「エッセイ」は続く、どこまでも……。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00013193.jpg

わが「ロッコム文章・編集塾」では、

エッセイのトレーニングによって塾生を悩ませている。

有名人や著述家でもなければ、

エッセイなど書く機会は「一生ない」

と言いたいところだが、

現実は、そうではない。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00020928.jpg

そのことに改めて気づいたので、

しばらくはエッセイ攻めをすることにした。

フランスを発祥とする「エッセイ」の定義はむずかしいが、

ここでは日本国向きに、以下のようにしておこう。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00015208.jpg

「自由な話題(身近なものから深淵なものまで)

を選び、軽妙、ときにユーモラスなタッチで書き進める、

比較的短い形式の文章。

しかし内容は、深い知識や思考に裏打ちされていて、

たとえば、人間や人生、社会や宇宙内に起こる諸現象などに

触れることが求められる」

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00031521.jpg

かつては「哲学がある」などと言ったが、

いまは哲学そのものが正体不明の存在なので、

「深い知識や思考がある」と言ったほうがわかりやすい。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00030102.jpg

むずかしいのは、

「エッセイ」「随筆」と「雑文」との識別。

「エッセイ」と「随筆」とは

厳密に言えば別物だが、

日本ではほぼ同じものと考えてよい。

これに対して「雑文」は、

これと言ったテーマが感じられない、

どうでもいいような文章。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00041313.jpg

作家の林 望氏に言わせると、

「エッセイスト」と名乗る人の文章の多くは

「雑文」ということになる。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00044697.jpg

私として、雑文に加えたいのは

新聞の社説や匿名記者が書くコラムなど。

言いたいことがわかりにくかったり、

奥歯にモノが挟まったような言い方だったり、

決定的なのは筆者名がないこと。

「私」を隠した匿名の文章は、

雑文の典型である。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00093169.jpg
孤独や断捨離をすすめる文章も、

おおむね雑文であろう。

文章が軽妙であったとしても、

人を不健康に導いたり、寿命を縮めたりする

非道徳的な発想だから、

雑文であり、「公害的文章」でもある。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00053819.jpg

さて、

なぜ塾生にエッセイを書かせるのか。

それは思考力のある大人になってもらいたいからである。

戦争体験や災害体験を語る大半の大人(超高齢者も多い)

「戦争は絶対にいけない。若い人にそう言い続けたい」

2度とこんな悲劇をくり返してはいけない」

と、何十年間も言い続けている、

そういう「雑文的コメント」を繰り返す、

考えない大人には

なってもらいたくないからである。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00080647.jpg

「右を見て、左を見て! クルマは急に止まれない」

というリズムのある標語は、

覚えやすいが実効性は低い。

耳に快いと、むしろコトバの意味は忘れられる。

そこで都内の警察が

道をまたぐ横断幕に

「コラッ スピード出しちゃいかん!!」とやった。

オリジナリティが必要である。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00105419.jpg

自分の経験は、

自分の解釈、自分のコトバで語ってもらいたい。

1010様の内容を、1010様のコトバ語ってほしい。

空襲を防ぐ方法、災害から助かる方法にも

100100様があるはず。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00103690.jpg

ロッコム文章・編集塾

塾生にエッセイを書かせるのも、

自分の思考を育ててほしいからである。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00141571.jpg

「人はなぜ生きるのか」

「人はなぜ笑うのか」

そんなことを600字のエッセイによって

考えることは、

災害対策であり、戦争対策であり、

幸福への道のりである。

「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00094511.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00150400.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00152161.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00153991.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00155696.jpg
「エッセイ」は続く、どこまでも……。_b0141773_00163035.jpg


by rocky-road | 2020-03-13 00:06 | 大橋禄郎 文章教室  

<< 本業でも、副業でも輝く。 行動療法、「これまで」と「これから」 >>