「論理」は空気なんですよ。

b0141773_23264713.jpg

2018年9月2日に、

≪コミュニケーション研究会 ひろしま≫開催の

定期セミナーで行なった

『栄養士として「論理性」をどう強化するか。』

という講義を受講していただいた何人かから

「むずかしかった」という感想をいただいた。

b0141773_23272613.jpg

「むずかしさ」の意味は未確認だが、

講義内容がむずかしかったとすれば、

講師の説明能力の問題として自省の要がある。

講義では、

論理とは

「なぜそうなのかを解釈すること、人に説明すること」

であることを伝えたから、

それが「わからない」と言われてしまうと、

講師としてはお手あげである。

b0141773_23263329.jpg

「食べ過ぎると太るよ」というのも論理、

「雨が降りそうだから、早めに洗濯物を取り込んでおこう」

というのも論理。

つまりは理屈であり、

神羅万象の因果関係などを

自分や他者に説明すること。

b0141773_23280513.jpg

空気と同じで、

この世には論理があふれているので、

かえってとらえようのないものになっている。

みなさんが「むずかしい感」を抱くのは、

「論理」というのは哲学的テーマである

という先入観を持ったり、

男性が女性に対して「論理的でない」と

高飛車に突っ込んだりするときのアレだと

思い込んでいるためではなかろうか。

b0141773_23292690.jpg

先日、『極上の孤独』という本の何回目かの新聞広告を見たが、

それには「37万部突破!」とあった(826日)。

この著者は、

「友達や知人は少ない方がいい」という論理を持っており、

「孤独を噛みしめながら自分のホンネに向き合い、

あれこれ考えるからこそ、人間は成長できる」

という論理を持っている。

b0141773_23504884.jpg

こういう、私的な思い込み論理でも

37万人もの人が関心を持つ、というところがおもしろい。

そう、むずかしいのは「論理というコトバの意味」ではなく、

論理の内容を吟味したり評価したりすることである。

「孤独を噛みしめながら自分のホンネと向き合い、

あれこれ考えるからこそ、人間は成長できる」

と著者はいう。

実際にそのようにして成長してきたのか。

そうではなく、義務教育を受け、さらに高校、大学で学んだのち、

日本を代表する放送局のアナウンサーになり、

その能力と知名度によって、

講演やら執筆やらで、多くのファンを得てきて、

いまもそれは続いている。

b0141773_23300902.jpg

このようにして得た現在の地位を、

孤独を噛みしめて成長した結果であると言うのにはムリがある。

「偽善」ではなく「偽独」だろう。

100にも届かんとする著書があるが(あるいは超えているか)、

それを執筆する能力は、

友達や知人を意識的に少なくして得たものでもない。

仕事を通して知り合った人々、

少なからずの書物などを読んで、

多種多様な刺激を受けているはずで、

それなりの勉強もしてきたことだろう。

b0141773_23310900.jpg

もっとも、発想の幼さ、論理の未熟さは、

確かに孤独ぎみの上に、

よい読書の仕方を知らず、

友人からも有効なアドバイスを受けなかったか、

または自分から受けつけなかった、

という可能性もゼロではなさそうだ。

b0141773_23305880.jpg

広告には、内容の一部として、

「集団の中でほんとうの自分でいることはむずかしい」

などというフレーズを掲げているが、

当たり前だろう。

人間の社会というものは、それで数十万年もやってきている。

そんな当たり前のことを小学校を卒業した人が言うかね?

b0141773_23314808.jpg

さらに言う。

「素敵な人はみな孤独」

ここでは、飲みかけのお茶を吹き出さないこと。

本人の顔写真が出ているが、

それを見ていると5分間は笑える。

どこが「素敵」なの?

意地が悪く、独りよがりの人間にしか見えないけれど。

b0141773_23324321.jpg

「年をとると品性が顔に出る」では、「一同爆笑」でしょう。

たれ目のこの顔に「品性」を感じる人がいたら、

2人に並んでもらって2ショットの写真を撮らせてもらう。

「人間の顔は生き方の履歴書」--おっしゃるとおり。

1カットで2点の履歴書を得ることができる。

動物行動学研究のよい標本になる。

b0141773_23321906.jpg

世の中には、

これくらいハチャメチャな論理を展開する高齢者がいることを

健康支援者としては銘記しておく必要がある。

ある作家は「健康という病」だと説き、

「孤独のすすめ」だという。

一方、「極上の……」ほうの、たれ目孤独は、

「一人好きは自分のペースを崩さないから健康になる」
とのたまう。


b0141773_23480039.jpg

ここにはトリックがあることを見落としてはいけない。

37万部ものベストセラー作家が孤独だなんて、

それは論理の破綻でしょう。

それだけの人たちから数千万円の印税をいただいて、

「他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ」だと。

稼いだ金を施設に寄付でもしたら、

ますます孤独が保てなくなる。

b0141773_23344597.jpg

もし、お宅および隣家の郵便受けに

10万円入りの封筒が入れられていたら、

ひょっとして、孤独で、たれ目で、素敵な人が、

夜陰に紛れて、印税収入を捨てて歩いているのかもしれない。

うっかり出会っても、声をかけたりするのは野暮というもの。

b0141773_23351479.jpg

b0141773_23353212.jpg

かくのごとく、

論理は、正しいか正しくないかではなく、

まずは、いかに相手を説得するかである。

騙されないためには、

相手の論理の粗さや欠落を見抜くこと。

b0141773_23360368.jpg

振り込み詐欺は論理の商売。

政治家も論理の商売。

新聞も雑誌も、テレビもラジオも、

つまるところは論理を売り物にしている。

b0141773_23361967.jpg

健康支援者は「論理はむずかしい」と

言っている場合ではない。

健康は食卓の上に置いてあるものではなく、

不健康や孤独を売りにする作家の周辺にもある。

b0141773_23370420.jpg

完璧な健康などというものはないように、

完璧な論理などというものもない。

だから人生はおもしろい。

「考えしろ」(余地)は、生きている限り、

なくならない、そんな論理、

受け入れてもらえるかしら?

b0141773_23364903.jpg


by rocky-road | 2018-09-12 23:37  

<< 郵便による社会参加のカタチ。 栄養学を終わらせない論理。 >>