「話力」は、あしたを生み出す。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23283576.jpg
「食ジム」第83回のテーマは、

「男性の健康意識を高めるには、

どんな『話力』が必要か。」

であった。

20191124日(日)、

横浜市技能文化会館)

座長、三上 聡美さん

アドバイザー 影山 なお子さん、大橋。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23281590.jpg

プログラムは、

1.男性(親、兄弟、夫、友人、同僚、クライアントほか)を

  喜ばせた(怒らせた)あの一言――あるある「話力体験」

2.家族や、その他の男性の健康観や食習慣などについて

  「男って、ここが違うな」と思ったこと、思うこと。

3.食生活や健康習慣に関して、「この人、私の手には負えない」

  と思った事例(私生活、仕事の場などで)。

4.男性の健康意識、食習慣を改善・向上させた私の経験、

  私の流儀。

5.男性の健康意識や食習慣を向上させるための話力強化法、

  その傾向と対策。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23401172.jpg

このテーマを選んだのは、

男性の健康意識が女性に比べて低いこと、

食事の選び方に不得手な人が多いこと、

食事相談を受けるとき、開き直ったり、

専門家のアドバイスを聞かなかったり、

言い訳や反論が多かったり、

決めたことを実行しなかったりする傾向があること、

そして、

そもそも男性は、女性より平均寿命が短いこと、

などなどの事情によるものである。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23332800.jpg

実際、みなさんの体験を聞いていると、

お酒を飲んだあとラーメンを食べる、

食事を抜いても気にしない、

ことさら脂ものを選ぶ、

などというケースもあるが、

その一方で、

「いつ死んでもいい」とよく言う父が、

毎日、卵を1個、きちんと食べている、

などという涙ぐましい現実もある。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23323438.jpg

つまり、家族や食事相談、病院の現場で

じかに男性と接している人たちの報告によると、

かつて私が体験してきたような

暴飲暴食型や、

人に酒を強要するようなタイプの男性は

激減しているということか。

平成から令和に至る過程で

食習慣や運動習慣から見る限り、

男性の健康意識はかなり高まっている、

と、見てよさそうである。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23410666.jpg
下には下があるから、

みなさんが接している男性は、

平均的レベルよりは高い人であるのかもしれない。

そういう傾向はあるにしても、

全体としては、

さすがは世界の長寿国に住むニッポン男子である。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23424235.jpg
ところが、

以下のような人も少なくないと言う。

それは食事相談において、

ほとんど意志を表明しないだけでなく、

生活習慣などについても、

疑問や迷い、不安などを示さないタイプ。

「まあまあ、です」

「別に問題はありません」

「そうですね」「はい、そうします」

などと、まったく逆らわない。

「暖簾(のれん)に腕押しタイプ」とでも言うのか。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23301402.jpg
かつては

「飲みたい酒も飲めないくらいなら、

好きなだけ飲んだり食ったりして、

死んだほうがマシ」なんていうタイプが

少なくなかった。

が、現場の栄養士さんは

「死にたい」という人には、

まだ「取りつく島がある」とのこと。

暖簾に腕押しタイプには、

かつては、腕利き(?)栄養士さんが

「はっきりご自分のお考えをおっしゃってください」

「そこんとこ、どうなんですか、わかっています?」

なんて、上から目線で迫ったりもした。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23290886.jpg

いまは「ほめる」時代だから、

叱ったり諭(さと)したりすることは

少なくなった。

「私の言うこと聞かないと、

1年後にはあの世ですよ」

「いまは医療が発達しているから、

ベッドの上で5年でも10年でも

過ごすことになるんですよ!!」

などと言う医療関係者は、

皆無になったか激減したかであろう。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23412524.jpg

しかし、

諭したり注意したり、

叱ったりすることも、ときには必要か。

と言って、

孫の年代が、

おじいちゃん、おばあちゃん年代のクライアントを

諭したり注意したりすることは

現実としてむずかしい。

とすれば、

お説教口調にならない新しいスキルを

開発する必要を感じる。

日本では、

神を応援に引き出すことはしにくいから、

別の情緒や情報をよりどころにして

説得する方法を考えねばならない。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23461710.jpg

ロボットにお願いして、

「♪ ダメ、ダメ、アー、ダメよ、ダメよ、

SOSSOS、ほらほら呼んでいるわ、

きょうもまただれか、〇○さんのピンチ♪」

などと歌ってもらうか、

食コーチングが

諭しと説得の「話力」を開発するか、

人生100年時代は、ますますおもしろい。

いずれにしろ、

食事相談、健康相談は

新知識を伝えるだけの場ではなく、

モチベーションアップ、

言い方を変えれば、

モチベーションを注入する場となっている。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23305944.jpg

この話につなげて言えば、

過日、東京で開催された

「第40回 世界健康フォーラム 2019・東京

――人生100年時代の生き方上手――」

いうイベントを受講した。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23293579.jpg

複数の医師やアスリート、冒険家などによる

講演やシンポジウムの会であったが、

ここでの結論は、

栄養、日本食、野菜や大豆製品も魚の効用、塩分制限、

そして運動、若いうちからの病気予防などであった。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23413141.jpg

その結論は「健康の3大要素」の範囲。

「人生」というコトバを使うとなれば、

健康を「健康の6大要素」(ストレスコントロール、

よい人間関係、生きがい)で考える必要があるが、

ここでの中心話題は、身体の栄養補給の話止まり。

心の栄養(よい人間関係、生きがい)に関しては

主催者、講師ともに

視野には入っていないことがわかった。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23325885.jpg

1000人の大イベントと、

20人の食ジムとでは、

話題の鮮度において

少なくとも50年の開きがあるのを実感した。

念のために言うが、

食ジムは、現在からあしたに向けて

話し合っているのに対して、

くだんのフォーラムは、

いまから50年前を歩いているのであった。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23292199.jpg
人生は、生きる目的を持ち、

その意義を感じている人のものである。

「話力」は、あしたを生み出す。_b0141773_23481478.jpg



by rocky-road | 2019-11-27 23:48 | 「食ジム」  

公共放送の日本語力。 >>