あなたの中のオピニオンリーダー。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20251434.jpg

2020年6月7日に行なわれた恒例の、
パルマローザ スペシャルセミナーを

振り返っておこう。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20282688.jpg

今回の演題は

「健康支援者がオピニオンリーダーとして、

社会的に、しかるべき役割を果たすための

アクションプラン。」

(誕生日にも当たっていたので

前後のイベントごとに祝っていただいた。感謝)

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20281331.jpg

「オピニオンリーダー」とは微妙なコトバで、

辞書的には

「世論形成に大きな影響力をもつ人。

特に、有力なジャーナリストや評論家などをいう」

(広辞苑)となるが、

実際には「ファッションリーダー」や

「マーケティングリーダー」などのように、

さほど「オピニオン」(意見)や提案を持たなくても、

そのコミュニティに影響力を持つ人は多い。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20283833.jpg

そのせいか、あとから登場してきた

「インフルエンサー」との線引きがしにくくなっている。

(インターネットではその違いを述べているサイトがある)

要するに、意見や行動によって、

そのコミュニティに影響を与える人、

という理解でよさそうである。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20295160.jpg

2つのコトバの違いの議論には深入りしないで、

ここではオピニオンリーダーを

「思想や意見、行動などで周囲に、

継続的な、よい影響を与える人」と定義して、

栄養士のオピニオンリーダーについて

考えてみよう。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20363004.jpg

日本は、

すでに世界トップクラスの長寿国になって久しいが、

その成果を得るまでに、

栄養士の関与はどの程度あるのだろうか。

もともと健康について意識が高い国民で、

聖徳太子の十七条憲法にも、

「食におごることをやめよ」と

謳ったってあるという。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20353643.jpg

もっとも、そうした指針は

中国の受け売りだろうから、

飛鳥、奈良の時代から

大和人が一定の健康観を持っていたかどうかは

わからない。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20351285.jpg

ではあるけれど、本家の中国は、

漢方とか薬膳とかと、

いろいろの健康法や治療法を開発し、

日本に多大な影響を与えたにもかかわらず、

現在は、

世界の長寿国には遠く及んでいない。

それはいったい、どうしたことか。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20383921.jpg

国のサイズが違いすぎで、

単純には比較はできないが、

やはり日本は国民の健康観は高かった、

健康教育が行き届いた、

と考えたくもなる。

狭い国土は、情報の伝達には有利に働く。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20403910.jpg

さて、

日本の栄養士養成は大正時代末期に始まるが、

活躍が本格化するのは

昭和20年の太平洋戦争敗戦後である。

国家資格としての栄養士の歴史は

ようやく70余年というところである。

セミナーでは、その歴史を振り返った。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20412339.jpg

日本の栄養学や栄養士は、

佐伯 矩(さいき ただす)や

香川 綾など、医師によって基礎がつくられた。

今日、医師による怪しげな食事法を説く本が

栄養士の頭越しに、堂々と出版されるのは、

医師によって栄養士が生まれた、

という歴史と無関係ではあるまい。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20354482.jpg

とはいえ、

日本人の平均寿命、健康寿命が延びたのは

戦後の70年間、それも後半の40年くらいの間だから、

栄養士の関与はけっして小さくはないはずである……

と言いたいところだが、

そう考えようとするとき、

頭に浮かぶのは、

アジアにあって世界的な長寿国である

香港やシンガポールのこと。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20421815.jpg

香港やシンガポールが

栄養学の先進国とは思えないし、

栄養士の質量が日本を上回っているとも思えない。

このあたりの実態を調べてみる意味はありそうだ。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20360444.jpg

いずれにしろ、日本では、

栄養士の影響力はもっと大きくてもよいと思う。

テレビの連続ドラマで、ヒロインが栄養士だった、

というようなレベルではなく、

人々の健康意識に影響を与えるようなオピニオンを

トークや映像、著作物、行動などで示す栄養士が

もっと出てきてもよいのではないか、

というのが今回のセミナーのテーマだった。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20451622.jpg

その事例として、

何人かの方をあげた。

これしかいない、ということではなくて、

たまたま私が存じあげている方のうちの

ごくごく一部であることはもちろんである。

そこでまずは、

栄養士活動というよりも、テレビ出演で語った

「おいしゅうございます」の一言で

食通としてのオピニオンリーダーとなった岸 朝子さん。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_23211686.jpg

早々と博士号をとって料理や食事による健康法を

多くの本で説いた東畑朝子さん、本多京子さん、

そして、栄養バランスを考えた料理を

テレビやラジオ、出版物で紹介を続ける

宗像伸子さん、竹内冨貴子さん。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20410883.jpg

この方々が活動を始めたころは、

栄養士が1冊の本の著者となるのはむずかしく、

医師の名を立てて、

実質的な仕事は栄養士が行なう、

というのが通常だった。

今日のように

栄養士が単独で本を出すなどということは

だれかがブレーキをかけたわけではないが、

通例としてできなかった。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20381980.jpg

今回のセミナーでは、

以上のように料理や健康食などを

メインオピニオンとしたリーダーのほかに、

コミュニケーションに関して特筆すべき人として

お2人をあげた。

1人は高橋久仁子さん(現/群馬大学教育学部名誉教授)。

お目にかかったことはないが、

リスクコミュニケーションの分野でご活躍。

「フードファディズム」という概念を

日本中に広めた功績は大きい。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20454616.jpg

もう1人は、影山なお子さん。

やはり食コミュニケーションに軸足を置いたオピニオン。

栄養学には

病態、応用、実践、分子、代謝、時間、ライフステージなど

いろいろのジャンルがあるが、

それらの知識やスキルを

一般の人に届ける方法についての研究は

ほとんど手つかずの状態である。

「ヘルスコミュニケーション」の分野でも

似たような状況である。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20493110.jpg

倉庫にいろいろの情報が

ストックされているにもかかわらず、

それを宅配する方法については追究されていない。

広告チラシのように

相手かまわず、

郵便受けに投げ入れることはできても、

その人の状況に合った情報を

11軒、玄関でハンコをもらって手渡しはできない。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20501031.jpg

「栄養指導」という上から目線の用語は、

まさに画一的に知識を押し込むことを

促進するコトバと言ってよい。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20562105.jpg

こういう状況にあって、

「食コーチング」は、

個々人に求められる健康・食情報を

手渡しするコミュニケーションスキルである。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20481216.jpg

人は食べるために生きているのではなく、

それぞれの役割を見つけて、

または、見つけようとして生きている。

食行動もまた、

生物的活動として繰り返されているわけではなく、

食に向かいつつも、

そこから生きるモチベーションを得たり

高めたりしている。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20581877.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20593653.jpg

夕食に刺身を食べるかステーキを食べるか、

ということで迷うことは、

自分の人生の行先にもつながる。

ミリ単位の前進に見えても、

それが生きるモチベーションにもなる。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20585085.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21085833.jpg

70余年を経た日本の栄養学は

ようやくそこにも足をかけることになった。

食コーチングのアイディアは、

避けては通れない道にたどりついたと言うべきか、

よくぞ、そこに気がついたと言うべきか、

大事な1歩2歩であることは確かである。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21002484.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_20591306.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21014035.jpg

食関係のオピニオンリーダーとは、

有名人になることや

マスメディアで活躍することと同義ではない。

「おいしそうに食べる」

「箸の持ち方がきれい」

「笑顔がステキ」

「姿勢がいい」

「身だしなみが行き届いている」

「献立にバリエーョンがある」

「話し方に品格がある」

そういうことで、

だれかによい影響を与えているとすれば、

それをも「オピニオンリーダー」と

考えてよいのではないか。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21034133.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21035745.jpg

あるコミュニティに

「ヒラメ顔の無表情な栄養士」がいるという。

こんな人を「カレイ顔」に変えるか、

「コイ顔」か「タイ顔」か、

「ウナギ顔」に変えることができたら、

その人は、オピニオンリーダーとしての階段を

1段上げたことになる。

あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21062692.jpg
あなたの中のオピニオンリーダー。_b0141773_21065834.jpg


by rocky-road | 2020-06-20 21:09 | パルマローザセミナー  

<< 働き盛りの男はトマトが大好き。 日本に降る雨にオピニオンはあるか。 >>