ中央に立っているのが、当時、名将といわれだ鶴岡一人監督。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22274793.jpg

話を「神泡。」に戻そう。

商品や広告の世界では、「。」を有効に使う伝統がある。

サントリーは、60年前から、

キャッチフレーズに「。」を打っている。

「金曜日はワインを買う日。」は、昭和36(1961)である。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22232960.jpg

最近では、書名にも、屋号にも、「。」を使う例は多くなった。

「。」が入ることで、和やかさが出る。

使うコトバが辞書にあるそれではなく、人間が使ったコトバ、

というニュアンスが出る。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22284517.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22293573.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22302575.jpg
ところが、

こういう方向性のある中で、

無造作に、または意図的に「。」を省いているのが

年賀状や喪中、転居、結婚、葬儀などの案内ハガキの既製品である。

この業界は、よくよく頭の働かない、

ちょっとおバカが商品開発をしているのだろう。

毛筆の雰囲気を出そうとしているのかもしれない。

宛名をパソコンで打っておいて、

なにが毛筆だ。このセンスは絶望的である。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22310410.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22313612.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22321612.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22340065.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22331293.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22332963.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22353645.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22335084.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22352629.jpg

そういえば、前にも書いたが、

あるメーカーの便箋の表紙の裏に文例が載っていて、

それが現在の手紙の書式を無視していた。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22361825.jpg

横書きの手紙なのに、相手の名が行末にきている。

すぐにメーカーに連絡したが、

担当者いわく、キャリアのある手紙の先生の指示によるという。

文房具メーカーの社員だからといって、

文房具を使いこなしているはずはないが、

それにしても、

チームとしての準備性がなさすぎる。

電話に出た人は、いっこうに非を認めず、

この路線で行くと言い張る。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22392063.jpg

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22370088.jpg
「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22373134.jpg

生まれる日本語表現、壊される日本語表現。

鴨長明が「方丈記」で述べたように、

「淀みに浮かぶうたかた()は、かつ消え、かつ結びて、

久しくとどまりたる例(ためし)なし」

であって、コトバも同様。

「神泡。」に見習って、コトバでビジネスを行なう者は

「神コトバ。」を目指したい。

「泡」にだって「。」がつくのだ。_b0141773_22410602.jpg


by rocky-road | 2021-01-17 22:41 | 大橋禄郎  

<< コロナ禍の次は「戦禍」かも。 栄養士だって・だから「哲学する」 >>