元号をどう手書きしますか。

b0141773_21522428.jpg

41日の新元号発表の時点から、

マスメディアの文字に対する準備性のなさが

気になっている。

めったにない行事だからやむを得ないが、

漢字の国としては、やや不甲斐ない。

b0141773_21525276.jpg

「令」を、発表どおり「本字」(ほんじ)または「活字体」で書くか、

筆記体または「許容書体」で書くか、

はっきりと方向性を示していないように思う。

b0141773_21542613.jpg
書家を訪ねて「令和」を書いてもらうテレビ局もあったが、

書家いわく「どちらでもいいんです」

b0141773_21551802.jpg

だから、オタリアまで活字体で「令和」と書いていた。

これでは困るのである。

この場合、取材先を間違えている。

正解は、小学校の国語の先生か、

文部科学省を訪ねて、

日常生活において、どちらを使うのがよいか、

意見を求めることである。

b0141773_21574698.jpg

実は、そんなむずかしい問題ではなくて、

日頃、「命令」や「年齢」「冷却」「鈴」を

どう書いているか、というだけのこと。

おそらく、本字や活字体で書いている人は

ほとんどいないだろう。

(ついでながら「年令」と書くのは大間違い。意味が違う)

b0141773_21582351.jpg

このほか、日常生活において

「道」や「通り」の「しんにょう」を

活字体で書いている人はいるだろうか、

「糸」を8画で書いている人はいるだろうか。

b0141773_21535301.jpg
b0141773_21592506.jpg

おもしろいのは、

テレビ画面にちらっと出た写本『万葉集』の序文部分では、

すでに「令」の字を筆記体で書いていること。

写本は慶長年間、1600年代に作られたというから、

400年前には、

すでに「令」を略して書いていたということになる。

どこの国にも「本字」(のちに活字体とも)に対して

「筆記体」「略字」はある。

それが合理性というもの。

b0141773_22002886.jpg
b0141773_01210142.jpg

b0141773_22020184.jpg

とすると、

新元号を発表するにあたって、

字体をどうするかについて、

有識者のあいだで話し合いがあったのだろうか、

それが気になる。

懇談会参加者の職歴を考えると、

その種の議論に強い人がいなくて当たり前である。

b0141773_22015073.jpg

新聞社も、いまはパソコンで原稿を書く時代だろうから、

「字体をどうすべきなのか」ということに

頭が働く人は少なかったのかもしれない。

「どちらでもいい」では

適切な解釈にはならない。

b0141773_22024316.jpg
b0141773_22030948.jpg
この種の問題を話し合うときのキーワードとして

「本字」「略字」「活字体」「筆記体」「許容体」

「常用漢字」(かつては「当用漢字」)、

「字体改革」などは無視できない。

日本では、太平洋戦争後、

漢字の字体を大きく簡略化し、それが今日に至っている。

b0141773_22111702.jpg

とすると、

新元号発表者には、

こんなコメントを添えてほしかった。

「なお、一言申しあげたいことは、

ここでは旧来の『令』の字を使っておりますが、

(正確には、上のテンの部分は略字化している)

日常生活において手書きをするときには

『八』に『、』と『マ』と書くことは妨げません」


b0141773_22060374.jpg

言語現象として興味深いのは、

手書きのときに筆記体を使っていた国民が、

新元号に従って、

活字体を手書きに使うようになるのかどうか、

という点である。

元号を書くときだけ「令」とし、

「年齢」や「命令」「冷却」「鈴」は

いままでどおりに書くのか。

b0141773_22142069.jpg

b0141773_22150008.jpg

「どうでもいいこと」と考えず、

しばらく見守ることは、

言語感覚を磨くうえでマイナスにはならないはずである。

b0141773_22152367.jpg


by rocky-road | 2019-04-14 22:16 | 大橋禄郎  

<< なぜか気になる「いわゆる」 海から見るオカの世界。 >>