絵手紙には心の弾みを描く。

b0141773_22550162.jpg

絵手紙をいつ始めたのか、

記憶は定かでではないが、

1964年にダイビングを始めて

何年か後には、

海から絵ハガキを出すようになった。

朝食前に「ハガキタイム」などと称して

みんなでハガキを書いたりした。

のちにプロのイラストレーターが仲間になった。

b0141773_22563396.jpg
そのうち、

海への旅にはハガキ用紙を持って行って

海で見た魚の絵などを描いて出すようになった。

この習慣は1960年代後半くらいから始まった。

わが「絵手紙元年」はそのあたりか。

b0141773_22571554.jpg
ダイビング雑誌での連載や、

自分の著書にも、

挿絵を描く機会があった。

画家やイラストレーターを志望したことはないが、

絵を描くことは小学生以来、

途切れることなく、今日まで続いている。

b0141773_22560030.jpg

いわゆる「絵手紙」がブームになるのは

1900年代の終わりころからだろうか。

「ヘタでいい、ヘタがいい」のキャッチフレーズが

受けたことと、

筆を上端で持って書くことをすすめ、

ハンドリングを不自由にして、

筆先をよろけさせること、

これが「絵は苦手」とする人にウケたようだ。

b0141773_22583764.jpg

b0141773_22590195.jpg

線をよろけさせれば、

だいたいヘタに書けるから

「ウマい、ヘタ」という感覚を忘れさせる。

この流儀が普及したおかげで、

みんなが、共にヘタという世界になる。

これが「絵手紙ブーム」のポイントだろう。

b0141773_22581669.jpg

アマチュアの絵を見て「ヘタだね」というのは野暮だから、

「ヘタがいい」が世間相場となる。

しかし、この流派の作品展を見に行って驚いた。

1000点以上の作品が展示されていたが、

1人が描いたのではないかと思わせるほど似ている。

これでは、少なくとも私信としてはあまりにも没個性。

b0141773_23000488.jpg

さらに言えば、

文章で絵を説明し過ぎておもしろくない。

「絵手紙」の大橋流解釈は、

「絵に文章をつけるのではなく、

文章に絵を添えるのでもなく、

絵と書、そして余白までをも一体とした作品」

ということになる。

b0141773_22595259.jpg

したがって、

文章は時候のごあいさつや絵の説明ではなく、

額装して飾っても耐えられるものにする。

俳句や短歌、詩を書くのも一案だが、

私は、多少はリズムのある散文、

標語でもないし、キャッチフレーズでもない。

b0141773_23025807.jpg
b0141773_23032333.jpg
b0141773_23013634.jpg

キザに言えば「哲学を書く」だが、

そんなことは思ったとしても

絶対に人には言えないから、

平凡にはなるが、

「心の弾みを描く」とでもしておこうか。

b0141773_23035454.jpg
b0141773_23010877.jpg
b0141773_23050859.jpg

境地は俳句や短歌、詩と同じだが、

表現に形式はない。

ワンフレーズでパチッとキメる。

b0141773_23054746.jpg

通信文は切手面に書く。

言うまでもないが、

ハガキを横にして描いた絵ならば

切手面の宛名もメッセージも横書きにする

これがわかっていない人が、

なんと多いことか。

(既製品の場合も同じ)

b0141773_23060338.jpg
b0141773_22552514.jpg

書画としては、

榊 莫山(さかき ばくざん)さんからは

学ぶことが多い。

b0141773_23075676.jpg

絵と文字のバランス、

つまりはデザイン。

そして字のタッチ。

b0141773_23005558.jpg

莫山さんも筆の端を持つが、

熟練のワザでフラフラしない。

あえてカタカナを使うところが特徴。

b0141773_23092225.jpg

畏れ多くも絵手紙講座を始めたが、

もちろん第一目的は

神羅万象から情報を読み解き、

さらにそれを

絵と文字、文章で自身と、人に伝えること。

b0141773_23094133.jpg

b0141773_23101191.jpg
b0141773_23104713.jpg

それはコミュニケーション環境を

さらに活性化するはずだし、

人生をより豊かにする。

b0141773_23111843.jpg

そして、

旅がますます好きになること。

旅先から絵手紙を書く楽しさを

持続的に味わっていただくこと。

b0141773_23131154.jpg

講座を受けた人からは、

きっと絵手紙が〝殺到〟するだろうから、

こちらも、

ますます絵手紙の発信頻度が増すことになる。

b0141773_23121617.jpg

b0141773_23115770.jpg


by rocky-road | 2019-07-31 23:15 | 絵手紙  

<< 「表記・表示学」のすすめ。 話し合って、はいジャンプ!! >>