栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23021562.jpg

恒例のパルマローザ・新春セミナーが終わった。

(2020112日(日)かながわ エルプラザ)

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23114807.jpg
タイトルは

「日本人の健康支援を、栄養士が

主導するためのアクションプラン。」

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23092637.jpg

内容は以下の項目。

1.栄養士が日本人の健康支援を主導したい、これだけの理由。

2.健康支援を主導するために基本となる準備性。

3.健康支援を主導するための社会的行動。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23095817.jpg
日本は世界でトップクラスの長寿国だが、

「それはなぜか」と言えば、
1つには地政学的条件。
気候が温暖で、干ばつや冷害が少ない。

水害や地震によるダメージは小さくはないが、

長い歴史の中で見れば、その頻度は限定的で

平均寿命を左右するまでには至っていない。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23113243.jpg
文化的、経済的、政治的には、

医療水準が世界的にも高く、

経済的には経済大国の地位を保っているし、

政治的にもきわめて安定。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23100875.jpg
文化面では、

東アジアの米食文化圏にあって、

しかも、一汁三菜とか季節感とか、

「いただきます・ごちそうさま」の習慣とかの、

結果としては心身の健康を支える

多くのシステムを生み出している。

これらは道徳的、教育的なレベルを

反映したものであろう。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23094986.jpg

俯瞰的に見ればそういう解釈になるが、

人為という点から見れば、

なによりも高い教育効果として

健康意識が高い国民であること、

各人各様に

自分の職場で最善を尽くす人の割合が高いこと、

などにによって、

全国民が直接、間接に

日本人の健康維持・向上に貢献している。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23105011.jpg

つまり、

日本人の健康は、

「健康支援者」だけに支えられているわけではなく、

一次産業から三次産業まで、すべての職業、

そして、ここに住むすべての個々人によって

支えられているということになる。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23102496.jpg

職業的に見た場合には、

社会の健康教育の面で、

栄養士は、このところ自分の専門分野を

あとからやってきた一部の医師に

少なからず荒らされている。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23135172.jpg

「ゴボウ茶を飲むと20歳若返る」とか、

1日3食をやめなさい」とか、

「白米をやめなさい」とか、

栄養学の基礎ができていない医師に

好き勝手な珍説をバラまかれている。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23143998.jpg

「荒らされている」と言ったが、

職業的な専門分野を奪われるということより、

フードファディズム(食のまやかし情報)

日本中にバラまかれている

という点が問題であり、

ドクターごときに、そこまで言わせておいて、

この分野のプロとして責任を感じないのか。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23141866.jpg

少なくとも食や栄養に関する情報提供は、

栄養士がイニシアティブをとる必要がある、

というのが、今回のセミナーのコンセプトである。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23174139.jpg

ただし、相手は医師だけではない。

というよりも、

元凶は医師ではなく、マスメディアである。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23191286.jpg

医師がマユツバ情報を

メディアに売り込んでいるとは思いにくく、

むしろテレビや版元が企画をし、

そのプランを、

引っかかりやすいドクターに持ちかけている、

というのが実態であろう。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23155873.jpg

栄養士は、書けない、しゃべれない、

一見、論理的に思えるデタラメを

振りまくだけの勇気がない、

などなどの理由があるにしても、

対岸の火事のように感じていては

職業的責任は果たせない。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23165492.jpg

フードファディズムのバラまきを

放っておくことは、

箱の中に隠れた容疑者を、

missmiss国外逃亡させてしまったことによる

ダメージなど問題にならないくらい

国民的には損失が大きい。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23360148.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_01395071.jpg

その対策をいくつかあげた。

なによりも本人が見た目も健康であること

思想、人生観、表情、姿勢、
歩き方、身だしなみなどの点で。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23202400.jpg

さらには、

いつでもスピーチや講演に応じられるように

トレーニングをしておくこと、

そのためのテキスト作りの準備性を高めておくこと

(パワーポイントにおんぶに抱っこの講演はしない)

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23214684.jpg

あるいは、テレビ出演のときの心得、

同意できないコメントをするように

求められたときの対処法など、

いくつかのポイントを示した。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23225274.jpg

要は、メディアを使って社会的発言ができるように

自分を思いきり鍛えておくこと。

医師にしても、

養成中に社会的発言法を学んでいたわけではない。

社会に出てから見つけるスキルである。

依頼があってからの対処ではなく、

日頃から準備性を高めておくこと、

そのポイントを示した。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23223333.jpg

さて、受講してくださった人たちが

ピカッと光る食情報を

メディアで披露する日はいつか、

楽しみは10年後か、50年後か、

いやいや100年後か。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23220954.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23241594.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23084505.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23195938.jpg

13日は、有志の方々と

「ルノワールと パリに恋した

12人の画家たち」を横浜美術館で鑑賞した。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23243598.jpg

ルノワールの作品以外の

当時(1800年代中期以降)の画家たちの作品を

少しずつ見られたことを喜ぶか、

ルノワールの作品が少なかったと悲しむか、

画家たちの作風(うまいヘタ?)の多様性を感じるか、

各作品に付してある解説文の

なんとも味けのない文章を分析するか、

作品よりも解説文にクギづけになる

入場者の、絵ではなく文章の鑑賞力に

感心するか、

美術館にもいろいろの楽しみ方がある。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23250194.jpg

その前後の写真も掲げておこう。

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23261817.jpg

栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23265474.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23273456.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23292305.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23294270.jpg
栄養士は、どこまでイニシアティブをとれるか。_b0141773_23312399.jpg


by rocky-road | 2020-01-14 23:31 | パルマローザセミナー  

押しても引いても動かすセンス。 >>