新聞をゆっくり読む時間ができた。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00210995.jpg
コロナウイルス肺炎の拡散の話は、

それぞれの専門分野に任せて、

こちらは、いつものように、

自分の生活習慣を守っていこう。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00161493.jpg

少しだけコロナに触れるとすれば、

「読売新聞」の328日の朝刊に

養老孟司氏(脳解剖学者)へのインタビュー記事が載っていた。

そこで氏は、「症状が軽いから広がるんですよ」

と指摘していた。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00223225.jpg

なるほど、そうに違いない。

感染した人がすぐに倒れてしまえば、

ウイルスは拡散されにくい。

宿主に感染したかどうかを知られないうちに、

新規の宿主を見つけて拡散してゆく。

宿主が亡くなってしまうと、

自分たちもそこで終わる。

それは彼らにとっても誤算である。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00241896.jpg

感染の怖さを考えていたら、

戦時中の、B29や艦載機(航空母艦から発進する戦闘機)による

空襲と比べることになった。

相手を選ばないという点では、

敵機もコロナウイルスも同じだが、

命を狙ってくるという点では、

空襲の恐怖はハンパではない。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00202162.jpg

夜中の空襲が終わって、

横穴の防空壕(崖などの掘った壕-ごう)から出て、

家に戻るやいなや、

第2波の攻撃が始まる。

なぜか、この2波のときに

足がガタガタと震える。

真冬の寒さと恐怖とが同時にくる。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00255238.jpg
のちに、昭和20年3月10日の空襲では

100万人が犠牲になったことを知るが、

空が真っ赤に染まるほどの、遠くの大火災を感じながら

死の恐怖が迫ってくるのは子ども心にもわかった。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00195694.jpg
コロナウイルスの怖さは、

これほどのものではないから、

油断してヒョコヒョコと出歩くことになる。

コロナウイルスが爆音でもたててくれれば、

みんなは家にこもっていられる。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00171355.jpg
空襲警報下ではないから、

灯火管制(電灯を消すか漏れないようにすること)がないので、

部屋でミラーボールを回そうが、

大音響で音楽を聴こうが、

ウイルスに狙われることはないし、

町内の警防団(自警団のようなもの)から

とがめられることもない。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00235052.jpg
「こわくない」というのは、

実はこわいものである。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00340153.jpg
さて、ようやく本題に。

以下は、

2020330日の「読売」朝刊に載った広告である。

日本人が国語の勉強を始めて150年くらいたつが、

文章の表記法がいまだに定まっていない現状を

見事に証明してくれているという点で

貴重な資料となる。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00244977.jpg
上の書籍の広告は、

読点「、」を打ちながら、句点「。」は打っていない。

句点は、単に誤読を防ぐ、文章の末尾を示すだけでなく、

人が使ったコトバというニュアンス(ぬくもり)を生み出す。

その効果を認知していない人は多い。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00391541.jpg

しかし、それをわかる人もふえつつある。

「バイトを守れ。」のマルは主張を強めている。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00395241.jpg

さらにわかってくると、

補助符号(テンやマル、「」!などの総称)

自由に使い分ける。

フジッコの広告制作者に💮(ハナマル)をあげたい。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00151905.jpg

感嘆符についていうと、

パソコンには「!」しか入っていないので、

以来、どれも「直立型」になる。

なぜ、直立型がよくないかというと、

1(イチ)や「I(アイ)の紛れるから。

!」斜体をかけると、オドロキ度が増す。

ちなみに、

この広告、感嘆符を打ちながら、句点は使っていない。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00154826.jpg
新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00163552.jpg
新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00162719.jpg

ジャパネットたかたも、

感嘆符は直立型。

それにしても!のオンパレード。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00364656.jpg

「自分に合う。が見つかる。」は

句点の使い方のミス。

「自分に合う」が見つかる。

とすればよいのに。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00333066.jpg

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00425675.jpg

新聞の見出しや雑誌のタイトルには

句点を使わない伝統がある。

これが新聞記事を冷たくしている理由の1つにはなる。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00305298.jpg

しかし、こんな例も出始めている。

新聞は、今後も部数を減らし続けるだろうが、

読者対策として、


出しにも句点「。」を入れたり
補助符号(! ?)を積極的に使ったりする日がくるだろう。

その前にコチコチの文章を和らげる段階があるだろうが。

その日は50年後か、100年後か、

いずれにしても遠い未来の話である。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00282192.jpg
最後に、珍しい手描き広告。

手描きをするとこんなにも補助符号がふえてくる。

見かけは別として、

ぬくもりとは、こういうことである。

手で描くと、自然に補助符号(? !〝〟などなど)

出てくる。

これを見ても、

パソコンが、

いかにわれわれの文章表現を

制約しているかがわかるだろう。

新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00444214.jpg
新聞をゆっくり読む時間ができた。_b0141773_00463918.jpg


by rocky-road | 2020-04-01 00:46 | 大橋禄郎 文章教室  

<< 「足袋」に誘われた京の旅。 本業でも、副業でも輝く。 >>