コンニチハ 「健康さん」。

b0141773_22414941.jpg

2018年1029日の「読売新聞」に、

上の写真のような広告が載った。

舌を出した樹木希林さんである。

確か、アインシュタインにも、

舌だし写真があったと思う。

希林さんのメッセージとして、

こんなコメントが綴られている。

少し長いが、引いておこう。

広告主は宝島社。

b0141773_22423416.jpg

「サヨウナラ、地球さん。

 靴下でもシャツでも、最後は掃除道具として、

 最後まで使い切る。人間も、十分に生きて

 自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に

 尽きるんじゃないかしら。そういう意味で、

 がんになって死ぬのがいちばん幸せなのよ。

 用意ができる。

 

b0141773_22433771.jpg

 片付けして、
 その準備ができるのは最高だと思うの。

 ひょっとしたら、
 この人は来年はいないかもしれないと思ったら、

 その人との時間は大事でしょ? 

 そうやって考えると、がんは面白いのよ。

b0141773_22435438.jpg
 いまの世の中って、ひとつ問題が起きると、

 みんなで徹底的にやっつけるじゃない。だから怖いの。

 自分が当事者になることなんて、

 だれも考えていないんでしょうね。

b0141773_22442245.jpg
b0141773_14361647.jpg

 日本には「水に流す」という言葉があるけど、

 桜の花は「水に流す」といったことを表しているなと思うの。

 何もなかったように散って、
また春が来ると咲き誇る。

 桜が毎年咲き誇るうちに、
「水に流す」という考えかたを、

 もう一度日本人は見直すべきなんじゃないかしら。

b0141773_22502018.jpg

 それでは、みなさん、

 わたしは水に流されていなくなります。

 今まで、好きにさせてくれてありがとう。

 樹木希林、おしまい。」

b0141773_22464285.jpg

もちろん、ご本人がこの日を予想して書いたのではなく、

ライターが、希林さんのいろいろのコトバを

この分量にまとめたのだろう。

希林さんの口調以前に、

発想そのものを受け止めている。

段落や行替えのない追い込み表記も、

読点や句点の打ち方も、しっかり考えている

(ここではブログ用にレイアウトを変えさせていただく)。

b0141773_22472657.jpeg

日本には「辞世の句」(じせいのく)の伝統があって、

死を意識して、元気なうちに書き残しておくのが

責任のある者のたしなみとなっている。

あまり文字数を増やさず、

ずばっとわが人生を言い切るのが流儀である。

b0141773_22483006.jpg

足利義隆はこう詠んだ。

「何事も夢まぼろしと思い知る 身には憂いも喜びもなし」

無常観と無我の境地である。

b0141773_22481351.jpg

西行法師は、こう詠んだ。

「願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」

b0141773_22500715.jpg

高杉晋作もまた、達観する。

「おもしろきこともなき世もおもしろく」

辞世の句は、男性に多いが、

明智光秀の三女、珠(たま)、

別名、細川ガラシャのものが残っている。

「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」

b0141773_22494845.jpg

欧米には辞世の句の文化はないが、

最後のコトバを記録する点では東西は共通している。

フランスの文豪・スタンダールは

「生きた 書いた 愛した」

が、最後のコトバだったとされる。

b0141773_22515248.jpg

冒頭の希林さんの辞世の句(句でないが)は、

自身の作ではないけれど、

ライターは、

かなりの程度、希林さんを代弁している。

歴史を経て、現存する辞世の句にも、

周囲の人に代筆させたものは少なくないだろう。

b0141773_22514161.jpg

しかし、そのことは問わず、

要は、その人らしさを醸し出すこと。

靴下やシャツ同様、

自分を使い切ったと見る希林さんの思想は、

しっかり文章化されている。

「サヨウナラ 地球さん」と言いながら

内容は日本人へのメッセージになっている、

そのあたりも希林さんらしさを感じさせる

制作者の演出力だろうか。

b0141773_22512908.jpg

折しも、

来年早々、パルマローザセミナーで講じる

≪健康軸で考える 人、社会、モチベーション≫

について構想中だが(2019119)、

そのモードであの新聞広告を見ると、

さすが希林さん、健康な死に方をしたな、

と実感する。

「健康」は、科学の対象でありながら、

夢や希望とも深くかかわるロマンでもある。

b0141773_22525045.jpg

リアリティとファンタジー、

人類史は、

こんなにおもしろい思考のテーマ(哲学ではない)を

たくさんの余地を残してくれていた。

アリガトウ 昔々から今日までの、地球のみなさん

b0141773_22530492.jpg

 


by rocky-road | 2018-10-31 22:54  

<< ローマとヒロシマの物語。 ボーっと生きてる乾物型栄養士。 >>