「お・も・て・な・し」を偲ぶ金沢の旅。

b0141773_23151714.jpg
20182月に急逝された

谷口佳津子さんを偲ぶ、金沢の旅をしてきた。

b0141773_23160242.jpg

石川県七尾市在住の谷口さんは、

当地で「あじさい会」という栄養士の勉強会を主宰され、

その縁で、

わがロッコム文章・編集塾・能登教室を

2013年3月16日を第1回として始めていただいた。

b0141773_23122047.jpg

当初は、空路で能登入りしていたが、

北陸新幹線ができてからは、

陸路で金沢経由し、半日観光をしてから

車で能登に入るのが定番となった。

b0141773_23172337.jpg

「お・も・て・な・し」の心が豊かで、

事前に私の意向を確かめ、

それを基にスケジュールを作って

事前に送ってくださった。

b0141773_23153871.jpg

3日間のうち、真ん中の1日が講義、

最初の1日は金沢(初期のころは能登)、

セミナー終了後は能登見物。

b0141773_23280960.jpg

観光コースには、もちろん「食」と

撮影スポットとが入っていた。

b0141773_23245884.jpg
b0141773_23323189.jpg
そうした日々がしばらくは続いたが、

2017年に、能登教室は終了し、

翌年の2月に谷口さんは他界された。

b0141773_23580243.jpg

彼女やその仲間と歩いたコースをたどって、

彼女を偲びたいという思いがずっとあった。

b0141773_23584965.jpg
b0141773_23583164.jpg

能登は、遠くなってしまったが、

金沢なら、

ご一緒していただいた笹川真澄さんがおられるので、

彼女にお願いして、

2日間、金沢の街を散策することもできる。

b0141773_23313298.jpg

笹川さんは、いままで歩いたコースをしっかり記録していて、

いつ、だれと、どういうコースを歩いたか、

ときには絵入りで残している。

思い出をたどる旅をご案内いただくのに

これほど適任の方はいない。

b0141773_23295408.jpg

おそらく、わが人生で最後になる

金沢歩きを深く記憶に残すことができた。

金沢の地形が少しは頭に入った。

以後、地図の上でも金沢の旅ができるだろう。

b0141773_23164077.jpg

以下は、今回の旅で撮った写真のあれこれ。

b0141773_23142465.jpg

b0141773_23335723.jpg
b0141773_23342863.jpg
b0141773_23130461.jpg
b0141773_23380744.jpg
b0141773_23260739.jpg
b0141773_23015464.jpg
b0141773_23402765.jpg

b0141773_23405943.jpg
b0141773_23421038.jpg
b0141773_23131900.jpg
b0141773_23134139.jpg
b0141773_23361706.jpg
b0141773_23424128.jpg
b0141773_23311806.jpg


by rocky-road | 2019-06-23 23:43 | 大橋禄郎  

<< よい話し合いにはシナリオがある。 栄養士は、認知症予防にどう貢献... >>