郵便による社会参加のカタチ。

b0141773_15322580.jpg

「ハガキ、手紙スキルのない

 健康支援者って、ありなのか。」

このテーマでお話をさせていただいた。

2018922日/土 パルマローザ主催

 横浜市技能文化会館)

b0141773_15331856.jpg

健康支援者、とくに栄養士にとって、

ハガキや手紙を発信、受信の習慣のないことは

「あり」なのか。

言うまでもなく「ありではない」だ。

b0141773_15333313.jpg

仕事のうえでは、

特定保健指導などの場合、

手紙やメールでの支援が最初から設定されている。

そういう仕事をしていない栄養士といえども、

公私の組織に所属しているときには、

公的な連絡を文書で行なうことは珍しくない。

この点は、栄養士に限らず、

勤め人すべてに言えることである。

b0141773_15335028.jpg

お勤め仕事でなくても、

自主サークルに所属していれば、

ここでも、文書コミュニケーションは必要になる。

b0141773_15344195.jpg

わがダイビング50余年歴の中でも、

宿泊先の民宿への予約やお礼、

地元の漁業協同組合への交渉などで

出した手紙やハガキは数百通。

いくつかのダイビング雑誌に

30年近く、連載エッセイを持ったのも、

編集部に出したハガキがきっかけである。

b0141773_15343267.jpg

なのに、

東京を含め各地の栄養士会から来た文書は、

ついこのあいだまでは、

横書きのとき、

宛先の氏名を行末に、つまり末尾に書いてあった。

縦書きの書式を、ただ横にするだけだと、そうなる。

が、欧米の手紙や文書を見ればあきらかなように、

相手の氏名は左上に置く。

私的な手紙でも、

Dear Rocky」などとやる。

Eメールでも、

上にある「件名欄」に相手の氏名と件名を書くのが

好ましい形式とされている。

b0141773_15350504.jpg

しかし、この書式さえ、

日本全国に行きわたっているとは言えず、

以前、このページでも取り上げたが、

グリーティングカードで知られる

日本フォールマークの市販便箋でも、

わざわざお手本書式を表紙に入れて

相手の名を行末に書く形式を示していた。

b0141773_15354071.jpg

毛筆家や日本風のマナー師範は

横書きの手紙など書いてこなかったから、

縦書きの書式を、ただ横にしただけの書式をよしとする。

フォールマークも、こちらの指摘に対して

自信をもって「それでいいんだ」と返信してきた。

b0141773_15355674.jpg

それはさておき、

今回のセミナーは

ハガキや手紙のルールをおさらいするのが目的ではなく、

「郵便コミュニケーション」の習慣が

どういう意味を持つのか、

そのことを伝えたかった。

郵便コミュニケーションは、

マナーの問題として考えられがちだが、

それ以前の問題として、

より大きな、個人の生き方の問題がある。

コミュニケーションにハガキや手紙を使うということは、

社会的活動を活性化する意味を持つ。

b0141773_15370303.jpg

その点が電話やデジタルコミュニケーションとは

大きく異なる。

郵便コミュニケーションの特徴は、

用紙や筆記具、文字の色や大きさ、

そして巧拙などがそのまま相手に伝わる。

しかも、それらは人間の手よって集められ、配達される。

つまり人間の社会の中を

右に左に通り抜けていくのである。

b0141773_15365052.jpg

デジタル機器の発達と普及によって、

郵便コミュニケーションのアナログ性、

非効率性がますます際立つばかりだが、

本人が書いたものが、地球上のあちこちに、

手間暇かけて運ばれる、

というところに、

本来的な、人間味のある社会性を感じさせる。

b0141773_15381508.jpg

社会とは、

「人間が集まって共同生活を営む際に、

人々の関係の総体が一つの輪郭をもって現われる場合の、

その集団。

諸集団の総和から成る包括的連合体をもいう。

自然的に発生したものと、利害・目的などに基づいて

人為的に作られたものとがある。

家族・村落・ギルト・教会、会社・

政党・階級・国家などが主要な形態」(広辞苑)である。

b0141773_15380007.jpg

最近は「ネット社会」などというコトバも使われるが、

いずれにしても、ネットの先にも人間がいる。

ただし、デジタルコミュニケーションの場合は、

文字の選び方、コトバの使い方、

どうかすると文章のフレーズまで

「マシーン秘書」に任せたりするので、

「その人らしさ」は薄まる。

b0141773_15384999.jpg

不思議なもので、

社会への参加意識の高い人は、

郵便コミュニケーションを好む傾向がある。

年賀状や暑中見舞いはもちろんとして、

そのときどきに一筆を書く。

b0141773_15392588.jpg

旅行先から、

贈答のお礼に、

イベントのあとに、

書物や雑誌記事の感想、

人と会ったあと、その感想や感動、

病気回復のお礼、

以前、話題となった店に入った感想、

新聞や雑誌、書物の感想を著者や筆者に、

ときにはクレームも、など。

b0141773_15395255.jpg

アメリカの元大統領、ケネディは、

道ですれ違った著名人と

あいさつを交わすことができず(有権者に囲まれていて)、

すぐにお詫びの手紙をスタッフに届けさせたという。

(『ケネディの道』による)

b0141773_15390655.jpg

社会参加意識とは、

要は人的ネットワークに参加する意思表示。

そのモチベーションはどこからくるのか。

仕事を発展させるため、

相手に親近感を感じるため、

著名人に近づきたいため、

自分を慰めてもらいため、

借金を申し込むため……など、

多種多様。

b0141773_15402319.jpg

ここにもプラスのモチベーションあり、

マイナスのモチベーションありだが、

「自己中」でない郵便コミュニケーションは、

社会チームの一員としてエントリーすることになり、

そのネットワークに迎えられる。

結果として、自分のモチベーションは高くなる。

それはまた、

教養や知力をも高めることにもなり、

自分がこの社会で、この人生で

なにをすべきかを意識することにもなる。

b0141773_15512124.jpg

今回のセミナーでは、

ハガキ、手紙のルールについても

いろいろの事例を示してお話しした。

 *少女っぽい便箋や封筒はやめたら?

 *便箋や原稿を小さな封筒にそんなに押し込めてどうするの?

 *便箋が何枚かになったらページを打とうよ。

 *縦書き封筒の宛名、

 *なぜ、相手の名を左右中央に書けないのだろう?

などなど。

b0141773_15514512.jpg

でも、こういうことは

人のものを見ているうちに

是正されていくから、案じることはない。

続けること、10年とか20年とかではなく、

もちろん、一生続く生活習慣でしょう。

b0141773_15403710.jpg

栄養士、健康支援者が

公私にわたって、

もっともっと郵便コミュニケーションを続ければ、

個々人の生活は活性化し、

そのよき反映として

国民の健康度はあがるはずだし、

なによりも、

本人の人生が豊かになる。

b0141773_15410641.jpg

栄養士、健康支援者が

だれからも教養人、文化人と思われる日が、

100年もすれば、

来るかもしれないし、

来ないかもしれない……し。

b0141773_15513180.jpg

そんなことはどうでもいい。

自身の日々に、

もっと起伏があってもいいのではなかろうか。


by rocky-road | 2018-09-25 15:54  

<< 郵便ネットワーク、悠々。 「論理」は空気なんですよ。 >>