おもしろくないキミ、ひょっとして……。

b0141773_00223217.jpg
パルマローザ関係者からの

バースデープレゼントとして、

「ハウステンボス&有田焼二泊三日の旅」を

いただき、629日から72日まで、

長崎の旅を楽しんできた。

b0141773_00240141.jpg
b0141773_00013281.jpg

これを優先して書くべきだが、

出かける前に書きかけていた文章を

まずアップして、

旅日記のほうは、

後日、ご報告をさせていただきたい。

b0141773_00241282.jpg
b0141773_00233398.jpg
b0141773_00021054.jpg

さて、出発前に書きかけていたブログ。

月刊『Hanada』の8月号に

「文藝春秋の『内紛』を憂う」という

一文が載っている。

筆者は同誌の発行人兼編集長の

花田紀凱(はなだかずよし)氏。

b0141773_00254952.jpg

氏は、文藝春秋社から編集者としてスタートし、

月刊『文藝春秋』や『週刊文春』の編集長、

その他の雑誌の編集長を歴任し、

それぞれに業績を残した。

その後、長い経過があって、

別の版元から月刊『WiLL』を創刊させたが、

2016年には、ここにも「内紛」があったようで、

別の版元に移って

上記の『Hanada』を創刊させた。

b0141773_00262106.jpg

そういう経歴の花田氏が、

古巣の文藝春秋社の内紛の概略を説明している。

要するに人望のない社長が、

社員からの批判に負けて退任した

という話である。

b0141773_00260266.jpg

そういう内部事情の話よりも、

かつて愛読した『文藝春秋』や『週刊文春』が

こうも平凡な雑誌になった理由の一端が

述べられていて参考になった。

b0141773_00275309.jpg

ところで、「雑誌がおもしろくなくなる」とは

どういうことなのか。

「記事が平凡になった」とか

「通俗的ななった」とかというとき、

「平凡」や「通俗的」の定義が必要になる。

b0141773_00273036.jpg

そこへ入り込むと話が固くなるので、

ここは、あまり客観性を求めず、

平凡や通俗的の事例として

浮気など芸能界のゴシップが多い、

首相やその夫人への誹謗・中傷をいつまでも続ける、

「嫌いなタレント」や

「長寿番組」など、持続的な芸や風習を

否定的に指摘するワーストランキングなどを

あげておこう。

文藝春秋社といえば、

看板の『文藝春秋』や、

のちに創刊された『諸君!』を通じて

日本の保守の言論をリードしていた。

b0141773_00284099.jpg

硬派の男向けの記事が多く、

話題も日本、世界規模のものが少なくなかった。

筆者も、会田雄次、阿川弘之、谷沢栄一、

山本夏彦、イザヤ・ベンダサン、山本七平、

渡部昇一、西部 邁といった、リアリティのある論客が

活躍していた。

忘れられないのは、

共産主義政権時代のソビエト市民の家に

いきなり電話をかけて、

暮らしの様子などを尋ねるという企画。

すぐに電話を切る人もいたようだが、

いくらかは応じる人もいた。

これぞ編集というものだと感服した。

b0141773_00285884.jpg

版元(出版社や大学出版部、その他の発行元の総称)は、

トップの意向に従って

出版物の企画を決めていると思う人が多いが、

雑誌などでは、ほとんど編集長の意向で

内容が決まる。

ときにはフライングもあって、

編集長が責任を取らされるケースもあるが、

「ノー」といわれない限り、

すべて「イエス」と考えて前進を続ける。

したがって、

Aという編集長の雑誌が通俗化しても、

Bという編集長の書籍部門が

硬派の出版を続けるということは珍しくない。

このデコボコ感も、

その版元の健康度のバロメーターになる。

b0141773_00300128.jpg

編集カラーは編集長によって決まる。

件の文藝春秋社の「内紛」事情を読むと、

優れた編集長が育っていないらしい。

ずいぶんお世話になったこの版元のものを

定期的に読まなくなってから

20年以上はたっていると思うが、

それなりの理由はあったようだ。

いまは『Hanada』を購読している。

同時に『WiLL』という雑誌も読み続けている。

「編集カラーは編集長によって決まる」といったが、

『WiLL』と『Hanada』との関係は

特異な例ではないかと思う。

b0141773_00294996.jpg

編集長が『Hanada』に移った以上、

『WiLL』はもぬけの殻になるのかと思いきや、

花田的編集を続けているので

購読をやめる理由が見つからない。

b0141773_00235038.jpg

内部事情は知らないが、

残留した『WILL』編集長はなかなかのやり手だ。

ここで休刊になったら「やっぱりね」と

いわれること必定。

その崖っぷち状態が、

彼のモチベーションを全開させているのだろう。

b0141773_00314738.jpg

その根性について、

いつか誰かが語るだろう。

AIの進歩が著しいが、

編集もまた、

コンピューターには任せられない分野である。

b0141773_00320562.jpg
b0141773_00315514.jpg

私事ながら、小学生以来の投稿好きで、

中学、高校、大学と編集物の発行にかかわり、

結局は本業になり、

退職後も、なんらかの形で編集にかかわっている

自分の現状を振り返ると、

花田氏が80歳近くまで

商業出版のど真ん中にいるのは立派だと思う。

b0141773_00304097.jpg

編集は文学ではないし、

芸術にも区分されることもないが、

長期的に購読することになるので、

思われている以上に

人のライフスタイルやメンタリティに

影響を与える。

b0141773_00324322.jpg

雑誌(新聞も入れてもよいか)

定期購読しない人間は、

会ったこともない、見知らぬ編集長の

影響を受ける心配はないが、

同時に、そういう人間は、

ライフスタイルやセンスを持たない人間なので、

つき合っていておもしろくはない。

b0141773_00433381.jpg

b0141773_00432144.jpg

そのおもしろ味のなさといったら、

来る日も来る日も

スマホをのぞき込んでいる人間に匹敵する。

b0141773_00445935.jpg

いや、そうではなく、

雑誌も読まないくらいおもしろくない奴は

スマホ依存になるくらいしか、

生き方を知らないということである。

世の中のダメ編集長も、

つまり売れない雑誌を作り続ける編集長も、

たぶん、

雑誌を長期的に購読した経験がない連中だろう。

b0141773_00451380.jpg

b0141773_00015084.jpg

おもしろくない奴に、

おもしろい雑誌を創れ、

といっても、どだいムリな話である。

b0141773_00434987.jpg







by rocky-road | 2018-07-04 00:46  

<< ここにも「創る旅」が……。 モチベーションのプラスとマイナス。 >>