ここにも「創る旅」が……。

b0141773_00451380.jpg

みなさんからのプレゼントによって

楽しませていただいた、

ハウステンボス、深川製磁アウトレット

(チャイナ・オン・ザ・パーク)の旅の

ご報告が遅れてしまったが、

以下に記させていただこう。

b0141773_23200919.jpg

ハウステンボスは5回目になるが、

「もうたくさん」という気分にならないのは、

ディズニーシーと同じである。

b0141773_23204356.jpg

自然保護に関係する人の言として、

「日本人が自然観察会に支出する金額は

13,000円が限度。

しかし、ボートとかソリとか車とかの乗り物が加わると

10,000円くらいまでは出す」

というのを聞いたことがある。

10年以上も前の話だから、

相場は少しはあがっているかもしれない。

b0141773_23210120.jpg

自然の中を自分のペースで歩くから楽しいはずだが、

車やボートに押し込められて、

ほんの数十分を過ごすほうに高い金を払う。

自然観察のポイントを解説してくれる

ガイドの話さえじっとして聞けない。

すぐに先走った質問をしたり、私語をしたり。

残念だが、認知能力にも問題がありそうだ。

b0141773_23212728.jpg

遊園地をはじめ、

ディズランドやユニバーサルスタジオなどは、

そうしたニーズに応えるプランニングをしている。

つまり「遊んでくれるテーマパーク」である。

b0141773_23220234.jpg

それに比べるとハウステンボスは、

オランダの街が中心で、

ジェットコースターや落下系の乗り物など、

スリルを楽しむものはあまりない。

(遠くに観覧車は見えたが)

b0141773_23241199.jpg

初代の経営者が収益難で手放したのはわかる。

日本人には、

こういう施設を愛用するだけの好奇心や主体性はない。

そんなことは素人でもわかるが、

そこにあえて挑戦した発案者には頭が下がる。

b0141773_23222514.jpg

遊園地やテーマパークは別として、

旅行先というのは、

大自然であったり海底であったり、

名所旧跡であったり、美術館や博物館であったり、

人が暮らす村や街であったり。

いずれにしろ、

向こうからは遊んでくれないエリアで

自分なりの発見をする、

それが旅の味わい方であり、旅の創り方である。

b0141773_23251416.jpg

長崎にオランダの風景があるというのもヘンな話だが

(開国以前のことは別として)、

身近なところで、そういう異質な体験ができるのはありがたい。

京都の太秦(うずまさ)の映画村や日光江戸村も、

一種のタイムスリップの世界である。

b0141773_23254266.jpg
b0141773_00445935.jpg

今回は、半分は遊んでくれる

「トリックアート」で楽しんだ。

b0141773_23334589.jpg

b0141773_23353770.jpg
b0141773_23332403.jpg

これも各地にできていて、いまや流行しているが、

被写体としてはおもしろい。

b0141773_01400736.jpg
b0141773_01402054.jpg

ただし、美術館をイメージして、

額の中の名画がこちらに働きかけてくる、

というトリックは、

いまや時代に抜かれつつある。

b0141773_23381199.jpg
b0141773_01321104.jpg

スマホによる「インスタ映え」の時代だから、

美術館イメージをやめて、

「トリック スタジオ」にしたほうが

よほどニーズに適合する。

b0141773_23393179.jpg
b0141773_01315814.jpg
b0141773_23402659.jpg

b0141773_23384134.jpg


いかにリアルな写真が撮れるかに徹する。
その場合、額はまったく不要、というより邪魔。
額のない大きな背景を用意しておいて、
どこを、どう切り取るかは撮影者に任せればよい。

b0141773_23412023.jpg

b0141773_23403576.jpg
b0141773_01314564.jpg
b0141773_23405125.jpg


リッチな旅を実感したのは、
ハウステンボス内にある《ホテル ヨーロッパ》から
佐賀県の有田町にある名店≪深川製磁≫の
アウトレットで買い物をして、
ふたたび、ホテルヨーロッパに戻るという経験である。

b0141773_23270306.jpg




b0141773_23274234.jpg
このくらいA点、B点が離れていると、
宿泊場所を移動することになりがちだが、
「旅行コーディネーター」力をつけた
栄養士さんたちのおかげで、
上手に移動をして、有効な時間を過ごすことができた。

b0141773_23281984.jpg
b0141773_23310317.jpg
b0141773_23312846.jpg
小さな旅になりがちな日本人の旅は、
34日でも毎日、宿替えに迫られる。
が、今度の旅は全日、
高級ホテルで過ごすことができた。

b0141773_23320812.jpg

b0141773_23342141.jpg


b0141773_23344192.jpg
アウトレットでは、
毎月クラスの方から、
お中元として深川製磁の食器をいただいた。
製造元の食器を現地でいただくとは、
このうえないぜいたくなタイミングである。

b0141773_23273389.jpg
愛用している「ふくらすずめ」シリーズが
またまた充実することになった。
旅の余韻が
食卓の上にきょうも響き続けている。

b0141773_23272526.jpg



この旅のプレゼントしてくださった方々に
深く深く感謝をし、
心からのお礼を申しあげたい。

b0141773_23422550.jpg

b0141773_23420991.jpg
b0141773_23415964.jpg

b0141773_23361049.jpg

b0141773_23364245.jpg



by rocky-road | 2018-07-12 23:45  

おもしろくないキミ、ひょっとし... >>