百寿者となる自分を支える。


百寿者となる自分を支える。_b0141773_23551412.jpg

自粛やら「GO TO」やらで、

行動の自由にブレーキをかけられながらも、

なんとか7月は、

ロッコム文章・編集塾の毎月クラスも

遠距離クラスも再開できた(25日)。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00000848.jpg

さらに、食コーチングプログラムス主催の

88回「食ジム」(712日)も

講師養成講座の3回目(26日)も再開され、

そして、パルマローザ主催の写真教室で

熱海へも出張することができた(1920日)。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_23574857.jpg
百寿者となる自分を支える。_b0141773_00033239.jpg

これらと同時進行で、

秋の出版を目指して、

栄養士のライフスタイルに関する

書物の校正に追われている。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00013564.jpg
百寿者となる自分を支える。_b0141773_00034854.jpg
百寿者となる自分を支える。_b0141773_00024703.jpg

ということで、

遅ればせながら、

72日の「食ジム」で宿題となった「まとめ」の部分の

締めくくりをしておこう。

テーマは

「栄養士は高齢者の食と健康をどう支援するか。」

座長/髙橋寿江さん

(横浜市内会議室) 

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00292019.jpg

百寿者となる自分を支える。_b0141773_23583618.jpg


百寿者となる自分を支える。_b0141773_00073223.jpg
プログラムは以下のとおり。

1.「こんな高齢者になりたい」と

  思わせてくれる・くれた

  あの方の食とライフスタイル。

2.「なぜあの方は、

  早く逝ってしまったのだろう?」

   ――いま考えてみれば……。

3.高齢者を支援する現在のカタチ――

  ちょっと気になる、こんなところ、

  あんなところ。(公私ともに)

4.年少者がわかっていないかもしれない、

  高齢者の食と健康、そして、ライフスタイル。   

5.栄養士が高齢者の食と健康を支援するとき、

  栄養士・健康支援者が押さえておきたい

  α個のポイント。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_23573183.jpg

この超高齢化時代ともなると、

健康支援者が健康支援をする高齢者は、

ちょっとやそっとの年上ではなく、

超高齢者や百寿者だったりする。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00084550.jpg

折しも、

2019年の日本人の平均寿命が発表されたが、

それによると、

男性は81.41歳、

女性は87.45

で、男性は世界3位、女性は第2位とのこと。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00125361.jpg
いつも首をかしげるのは、

男女とも香港が世界1であること

(男82.34歳、女88.13歳)。

(僅差ではあるが)

香港やシンガポール(男女とも4位)、

韓国(女、同率4位)も

長寿国ランキングの上位に入っていること。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00011484.jpg
「これらの国の医療体制や

健康支援者の質と量が

日本よりも勝っているのか」

と問われて

「イエス」と答える日本の健康支援者は、

少ないのではないか。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00165893.jpg

「レイシをよく食べるから」「薬膳の効果」

などの俗説もあるが、

もちろん、そんな単純な話ではない。

健康環境に目を向ける前に、

統計のとり方に問題はないのか、

日本人としてはそんなところから

研究をしてみたくもなる。

いずれにしても、

香港やシンガポール、韓国などと

トントンの結果というのはもどかしい。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00102413.jpg

健康支援者が

ここまでやっているというのに、

ぶっちぎりの独走態勢に入れないのはなぜなのか。

有能な健康支援者たちがゴマンといるのに

アジアの3か国とドングリの背比べとは、

それはないだろう。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_23581540.jpg

いやいやいや、

そうではない。

健康支援とは、

世界の平均寿命オリンピックに

参加することではない。

大事なのは、

社会参加の機会が

多くて長い人生を送ることではないのか。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00204784.jpg

そんなこんなの議論を楽しんだのが

88回「食ジム」であった。

ほとんどの場合、

自分より年上の人の健康や生きがいを支援する、

というカタチになる。

90歳、100歳の、人生の大ベテランに

健康を説くこと、生きがいを説くことに

ビビることはないのか。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00215757.jpg

「食ジム」では、

長寿を成しえなかった事例も

あえて、あげてもらって、

健康高齢者の条件を話し合った。

いい例、よくない例を

しっかり認識しておくことに意味はある

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00243208.jpg

まとめの

「栄養士が高齢者の食と健康を

 支援するとき、

 栄養士・健康支援者が押さえておきたい

 α個のポイント」

というところで、

みんなで「α個」を出し合った。

これを補足しつつあげて、今回はおしまいとしよう。

*古い高齢者イメージを更新する。

 補足→→「ジジ・ババ」のイメージを

     支援者も高齢者自身、

     更新する。若い高齢者をスタンダードにしよう。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00282706.jpg

*自分より年上の生き方モデルを見つけてもらう。

 →→「あなたが尊敬する先輩高齢者って、

   どなたですか」

*過剰な健康支援をしない。

 →→けっきょくは、本人の資質とやる気。

*歳より若めの身だしなみをしていただく。

*(そのためには)鏡の自分と向き合う時間を

 つくるようにすすめる。

*食器をときどき変えてみることを提案する。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00320742.jpg

*自己肯定感を刺激する。

 →→古典的な「あなたの健康の秘訣ってなんですか」

   という問いかけにも、自分の利点を見つけ出す

   きっかけを与える意味はあるのかも。

   (もともと秘訣なんて考えずにやってきたとしても、

   後づけで説明することで心理的にはプラスに)

*生きがいづくりの支援をする。

 →→あしたの予定を聞くとか趣味を聞くとか。

*小さなことでも生きがいになるように支援する。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00222995.jpg

*食体験を過小評価しない。

 →→「ええ? お1人で《すき家》に?

   そうか、あそこなら、“ウナギ牛”食べられますものね」

*人生の先輩として敬意をはらう。

*料理技術を人との交流のために使う。

 →→「男子厨房派」は意外に結束がカタイそう。

*外食体験を増やす、広げる。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00330545.jpg

以上のことは、

30年後、40年後、健康支援者の問題なのである。

百寿者となる自分を支える。_b0141773_00334093.jpg


by rocky-road | 2020-08-03 00:33 | 「食ジム」  

<< 生き方を考える栄養士たちへ。 働き盛りの男はトマトが大好き。 >>