「待ってました!!」

「待ってました!!」_b0141773_23195519.jpg
食コーチング、講師養成講座、第8回は、

「自由テーマによる講話」の演習であった。

(1220日⦅日⦆横浜市技能文化会館)

この演習を振り返っておこう。

「待ってました!!」_b0141773_23244289.jpg

事前にお伝えしておいた課題は、以下のとおり。

1.課題 「自由テーマによる講話」

  講座受講の方々を対象とする、有効なお話。

  「健康」「栄養士」の隠しテーマがあることが望ましい。

2.テキストはA4用紙1枚(厳守)

 時間内に収めるのには、柱(項目)は2本~3本が限度。

 テキストを30枚(全員分)、各自でコピーして、

 当日、全員に配布。

3.その日の講話の導入になるイントロクエスチョンを

  3問、テキストのトップに配してください。

  3問中1問は「笑える」クエスチョンを試みてください。

4.講話時間、お1人 20分以内。

「待ってました!!」_b0141773_23261949.jpg
「イントロクエスチョン」は、

大橋のオリジナルで、聴衆の気分をほぐしたり、

講話や講演を聞く心の準備をしていただくのが目的。

みんなが答えられる内容であること、

「正解」「不正解」を問うのではなく、

「同意するものに『〇』を、同意しないものに『×を」

のように、相手の意志を尊重した聞き方をすること、

などが注意点。

「待ってました!!」_b0141773_23332866.jpg

たとえば、栄養士に好ましい食事相談のスキルを
伝えるセミナーであれば、

イントロクエスチョンはこんな具合。

.(  )食事相談の目的は、正しい食事法を

     知ってもらうことだから、栄養士自身、

     「食事の栄養バランス」を保つ指針を

     実行していることが望ましい。 

2.(  )上から目線の話し方にならないように、

     椅子は相手より30センチよりも低いものを選んで

     座るようにしたい。

.(  )相手の状況を把握することなく、

     最初から「教えてあげよう」という姿勢で

     食事相談に臨むのは好ましくない。

「待ってました!!」_b0141773_23291277.jpg

講演などでは5問~8問程度を用意し(持ち時間による)

1つ1つについて「〇と思う方、お手をあげてください」

などと聞いて、そこで設問の意図を話す。

大事なのは、その日の受講者の属性(男女比や年代、職業)

などによって、よりふさわしい問題を考えること。

ちなみに、上記のイントロクエスチョンの回答は、

1「×」 2「×」 3「〇」

「待ってました!!」_b0141773_23273743.jpg

1」は「食事相談の目的は、正しい食事法を

    知ってもらうことだから」の部分が不適。

    食事相談の目的はそのつど異なる。

    「正しい食事法を知ってもらう」ことが目的とは限らない。

    後半の「『食事の栄養バランス』を保つ指針を

    実行していることが望ましい」という部分は

    そのとおりだからOK。

    前半と後半をねじらせた、ひっかけ問題。

    設問に多少、ワザがいる。

「待ってました!!」_b0141773_23294499.jpg

「2」は、いうまでもない。物理的高さの問題ではなく、

心理的な、またはマナーとしての高低差の問題。

「3」は、もちろん「〇」。

今回は講話のスキル以前の問題ながら、

テーマの決め方と、

テキスト作りのほうにポイントを置いた。

一般には、「テキスト」のことを「レジュメ」と

誤って使っている場合が多い。

「待ってました!!」_b0141773_23310810.jpg

「レジュメ」(r
ésumé)
はフランス語で
「要旨」や「要約」のこと。

履歴書を指したり、
会議やイベントの要旨を事前に示すものであったり、

プレゼンテーションや講演を

事前または事後に伝える内容の要約であったり。

「待ってました!!」_b0141773_23301566.jpg

発表された8名の講話のタイトルは以下のとおり。

*「3実」

*「ある老人ホームから見る長生きの秘訣。」

*「白Tシャツにジーンズの似合う女性になる。」

*「障がい福祉 食サポートの立場から。

  --それぞれの『健康のカタチ』を導くために--

*「クライアントの立場からもっと楽しむ5つの提案。」

*「特定保健指導のクライアントのライフスタイルと健康。」

*「栄養士のための『家島』の歩き方。」

*「マッチングアプリの写真から見える男性の健康度。」

*「病院栄養士が訪問食事相談に行く。

 --ネコと生活を続けたいAさんをサポートして--

「待ってました!!」_b0141773_23325295.jpg

1日目の発表者全員のテキストのタイトルに

句点(「。」)があるのがおもしろい。

けっして指示したわけでもないのに。

影山さんや大橋の影響と思われるが、

世間では、タイトルに「。」を入れないのが一般的だから、

ときに「変な表記法!」と、
首を傾げられることがあるかも。

「待ってました!!」_b0141773_23315203.jpg

テキストの話に戻ろう。

講義や講演の現場で使うペーパーを

「テキスト」という人はどれくらいいるのか、

他のことはわからないが、

私は約30年前の、大学の非常勤講師時代から今日まで、

学生や受講者、塾生に当日配布するものを

「テキスト」と呼んで、その方式を踏襲している。

レジュメとテキストとは目的も形式も違う。

パワーポイントをコピーしたものを「レジュメ」と称し、

それを当日も使う講師が多いが、こんなのは問題外。

「待ってました!!」_b0141773_23344888.jpg

講話・講演に使うテキストは、

それ自体が1つの独立した「作品」と心得る。

そもそも講義というものも、

その日、その時のパフォーマンス作品である。

「またこの次」はない。一発勝負である。

だからこそ、時間をかけてじっくりと作る。

私の場合、講義の予定日の数か月前、

講演なら依頼を受けた数日後からテキストづくりに着手し、

1年~数日前まで、制作を続ける。

あるテーマについて、
だれよりも長く、

だれよりも深く考えたという自負が生まれるので、

自信をもって講義ができる。

「待ってました!!」_b0141773_23211128.jpg

講話、講演のウマい・ヘタのチェックポイントは多々あるが、

私の場合、テキストも大きな評価点になる。

用紙の厚さ、サイズ、紙面のデザイン、

タイトルのつけ方、全体の構成、分量、綴じ方など。

テキストを見れば、

その講師の力量は数秒でわかる。

「待ってました!!」_b0141773_23354036.jpg

ときに、「内容を盗まれるから」といって、

テキストには、ちょっとしたキーワードしか

書かない講師がいるが、

こんな講師は、貧弱なアイディアしかないからこそ

それを守りたがるのである。

「待ってました!!」_b0141773_23360530.jpg

テキストは「作品」だから、

それがどこへ持っていかれようと、

オリジナリティはビクともしない。

どう利用されようが、

自分のような説明はできるはずもない。

「待ってました!!」_b0141773_23251145.jpg

そういうことを学んでいただきたいので、

「食コーチング 養成講座」では、

テキストづくり、プリントや配布の方法まで、

実体験していただいた。

A4、1枚だけのテキストながら、

準備性が歴然と出た。

「待ってました!!」_b0141773_23401124.jpg

どこでコピーしたのか、

平安時代の古文書のような薄いインクのものから、

私のテキストだったかと錯覚するほど

大橋流のデザインであったり。

これから講演の機会がふえるはずの人が、

こういうテキストづくりを経験しておくことの意味を強く感じた。

講演は、日本人またはアジア人の苦手スキル。

明治維新まで、

このような形式の「1人しゃべり」(司馬遼太郎さんのコトバ)

日本にはなかった。

あえて探せば、

禅宗の法話をするめために

トレーニングを受けた僧侶(俗に「説教坊主」)

全国に派遣されていた、ということくらいか。(司馬説)

「待ってました!!」_b0141773_23373552.jpg

福沢諭吉が「スピーチ」を「演説」と訳して以来、

1人しゃべり」文化が始まった。

それからようやく150年、

民主主義時代から数えれば、わずか75年。

まだまだ「これから」である。

だからこそ、スキルアップをしたい。

「待ってました!!」_b0141773_23425699.jpg

それをするのが

政治家でも学者でも、教員でもなく、

栄養士であり、健康支援者であることに

なんの不都合もない。

さあ、「待ってました、栄養士!!!

(講演会では、こういう掛け声はかけないこと)


by rocky-road | 2020-12-27 23:43 | 食コーチング師養成講座  

<< 栄養士だって・だから「哲学する」 人生は同時進行。 >>