海底ハウス、あの日、あのとき。

b0141773_23165132.jpg

昔、西伊豆の三津浜(みとはま)の沖にあった

海底ハウスの廃墟(残骸)が、

同地の水深18メートルの海底で見つかったと、

「朝日新聞」のデジタル版が報じていると、

マナティーズの山崎由紀子さん(以下、山ちゃん)

から連絡を受けた。(いまも見られる)

海底ハウスは、水深9メートのところにあった家。

1974年にオープンし、2年後の76年にクローズした。

クローズのおもな理由は、

そこを訪れた人が、家から水面に戻るとき、

フリーアセント(肺の中の、圧力のかかった空気を

排気しながら浮上すること)を怠り、

死亡したため。

b0141773_23171290.jpg

そういうことがないように、

われわれはプールで練習をしてから出かけた。

40年以上前のことなので、

そこを訪問した人は少なくなっている。

そこで、このハウスのことを語り合う会を開きたい、と

山ちゃんが提案した。

b0141773_23180748.jpg
3月7日、東京都千代田区永田町にある

≪永田町オーシャン≫という、

ダイバーが経営するレストランに出かけた。

b0141773_23223947.jpg

山ちゃんから連絡を受けたので、

昔のログブックを探したら、

すぐにそのページが出てきた。

b0141773_23333245.jpg
b0141773_23393170.jpg

1回目は1975(昭和50)222日~23日。

2回目は1976(昭和51)43(閉鎖の年)

b0141773_23175748.jpg

3回目は閉鎖後の1979(昭和54)
このときは、すでに送気が止まり、

水没した状態のハウスを、

設計者の田中和栄(かずひで)さんと一緒に

外から眺めた。
田中さん(のちに故人となった)は、

「こんな姿は見せたくない」と言って

私たちを案内してくれた。

b0141773_23243001.jpg

海底ハウスには縁の下から入る。

素潜りで行って玄関(縁の下)から入り、

「海底の水面」に顔を出す。

そこは地上と同じ空間である。

ウエットスーツを脱いで、

カプセルで運んでおいた服に着替える。

暖房もあるので、2月の海底でもそれほど寒くはない。

b0141773_23250183.jpg

ハウスでは、コーヒーも飲めるし、

カレーライスをいただくこともできた。

ログブックには、

東京のだれだれに電話した、と記録してある。

窓の外には、まだ中に入って来ない仲間や、

スクーバダイバーが見える。

b0141773_23233323.jpg

b0141773_23260621.jpg
b0141773_23264424.jpg
b0141773_23255520.jpg
トランプもオセロゲームもあって、

そこで楽しむこともできた。

今見ると、

1人の女性に想いを寄せていた男が、

ドサクサまぎれに、

彼女の肩に手をかけているではないか。

b0141773_23291744.jpg

b0141773_23280509.jpg

この写真は、2回目のときのもので、

1回目に撮った動画(当時は8ミリフィルム)

映写機ともども海底ハウスに持ち込み、

海の中にスクリーンを立て、

窓越しに映写したのである。

世界で最初で最後の海底映写会ではなかろうか。

b0141773_23302208.jpg

1976
年の何月だったか、

新聞社から電話が入り、

海底ハウスが閉鎖されたことを聞いた。

それについてのコメントを求める電話だった。

その新聞が見つからないが、

「世界的に貴重な海底居住の家がなくなるのは残念」

というようなことを言った。

b0141773_23304175.jpg

さて、永田町のパーティでは、

そのとき撮った8ミリフィルムを

DVDにコピーしたものを映写した。

参加者の1人から、

「こういう映像はユーチューブに

投稿してはいかがですかね」と言われた。

確かに「海底に家を作ろう」と考えた人、

それを実現した人がいたこと、

そういう夢に満ちた時代であったことを

人々に知っておいてもらうことは意味があるだろう。

b0141773_23312644.jpg


by rocky-road | 2019-03-12 23:31 | 海底ハウス  

<< 「健康」が見えてきた、かな? 「お笑い系作家」の孤独ジョーク。 >>