「表記・表示学」のすすめ。

b0141773_20121830.jpg
わが地元の路線バスの行先表示に

いきなり新顔の行先が現われた。

「HPSC」と。

日本の停留所に突然、

アルファベット表記が現われたのにはびっくり。

b0141773_20113877.jpg

「どういう意味ですか」

乗客としては当然、運転手に尋ねた。

運転士さんは「わかりません」

「えっ?」である。

自分が巡回する停留所の意味がわからないという。

次の機会にも、

別の運転手に聞いたが、やはり「?」

b0141773_20135094.jpg
昔なら、バス会社の案内所に行って

「社員教育はどうなっているんだ?」と

ねじ込むところだが、

「仏の大橋」となったいまは、

家に帰ってパソコンで検索した。

「ハイ パフォーマンス スポーツ センター」

High Performance Sports Center

の略だという。

b0141773_20132744.jpg

国立スポーツ科学センターの

関連施設が名称変更をしたらしい。

東京のはずれの北区にも、

国際的()な地名(施設名)

いつのまにか生まれたようである。

もっとも、ゲート付近を探索したが

それらしい表示はない。

1施設が、または1バス会社が

地元のコンセンサスもなく

いきなり地名を主張していいものか。

すべてオリンピックのため。

「笑って許して」か。

b0141773_20130210.jpg
話は変わるが、

過日、空港内の書店に寄ったとき、

雑誌の誌名の表記の変化に気がついた。

これも、関係者からすれば

「いまさら」のことかもしれないが、

誌名を、表紙モデルなどによって

いとも簡単にさえぎる流行が真っ盛りなのである。

b0141773_20153305.jpg

わが現役時代には考えられない方式である。

全面に写真を使って、

書名を上にかぶせる(「ヌキ」とか「ノセ」とかという)

方法もあるが、

写真の絵柄と文字とが重なって読みにくくなる。

b0141773_20161239.jpg
b0141773_20190276.jpg
b0141773_20172113.jpg
b0141773_20212976.jpg
b0141773_20215202.jpg
そこで写真を切り抜いて(
角版または額縁という)

誌名部分とロゴの部分とを分けて示した。

それでも、「ノセ」のケースにも耐えられるように、

「栄養と料理」のロゴの輪郭線を太くして、

絵柄に埋没しないようにくふうした。

b0141773_20230082.jpg

b0141773_20181872.jpg

そういうことに、

こまごまと気をつかった者からすると、

誌名のロゴをモデルさんの顔で覆うなどは

考えられないことである。

読者は誌名で選ぶだろうに。

流行というのは、理屈ではないと、つくづく思う。

b0141773_20175464.jpg

さらに話を進めて、

先日、稲盛和夫氏の著書、

『心。』に関心を示した塾生が少なくなかった。

かねてから、句点の意味について論じているので、

こういう表記に目が行ったようだ。

世界の栄養士のうち、

書名に打たれた「。」の意味について

考察する人はどれくらいいるだろうか。

b0141773_20245594.jpg

などという問題を研究する

「表記学」または「表記・表示学」を

創設してもよい時期かもしれない。

b0141773_20255644.jpg

b0141773_20262464.jpg

ちなみに、

来たる825日に行なう、

80回「食ジム」では、

そういう話題も含めて、

「栄養士・健康支援者は

『日本語力』をどう強化すればよいか。」

というテーマで、終日、語り合うことになっている。

(http://www.palmarosa.jp/palmarosa/goaisatsu/index.html)

b0141773_20265120.jpg


by rocky-road | 2019-08-13 20:26 | 「食ジム」  

<< コトバは乱れるものなのか。 絵手紙には心の弾みを描く。 >>